プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スープのような 「 まちづくり 」 を !

みま~もとしての、年明け初の一大イベント!

「JR 駅からハイキング」(1月10日~26日 17日間)が無事終了しました。

17日間で、この「駅からハイキング」イベントに参加した方は、3338名!

終着駅となった「アキナイ山王亭」では、イベント開催中大いに人で賑わいました。

「アキナイ山王亭」では、大森柳本通り商店街振興組合、

アキナイ山王亭にて、石巻の出身者を中心にアンテナショップ(毎週土曜日開催)、イベント、交流会を開催している「石巻マルシェ」、

アキナイ山王亭を拠点に、地域再生に熱く取り組んでいる「ウルサイ株式会社」Mさん、そして、みま~もが、それぞれ商品や人を出し、17日間という長期間にわたるイベントを協力し合ってやり遂げました。

それぞれ得意分野が違う組織、団体が、共通の具体的で明確な目標に向かって連携し合う・・・・。具体的に取り組むからこそ、お互いを理解し合うことができる。


『 連携 』、『 ネットワーク 』・・・、私たちが働く医療・保健・福祉の世界では、この「つながる」をキーワードにした言葉が、どの地域でもお題目のように叫ばれている。

しかし、このキーワードは十数年も前から叫び続けられながら、いまだに「これだ!」という明確な取り組みが生まれてこないのはなぜなのか? 

それは、連携・ネットワークをつくったその先のビジョンが明確でないことが要因なのではないかと感じています。

連携・ネットワーク構築はあくまで手段であり、「目的ではない」ということ。

連携・ネットワークをつくることが目的なのではなく、連携・ネットワークを構築して、自分たちが働く地域で何をするのか? ということが重要(目的)なんです。

そのことを、今回の取り組みを通して改めて実感することができました。

このイベントで、 「汁フェス!」 として全国の「汁」を提供してきた「ウルサイ株式会社」 Mさんは、自身の思いをホームページでこう表現しています。

『 ~前略~ 三団体、協力しながら自分たちの意志と行動で乗り切れたということは非常に大きなことではないかなと思います。

まだ計画していることがいっぱいあります。その際は、大いに皆さんを巻き込んで、助けてもらいながらやっていこうと思います。

それはスープを作るように各素材の味を大切にしながら、「 1つの商品として提供する 」 ということにつながります。
そうやって「まち」って作っていくべきなのではないかなとも思います 』


さぁ!スープを作るように、心の中からあたたかくなるような「まち」をみんなでつくっていきましょう!各団体の皆さん、お疲れ様でした!これからですね!!


ウルサイ株式会社 Mさんが、今回のイベントを振り返っての思いを、自身のホームページに綴っています。
『 まち in the soup~汁フェス振り返り~ 』 ぜひ、お読みください。 (今回提供した様々な「汁」も、写真で見ることができますよ!)



駅からハイキング最終日の「アキナイ山王亭」(1月26日)
        ↓
P2601271260004.jpg

いよいよ最終日!蒲田駅長さんも駆けつけてくれました。
          ↓
P2601271170505.jpg

みま~も大森地区代表 片山さん、おはなナースのゴールデンコンビで商品販売!
          ↓
P2601271260001.jpg

前日に引き続き、「わかめ祭り!」と題して石巻のわかめを販売!
        ↓
P2601271260009.jpg

「ワカメンヌさん」がお出迎え。

「ようこそ!アキナイ山王亭へ!」
         ↓
P2601271260012.jpg

最終日は日曜日。駅からハイキングの参加者も、おおぜいアキナイ山王亭へやってきます。
            ↓
P2601271260002.jpg

「汁フェス!」のトリを飾るは、『 サバだしラーメン 』!
          ↓
P2601271170516.jpg

あっさりスープにこの魚粉を入れると、深いコクのある味に変身!
           ↓
P2601271260027.jpg

蒲田駅長さんも大満足!!
       ↓
P2601271260042.jpg

アキナイ山王亭の裏にある 通称「みま~も公園」。3月末には、全面改修工事も終わり、Newみま~も公園が完成します。

夕方になり工事も終了。

駅からハイキング最終日も、これにて無事終了!!
        ↓
P2601271260063.jpg

イベント終了時刻、カドヤ建設常務取締役・商店街理事 野口さんが、エプロン姿で登場!!
         ↓
P2601271260040.jpg

なぁんとなんと!

このあとの打ち上げに、手作り料理を振舞ってくれるそうです。My包丁持参で気合が入ってます。
         ↓
P2601271260052.jpg

P2601271260073.jpg

スパゲティサラダ
      ↓
P2601271260062.jpg

ノビルのぬた
     ↓
P2601271260069.jpg

ミニしいたけのガーリック焼き
     ↓
P2601271260077.jpg

きゅうりの漬物

この他に、カドヤ食品からオードブルが届きました!!
         ↓
P2601271260071.jpg

P2601271260072.jpg

協賛企業 配食サービス「ニコニコキッチン」湯本さんは、同じグラム数で牛肉より高い漬物を差し入れ。
            ↓
P2601271260059.jpg

JR蒲田駅長の音頭で、 「かぁんぱぁ~~~~~~~~い!」
         ↓
P2601271260074.jpg

話は尽きることはありません。心地よい時間が過ぎていきました・・・・・。
           ↓
P2601271260079.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

ただそれだけの話し

意見がちがって当たり前。

だから、他者から学ぶことができる。

何かをするのに、「何かのため!」と大上段で振りかざす・・・。そういう人とは、自分だったら何かをしようと思わない。

人のためと漢字で書くと、「偽」となるんです。

でも、何をするにも「自分のため!」と言えない自分もいる。

だから、何をするにも自分にとって何が大切なのかと一生懸命引き寄せて考えてみる。そういう自分がそこに在るのであれば、「まだやれる!と思おう」と思っている。

具体的な目標に向かって、実際に何かをやってみる!そこの中には、絶対に何か生まれているもの、育まれているものがある。

人と人とが目標に向かって何かを取り組む。この何よりも崇高なことに何も生まれてこないはずはない。そこに何かを感じとれない自分にだけにはなりたくない。

なりたくないと思う自分がいれば、次に何かをする資格がある。そう思おうとも思っている。

完璧な人、完璧なことなど在るはずがない。

そこをとやかく言っても仕方がない。

発展するのか、しぼんでいくのかは「こうしたい、やりたい!」という思いに至った原点を、自分が持ち続けられるかどうかでしかない。

「何かをしたい!」

そう思うのであれば、やりゃぁいい。そこにやるための理由などつけ加えるから難しくなるだけ。

ただそれだけの話し。 以上!


201401261 095128

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

いつまでも元気に過ごす術 ~ 食事編 ~

新年最初!

そして、25年度最後となる地域づくりセミナーが、1月25日(土)に行われました。

「 いつまでも元気に過ごす術 ~ 食事編 ~ 」

みま~もの協賛事業所に数多く参加してくださっている「配食サービス」事業所を代表して、ニコニコキッチンさんが担当!
          ↓
260125logo.png

ニコニコキッチン所属の管理栄養士さんは、食事バランスチェックを参加者に記入してもらい、それをもとにバランスよく栄養を摂ることの大切さについて話してくれました。

そして、このセミナーのためにニコニコキッチンさんは、「森永乳業」さんにも協力を呼びかけ、後半を森永さんが担当!

「ロコモティブシンドローム」、「ビフィズス菌の基礎知識」について、豊富なデータをもとにわかりやすく説明。さらに!自社の宅配専用商品、

『 森永カルダス 』の1週間無料宅配お試し申込書を配布してくれました。

カルシウムの量がなんと普通牛乳の2倍!『ビフィズス菌(BB536)』が20億以上、乳脂肪分43%カットの2.0%、日本人間ドック健診協会推薦!ということで、私も今後を考えて、1週間お試し宅配を事務所に届けてもらうことにしました。

昔から、自宅への牛乳の配達を実施してきた森永乳業さん。

今後のこの地域での高齢者の見守り体制の具体化への協力も含めて、みま~もへの来年度からの協賛の話しもさせていただきました。

「ビフィズス菌、ロコモ・・・、言葉は知っていましたが、内容まで知りませんでした。大変勉強になりました!」(60歳代男性)

「お話しにあったことは日頃気をつけて食事をしておりますが、具体的な割合まで意識していませんでした。とても参考になりました。」(80歳代女性)

「日常の食事、運動の大切さを細かくお話しいただきました。食生活に気をつけて日々過ごすよう心がけます。」(80歳代女性)


今回のセミナー実現に向けて、いろいろとコーディネートしてくれたニコニコキッチン湯本さん、お疲れ様!ありがとうございました!!

次回は3月1日!今年度最後のみま~も特別地域づくりセミナー、

『 認知症と歩む町 ~ 正しい理解と音楽と笑顔 ~ 』です。250名のホールを満席で最後のセミナーを飾りたいと思います。



今年最初の「地域づくりセミナー」、協賛事業所スタッフと今回の担当ニコニコキッチンさんが集まり、準備開始です。
           ↓
IMG2601257734.jpg

来年度のお知らせなど、今回は配付資料も多くあります。
        ↓
IMG2601257743.jpg

ニコニコキッチンさんが用意してくれた「食事バランスチェック表」、森永乳業さんが用意してくれた『森永カルダス』無料宅配1週間キャンペーン申込書。
          ↓
IMG2601257742.jpg

新年最初のセミナーに、110名の参加者が集まりました。
         ↓
P2601251250009.jpg

みま~も6年間で最高齢の司会者!

キーホルダー事業を通して知り合い、そこから自社(株式会社アイビス)をみま~も協賛企業に・・・・。

会社を勇退したあとも、変わらずにみま~もに関わり続けてくださっているMさんです。
           ↓
IMG2601257746.jpg

第1部は、ニコニコキッチン管理栄養士 米田さんによる「食生活診断と簡単改善ポイント!」
          ↓
P2601251250007.jpg

第2部は、森永乳業さんが担当!

まずは、「長生きを支える足腰づくり。ロコモチャレンジ!」
        ↓
P2601251250015.jpg

自宅で簡単にできる「ロコモ度テスト」の一部を、実際に参加者全員でやってみました。
        ↓
P2601251250012.jpg

IMG2601257805.jpg

次に、「ビフィズス菌の基礎知識」。

知っているようで知らなかったビフィズス菌の効果についてわかりやすく話してくれました。

豊富なデータをもとになっている話しは説得力があります。
        ↓
IMG2601257814.jpg

IMG2601257807.jpg

私からは、来年度のみま~もの取り組みについての説明と、

新たに大田区の名物となった、商店街とみま~ものコラボ商品!「みま~も饅頭」の紹介!
           ↓
IMG2601257784.jpg

「みま~も饅頭」を作ってくれている老舗和菓子屋さん「金海堂」さんからうれしい提案!

今までは、20個より予約注文を受け付けてくれていたのですが、あまりに好評なため、10個から予約を受け付けてくれることになりました!!

ちょっとしたお土産に、「みま~も饅頭」!大ヒットの予感です。

参加していた民生委員さんからも、「これからは毎月の会議に注文するわ!」とうれしいお話し。

いくつかセミナーに用意したのですが、セミナー終了後あっという間に売り切れてしましました 
            ↓
IMG2601257796.jpg

無事、セミナー終了!

ニコニコキッチン栄養士の皆さん、森永乳業さん、そして、ニコニコキッチン湯本さんお疲れ様!ありがとうございました!!
             ↓
IMG2601257830.jpg

IMG2601257833.jpg

IMG2601257837.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

アキナイ山王亭に息吹を!

「アキナイ山王亭」 というひとつの場が、大森にある商店街に生まれた。

「アキナイ山王亭」は、大田区が空き店舗等を活用した お休み処やトイレ等の提供への補助を行う 「商店街コミュニティ活性化事業」 を利用して、大森柳本通り商店街振興組合が閉店した履物屋を改修したものです。

この、ある意味無機質な「場」というものに、様々な人が思いを持って関わることにより新たな生命が吹き込まれていく・・・。

「アキナイ山王亭」のリフォーム設計、建設に関わったカドヤ建設常務取締役 野口さんの思い・・・。

大森柳本通り商店街振興組合の方々の思い・・・・。

このアキナイ山王亭にて、石巻の出身者を中心にアンテナショップ(毎週土曜日開催)、イベント、交流会を開催している「石巻マルシェ」の皆さんの思い・・・。

地域再生に熱く歩んでいる若者!「ウルサイ株式会社」Mさんの思い・・・・。

そしてみま~もに関わる協賛事業所、企業の人たちの思い・・・・。

この「ヒト」の思いが重なり合い、無機質な建物に生命が吹き込まれていき、関わる者たちにとって 「かけがえのない場」 へと変化していく。

だからこそ!多くの地域住民、地域で働く人たちに関わってもらうんです!

自分にとって、 「かけがえのない場」 がある!

それは、気軽に訪れることができる場所。 行きたいと思える場所!そこには、友人・知人がいて、自分を待っていてくれる。必要としてくれている。

そのような「場」として、これからも「アキナイ山王亭」に新たな生命を吹き込んでいきたいと思います。



みま~もステーション講座 「第3期 ポールウォーキング」がスタートしました!

新たな参加者を迎えて、寒空に負けず元気にスタートです!
        ↓
P2601231220006.jpg

今回から、第1期~2期の人を対象とした初心者講習を、 「ポール de ウォーク学校」

第3期め以降の人たちの講習を、 「ポール de ウォーク大学」 と分けて実施しています!

参加者も毎回増えていますよ。
         ↓
P2601231220008.jpg

こちらは、ポール de ウォーク大学の皆さん。

ポールの使い方も姿勢もよく、これから大森貝塚を通って、尾崎士郎記念館に見学に行くそうです。
          ↓
P2601231220003.jpg

木谷ウォーキング研究所 代表理事 木谷さんが先頭で、大学生の皆さん出発です!
           ↓
P2601231220001.jpg

P2601231220010.jpg

ポールウォーキングが終わると、「アキナイ山王亭」でみなさんお昼ご飯。

運動したあとの皆さんの食欲は無限大!!
        ↓
P2601231170487.jpg

本日の日替わり汁は、大分の郷土料理 「だご汁」(だんご汁)。

これはねぇ~、わが地域包括支援センター職員 大分県出身の 保健師うさ子が作ってるんですよ!!

味はどうだったって?

そりゃぁ~うさ子が作ってくれたんだから、それだけで超絶品!!
        ↓
P2601231170480.jpg

P2601231220018.jpg

心霊写真ではありません。

大森柳本通り商店街振興組合理事 Tさんが、茶目っ気たっぷりにうさ子の調理姿を覗いてるんです。
            ↓
P2601231170482.jpg

ポールウォーキングを試すTさん。様になってますかぁ?

みま~もと関わっているうちに、だんだんみま~もくんに似てきているTさんでした。
          ↓
P2601231220024.jpg

みま~も協賛企業 株式会社クリニコ I さん。

自社の栄養補助飲料を、試供品として用意してくれました。
         ↓
P2601231220021.jpg

駅からハイキングイベント開催中は、毎日「みま~も饅頭」を販売!

連日売り切れの大人気商品となっています!! 
        ↓
P2601231170479.jpg

イベント開催中の、私のイチ押し商品はこれ!!

一ノ蔵の純米酒粕を使用した甘酒!私は毎日飲んでます。
           ↓
P2601231220028.jpg

この日、集まったメンバーで記念撮影。
        ↓
P2601231170497.jpg

人の輪が、大きく大きく広がっていきます・・・・・。
          ↓
2014012122 134347

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

まちづくりが元気!フリーペーパー!

おおた高齢者見守りネットワーク(愛称:みま~も)が、平成25年8月から新たに取り組んだ事業、

『 まちづくりが元気!おおた 』 登録事業 の取り組みが進んでいます。

「まちづくりが元気!おおた」登録事業 は、地域にある介護事業所、施設、薬局などが直接、地域住民と主体的につながることができるツールとなります。

地域包括支援センターの地域住民への普及啓発活動に、 「 協力 」 という受け身的な関わりではなく、事業所として、自分たちの分野の特性を活かした 「 主体的 」 な地域との関わりを構築していくことが可能になるのです。

この事業に登録した事業所には、ステッカーを配布します。

このステッカーに書き込む、地域に向けた具体的なメッセージをそれぞれの事業所で考え合う過程が、じつはとても大事だと思っています。

それまでは、 「利用者」、「入居者」のためにどうあるべきか・・・? ということが命題であった各事業所が、 「自分たちの事業所がある地域のために、自分たちが何ができるのか?」 という視点を持ち合う。

これは長期的に見れば、各事業所の地域へのアピールにもつながり、何よりも地域住民の「安心」にもつながると考えています。

大都市部にある多数の医療・介護事業所が、地域の楽しみの場になり、気軽に立ち寄ることができる相談の場になる・・・。

地域住民が医療・保健・福祉専門職とつながる窓口は「地域包括支援センター」でしかなく、大田区の地域包括支援センターは、所詮20カ所でしかない・・・。

これでは、都市部の急速な高齢化の進展には間に合わない!

地域包括支援センターだけではなく、都市部に数多く存在する介護事業所・施設・医療機関・薬局などが、元気なうちから地域住民と直接つながることのできるシステムづくりを進めていきたい!!

地域包括支援センターで働く専門職と、都市部に多数ある様々な医療・介護関係事業所で働く専門職が、 「個別支援」 だけではなく、自分たちの働く町づくりで連携し合う体制づくり・・・。

これが、「まちづくりが元気!おおた」登録事業の目的なんです。


さて、この事業に参画している事業所はすでに60を超えています。

そしていよいよ!「まちづくりが元気おおた」登録事業で、大田区民すべてを対象に配布するフリーペーパー(年2回発行・各10000部作成)の創刊号が、3月15日発行に向けて着々と準備が進んでいるのです。

今回の特集記事は、自身もキーホルダー登録をしている 大田区 松原 忠義 区長の「健康の秘訣!」

みま~もの管理栄養士 さとちゃん監修 「お手軽!ヘルシー&手抜き料理」、「連載:あなたのまちの地域包括支援センター」など、区民の方が興味や関心を持てる記事が満載です!

このフリーペーパーの編集を引き受けてくれたのは、「ライフ出版」!

書籍「みま~ものキセキ」を作ってくれた出版社です。

代表 Tさんは、連日、わが包括支援センターにやってきて、取材に行ったり、写真撮影に行ったりと大忙し!がんばってくれてます・・・・。

まちづくりが元気!おおた登録事業を通して、医療・保健・福祉専門職が地域住民にとってもっともっと身近な存在となる、元気なうちから日常的に関わることができる仕組みを構築していきたいと思います。



『 まちづくりが元気!おおた 』 登録事業をイメージした図がこちらです。
         ↓
P250816814003999.jpg

この空白スペースに、各事業所が地域に向けたメッセージを書き込みます。
          ↓
250814matidukuritirasi234.jpg


「 まちづくりが元気!おおた登録事業 」 の内容説明資料は、こちらをクリックしてご覧下さい。

アキナイ山王亭の裏にある、通称 「みま~も公園」。

全面改修に向けた工事が着々と進んでいます。
       ↓
P2601201170447.jpg

この日、アキナイ山王亭の2階では、「まちづくりが元気!おおた」登録事業で発行するフリーペーパー創刊号 表紙の写真撮影が行われました。

モデルは、わが包括支援センターリーダー たぐナースと、みま~もサポーター Aさん。
          ↓
P2601201170452.jpg

P2601201170455.jpg

何通りかの写真を撮影するため、次の場所へ移動・・・・。
         ↓
P2601201170457.jpg

ライフ出版 代表 Tさん、あれやこれやと凝りながら撮影を続けます。
          ↓
P2601201170459.jpg

P2601201170462.jpg

撮影終了!

アキナイ山王亭に戻り、さんま缶おにぎり・秋田県の汁「だまこ汁」・みま~もまんじゅう・日本酒一ノ蔵の甘酒でお昼ご飯。

ライフ出版 Tさん、いい写真が撮影できたと満足顔。食欲も進みます。
           ↓
P2601201170466.jpg

P2601201170468.jpg

JR イベント!「駅からハイキング」のゴール地点になっている「アキナイ山王亭」。

この日も多くのイベント参加者が訪れていました。
         ↓
P2601201170470.jpg

数日後、ライフ出版 Tさんが、表紙の案を持ってきてくれました。

うぅ~~~~~~~ん、どっちがいいでしょうかねぇ?
          ↓
P2601221220002.jpg

P2601221220005.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

みま~もソング!!

平成25年度最後を飾る みま~も特別セミナー

『 認知症の人と歩む町に ~正しい理解と音楽と笑顔~ 』

の準備が進んでいる。

第1部は、みま~も協賛クリニック 「たかせクリニック」院長 髙瀬 義昌 先生

「地域で支える認知症の治療とケア」

そして第2部は、

世界的に有名なヨーデル歌手! 『 北川 桜さん ヨーデルコンサート!! 』

2008年スイス連邦ヨーデルフェスト最高級クラス1級取得。ヨーデルの本場スイスでも、その歌声を認められています。

北川 桜さんとは、児童演劇のコーディネートの仕事をしていた頃からのお付き合いで、かれこれ25年以上になります。


この桜さんが、先日、会館との打ち合わせのため大森にやってきました。

打ち合わせ終了後、「アキナイ山王亭」へ!

石巻のさんまの缶詰で炊いた「さんまご飯」、秋田県の汁「だまこ汁」、日本酒「一ノ蔵」の酒粕で作った甘酒をいただきながら、商店街理事 Tさん、アキナイ山王亭で地域再生に取り組んでいる 「ウルサイ株式会社」 Mさんなどとともに話に花が咲く。

そこで、北川さくらさんから思いもよらぬすてきな提案が出されたのです! そ・・・れ・・・は・・・、

みま~もソング を作ろう!ということ・・・。しかも、作詞・作曲 北川 桜 で!

そう言いながら、気分が盛り上がってきたのか?桜さんが即興で口ずさむ・・・。

「 みま~もぉ~ みま~もぉ~ みま~もぉ~~~~  」

今月中に、入れてほしいキーワードがあれば桜さんに送り、それをもとにさくらさんが作詞・作曲!

録音は、「ウルサイ株式会社」Mさんが、友人のスタジオを借りることができるか聞いてくれることになった。

さくらさんのイメージだと、歌と歌の間奏部分でヨーデルを盛り込んでくれるらしい。

完成したみま~もソングは、3月1日 認知症セミナーで、参加者とともに高らかに歌い上げる予定。

桜さん!ステキな提案ありがとう!今から楽しみです 



平成25年度 認知症セミナーチラシ。
       ↓
H2631nintisyouseminatirashi.jpg

会場となる 「大田 文化の森」ホール担当者との打ち合わせに、北川桜さんと一緒に行ってきました。
           ↓
P2601211210013.jpg

ホールの反響具合を確かめるために、ヨーデルを歌いだす桜さん・・・・。

生歌を聴くことができて、ちょっと得した気分 
          ↓
P2601211210010.jpg

P2601211210012.jpg

ホールを見学したあとに、会館の担当者と具体的な打ち合わせ。
          ↓
P2601211210015.jpg

打ち合わせ終了後、さくらさんを誘って、「駅からハイキング」イベント真っ最中の「アキナイ山王亭」へ!

昼ごはんをここで一緒に食べました。

・石巻のさんまの缶詰で炊いた「さんまご飯」

・秋田県の汁「だまこ汁」

・日本酒「一ノ蔵」の酒粕で作った甘酒
 

桜さんも、とても美味しいと喜んでくれていましたよ。
         ↓
P2601211210017.jpg

「アキナイ山王亭」前で、みんなで記念撮影 

一番左が桜さん、一番右前列 帽子をかぶっている男性が 「ウルサイ株式会社」 Mさん、右後列男性が大森柳本通り商店街理事 Tさん。
           ↓
P2601211210019.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

地域に理解され、愛されてこそ・・・

1月18日(土)、一般財団法人 杉浦地域医療振興財団 主催 健康増進セミナー in 東京

『 老いを楽しく、明るく、元気に過ごそう 』 に、講師として参加してきました。

今回のセミナーは3部形式。

座長は、医療法人社団 至髙会 たかせクリニック理事長 髙瀨 義昌 先生

第1部の講演は、東京大学 高齢社会総合研究機構 準教授 飯島 勝矢 先生

「なぜ老いる?ならば上手に老いるには?」

第2部は私。

「おおた高齢者見守りネットワーク(愛称:みま~も)の活動」

そして第3部はゲスト講演!NPO法人 健康寺子屋 特別顧問 筑波スポーツ科学研究所 副所長。元全日本バレーボール選手ロサンゼルスオリンピック銅メダリスト 三屋 裕子 氏

「元気はつらつ 毎日いきいき過ごすには 」

参加者は超満員の、何と!500名!その中には、みま~もの取り組みに参加してくれている多数の皆さんが駆けつけてくれています。

じつは、専門職の皆さんに話すより、他地域の住民の方向けに話すよりも、大田区に暮らす人たちに話すというのは緊張します。

自分たち大田区で働く専門職たちが、みま~もの取り組みを通して生み出してきた「キーホルダー事業」、「みま~もステーション」、「地域づくりセミナー」をどう感じてくれているのか?

それを目の前で感じるという機会だからです。でもその不安は登壇してすぐに消えました。

会場には多くの知った顔、顔、顔・・・・・。

そして、話す一つひとつに笑ったり、うなづいたり、拍手してくださったりと、500名の大田区に暮らす方々があたたかく迎えてくださったからです。

「そうなんだ!この大田区に暮らす人たちが、大田区で働く専門職である私たちの取り組みを理解してくれている、認めてくれている。これ以上にうれしいことはない。」

そんな思いで話すことができました。当日資料には、大田区高齢福祉課にお願いして「キーホルダー事業」の申込書を入れました。

来週には、まだ申し込んでない人たちは申し込み、すでに申し込んでいる人たちは、知人・友人でまだ申し込んでいない人たちに広げてくれることでしょう。

話しが終わり会場へ戻ると、多くの人たちが声をかけてくれます。

「よかったよ!本当によかったよ!話していることが全部理解できたわ!」 (みま~もサポーター)

「ありがとうね、ここまで大変だったでしょう・・・。もう大丈夫!ここにいる人たちみんながみま~もの味方だからね!」 (大森地域住民)

「大田区で専門職として働いていることを、今日ほど誇りに思えたことはありません。来月のみま~も会議にはぜひ参加させてください!」 (みま~も協賛事業所 専門職)


「これでいい・・・、これでよかったんだ・・・・」 そんな確信を心に抱くことができた一日でした。

杉浦地域医療振興財団の関係者の皆様、貴重な機会をいただきありがとうございました。


杉浦地域医療振興財団健康増進セミナーで、私が話した資料はこちらからご覧ください。


一般財団法人 杉浦地域医療振興財団 主催 健康増進セミナー in 東京「老いを楽しく、明るく、元気に過ごそう」チラシ。
        ↓
img260110293.jpg

会場 「大田区産業プラザ・PIO」
       ↓
P2601181180041.jpg

大田区中から、続々と参加者が訪れます・・・・。
       ↓
P2601181180045.jpg

P2601181180043.jpg

参加者全員に、スギ薬局ならではの特典!

体脂肪・筋肉量のバランス無料測定 & 健康相談会を開催!
         ↓
P2601181180046.jpg

P2601181180047.jpg

P2601181180051.jpg

P2601181180060.jpg

医療法人社団 至髙会 たかせクリニック理事長 髙瀨 義昌 先生

東京大学 高齢社会総合研究機構 準教授 飯島 勝矢 先生

杉浦地域医療振興財団 杉浦 昭子 理事長と、打ち合わせ後、記念撮影。
        ↓
P2601181180066.jpg

会場は、定員400名を超え、500名! 超満員です。
        ↓
IMG2601187540.jpg

開会あいさつ:杉浦地域医療振興財団 杉浦 昭子 理事長
        ↓
IMG2601187547.jpg

座長:医療法人社団 至髙会 たかせクリニック理事長 髙瀨 義昌 先生
        ↓
IMG2601187568.jpg

東京大学 高齢社会総合研究機構 準教授 飯島 勝矢 先生

「なぜ老いる?ならば上手に老いるには?」
      ↓
IMG2601187602.jpg

「おおた高齢者見守りネットワーク(愛称:みま~も)の活動」
        ↓
IMG2601187622.jpg

休憩時間には、おおた高齢者見守りネットワークの5年間の軌跡を綴った書籍 「みま~ものキセキ!」を販売。

多くの方が購入してくれました。本の収益はすべて、みま~もの活動に使わせていただきます。
      ↓
IMG2601187688.jpg

ゲスト講演!NPO法人 健康寺子屋 特別顧問 筑波スポーツ科学研究所 副所長。元全日本バレーボール選手ロサンゼルスオリンピック銅メダリスト 三屋 裕子 氏

「元気はつらつ 毎日いきいき過ごすには 」
        ↓
IMG2601187694.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

プロが教える掃除のコツ!!

みま~も協賛企業に、年末新たに加わったのが 「お掃除本舗」!

店長は、30歳のMさん。

年末、協賛の手続きをしながら・・・・、

「みま~もステーションの講座で、掃除の仕方の講習会なんてやってもらえないかなぁ~~~~?」 と、相談を持ちかけたところ・・・

「えぇ、いいっすよ!プロの技術をすべて伝授しますよ!」 と快諾!

今日開催したみま~もステーション講座、 「プロが教えるお掃除のコツ!~其の壱~」 が実現したのです。

参加者は、換気扇・キッチンまわりの掃除の方法を学ぶことができる!

みま~もとしては、換気扇やキッチン水まわりを実際に掃除しながら教えてもらうので、講座が終わる頃には 「アキナイ山王亭」がきれいになる!!

主催する側も、参加する方々も喜ぶことができるとてもお得な講座です!! 

この講座は、今後も定期的に開催していきたいと思います。

おそうじ本舗 Mさん!これからもよろしくね!!



1月14日(火) おそうじ本舗 Mさんが講師のみま~もステーション講座! 「プロが教えるお掃除のコツ!」を開催しました!

この日も「アキナイ山王亭」は、駅からハイキング イベントの真っ最中!
          ↓
P2601141140005.jpg

講座開始30分前ぐらいから、参加者が続々と集まってきました。

駅からハイキングイベントのために用意した、甘酒やおにぎりを食べながら講座開始を待っています。
         ↓
P2601141140003.jpg

石巻産の缶詰各種・・・・・。
    ↓
P2601141140027.jpg

さんまの缶詰で炊いたご飯で作ったおにぎりと、石巻のワカメや豆麸がたくさん入った汁・・・。

このセットで250円!

私の今日のお昼ご飯です。
       ↓
P2601141140007.jpg

駅からハイキング ゴール地点のアキナイ山王亭前には、ゴールの目印が刻まれていました。
         ↓
P2601141140036.jpg

講座は、アキナイ山王亭2階で開催! おそうじ本舗 Mさんよろしくね!
         ↓
P2601141140008.jpg

今回は、この重曹とクエン酸を使います。

重曹とクエン酸は、協賛企業 スギ薬局 薬剤師 Hさんが用意してくれました。
         ↓
P2601141140011.jpg

まずは、万能エコ洗剤を作りましょう!!
        ↓
P2601141140015.jpg

作った万能エコ洗剤で、「アキナイ山王亭」1年半の汚れがこびりっついた換気扇フィルターをきれいにしていきましょう!

換気扇フィルターは、油汚れなので重曹万能エコ洗剤を使用!
         ↓
P2601141140020.jpg

あれまぁ~~~、どんどんきれいになっていきます。まるで魔法を見ているよう・・・・!
          ↓
P2601141140021.jpg

この洗浄力を見たらだまっていられません!参加者の皆さんついつい手が出ます。さすが主婦!

実際に自分でやってみないとね!
       ↓
P2601141140023.jpg

次は1階に降りて、キッチンのシンクをきれいにしましょう!

シンクは水垢汚れなので、クエン酸万能エコ洗剤が活躍!!
         ↓
P2601141140032.jpg

P2601141140029.jpg

右側が、磨いた方・・・・。

ちがいがわかりますか?
      ↓
P2601141140033.jpg

講座が終わり、おそうじ本舗 Mさん、スギ薬局 薬剤師 Hさん、石巻復興プロジェクト、みま~もメンバーでお茶会。

石巻の皆さんが、安納芋の焼き芋とさんまの缶詰を開けてくれました。

ひと仕事終えて、このちょっとした時間が大切なんですよね。皆さん!次回もまた頑張りましょう!
        ↓
P2601141140038.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

春を待ちわびて・・・・

JR 『 駅からハイキング 』 の終着駅として、新年早々大賑わいを見せる 「アキナイ山王亭」・・・・。

この活況の裏で、一つの役割を終えようとしている「場」があります・・・・。

「アキナイ山王亭」の裏口を抜けると、そこに変わらずにあった場所・・・。「入新井第1児童公園」(みま~も公園)が、3月末の完成に向けて全面改修工事を始めたのです。

みま~もステーションは、この公園から産声を上げました。

通りから一本奥まった場所にあるこの公園は、地域の人たちから存在すらも忘れ去られていた公園でした。

大田区の「ふれあいパーク事業」(地域の団体等が自主的に取り組む公園清掃や 緑化活動の補助を行うもの。)にて、この公園の委託運営管理をみま~もで行うことにしたのが3年前・・・・。

それから、地域住民からみま~もサポーターを募り、荒れ果てた公園の柵のサビを落とし、白いペンキで色を塗り、花壇を作り花を植え、まずは人が「来たい!」と思える公園にしたのです。

そして、この公園の遊具を活用して、公園体操を開催しました。この公園体操に協力してくれたのは、みま~も協賛事業所 デイサービス関係者の皆さん。

夏には、花壇でできたバジルや野菜を収穫して、管理栄養士さとちゃんと調理&実食会!

冬には、公園で実る夏みかんを収穫してジャムづくりなども行いました。思い出は尽きません。

少し寂しい気もしますが、みま~ものこのような3年間にわたる取り組みが評価されて、この公園が大きく生まれ変わるのです!

しかも、商店街とみま~ものみんなの意見が取り入れられた、今までにない公園が誕生するのです!

春には生まれ変わった公園で、また新たな足跡を刻んでいくことができるのです・・・。

「今までありがとう・・・・。また生まれ変わっても、みま~もをずっと見守ってくれな!」

新たな春を待ちわびるとしましょう・・・・・。



商店街から公園へ向かう通り。薄暗く、

この道の先に公園があることなど、地域に暮らす人も知らないほどでした。
         ↓
IMG2610138395.jpg

IMG2610138394.jpg

昭和32年に誕生したこの公園は、昭和30,40年代までは、子どもたちの遊び場になっていましたが、その後は、子どもたちの姿をこの公園で見ることはほとんどなくなってしまいました。

雑草は伸び放題・・・・、柵はサビだらけの誰も寄り付くことがない公園へとなっていきます。
         ↓
IMGP2610132491.jpg

この公園をみま~もサポーターである住民の皆さんと一緒に、まずは柵のサビ取りをしてぇ~~~。サビ止めを塗って、白い柵に変身!
          ↓
IMGP2610132494.jpg

ついでに、うさぎさんも昭和32年当時そのままに白うさぎへと戻します・・・・。

の!つもりが・・・・・・、
      ↓
P26101341030214.jpg

なぜか、ミッフィーちゃんに???
      ↓
261013006.jpg

花壇を作って、花や野菜を植えましょう!!
       ↓
DSC2610135120.jpg

公園でいろんな講座も誕生しました・・・・。

「公園体操!!」

みま~も協賛事業所、デイサービス関係の皆さんが全面協力!!
       ↓
261013013.jpg

25年度からは、「ポールウォーキング講座」も始まりましたね。
          ↓
P2610131010867.jpg

生き返った公園は、私たちに多くの実りをもたらしてくれました・・・・。
          ↓
260112044.jpg

DSC26011202099.jpg

P2601121090211.jpg

そして、今、JR 『 駅からハイキング 』で大賑わいのアキナイ山王亭!

その裏の公園では、全面リニューアルに向けて大工事が行われています。
          ↓
P2601101100026.jpg

みま~も協賛企業 カドヤ建設常務取締役 野口さん、大森柳本通り商店街 理事長 老舗和菓子屋さん「金海堂」 Sさんたちが子どもの頃からいる、亀さんウサギさんも、これで役割を終えます。

「事務所に持って行きたい・・・・・。職員に怒られちゃうかなぁ~?」
       ↓
P2601101100028.jpg

この公園が・・・・・、
      ↓
P2601101100029.jpg

春には、このような姿に生まれ変わるのです!!
      ↓
img260112187.jpg

この地域に暮らす、そして、地域で働く専門職たちの思いをのせて、新たな公園に息吹を込めましょう。

今から、春を待ちわびたいと思います。
       ↓
img260112362.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

『 駅からハイキング 』 スタート!

みま~もステーション今年度最後となる大イベント!!

JRとみま~も、そして大森柳本通り商店街振興組合、石巻復興プロジェクトの合同企画!

 「 駅からハイキング! 」

を、1月10日~1月26日までの17日間、開催しています!

「JRとみま~も?」と思う方も多いと思います。じつは、みま~もの協賛施設 「有料老人ホーム NRE大森弥生ハイツ」 は、JRグループが有料老人ホームを運営した1号店!

この施設の管理栄養士で、みま~もレストランに中心となって関わってくれている、管理栄養士さとちゃんが蒲田駅 駅長さんと大の仲良し 

さとちゃんが「みま~も」について話をしたところ、駅長さんは興味津々!さとちゃんはすぐに私と駅長さんを会わせてくれました。

そしてとんとん拍子で話は進み、今日に至ったというわけです。

ハイキングコースは、歩行距離 約9.5キロ。所要時間は、約3時間20分。(施設での見学時間を含む)

JR蒲田駅を出発して、池上本門寺などを通り、アキナイ山王亭が終着駅となります。

平日は150名、祝祭日では500名ほどが参加するというJR駅からハイキング。

最終駅となる「アキナイ山王亭」では、みま~もからは「みま~も饅頭」を・・・・。

石巻復興プロジェクトからは、石巻の物産品!

「アキナイ山王亭」を拠点に様々な地域活動を展開している「ウルサイ株式会社」の若者! Mさんは、甘酒&日本の美味しい汁物を、日替わりで提供!

約10キロを歩いてきた人たちに、「アキナイ山王亭」流おもてなしをしちゃいましょう!

駅からハイキング!スタートです!



みま~もステーションの拠点! 「アキナイ山王亭」がある、大森柳本通り商店街(ウィロード山王商店街)入り口。

JR大森駅を降りてすぐです。
          ↓
P2601101100004.jpg

P2601101100006.jpg

「アキナイ山王亭」は、すっかり 駅からハイキング バージョンに模様替え。
          ↓
P2601101100007.jpg

P2601101100018.jpg

P2601101100044.jpg

P2601101100019.jpg

今日は初日!

蒲田駅長さんも正装でゴール地点である「アキナイ山王亭」に一日常駐してくれました。気合い十分です!!

せっかくなので、駅長さんとちゃっかり記念撮影・・・。

「はい、ポーズ!」 
         ↓
P2601101100009.jpg

石巻復興プロジェクトの皆さんと、ウルサイ株式会社 Mさん。

今日が初日!盛り上がっていきましょう!!
       ↓
P2601101100012.jpg

石巻の物産が並んでいます。

石巻復興プロジェクトは、大森柳本通り商店街 「アキナイ山王亭」で毎週土曜日、石巻で作られた物産を販売するアンテナショップを開催しています。

駅からハイキング開催中は、平日も物産を販売してくれます。
           ↓
P2601101100017.jpg

「希望」の削り節・・・・。
      ↓
P2601101100042.jpg

みま~も饅頭も、すっかり大森名物として定着!

10キロを歩いてきた人たちに、疲れをとる甘い饅頭は飛ぶように売れていきましたよ。
          ↓
P2601101100013.jpg

とくに、甘酒とみま~も饅頭のセットは大人気!!
        ↓
P2601101100016.jpg

ウルサイ株式会社 Mさんが企画した 「ご当地汁物」企画第1弾は、徳島県 『そば米汁』。
           ↓
P2601101100032.jpg

駅からハイキング参加者には、JRから缶バッヂプレゼント。
          ↓
P2601101100039.jpg

駅からハイキング参加者が、自由に感想を記入できるようノートを用意。
          ↓
P2601101100023.jpg

最初のページには、蒲田駅長さんから参加者へのお礼の言葉・・・。
          ↓
P260111101100024.jpg

お昼を過ぎると、ゴール地点であるアキナイ山王亭に続々と参加者がやってきます。

蒲田駅長さんも、笑顔で参加者をお出迎え。
           ↓
P2601101100052.jpg

アキナイ山王亭でしばしゆっくりと休み、参加者は思い思いに帰っていきます。
          ↓
P26011101100051.jpg

P2601101100043.jpg

P2601101100040.jpg

初日終了! 皆さんお疲れ様でしたぁ~~~~!

期間中は、大森を大いに盛り上げていきましょう!!
      ↓
P2601111170263.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

「親しまれる・・・」という視点

新年、新たな年の業務が始まっている。

6日(月)、事務所の扉が開くと同時にみま~もサポーターである住民の人たちが、元気な顔を見せに訪れてくる。

「孫が、ひ孫連れてきてねぇ~~~~」

「餅を食べ過ぎたよ・・・、でも大丈夫!詰まらせてないからね!」


「センター長さん今年が年男だってセミナーで言ってたわよね!それ思い出してね、これ作ってきたの。」
                  ↓
PC260107250010.jpg PC260107250009.jpg

午後になると、みま~も協賛事業所の医療・保健・福祉専門職たちが、事業所全員で新年の挨拶にやってきてくれる。(ありがたいことです・・・)

こんな時は、私・・・・、がんばっちゃうんです!!

みなさんが笑いすぎて、お腹がよじれ、涙が止まらなくなるまで、どぉ~しようもない話で盛り上げる!!

3~4分で、澤登ワールドの術中にはまる皆さんを尻目に、

私: 「それでは宴もたけなわでございますが、お互い次の業務があることですし、この辺でお開きと致しましょう!」 と、勝手にその場を締める!みたいな・・・ 

ここからは、私の勝手な私見です。

地域包括支援センターという場は、 「親しまれる、親しみを持たれる」  という視点をもっと入れていくべきではないかと・・・・。

その中にいると見たり感じたりすることのできない、地域住民や地域で働く専門職にとっての高い敷居を、自ら解き放っちゃいませんか?

その方が、自分たちも楽になるはず!

地域の専門職にとってのご意見番である必要はない。

地域に暮らす人たちにとって、医療や介護が必要とならなければ入れないという特別な場でいる必要もない。

いえ、そうであってはならないと思っています。


「親しまれる、親しみを持たれる」 という視点・・・・。言い換えれば、 「根ざす」 という言葉につながるのかもしれません。

地域に暮らす、地域で働く人たちとの関係性の中に「根ざす」。

その方が、

包括職員が少人数で、地域で「何が起こっていないか?!」と常に目を光らせているよりも、多くのあたたかい眼差しが、地域を見守ってくれるはず。その実感を包括職員もわかるはず!

何も肩肘張る必要はない。地域に根ざせばいいんです。



初日の出・・・・。

太陽が姿を現した瞬間から、その場があたたかさで包まれていきます。
            ↓
P2601011010014.jpg

P2601011010017.jpg

P2601011010002.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

み馬~も! 2014

2014年の幕が開けました!!

今年は私の干支 「午年!」

10の力を出し切り、10のことを得るよりも、

たとえその日に10のことを得ることができなくとも、一つのことを少しでも前へ進め、

来年の今頃には 「こんなに前進することができた!」 という実感を持つことができる1年を送りたいと思います。

5年間、いろいろな種をまきました。
育ってきた花に、実に、木々に、興味を持つ方がいたならば喜んでお分け致しましょう。

その方々のもとで、さらに成長していく一本一本を、そっと見守っていきたいと思います。

変わることよりも変わらないで在り続けることの偉大さと、難しさを感じています。

成長していく一本一本を支えるために、土の下で根をしっかりと張り続けなければいけないのですから・・・。

何もいりません。ただ、方向だけは見失わないよう「羅針盤」だけは常に持たせてください。

今年も宜しくお願いします。



みま~もより、皆さんへ年賀状です。
     ↓
purezente-syon251227.jpg

今年は、み馬~も!の年。
     ↓
PC251227250005.jpg

PC251227250022.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。