プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーム入新井!

まぁ、こんなセンター長ですからねぇ~、私一人では当然何もできないのですよ。

わが地域包括支援センター入新井で働く、このメンバーがいるからこそここまでやってこれたんです。

みま~も発足から地域包括支援センターと協賛事業所・企業、地域をつなぐネットワークを形作ってくれたたぐリーダー!

ムードメーカーであり、どんなに大きな障壁も、明るくぶちこわしていくおはなナース

保健師うさ子と社会福祉士あっこちゃんは同期入社!ともに、みま~もを立ち上げたわが地域包括支援センター入新井に入りたくて自ら門を叩いてきてくれました

あっこちゃんはわが包括に来るために社会福祉士の大学に入学!2年の時を経て社会福祉士に見事一発合格!

保健師うさ子は東京都健康長寿医療センター研究所で働いていた頃にみま~もを知り、地域包括支援センターには興味がなかったが、みま~もを取り組んでいる地域包括支援センター入新井に惹かれ、飛び込んできてくれた。

丸3年が経過し、二人とも今ではわが包括の中心メンバー。

「ボスッ!これにはちゃんと参加してくださいよ!そんなことでどうするんですか!」 などと私いつも尻を叩かれています・・・・

この女性陣をあたたかいまなざしで見守ってくれているのが、主任ケアマネジャークリッキーと伊藤お母さん。

クリッキーはみま~も発足当初、某介護事業所で働いていました。まだ立ち上がったばかりのみま~もの協賛として一番に名乗りを上げてくれたのは、クリッキーがいた事業所なのです。

この裏には、まだ形などないみま~もを一生懸命上司に説得してくれたクリッキーがいたのです。

みま~もの副代表としても長年関わり、満を持してわが包括に入社!これからはセンターの中でずっと関わってくれることでしょう。

伊藤お母さんは、このような息子や娘たちが100%の力を出し切れるようサポートしてくれています

2月から新たなメンバーが加入!社会福祉士どかんちゃん!20代半ばのニューフェイスは日々がんばっています!

さて、このメンバーです!センター長はこのメンバーに迷惑をかけないよう、自分磨きを怠らないようにするだけ。

これからもいたらないところだらけのセンター長ですが、どうか見捨てずに新たな高みに連れていってくださいな!



みま~も公園では、夏みかんが最盛期を迎えています。
        ↓
P2701301040017 (315x448)

2月みま~もステーションの目玉講座は、このみま~も公園で育ったみかんを使っての「夏みかんクッキング!」
        ↓
H270212月ミニ講座 (448x361)

この日に向けて、おはなナースが収穫した夏みかんでみかんゼリーを試作中。
         ↓
P2701301030972 (323x448)

見てください!見た目は100点満点ですよね
         ↓
P2701301030974 (448x354)

P2701301030971 (448x336)

P2701301030976 (448x314)

「センター長食べてみてぇ~~~~~~!」
私に試食の担当が回ってきました!それではっ!
      ↓
P2701301040048 (448x336)

んんん~~~~~~~~~~~~っ、  すっっっぱ苦い!

私の試食のおかげで、すっぱさと苦さが残るゼリーを改良。当日にはおいしいゼリーができそうですよ (^_^)v
       ↓
P2701301040050 (448x336)

みま~もファームで収穫した大根。このふぞろいの大根を使って、社会福祉士あっこちゃんがお味噌汁を作ってくれました。
        ↓
P2701301290002 (448x336)

20150129 120033 (448x335)

20150129 122525 (448x335)
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

ひ・つ・じでフィーバー!

師走の地域包括支援センターは大忙し 

そんな中、わが包括職員は年賀状作りを進めている。

来年の干支は「ひつじさん!」   

「キャァァァァァァ~~~~~~~~~ッ!かぁわいぃぃぃぃぃぃぃぃ!」  

黄色い歓声が事務所を覆いつくす。 

年賀状の写真は、ひつじの帽子をかぶったみま~もくんとみま~もちゃん 

たしかにかわいい、いやっ、かわいすぎる。
         ↓
P2612171030151 (448x330)

で、でもですねぇ~~~~、センター長まで「ひつじさん」にならなくていいんじゃねぇ?
          ↓
P2612171030155 (343x448)

あんたたちも・・・・、早いんじゃない?まだ午ですし・・・ 
           ↓
P2612171030161 (448x336)

あのぉぉぉぉ~~~~~~~~ 

まっ、いいかぁ!
          ↓
20141216 173027 (448x325)

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

母体法人の理解があればこそ

当院、退院調整ナース T 師長からこんな連絡が入った。

「地域包括支援センターについて勉強会を開きたいと思っているんだけどお願いできるかしら?」

と、 いうことでぇ~~~、外来看護師の皆さんを中心とした 「地域包括支援センターを知ろう会」 を開催しました。

同じ病院内にいるといっても、なかなか会う機会も、知り合う機会もない。

せっかくなので、わが地域包括支援センターのメンバーで用事が入っていない職員は一緒に参加!やはり、顔を見合って話し合うことって大事ですからね。 

今回の勉強会では、リーダーのたぐナースに話しをしてもらいました。

高齢化が進む中、地域で今何が起こっているのか?病院と地域医療、介護の連携がなぜ必要なのか?

とてもわかりやすく参加した多くの看護師たちも地域の専門職との連携の大切さを改めて感じているようでした。

来年度から、新た進化を遂げる予定のキーホルダー事業について話をした場面では、拍手が起きる場面もありました。

当院の地域包括支援センターが中心となり生まれた「キーホルダー事業」については、院内の中でもしっかり周知されてきたようです 

全国4000箇所以上ある地域包括支援センターの多くが、地域包括ケアシステム構築のためのネットワークづくりに取り組めていない要因の一つに、母体となる法人の理解が得られにくいことが挙げられる。

たしかに、法人経営の視点から見れば、ネットワーク構築という新たな業務により、職員への負担、時間外業務も増える一方、委託料は変わらないという中で理解が得られづらいという現状があるのです。

私たちは、「みま~も」というネットワークを構築するにあたって、以下の3点を、常に母体法人に伝え、理解を求めてきました。

1.今後の社会情勢の中で医療や介護のあり方がどのように変わっていくのか? (トレンド)
2.その中で母体法人が生き残り適切な役割を果たしていくために目指すべき姿は何か? (サービス提供体制・組織としてのあり方など)
3.そのネットワークがその目指すべき姿に至るために効果があること。


このようなことを通して、母体法人への理解を求めていく中で今、このような関係性を築くことができたのかもしれません。

「みま~も」は、このような風土の中でここまで育つことができたのです。



看護部主催 「地域包括支援センター勉強会」に参加してきました。
             ↓
P2611171020857 (448x335)

わが地域包括支援センターリーダー たぐナースが、参加した看護師へ地域包括支援センターについての理解を深めていきます。
               ↓
P2611171020839 (448x333)

地域のイメージを持ってもらうため、NHKの番組に取材協力したときの番組 「都会で暮らすお年寄りの現実 ~大森~」をみんなで見ました。
           ↓
P2611171020842 (448x336)

P2611171020851 (341x448)

もちろん!「みま~も」についても、しっかりアピールしときましたよ。
              ↓
P2611171020847 (448x340)

訪問診療看護師 Sさんからも在宅医療の必要性を話してもらいました。
            ↓
P2611171020853 (448x324)

当院の外来受付や玄関には、みま~ものセミナーチラシを貼ってもらっています。
このチラシを見てセミナーに初めて参加する人も少なくありません。
          ↓
P2611171110181 (448x314)

P2611171110192 (448x349)

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

成長を見つめていく

わが包括職員、「保健師うさ子」。

「澤登さぁん、今度はどこに行くんですかぁ?一緒に行ってもいいですかぁ!」 みま~もの取り組みを普及していくために、様々なところへ行くことが多くなっている。

保健師うさ子は、自分が関心のある所へは積極的についてくる。うさ子は言う、「自分たちが大事だと思って取り組んでいるみま~もを、様々な人がどう感じるか?それを生で感じとりたい!」 そう思っているのだそうだ。


「みま~も」の後援団体である東京都健康長寿医療センター研究所で働いていたうさ子は、「みま~も」の取り組みに興味と関心を抱いた。

その後、九州の実家で自治体保健師として働いていたが、やはり、「みま~も」への関心は捨てがたく、東京都健康長寿医療センター研究所で私たちと親交のあるN研究員を通じて、私に就職希望があることを伝えてきた。

上京し、初めてN研究員にわが包括支援センターに連れて来られたうさ子は、初対面の私に自分の思いをこう話してくれました。

「私は、地域包括支援センターというところには興味がないんです。みま~もを取り組んでいる 『 地域包括支援センター入新井 』 で働きたいんです!    」

あの初対面からまもなく3年が経過する。今では保健師うさ子は、この大森地域に暮す人たちの中にすっかり溶け込んでいる。もちろん、わが包括支援センターの中でもなくてはならない存在になった。

このうさ子が、介護職向けの Webマガジンに寄稿することになった。

「書いてみたんですけどどうですかねぇ~~~~?」

抜粋ですが見てあげてください。保健師うさ子は地域包括支援センター保健師として、着実に成長しているんです 

(保健師 うさ子の原稿一部抜粋)

― なぜ地域包括支援センターに保健師が配置されるのか? ―

 健康なヒトと地域をつくるために、住民自身が主体的に予防を含めた健康づくりを行っていける環境(システム、施策)をつくること、その手段として住民同士や組織を繋いでいくことが保健師の役割であると考えられます。
 通い続けたい場がある、役割を持てる場がある、「こんなことしてみたい」という思いを持ち続けることができる・・・これが介護予防につながるのだと思います。
 ただ、介護予防は目的ではなく一つのツールにすぎません。自分らしく生活し続けるためのツールです。この一つひとつのツールを大切に実践し、積み重ねていくことで、地域包括ケアシステムは少しずつ構築されていくのだと思います。
 「つなぐ」視点を持ち、一つ一つ大切に実践しながら、今!と思った時に住民の背中をポン!と押すこと。
 これが、いつまでも暮らし続けることのできる地域(地域包括ケアシステム)を創っていくために、保健師という専門職としてできることだと考えています。



保健師うさ子が、みま~もステーションを取り組んでいる商店街のフリーペーパーに掲載されています。こちらをクリックしてご覧ください。


保健師うさ子と一緒に、東京工科大学医療保健学部看護学科 保健師の道に進む4年生に向けた特別講義に行ってきました。
               ↓
P2610211020285 (346x448)

「澤登さんはね、うさ子のような保健師になってほしいと願って話していたよ!」 (By みま~も)
               ↓
P2610211020291 (448x335)

P2610211020296 (448x326)

「未来のうさ子たち!まだまだ試験や実習など大変だと思うけど、保健師目指してがんばりやぁ~~~~!」

今ここで、私が話している学生たちが、来月わが地域包括支援センターに実習でやってきます。

実習担当? もちろん!保健師うさ子です
          ↓
P2610211020297 (448x336)

講義が終わり、外に出ると蒲田の町はすっかり日が沈んでいた。

「今日は久しぶりにうさ子と飲んで帰るかぁ! 

大衆酒場に入り、みま~もを語り、地域包括支援センターを語りながら、うさ子と酒を酌み交わす。

センター長として、至福の時間だったとさ! 
           ↓
P2610211020308 (448x336)

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

介護予防教室プログラム 大改革!!

地域包括支援センターでは、介護保険法に基づく地域支援事業(介護予防事業)として、介護保険の要支援・要介護の認定を受けていない65歳以上の方を対象に 「介護予防教室」 を開催しています。

1年間を1クールとして介護予防に関する様々なプログラムを提供していくのですが、これがなかなか大変 

わが地域包括支援センターでも、主に看護師・保健師が毎年プログラムを考えいるのですが、継続するに従って、 「 しなければならない・・・ 」 的なものになってしまいがち  

そこでっ!今年度から、介護予防教室に臨むわが地域包括支援センターの発想を転換しました。

地域包括支援センターだけで考えているから行き詰まる。

そうであるならば、みま~ものネットワークを活用して様々な分野の協賛事業所・企業に協力をしてもらいましょう。

そんなわけで、まずは、㈱ スギ薬局 Yさんに連絡! 快く年間を通して全面協力してくれることになりました。

しかも、スギ薬局が関わりのある企業にも協力を依頼! 

テルモ株式会社、アサヒフード&ヘルスケア株式会社、味の素株式会社、大塚製薬工場(OS1) などの企業が、それぞれの得意分野の中で協力してくれることになったのです。

また、蒲田医師会理事 たかせクリニック 髙瀬 義昌 院長も、熱中症予防について、診療の合間をぬって話してくれることになりました。

そんなわけで、今年度の介護予防教室の年間プログラムはこんな形になっています!
              ↓
H260813kaigoyoboukyousitu (448x336)

自分たちで何でもやるのではなく、協力を求める!

協力を求めることで、地域包括支援センターを、地域の事業所・企業に理解してもらうことができる。

内容がバラエティーに富み、理解が深まるものであれば、参加する人たちにとっても有意義なものとなる。今年度の「介護予防教室が楽しみになりました 



平成26年度、初回の介護予防教室(4月) では、スギ薬局が用意してくれた体組成計で体組成測定を実施!

介護予防教室最終日に、変化を確認します。
       ↓
260813介護予防教室 064 (448x336)

5月介護予防教室では、テルモ株式会社が、参加者全員に「活動量計」を配布!2ヶ月間レンタルをしてくれました。

介護予防教室だけでなく、日常でも身につけてウォーキングの効果を認識してもらいましょう!
           ↓
260813介護予防教室 025 (448x336)

活動量計の操作方法から教えてくれました・・・。
           ↓
260813介護予防教室 060 (448x336)

260813介護予防教室 047 (448x281)

7月介護予防教室では、高瀬先生と大塚製薬工場のコラボ!

熱中症への理解を求めます。
      ↓
P2608137090017 (448x336)

P2608137090034 (448x334)

髙瀬先生の話は楽しく、面白く、参加者に大好評!!
        ↓
P2608137090027 (448x336)

大塚製薬工場さんからは、「OS1」のプレゼント!!
            ↓
P2608137090019 (448x336)

8月介護予防教室では、アサヒフード&ヘルスケア株式会社の「ロコモティブシンドローム予防について!」

骨密度測定を実施しました。
    ↓
260813007 (448x336)

測定結果は、すぐにプリントアウト!

皆さん興味深く、自身の結果を見ています。
      ↓
260813008 (448x338)

今後も、楽しみなプログラムメニューが満載です!!
            ↓
260813011 (448x312)

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。