プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域に密着した総合医療をめざして・・・

当院 ( 社会医療法人財団 仁医会 牧田総合病院 )は、平成25年1月に蒲田分院 ( 回復期リハビリテーション病棟、医療療養病棟:計120床 )を西蒲田に新規開院し、機能を分化・拡張しました。

また平成25年4月から、蒲田分院は 在宅療養支援病院 となり、これまで以上に在宅医療にも力を注いでいます。

当院 荒井理事長も、病院パンフレットにて蒲田分院 開設にあたりこう書かれています。

『 牧田に行けば何とかしてくれる!」すべての方にそう言っていただけるような病院を目指していきたい。 』
        
この蒲田分院にて、初の試み!地域の専門職を対象とした研究会を、10月28日(月)開催しました。

大田区脳血管障害研究会は、大田区を中心とした城南地区の先生方を対象に、「顔の見える連携」・「共通のガイドライン作り」・「疾患に関する知識の普及」を推進することを目的とした地域連携学術集会の一環として開催しています。

今回の担当となった当院では、

・「回復期リハビリテーションの役割」について、蒲田分院 リハビリテーション科 清水 祥史 医師

・「多職種の連携により在宅復帰を目指した症例」について、蒲田分院 リハビリテーション科 渡辺 明日香 理学療法士

に講師となっていただき、当院回復期リハビリテーション病棟の状況を含めて話してもらいました。

参加者は、当院職員含めて102名。

地域包括支援センター、ケアマネ、デイサービス相談員、施設職員、医師等、区内の様々な分野の方々にご出席いただきました。

次回は11月。

認知症ケアセミナー ~医療・介護の視点から考える~ と題して、

・認知症の薬物療法と治る認知症:特発性正常圧水頭症  荒井 好範 理事長

・在宅療養支援病院の役割について 蒲田分院 在宅医療部 是澤 正寛 医師 に話しをしてもらいます。

蒲田分院には、4階に100名以上収容できる「ラウンジ」があり、この場所での様々な発信を今後も進めていきたいと思います。


最後に、病院パンフレットに掲載されている小谷院長の言葉を抜粋ですが紹介させてもらいます。

『 当院は、基本方針である急性期医療から介護まで、予防医学を含めた総合的な医療を提供すべく努力しております。

社会医療法人となり、地域の中核病院として、患者様や近隣の医療機関の皆様より安心して受診いただけるよう、全職員 「 医療に携わるプロフェッショナル 」 としての意識を持ち、これからもがんばってまいります。 』



当院のホームページがリニューアルしました!!

大森の本院、蒲田分院、介護老人保健施設 大森平和の里、健診センター、在宅部門である「医療福祉部」など、それぞれの部署の詳細がより見やすくなりました。

ぜひご覧ください!(医療福祉部のページには、おおた高齢者見守りネットワークのページもありますよ。)




牧田総合病院 蒲田分院
     ↓
H251031pic01.jpg

H251021kamatabunin1.jpg

10月28日(月)、大田区脳血管障害研究会 ~リハビリテーション実技講座~を、蒲田分院4階ラウンジにて開催しました。
            ↓
PA251028280003.jpg

PA251028280004.jpg

参加者にはお弁当が配られます。

創業明治38年 「亀戸 升本」の松茸弁当。
        ↓
PA251028280002.jpg

PA251028280005.jpg

牧田総合病院 荒井 好範 理事長が、本日の座長です。
         ↓
PA251028280010.jpg

「回復期リハビリテーションの役割」について、蒲田分院 リハビリテーション科 清水 祥史 医師。

・そもそも回復期リハビリテーション病棟とは?
・多職種チームで関わる必要性
・当院の回復期病棟の特徴

などを、わかりやすく話してくれました。
      ↓
PA251028280013.jpg

「多職種の連携により在宅復帰を目指した症例」について、蒲田分院 リハビリテーション科 渡辺 明日香 理学療法士

実際の症例をもとに、家族の意向に寄り添いながら、医療チームでどのように在宅までのリハビリを進めていったのか。

家屋評価から見えた課題、退院後の生活状況、この症例を通して渡辺 理学療法士の気づきが語られていきます。

「在宅設定は社会復帰の入り口であり、ご家族やご本人の希望にできる限り添うためには、退院後の生活を支える在宅部門への引継ぎが大切です。」

渡辺理学療法士の明快な話しに、多くの参加者がうなづいていました。
        ↓
PA251028280024.jpg

渡辺理学療法士から、回復期リハビリテーション病棟を支える理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のメンバーを紹介!

当院が誇るリハビリテーション科のメンバーです!!
         ↓
PA251028280019.jpg

蒲田分院 機能訓練室
     ↓
contentsrehabili0230.jpg

回復期リハビリテーション病棟 ナースステーション
        ↓
contentkangobu2301.jpg

回復期リハビリテーション病棟 デイルーム。

口腔ケアなどが行えるよう洗面台も配置しています。
         ↓
contentsshisetsu701.jpg

ADL室・・・。

実際の自宅生活場面を想定した、日常生活動作(起居動作・入浴)、家事動作(調理、洗濯、掃除など)訓練を行います。
         ↓
H251031contentsrehabili02501.png

次回、 『 認知症ケアセミナー ~医療・介護の視点から考える~ 』 案内チラシ。
         ↓
251028nintisyoukeasemina-.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

尿もれのお悩みスッキリ解決!

10月19日(土)

「地域づくりセミナー」を開催しました。

まだ、介護を必要としていない方でも、じつは尿もれで悩んでいるという方は多い!

しかし、なかなか尿もれについて聞けないし、相談する機会もない。

そこで!!みま~もの地域づくりセミナ-としても初の 「尿もれ!」 を、テーマに取り上げたのです!

『 尿もれのお悩みスッキリ解決! 』 

協賛企業 ユニチャーム株式会社 排泄ケア研究所 研究員の方々が3名で、このセミナーの講師を引き受けてくれました。

ユニチャーム株式会社は、大田区の紙おむつ支給サービスの指定業者です。

実験あり、実演ありのとてもわかりやすい内容でした。

それでは、セミナーの様子について写真を交えながら説明していきますね!!


ユニチャーム株式会社のチャームナップサイト! 「みんなのあるある!」 こちらに、軽い尿もれについての内容がわかりやすく説明されています!


10月セミナ-チラシです。
     ↓
H251019seminatirasi.jpg

13時、協賛事業所みま~もスタッフが会場(ラズ大森 4階 多目的ホール)に集合!

まずは当日配布資料をまとめて、各テーブルに配置していきましょう。
         ↓
PA251024190004.jpg

PA251024190003.jpg

今回の当日資料です。

ユニチャーム株式会社からは、リハビリパンツ・尿もれパットの詰め合わせのプレゼント。
         ↓
PA251024190010.jpg

ステージ横には、ユニチャームの紙おむつ、パット商品がずらっと並べられました!

こんなに種類があるのですね。
         ↓       
PA251024190012.jpg

福祉用具事業所 株式会社 フロンティアさんが、尿吸引ロボ ヒューマニーを持ってきてくれました。

休憩時間にでも、参加者に見てもらいましょう。
       ↓
PA251024190014.jpg

セミナーの時間が近づいてきました・・・。

続々、来場者が訪れます。

みま~もくんも、皆さんを受付でお出迎え!
       ↓
PA251024190028.jpg

100人近い人たちが集まりました!

ではそろそろ始めましょう!!
       ↓
PA251024190033.jpg

PA251024190039.jpg

今回のセミナーの司会は、「日建リース工業株式会社」 Fさん!よろしくね!
          ↓
PA251024190040.jpg

ユニチャーム株式会社 排泄ケア研究所 研究員のこの皆さんが今回の講師です!

よろしくお願いします。
      ↓
PA251024190046.jpg

まずは、多くの方が経験している 軽い尿もれの症状と原因について説明・・・。
          ↓
PA251024190053.jpg

多くの方が経験していることですが、今までなかなか聞く機会がなかった尿もれについて真剣に説明を聞いています。
         ↓
PA251024190057.jpg

尿もれ予防・軽減のために、「骨底板トレーニング」を教わりました。
           ↓
PA251024190070.jpg

PA251024190072.jpg

ここで実験!
   ↓
PA251024190079.jpg


尿取りパッドと生理用ナプキンに同量の水分を流します。
        ↓
PA251024190080.jpg

生理用ナプキンでは、成分がちがう尿を瞬間的に十分吸収できず、逆戻りしてしまいます。

尿取りパッドは、中に入っているポリマーが水分をしっかり吸収。現在は、軽失禁用のパッドで薄くて違和感がなく、洋服のラインも気にせず外出できる商品も数多く出ているそうです。
         ↓
PA251024190083.jpg

実験で使用したパッドとナプキンを実際に触れてもらいます。
         ↓
PA251024190086.jpg

奥が軽失禁用尿取りパッド、手前が生理用ナプキン。見た目にも違いがわかりますよね。
          ↓
PA251024190087.jpg

次は、パッドや紙おむつに含まれている「吸収ポリマーの実験」!
          ↓
PA251024190095.jpg

このポリマーを入れた容器に水分を入れていきます。すると・・・・!

水分が吸収されてあっという間にゼリー状に凝固していきます。
        ↓
PA251024190096.jpg

容器を逆さにしてもこぼれない!!

はずだったのですがっ・・・・・・!
      ↓
PA251024190097.jpg

こぼれてしまいましたとさ!

ちょっとしたハプニングもご愛嬌・・・・ 
       ↓
PA251024190099.jpg

この水分を吸収した後のポリマーも、皆さんに触れてもらいました。

参加した皆さん、2つの実験に興味津々・・・・。
          ↓
PA251024190105.jpg

PA251024190108.jpg

男性の尿失禁についても、わかりやすく説明してくれました。
        ↓
PA251024190116.jpg

ここで休憩時間!

協賛 福祉用具事業所 株式会社フロンティアさんが用意してくれた 「尿吸引ロボ ヒューマニー」の実演!
          ↓
PA251024190132.jpg

PA251024190135.jpg

本体と接続された専用の吸引パッドを身体にあてて寝ているだけで排尿のたび、尿を瞬時に自動吸引してくれます。
          ↓
PA251024190126.jpg

休憩後は、紙おむつのあて方技術!

4つのポイントを説明しながらの実演会です!!
        ↓
PA251024190142.jpg

ポイント①は、紙おむつやパッドの横にあるギャザーの機能を活かすこと!

このギャザーがきちんと立っていないと横もれの原因になります。

ギャザーが、横もれに対してのダムのような役割を果たしているのだそうです。
         ↓
PA251024190146.jpg

ポイント②は、パッドが最も吸収する箇所に、陰部を確実にあてること。

ポイント③は、身体とオムツの間にスキマをつくらないこと。

特にパッドは、尿道口にフィットさせることで吸収機能が活かされるそうです。
         ↓
PA251024190159.jpg

ポイント④は、オムツ全体をずらさないこと!

特に臀部と股間のたるみ、ずり落ちて背中にスキマができるとそのスキマからもれてしまいます。

後半も、実演を交えて大変興味深い内容でした。
          ↓
PA251024190170.jpg

次回11月のセミナーは、日本赤十字社 東京支部 教護課 山口さんに、

「災害が起こったときに ~あなたが支援できること~」

について話していただきます。

山口さんは、みま~もの取り組みに大変関心を持ってくださり、セミナーやイベントにずっと関わってくれています。

この日もスタッフとして参加していたので、自己紹介をしてもらいました。
          ↓
PA251024190187.jpg

H2511seminatirasi.jpg

セミナー終了後も、自分のこと、介護をしているご家族のことなど、ユニチャームの方への相談が続きました。
           ↓
PA251024190202.jpg

ユニチャーム株式会社の皆さん!お疲れ様でした!!
         ↓
PA251024190217.jpg

ユニチャーム 排泄ケア研究所の皆さんには、10月30日(水)に、今度は家族介護者を対象に絞った、みま~もステーションの講座 

「上手に選んで、上手に使う! ~おむつと介護のポイント~」

に再度ご登壇してもらいます! 引き続きよろしくお願いします!!
         ↓
yunityarmu1030.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

初秋を食すレストラン!!

10月17日の第3木曜日!!

10月の 「みま~もレストラン」 が開店しました!

今回のレストランメニューは、

『 初秋を食すレストラン! 』

「旬なものを食すことでその季節を感じましょう・・・。都会にいると季節感を味わう食事というものが麻痺してしまいがちですよね!」

という 管理栄養士さとちゃんの心のメッセージが伝わってきそうな 秋いっぱいのメニューです!

みま~もレストランオープン当初は、「お客さんを招く・・・」というスタイルでしたがオープンから5年!

いつの間にか、みま~もレストランは 『 セルフサービス 』 なお店へと変化していきました。

でも、それがいいんです!

おいしいものを、「お客」として食べたいのなら、銀座にでも足を運べばいいんです。

みま~もレストランは、生活の中で接している身近な人同士が集い、料理を肴に楽しく語らい、明日への元気!をつくる場所!

そう、これなんですよ!!



10月みま~もレストランコースメニューは、

『 初秋を食すレストラン! 』 「作るのも、食べるのも大好きな管理栄養士」 さとちゃんプロデュース!!
         ↓
img251023194.jpg

管理栄養士 さとちゃん。

施設で作った料理を、「アキナイ山王亭」で盛り付けていきます。
          ↓
2510231040213.jpg

「みま~もレストラン」になくてはならない存在の 白津ケアマネージャーと大野ケアマネージャー。
協賛事業所 「株式会社ファーコス あい薬局」 のケアマネージャーです。

いつも多忙な業務の中、このレストランの日は、毎月予定計画に入れて関わり続けてくれています。

「ありがとう・・・」
        ↓
2510231040198.jpg

みま~もレストラン開店少し前になると、参加者が続々とやってきます。

開店前の準備は、こんな感じで参加者も一緒に手伝ってくれるんです。
         ↓
2510231040200.jpg

2510231040201.jpg

「じゃぁ、この盛り付けたものの配膳をよろしくお願いしまぁ~す!」
         ↓
2510231040208.jpg

配膳をしている Tさんの横には、病院の薬剤師実習生が・・・・・。

何か、Tさんうれしそう・・・・。
        ↓
2510231040211.jpg

開店の用意も終わり、参加者が着席。

毎月のレストランですっかり顔なじみになった人同士、各テーブルでの語らいが始まります。

この 「 語らい 」も、みま~もレストランの大人気メニューのひとつなんです!
      ↓
2510231040210.jpg

開店の時間となりました!

今回のみま~もレストランあいさつは、いつものNRE大森弥生ハイツ施設長片山さん(みま~も大森地区代表)

ではなく、協賛企業「ロイヤル入居相談室」 栗田さん!(みま~も大森地区 副代表)

初体験に大緊張!でも大丈夫!参加者があたたかく見守っています。
          ↓
2510231040215.jpg

んっ??? ということは、片山さんは???

ちゃんといました・・・・。今日は大役は栗田さんに任せて、縁の下の力持ち(?)役なのだそうです・・・。
          ↓
2510231040219.jpg

さとちゃんプロデュース!「初秋を食すレストラン!」本日のメニューがこちらです!!
          ↓
2510231040224.jpg

「一夜干しきのこと牛乳の炊き込みご飯」
        ↓
2510231040227.jpg

「さつま芋の皮とレンコンのきんぴら」
        ↓
2510231040226.jpg

「たたき山芋の山かけ風和え物」
       ↓
2510231040233.jpg

「揚げ秋刀魚と秋茄子のおろし煮」
       ↓
2510231040229.jpg

「柿なます 胡麻くり~む!」
       ↓
2510231040231.jpg

「ごぼうと牛肉のすき焼き鍋」
       ↓
2510231040225.jpg

「さつま芋とりんごのスウィ~ツ!」
       ↓
2510231040236.jpg

秋満喫のみま~もレストラン!

とてもおいしゅうございました!!
      ↓
2510231040238.jpg

2510231040218.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

みま~もサポーター親睦会!

10月8日(火)みま~もサポーター親睦会を開催しました!!

「みま~もサポーター」とは、協賛事業所スタッフとともにみま~もの活動に参加してくださる 『 応援団! 』 です。

「みま~もサポーター」は半年更新。ほとんどの方が継続して参加してくださっています。

「みま~もサポーター」は現在75名!!

みま~もステーションの講座開催数は年間100回を越えています。

みま~もサポーター更新の時期に合わせて開催する「みま~もサポーター親睦会」は、各講座毎に、参加しているサポーターの方々が日頃の成果を発表する場なのです!

みま~もステーションを立ち上げた当初の講座は、わが包括職員や、みま~も協賛事業所の専門職たちが講師となって講座を開催していましたが、最近では、みま~もサポーターの皆さんがお持ちの得意分野をそのまま講座として行ってもらうというパターンが増えてきました!

例えば・・・・、

『 手話ダンス! 』 は、みま~もサポーターKさんが手話ダンスを習っていることを聞きつけたおはなナースが、Kさんは、教えてくれている先生に講師をお願いしたところ、

「あなたが教えてあげたら?」と先生から言われ・・・・、

みま~もステーション講座 『 手話ダンス! 』 が スタートしたのです。


このように、 『 みま~もステーション 』 は、スタートから2年半、地域に暮らす人たちの新たな

『 地域での役割・やりがい・生きがい、そして!仲間づくりの場! 』 となっていることを実感します・・・。

75名のみま~もサポーターの皆さん!これからもみま~もを、よろしくお願いします!!



みま~もサポーター申込書。
       ↓
mimamosapotamousikomi.jpg

10月8日(火)みま~もサポーター親睦会を開催しました!!
         ↓
H251011konsinkai111.jpg

開始時間には、多くのみま~もサポーターが集合!!
         ↓
PA251011080014.jpg

この間の取り組みの中で、参加者はみんなすっかり顔なじみ・・・・。
         ↓
PA251011080143.jpg

親睦会が始まりました。

みま~も大森地区代表 片山さんの挨拶のあと、各講座の活動報告会!

まずは、今年度からスタートした 「和菓子作り教室!」

この教室の先生は、協賛事業所 「デイサービス邑」 幸島さん!  
          ↓
PA251011080022.jpg

この日も、手作りのケーキを焼いてきてくれました!!
          ↓
PA251011080005.jpg

「手話ダンス教室!」

講師のKさん登場です!!
      ↓
PA251011080038.jpg

Kさんと、手話ダンス教室参加者の皆さんで、日頃の教室の成果を披露!
        ↓
PA251011080043.jpg

「手芸教室!」の皆さん!

「手芸教室」の皆さんは、8月のイベントでみま~もくんのアクリルたわしを作ってくれました。
           ↓
PA251011080050.jpg

会場には、手芸教室の参加者の作品が所狭しと並んでいます。
          ↓
PA1011080145.jpg

PA251011080054.jpg

「絵本読み聞かせ バンダナクラブ!」

みま~も後援団体 東京都健康長寿医療センターとの共同事業です!

発声から始めて、今では実際に、地域の保育園や幼稚園で読み聞かせを行っています。
            ↓
PA251011080058.jpg

親睦会では、参加者に読み聞かせを披露してくれました。
          ↓
PA251011080065.jpg

「公園体操!」からは、協賛事業所 「山王リハビリクリニック」通所介護事業所 ヴィガ山王リハビリ 責任者の Sさん登場!!
        ↓ 
PA251011080070.jpg

参加者に、座って手軽に行える運動を教えてくれました。
           ↓
PA251011080083.jpg

「公園体操」の会場 入新井第1児童公園は、今年度全面改修が決定しました!!

親睦会では、新公園の完成図を貼り出しました!

この喜びを、みま~もサポーターの皆さんと分かち合いましょう!
           ↓
PA251011080068.jpg

「みま~もレストラン!」からは、毎回多忙な業務の中、お手伝い&食べる係で参加している 協賛事業所 「株式会社ファーコス あい薬局」のケアマネージャー白津さんと大野さんが、レストランの楽しさを伝えます。
           ↓
PA251011080103.jpg

「日本伝統文化講座」からは、館野健三先生(日本伝統文化指導者・認知症予防脳トレ士・スーパーバイザー)が、熱く語ります!

教科書で習ったこととは一味ちがう、日本の伝統文化についておもしろおかしく学んでいきます。

みま~もステーションの大人気講座です!
           ↓
PA251011080107.jpg

PA251011080113.jpg

「はつらつ喫茶」

健康チェックや体操・コーラスなどが楽しめます。

今回は、参加者全員で 「花は咲く」を歌います。
         ↓
PA251011080131.jpg

この半年間のみま~もステーションでの活動の写真をまとめ、BGMに松任谷由美さんの「やさしさに包まれたなら」を入れ込んだ映像を、おはなナースが作成!

名づけて! 「 ステーション日記 ~ 広がる絆~ 」 を鑑賞しました。
           ↓
PA251011080161.jpg

みま~も代表 中村さんから 閉会挨拶。
         ↓
PA251011080186.jpg

帰りに、みま~も公園(入新井第1児童公園)で育ったユリオプスデイジーのさし芽をプレゼント。

公園の改修で、来る人を楽しませていた花壇も一旦役目を終えなければなりません。

ぜひ、ご自宅で育ててあげてください。
        ↓
PA251011080187.jpg

PA251011080194.jpg

みま~もサポーターのほとんど方が、さし芽を持ち帰ってくれました。
           ↓
PA251011080197.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

オクトーバー謝肉祭!!

先月の後半だったでしょうか・・・???

みま~もの発足当初から関わってくれているダイシン百貨店 コンセルジュ 塩ちゃんから連絡がありました。

塩ちゃん: 「10月にイベントを企画しているんだけど、以前、みま~ものセミナーでヨーデル歌手を呼んだことがあったよね? 頼んでみてもらえないかなぁ???」

そうです!平成24年2月開催した認知症セミナーでお呼びした 北川桜さん!!

日本で唯一、スイス連邦ヨーデルフェスト最高級クラス1級取得をした、本場ヨーロッパでも認められたヨーデル歌手です。

北川桜さんとは今から約20年前、私が児童演劇のコーディネートの仕事をしていた頃、公演にお呼びしたことがあったのです。

北川さんと私とは同じ歳。あの頃二人はまだ20代!

平成24年2月、認知症セミナーでの20年ぶりの再会は、お互いそれぞれの分野でいろいろなことを見、経験し、「自分の道」というものを歩んでいる者としての出逢い直しであったと感じています・・・。

塩ちゃんからの依頼を受けて、さっそく北川桜さんに連絡。

その日はあいにく、桜さんはすでに予定が入っているということでした。

ところが!その後、いろいろとスケジュールを調整してくださり、10月13日(日)ダイシン百貨店のイベント!

『 オクトーバー謝肉祭 』 への北川桜さん出演が実現したのです!

決定したのは、桜さんが9月末ドイツミュンヘンオクトーバー・フェストへの出演後、帰国してからのことでした・・・。

10月13日(日)!

ダイシン百貨店 『 オクトーバー謝肉祭! 』 私も楽しみに参加してきました!!

北川桜さんには、来年3月1日(土)みま~も主催 「認知症セミナー ~正しい理解と音楽と笑顔~」で、再度登場をお願いしています。

こちらも、今から楽しみです!!



ダイシン百貨店主催 『オクトーバー謝肉祭!』

屋上広場では、ヨーデル北川桜さんのステージ!

同じ5階イベントホールでは、ドイツオペラのステージと、ドイツ音楽を堪能できるスケジュールになっています。
          ↓
PA251013130049.jpg

PA251013130022.jpg

屋上広場には、北川桜さんの大看板がドーンッ!と、用意されていました。
          ↓
PA251013130053.jpg

PA251013130016.jpg

青空市場には、ビールグラス・ワイン・ソーセージなど、ドイツの物産が並びます。
          ↓
PA251013130017.jpg

PA251013130018.jpg

PA251013130020.jpg

この牛焼き肉はおすすめ!

500円で食べきれないほどのてんこ盛り!!
       ↓
PA251013130030.jpg

PA251014130044.jpg

秋の味覚も味わえます・・・・。
     ↓
PA251013130034.jpg

北川桜さんの屋外ステージも、このような形で出来上がっていました。
          ↓
PA251013130024.jpg

PA251013130043.jpg

北川桜さんが、ダイシン百貨店に到着!

まずは、音響のチェックとリハーサル。
       ↓
PA251013130047.jpg

リハーサル終了後、同級生で記念撮影!
     ↓
PA251013130026.jpg

牛の首につける鈴、『カウベル』。
     ↓
PA251013130038.jpg

桜さん愛用のアコーディオン。
     ↓
PA251013130039.jpg

ステージが始まりました!
      ↓
PA251013130068.jpg

スプーンを楽器にして、「皆さんも、リズムに合わせてたたいてくださいね!」
      ↓
PA251013130079.jpg

PA251013130080.jpg

カウベルで演奏するのは、「エーデルワイス!」
       ↓
PA251013130099.jpg

PA251013130102.jpg

アルプホルンの登場!

初めて見る楽器に、音が出ると会場中拍手が起こります!!
      ↓
PA251013130104.jpg

アルプホルンが客席をまわります!
      ↓
PA251013130112.jpg

PA251013130115.jpg

「それでは、会場の皆さんにもアルプホルンを実際に吹いてもらいましょう!」

こんな小さい子でも、しっかりとした音が出ていました!将来有望ですね・・・。
          ↓
PA251013130117.jpg

PA251013130122.jpg

せっかくステージに出てきてもらったのだから、一緒にヨーデルに合わせて踊っちゃいましょう!!
          ↓
PA251013130126.jpg

あなたも前に出て!一緒に踊ろう!
     ↓
PA251013130131.jpg

ヨーデルを通してつながった手と手が、どんどん広がっていきます!
        ↓
PA251013130132.jpg

PA251013130134.jpg

桜さん・・・・、お疲れ様でした!
       ↓
PA251013130141.jpg

桜さんのステージ終了から30分後、屋内イベントホールでは、Conceruto Romantico代表 バリトン歌手 金 努 さんのオペラが始まりました。

司会は、塩ちゃん!!
     ↓
PA251013130145.jpg

美しく、魅力的なドイツ音楽を堪能した1日でした・・・。
       ↓
PA251013130149.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

近況報告?

介護予防サービスにて訪問介護を週1回利用。「要支援2」

一人暮らしのSさん。以前、私が担当をしていました。

このSさんから、事務所に連絡が入る。おはなナースが電話に出て、私に替わってくれた。

何かあったのだろうか?体調を崩したのかな?

そんな気持ちを抱き電話に出ると、

「澤登さん元気にしてるぅ~~~???

今日もね、友だちから相談を受けてねぇ~。ほらっ、私の人生経験はあんたにもたっぷり話してあげたでしょ!

この人生経験を話してあげると大体の人は元気になって帰って行くのよぉ~。

まぁそんな感じで元気にやっているから!澤登さんも身体に気をつけて、健康が一番だからね!

じゃぁ、あんたも忙しいだろうからこれで電話切るから!」


と、一方的に機関銃のように話して、これまた一方的に電話を切った・・・。

「んっ???近況報告???   まぁいいかぁ!」

地域包括支援センター、ここで仕事をしているとどうしても、 「 連絡=何かが起こった 」 と考えてしまいがち・・・。

こんな近況報告があってもいい。

たまに、私たち職員が元気でやっているかどうか?

地域に暮らす人たちが実態把握してくれる。そんなことがたまにあっていい・・・。

ここで働いている人たちは、自分が何かあった時に相談していい医療・保健・福祉分野の専門家。

その認識だけ持っていてもらえればそれでいい。



みま~もステーション大人気講座の一つ、「和菓子作り教室!」

協賛事業所 「デイサービス邑」 責任者 Kさんが先生です!
        ↓
P2508171030593.jpg

水まんじゅう作り挑戦!
       ↓
P2508171030594.jpg

この日は、わが地域包括支援センターの将来のセンター長 おはなナースの息子「てんちゃん」が、学校が休みで参加してくれました! 
           ↓
P2508171030595.jpg

P2508171030599.jpg

P2508171030598.jpg

P2508171030601.jpg

みま~もサポーター Aさんが、お茶を点ててくれました
           ↓
P2508171030603.jpg

てんちゃんも、興味津々でAさんの助手をしていましたよ。
         ↓
P2508171030606.jpg

P2508171030605.jpg

P2508171030607.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

人吉市 ヒットくん!

もう3年前になるでしょうか・・・?

日本社会福祉士会主催 「 地域包括支援センター社会福祉士 全国実践研究集会~ 地域包括ケアにおける地域包括支援センターの役割 ~ 」

にシンポジストとして参加しました。

シンポジウム後の懇親会で知り合った 熊本県人吉市地域包括支援センターで働く Fさん。

「 いつか必ず澤登さんをわが町に来てもらって話してもらいますからっ!!

準備して待っていてくださいねっ!! 」


そう言って、熊本へ帰っていった・・・。

あれから3年・・・・、Fさんから連絡が入る。

「 澤登さん!お待たせしました!約束どおりぜひ、お願いします!今回は400名入る会場を用意しましたからね! 次の日は休みなので、わが町をご案内しまぁ~~~~す! 」

熊本県人吉市は、65歳以上が約1万700人を占める。高齢化率は30・34%・・・。(平成25年1月現在)

昨年から、キーホルダー登録事業を開始している。今年1月には、「ひとよしSOSキーホルダー」の利用者が、市内の高齢者の約5分の1に当たる2300人を突破した。

3年前の社会福祉士同士の出逢いによって、遠く900km離れた熊本県人吉市でキーホルダー事業が広がっている・・・。

何か不思議な感じがします・・・。


電話のFさんの声には、3年前の研修会で初めてお会いした時よりも自信がみなぎっていました。

熊本県人吉市へは、来年2月に行く予定です。

電話で、私はFさんにこう話しました。

「 2月には、 『 みま~もくん 』 と 『 くまもん! 』 のコラボレーションが実現だね!! 」

Fさん : 「くまもんは忙しくて・・・、人吉市まで来てくれないんですよぉ~~~~。でも、大丈夫!人吉市には、

『 ヒットくん! 』 がいますからっ!」

私: 『 ヒットくん? 』

そうなんです・・・。人吉市には 『 ヒットくん! 』 がいるんです!

郷土玩具として親しまれている「きじ馬」をモチーフにしたキャラクター 『 ヒットくん! 』

ヒットくんに会えるのを、楽しみにしていようね! みま~もくん!


「 うん! よろしくね!ヒットくん 」 By:みま~も
           ↓
IMG2510090007.jpg


熊本県人吉市 ご当地キャラクター 「ヒットくん!」のプロフィールの詳細は、こちらをクリックしてご覧ください。


『 ひとよしSOSキーホルダー 』
      ↓
4075filea945bea041d6809280638356bf8de3c601.jpg

人吉市ご当地キャラクター 『 ヒットくん! 』
        ↓
images11111111.jpg images222222.jpg

ヒットくんは、郷土玩具として親しまれている「きじ馬」をモチーフにしたそうですよ。たしかに似ていますね。
         ↓
images7777777.jpg  images123451.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

おいでませ!わが町 大森へ!

小田原市社会福祉協議会 ご担当者からご連絡をいただき、8月22日(木)みま~もくんとともに、一路、小田原市へと向かいました。

小田原市では、地域内の要援護者に対して、近隣扶助の精神で見守り活動を行い、地域で可能な支援をしていくことを目的に、小田原市内の26地区社協それぞれに設置している「在宅福祉サービスチーム」という住民参加の見守り活動を行っています。

この「在宅福祉サービスチーム」に関わる住民向けのセミナーで、『 おおた高齢者見守りネットワーク(愛称:みま~も) 』 について話してきたのです。

集まった参加者は300名越え!
      ↓
P2508238220042.jpg

P2508231060859.jpg

話しの終わりに、参加者の皆さんへ私はこう話しました!

「みなさん!東京へお越しの際は、ぜひ大森にお寄りください!!」

あれから1ヵ月半!

あの一言が本当になってしまいました 

参加してくださった、「在宅サービスチーム」の住民の方々、市職員、社会福祉協議会職員、総勢50名がわが町大森へ来てくださることになったのです!

先日、小田原社会福祉協議会 Sさんから、みま~も視察呼びかけのチラシが届きました。

この呼びかけチラシの題名が、

「 市社会福祉協議会主催の在宅福祉サービスチーム研修会で参加者が感動した

『 おおた高齢者見守りネットワーク 』 を視察しましょう!! 」
            ↓
25100222221.jpg


ここまで楽しみにしてくれているのなら!

50名の視察を、 ド~~~~~ン と受け入れましょう!!

11月5日(火)滞在時間は10時~14時。

さすがに50名は、わが包括支援センター事務所に入りきらない。

会場は、ダイシン百貨店さんがイベントホールを提供してくれることになりました!!

午前中は、小田原市の皆さんの希望により、大田区、商店街、ダイシン百貨店の各担当の方々から、それぞれが考え、具体的に取り組んでいる 『 町づくり 』 について話してもらいます。

昼食は、ダイシン百貨店 和食料理店 「ひさごや」 さんの松花堂弁当。
           
午後は、自由行動!!

ダイシン百貨店さんを見学、ついでにお土産を買っていただくのもいいでしょう・・・。

大森柳本通り商店街 「アキナイ山王亭」では、みま~もからのお土産を進呈!

お土産の目玉は、みま~ものおふくろさん Nさん監修 「みま~もラー油!」

「アキナイ山王亭」では、みま~もサポーターの方々が、大森流 お・も・て・な・し!で出迎えます!

どうぞ、くつろいでください。

お茶を用意しています! お茶うけには 何と!

大森柳本通り商店街理事長のお店、和菓子店 「金海堂」の2代目が当日に向けて開発している 

『 みま~も饅頭! 』 が振舞われます! 饅頭の中身は・・・・、まぁ、当日のお楽しみにしておきましょう!
       
大田区大森の多くの人たちが一丸となって、11月5日(火)小田原市の皆様をお待ちしています!!楽しみに来てくださいね!!

みんなでお越しをお持ちしています!!


ダイシン百貨店 塩沢さん! 

「当日は、ダイシン百貨店が目指す 『 住んでよかったまちづくり! 』 についてお話ししますね!」
      ↓
P2510021110116.jpg

みま~ものおふくろさん Nさん! 

「みま~もラー油を作って待ってますよ!」
      ↓
IMG2510024579.jpg

IMG2510024542.jpg 

IMG2510024543.jpg

IMG2510024604.jpg

大森柳本通り商店街 「金海堂」
     ↓
IMG2509136829.jpg 

大森柳本通り商店街理事長 Sさん。

「みま~も饅頭を、息子ががんばって開発中です!楽しみにしてください!」
           ↓
IMG2509136826.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。