プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出逢いそして歩み

地域包括ケア・・・・、みま~もをやり始めた時そんな言葉すら存在しませんでした。

国の方向性?いえ、専門職である自分たちがのどが渇くように欲していたものを、自分たちで何とかしようとしただけ。
誰に言われたわけでなく、自分たちが求めたのです。

8年前の12月、地域包括支援センターに異動して半年、思い描くことができないでいた自分、たまたま私たちの地域包括支援センターのエリアで開業した社会福祉士中村さんと数年ぶりに酒を飲み交わす。

「最近のどが渇くんだよねぇ~」今考えればのどの渇きではなく、自分の思い描いているものに向かえていない心の渇きを伝えたかったのかもしれません。「澤登さんが本気なら協力するよ」これがみま~ものすべての始まりでした。

有料老人ホームNRE大森弥生ハイツ相談員だった片山さん。

「施設が入居者のためだけのものではなく、地域の場であれ!」 

当時からその思いを具体的に施設内で取り組んでいた片山さんをみま~もに1年間誘い続けた。

そしてみま~も2年目から大森弥生ハイツは協賛施設となり、すぐに施設で「みま~もレストラン」を始めてくれた。

キーホルダー事業を一任意団体であるみま~もでスタートさせた。キーホルダーをネットで注文し、包括支援センターのプリンターで印刷をして1個1個埋め込んで作ったっけ

この作業をがんばってやり続けてくれた中村さん。

みま~もステーションがスタートしたばかりの頃、片山さんは朝大森に来ると職場に行く前に包括支援センターに毎日来て作業着に着替えた。

公園の花壇作りにみま~もサポーターのお母さんたちと汗を流すために。

「これからどうなるんだろう・・・?」 不安に思いながらも歩みを止めるわけにはいかない。進めるしかなかったよね、片山さん (^_^.)

あれから8年、いろんなことがあった。そして3人とも8年分老いた。みま~もを生み出さなければ、この2人とここまで歩みを共にすることは間違いなくなかったでしょう。

みま~も代表中村さん、みま~も大森地区代表片山さん、これからもよろしくね。一緒にこれからも年を重ねていきましょう



みま~も代表 中村さん。この人との出逢いがすべての始まりでした。
           ↓
12309834_884006015028004_5643465380025678216_o (448x310)

有料老人ホーム NRE大森弥生ハイツ 施設長 片山さん。この人の笑顔にいつも元気をもらっています。
           ↓
12273736_884006051694667_1428303955017229925_o (448x336)

平成24年、認知症セミナーで公演してもらうことになった「わらび座」に会いに秋田県田沢湖芸術村へ!
8年間の中で唯一の3人旅でした。楽しかったなぁ・・・・
             ↓
12291203_884006121694660_4497877682851681716_o (448x321)

酔いつぶれて、みま~もくんに挟まれながら眠りにつく片山さん。
             ↓
12308465_884006188361320_5699938620972788113_n (427x240)

みま~もで生み出した「高齢者見守りキーホルダー」。
一任意団体みま~もで登録をスタートさせたときは、協賛のメンバーが事務所に集まり埋め込み作業をして区民に配布していました。
               ↓
12239203_884010401694232_2126431602152192230_o (448x278)

みま~もステーション事業をスタートさせたばかりの頃、片山さんは毎日公園でフェンスの錆落とし、ペンキ塗りを行ってくれていました。
            ↓
12310414_884011795027426_4224623646502671675_n (297x448)
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

変わらない大切な場所

協賛企業 ピタット〇〇 Kくんから、1年半ぶりに電話がかかってきた・・・。

このKくん、1年半前まではみま~もの取り組みに精力的に出てきてくれていたのですが、会社内での異動があり、その後はみま~もの活動に来ることができなくなってしまっていたのです。

「 今度また異動になりまして、今までよりも自由に動けるようになったので、またみま~もの活動に参加できそうです  早速ですが今日って澤登さん時間空いてますか? ぜひ、会いに行きたいんですけどぉ~ 」

数時間後、そんなこんなでKくんはわが包括支援センター事務所にいた。

1年半ぶりの事務所を懐かしがるように見渡しているKくんが印象的でした。

いつものように、事務所にあるお菓子をあるだけKくんの前に置き、コーヒーを飲みながら、私はこの間のみま~もの進化をKくんに説明した。

Kくんは1年半の時間を取り戻そうとするかのように、 『うんうん』 と大きくうなずきながら話しを聞いていた。

企業で働く多くの人たちにとって、当然のことながら活動に関わることができない期間というのはある。

それでも、自分にとってそこが大事な場所であって、どんなに時間がたっても変わらないで存在し、自分を迎え入れてくれる。長い時など関係なかったように・・・・。

みま~もの協賛企業事・業所にとって、そんな場所であり、存在でいる地域包括支援センターでありたいと思う。

Kくんは、今までみま~もを通して関わりを持つことができた全国の仲間が一堂に集まる 「みま~もサミット!」 にも参加することになった。

いつまでも変わらない、大切な場所。そんなところがこの業界にあってもいいと思うんです。いえ、なければならないと思います!元気になれる場所、自分が自分でいられる場。


みま~も食堂で研修中のAさんが、お昼ご飯のおすそ分け。事務所を訪れてくれました。
         ↓
20150520 114344 (448x341)

さすが!みま~も食堂のおかあさん!うまそっ!
         ↓
20150520 114433 (448x338) (2)

20150520 114429 (448x335)

ひとしきり、みま~も食堂で奮闘している様子をおしゃべりして帰っていきました 
          ↓
20150520 114355 (448x335)

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

みま~ものおふくろさん!

大田区大森にある有料老人ホーム 「NRE大森弥生ハイツ」が、みま~もの協賛施設になったのは発足から2年目の平成21年・・・・。以来、施設長 片山さんの理解のもと、中心となって会を支え続けてくれている。

この大森弥生ハイツに職員としていた Nさんのお母さんが、みま~ものおふくろさん Nさんです。

下町生まれ下町育ちのNさんがみま~もに関わりだしたのは「みま~もレストラン」。
祭り好きのご主人が亡くなり気落ちしていたNさんを、片山さんやさとちゃんが意識的にみま~もに関わらせていった。

みま~もレストランの日には、さとちゃんのお手伝い。平成23年からスタートした「みま~もステーション」では、まだ雑草が生え放題、フェンスや遊具もサビだらけだった公園の整備を、毎日公園に来てともに汗をかいてくれた。

「アキナイ山王亭」オープン祭りのときには、Nさんのご自慢料理の1つ「ラー油」を、『 みま~もラー油 』 としてさとちゃんとともに大森弥生ハイツ厨房で大量商品化!

みま~もブランド商品 第1号として地域に話題となりました

誰にも愛される包み込むようなあたたかさを持っているNさんは、みま~もに関わる専門職たち、みま~もサポーター、みんなが大好き!まさしく、 「みま~ものおふくろさん」 なんです!

このNさんが、毎年この時期に片山さんやさとちゃんたちを招いて開催しているお食事会に誘われ続けていたが、予定が合わずに参加できていなかったが、今年もお誘いを受け、Nさん宅へ行ってきました。

今は、地域のケアマネジャーとして活躍している娘さんも参加してくれました!

娘さんから、 「澤登さんに父が大事に使っていた獅子舞を担いでほしい・・・」 と、床の間にあった獅子舞を出して担ぎ方を教えてもらい、みんなに福が来るよう頭をガブリッ!来年もよい年になるね

おふくろさん、いつもいつも私たちをあたたかく見守り、ときに照らし続けてくれてありがとう・・・・。いつまでも、いつまでも元気で私たちのそばにいてくださいね。

おふくろさんの持っているあたたかさがこの町全体に広がるよう、僕たちみま~もをこれからも取り組んでいくから・・・!

また来年も変わらずに、笑顔いっぱいの毎日を一緒に過ごしていきましょう。

おふくろさん、いつもありがとう・・・・。



地域から存在すら忘れ去られていた荒れ果てた公園の運営管理を、大田区からみま~もが受諾し、掃除から花植え、そして地域の人が楽しみに訪れる公園へと生まれ変わらせていきました。
この 『みま~も公園』 の再生を、最初から取り組んでくれたのも Nさんでした。
          ↓
261229005.jpg

ペンキが剥げ、のっぺらぼうになっていたウサギさんを、Nさんがペンキ塗り。
        ↓
P2612291030214.jpg

Nさんはウサギさんを 「ミッフィーちゃん」 に見事変身させました! 
         ↓
261229006.jpg

Nさんご自慢料理!ラー油を、『みま~もラー油』 として商品化!これがじつに・・・・、 うまい!
       ↓
IMG2612294579.jpg

毎年声をかけられていたNさん宅での食事会に、今年初めて参加してきました。
         ↓
P2612291030505.jpg

Nさんの、それは美味しいおふくろ料理の数々に、参加したみんなから自然と笑顔があふれます。
         ↓
P2612291030520.jpg

モツ煮込み。
    ↓
P2612291030510.jpg

竹の子の煮物。
    ↓
P2612291030513.jpg

お漬け物も絶品!世界無形遺産に登録したい。
     ↓
P2612291030507.jpg

娘さんが作ってくれたサラダ。親譲りでおいしゅうございました。
        ↓
P2612291030506.jpg

うちの包括職員たちも、Nさんが大好き!!
      ↓
P2612291030519.jpg

P2612291030518.jpg

Nさんが大好きな、あんこたっぷりの老舗最中をお土産に持っていきました。 「おふくろさん、どう?おいしい?」
         ↓
P2612291030532.jpg

亡くなったNさんのご主人が大事に使っていた獅子舞。
「澤登さんに父が大事に使っていた獅子舞を担いでほしい・・・」 というリクエストに応えて初チャレンジ!
        ↓
P2612291030542.jpg

P2612291030546.jpg

保健師うさ子に福が来ますように・・・・。
      ↓
P2612291030555.jpg

さとちゃんのお腹の赤ちゃんが元気に生まれてきますように・・・。
       ↓
P2612291030557.jpg

Nさんがいつまでも元気で幸せ過ごせますように・・・・。
       ↓
P2612291030558.jpg

締めの料理は、お腹にやさしいだし茶漬け!
      ↓
P2612291030527.jpg

P2612291030528.jpg

Nさん、ごちそうさまでした!また来年も、楽しくやりがいのある日々を一緒に生み出していこうね!
          ↓
P2612291030533.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

友っていいもんだ

今から4年前・・・・、NHKスペシャル 「消えた高齢者無縁社会の闇」 という番組で取材協力をした。

その時に出逢ったのが、池田記者。

この番組のシリーズは当時大きな反響を呼び、 「無縁社会」 という言葉は、その年の流行語大賞にも選ばれたほどだ。

今でこそ、様々なマスコミに地域包括支援センターが取材協力していることを目にするが、当時、年金不正受給の問題などもあり、自治体は放送に過敏となっていて、担当課の一部の方からはひどい横やりが入ったこともあった。

無理もない、当時はキーホルダー事業もみま~もに関わる一部の地域包括支援センターでしか取り組んでおらず、それが番組に取り上げられる。しかも、このキーホルダーを持った人が行方不明になっていることを取り上げるのだ。

池田さんは、その都度自治体に足を運び、番組の意義、個人情報などについては万全を期すことなどを伝え、理解を求めた。

私も法人や仲間に迷惑がかかるかもしれないと、この番組が全国放送された後は、地域包括支援センターを辞めるしかないと、半ば腹をくくっていた。

それでも最後まで取材協力を続けたのは、池田さんの番組制作への熱意に、いつしか自分自身も 「この番組を通して、今国民に伝えなければいけないものがある。」

そんな思いを持ったからにほかならない。

池田さんが制作した NHKスペシャル 「消えた高齢者無縁社会の闇」は、番組放送後大きな反響を呼んだ。核心に迫った番組内容には、大田区の行政機関の多くの方からも好意を持って受け入れられた。

そしてこの番組をきっかけに、キーホルダー事業を大田区として取り組んでいく動きが加速していった。

それまで私に対して意味のない非難の言葉の数々を浴びせてくださった担当者からは、その後も謝罪はなかったが、お会いした時には私に笑みを浮かべ、うれしくもないお褒めの言葉やごあいさつをいただくことが多くなった。

池田さんとは、その後もずっとずっとつながっている。

地元の鹿児島に異動となっても、鹿児島の医療・介護関係者とのネットワークを築き、(鹿児島医療介護塾: ホームページはこちらをクリック  ) 鹿児島に私を呼んでくれ、そのメンバーと私をつなげてくれた。

そして!8月から再び東京に戻ってきた池田さんが、わが地域包括支援センタ入新井の扉を開けて訪れてきてくれた。

今から4年前、取材のために初めて事務所に来てくれた時とまるで変わらない様子で・・・。

4年前のあのときと同じように・・・・。


池田さんが、「無縁社会」の番組制作についての思いを語った記事がありましたのでご紹介します。ここをクリックしてご覧ください。




池田さんが忙しい仕事の合間をぬって、事務所に来てくれましたぁ!
            ↓
P2609261010285 (448x325)

新事務所に初めて来た池田さんに、まずは事務所のすみずみまでご案内 
             ↓
P2609261010288 (448x336)

みま~もで取り組んでいる 「まちづくりが元気!おおた登録事業」。この取り組みに関わっている登録事業所向け勉強会の講師を、池田さんにお願いしました。

さっそくの打ち合わせ。
           ↓
P2609261010291 (448x335)

その後、池田さんをアキナイ山王亭、みま~も公園へご案内。
          ↓
P2609261010302 (448x344)

「あの公園が、こんなにきれいになったんですかぁ~~~!」
           ↓
P2609261010310.jpg

P2609261010316.jpg

鹿児島医療介護塾の仲間たちに報告するために、写真撮影する池田さん。
              ↓
P2609261010319 (448x318)

「みま~もファーム」も、入ってよく見て!!
         ↓
P2609261010322 (448x323)

「明日は、公園で秋祭りがあるんだよ!」

というわけで明日の秋祭りには、池田さんが祭りに来て、フランクフルトを焼いてくれることになりましたぁ!
           ↓
P2609261010327 (448x338)

アキナイ山王亭を見学。
        ↓
P2609261010352.jpg

P2609261010343 (448x338)

池田さん・・・、おれたちがんばってきたでしょ。
         ↓
P2609261010355 (340x448)

アキナイ山王亭、2件隣りの「そば処 六兵衛」

「今回はちがう場所を用意してるけど、次に呑むときにはここにしようよ!」
           ↓
P2609261010359.jpg

老舗 和菓子屋 「金海堂」 

みま~も饅頭を鹿児島に行くとき持っていったよね!律儀な池田さん、「あの節はどうもぉ~~~!」
         ↓
P2609261010363 (336x448)

事務所そばの「とっくり」へ場所を移して、再会の宴。

わが包括支援センターのみんなも参加してくれました。これでいつ来ても、俺がいなくても、いつでも気軽に来れるでしょ!
        ↓
P2609261010370.jpg

P2609261010374.jpg

店の外にちょっと出たら、帰宅途中のカドヤ建設常務取締役野口さんにばったり!

池田さんと呑んでいることを伝えると、一緒に参加してくれることに  「お帰り!池田さん」
              ↓
P2609261010380.jpg

「とっくり」のマスターとおかみさん。今日は旧友との特別な日だということを伝えると、特別な酒を用意してくれました!!
               ↓
P2609261010402.jpg

「久保田 翠寿」

さぁ、呑めるやつはどんどん呑め!
       ↓
P2609261010384.jpg

4年間・・・、いろんなことがあったね。話しは尽きません。
         ↓
P2609261010398.jpg

「とっくり」をあとに、大森の酒飲みの生地 「地獄谷」へ!

明日はみんな、秋祭りだよ!ほどほどにね。
        ↓
P2609261010412 (333x448)

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

専門職は地域で育む!

地域包括支援センターで働いて7年・・・・。

その前には、同社会医療法人でケアマネジャーをしていた。

「ケアマネジャーにとって、地域の事業所、施設にいる専門職との関係性は欠かせないもの」

そんな思いで関係性を築いていった・・・。

当時知り合った人で、今、みま~もをともにつくっている人たちも多くいる。言いかえれば、当時のネットワークが、みま~もの原型だと言える。

福祉用具事業所 職員 久木田くん(クッキー)もその一人・・・。 当時私もクッキーも若かった。

「澤登さぁ~~~ん、クッキーが報告書を持って来るそうでぇ~~~す!」

私 : 「クッキーが事務所に来るとなると、腹も減らしているだろうし、何かあるかなぁ???」

そう考えながら、クッキーが事務所に来る頃にはお菓子や手料理をよく振舞ったものです・・・。 

当時、福祉用具分野における様々な最新の情報をあえて、まだ若いクッキーに尋ねた。クッキーは、中途半端で答えることは一切せず、わからないときは持ち帰り、翌日にはいつも明確な答えを持ってきてくれた。

あれから10年が経つ・・・・。

クッキーは現在、アズビルあんしんケアサポート株式会社 介護サービス事業本部 福祉用具部長として、全国に展開するアズビルグループ福祉用具部門の責任者。

みま~も立ち上げの際は、上司に話をして理解を得て、一番に協賛事業所として馳せ参じてくれました。そして、みま~も発足当初からずっと、みま~もの副代表です 

今、私たちの地域包括支援センターには、クッキーの後輩が来ている。クッキーが来ていた頃と変わらずに、来たときにはまずは腹を満たしてあげてから、いろいろな話をするように心がけている 

医療・介護、事業所という枠を超えて、地域の専門職は、地域で働いている専門職のネットワークで育んでいく・・・。

地域で働き、成長していく専門職が増えれば増えるほど、最終的には地域に暮す人たちの安心につながる・・・。そんな思いがみま~もを生み出した本当の動機なのかもしれません。



ダイシン百貨店では今、屋上を開放して「ビアガーデン」を開催しています。

我が包括支援センターに、ダイシン百貨店コンセルジュ 塩ちゃんがビールの無料券をいっぱい持ってきてくれたので、「じゃぁ、いっちょみんなで行こうかぁ!」 ということになりました
              ↓
P2607237230002 (448x336)

P2607237230001 (448x336)

うちの包括職員が、楽しみで楽しみで、アズビルあんしんケアサポート株式会社 クッキーと、カドヤ建設 常務取締役 野口さんにもお誘い 

二人とも、ご一緒してくれました 

しかも、アズビルではその日、月1回の福祉用具事業所の責任者会議!各地から集まった責任者さんたちをクッキーが引き連れてきてくれました!その数、10人越え! 

ちなみに、黒のポロシャツに、真っ黒に日焼けした顔の男性がクッキー!
          ↓
P2607237230026 (448x307)

思わぬ大人数でのぉ~~~~~~~~、 「かんぱぁ~~~~~~~~~い!」
           ↓
P2607237230014 (448x302)

カドヤ建設常務取締役 野口さんも風邪気味なのに来てくれました。

「みんなに風邪をうつしたら申し訳ない!」と、マスクに穴を開けてストローでビールを飲んでいました・・・・ 
               ↓
P2607237230027 (448x336)

ダイシン百貨店の屋上では、プールも開放!夏休み中の子どもたちで昼間はいっぱいです!
              ↓
P2607237230006 (448x336)

P2607237230004 (448x336)

P2607237230030 (448x336)

ジンギスカン!
      ↓
P2607237230020 (310x448)

ピザは、塩ちゃんがサービスしてくれました!!
          ↓
P2607237230019 (448x336)

こんなに料理が盛りだくさんの中、なぜかおはなナースは「おにぎり(2個入り)」を別注文!
                ↓
P2607237230023 (448x336)

「何か・・・・・・・・・??????」
         ↓
P2607237230022 (448x336)

仕事を早めに切り上げ、ダイシン百貨店塩ちゃんも、加わってくれました。

クッキーと塩ちゃん・・・・、二人ともみま~も発足当時からの大事な仲間です。
             ↓
P2607237230037 (448x316)

私は車の運転があったため、ノンアルコールでの参加でしたが、気持ちよくほろ酔い(?)でした。

これからもみま~もへのご協力、よろしくお願いします!一本締めで終わりました!!
                 ↓
P2607237230041 (448x329)

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。