プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットワークの底力!

まちづくりが元気!おおた登録事業で作成した 『 フリーペーパー みま~も! 』  が事務所に届いた翌日、私はフリーペーパーを持って各行政機関に出かけた。

まずは、大田区産業プラザ内にある 産業振興課 商業振興担当部署 Tさんのところへ!

Tさんとは、みま~もステーションの拠点 大森柳本通り商店街「アキナイ山王亭」の関わりを通して知り合った。

今回は、フリーペーパーを各商店街で配布してもらえるよう協力依頼をしたいということをTさんに相談した。

Tさんは、まずフリーペーパーを手にとって、 「これはいい!」 と大絶賛!そして、5月の商店街連合会会合で、フリーペーパーの紹介ができるよう調整をしてくれた。

大田区は東京23区の中で商店街が一番多い区なのだそうです。区内商店街が、買い物に来る人たちに確実にフリーペーパーを手渡してくれる。こんな心強いことはありません!

Tさんとこんな話をしていると、 「あらぁ~!澤登さぁ~ん!こんなところまでどうしたのぉ~?」 声の主は、隣りの観光課 Aさん。

Aさんは以前、我が地域包括支援センターのエリアの生活保護ケースワーカーでした。一緒に関わった困難事例は数知れず! 

Aさんにもフリーペーパーを見せるとうれしい提案をしてくれた。

大田区では、外国の人が安心して利用できる、飲食・買い物・観光・宿泊できる店舗・宿泊施設などを登録する 「ウェルカムショップ登録制度」 に取り組んでいます。

この制度登録している店舗はじつに300店舗!この店舗にフリーペーパーを置いてもらえるよう働きかけてくれることになった。

そして、大田区役所へ!

地域包括支援センターの管轄部署 高齢福祉課・・・・。どうしても、このフリーペーパーを直接手渡したい人がいた。

S課長とT係長・・・、新年度異動が決まっている二人、異動前に何とかこのフリーペーパーを手渡すことができた。

そして、エレベーターに乗り「まちづくり課」へ! ここには以前、高齢福祉課にいた U係長がいる。

キーホルダー事業を大田区の事業に!そして、地域包括支援センターに実働部隊ではなく、地域とのつながりを構築していく 「見守りコーディネーター」を配置! この見守りコーディネーターの役割を理論付けたのがこの人です。

フリーペーパーを渡し、最近のみま~もについて報告。この人との語らいは、自分の中に新たな考えを注入してくれる。

改めて思う。 「ネットワークってすごい!」 と・・・。

たしかに、それぞれが属する組織だけでは限界がある。でも、ちがう組織同士がお互いを限界も含めて理解し合う。

そして、 「これは自分のところではできない・・・」 ではなく、 「協力し合うのなら、自分たちはこれならできる!」 という発想に変化していく。

そして、1+1=2ではなく、1+1=5にも、10にも、100にもなっていくんです!

行政には異動が付き物。普通なら、地域包括支援センターを管轄する部署から異動となればそれでお別れ・・・。

でも、「みま~も」の取り組みはまちづくり!

どこに異動したとしても、協力し合えることは必ずある!

帰り道、しみじみ思った・・・。 「この人たちとつくってきたみま~もなんだなぁ~~~」 と・・・。

さぁ!ネットワークの底力をフル活用して、 『フリーペーパー みま~も!』 を、地域の全ての人たちに手渡していきましょう!!

「 10,000部では、すぐ足りなくなりそうですね   」


 「大田区ウェルカムショップ」 についての詳細は、こちらをクリックしてご覧下さい。


大田区産業プラザ Pio、この中にある産業振興課、観光課へ!
           ↓
P2603283280003.jpg

P2603283280002.jpg

次に向かったのは、大田区社会福祉協議会。

「まちづくりが元気!おおた登録事業」の助成申請でお世話になりました。このラックに、フリーペーパーを置いてくれることになりましたよ!
         ↓
P2603283280004.jpg

我が地域包括支援センターの管轄部署!高齢福祉課・・・・。今年度で異動となる課長・係長にフリーペーパーを手渡すことができました。
       ↓
P2603283280006.jpg

以前、高齢福祉課にいた U係長と久しぶりのご対面!!

年月が経っても、この人とはいろんな話ができます。元気をもらって帰りました。
         ↓
P2603283280007.jpg

帰り道、せっかくなのでみま~も公園へ!

4月2日(水)の午後には全面改修が終わり、新たな公園がオープンします!!
         ↓
P2603283280038.jpg

P2603283280041.jpg

農園スペースが広い!! ここで子どもたちとみま~もサポーターが、野菜を育てる光景が今から目に浮かびます。
            ↓
P2603283280044.jpg

みま~もの専門職たちが提案した、リハビリ遊具も配置されていました。
          ↓
P2603283280035.jpg

地域包括支援センター近くの広場にも、桜が咲く時期が訪れています・・・・。
           ↓
P2603283280028.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

フリーペーパー 『 みま~も! 』 完成!

地域包括支援センターだけではなく、都市部に数多く存在する介護事業所・施設・医療機関・薬局などが、元気なうちから地域住民と直接つながることのできるシステムづくり!!

元気なうちから日常的に地域の医療・介護サービスを身近に感じ、知っておくことができる町づくり・・・。

そして、医療や介護がいざ必要となったときには、元気なうちから知っている地域の専門職に関わってもらうことの「安心」を提供する・・・。

この思いを可能にする具体的なシステムを、『 キーホルダー事業 』 に続くみま~もの新たな事業として生み出しました。

その名も・・・・!

『 まちづくりが元気!おおた 』 登録事業!!

この事業を希望する事業所にはステッカーを渡します。

① 事業所は、「まちづくりに向け、自分たちに出来ることは何か?」 を話し合い、メッセージとしてステッカーに記入します。

② ステッカーは、出来る限り地域の皆さんの目の届く所に掲示します。

③ 登録企業・事業所のマップ、健康・お役立ち情報など、地域の皆さんに役立つ情報をまとめた 「フリーペーパーみま~も!」 を発行します。地域の方とつながるきっかけづくりに活用してもらいます。

④ 年2回程度、登録機関の情報交換会 兼 フリーペーパー編集会を開催します。
  情報交換会を通し、専門機関同士の交流・連携を深めます。


本来は、利用者・入居者のためのものであるデイサービスや施設等が、地域住民にも「場」や「情報」を提供する。

医療機関・介護事業所・薬局等、社会資源およびそこで働く人的資源の宝庫!この大都市部の利点を最大限活かしたシステム、それが! 『 まちづくりが元気!おおた 』 登録事業! です。

昨日、待ちに待った「フリーペーパー みま~も!」が完成し、みま~もに関わる3つの地域包括支援センターに届きました!

フリーペーパーは全部で10,000部!

その日のうちに、みま~もの後援団体 『 シルバー人材センター 』 理事 Nさんが 「登録者全員に配布します! 

と、早速、取りに来てくれました!その数じつに、3500部! 

協賛事業所の皆さんも、続々とフリーペーパーを取りにやって来ます!

大田区商業振興課 Aさんに「商店街連合会の皆さんに協力を呼びかけたい!」と話したところ、快く場を設定してくれました。

それだけではありません!観光課が国際観光都市大田区を目指し取り組んでいる「ウェルカムショップ登録制度」に登録している店舗に置くことができるよう話を進めてくれることになったのです!

「フリーペーパーみま~も!」が、今まで築いてきたネットワークを通して、私たち医療・保健・福祉専門職のメッセージとして確実に地域住民に届いていく・・・・。

楽しみです・・・・。


地域包括支援センター六郷中 Tくんが、我が包括支援センターに「フリーペーパー みま~も!」を届けてくれました!
         ↓
P2603273260001.jpg

やっと完成したフリーペーパー・・・。

書籍「みま~ものキセキ!」を作ってくれた 『 ライフ出版 』が思いを込めて作ってくれました!
             ↓
P2603273260004.jpg

デザインも内容も GOOD! 
       ↓
P2603273260006.jpg

協賛企業 「アズビルあんしんケアサポート株式会社」の皆さんは、体育会系のノリで、一人一箱を担いで帰って行きました!
               ↓
P2603273270007.jpg

有料老人ホーム NRE大森弥生ハイツ施設長 片山さんは、入居者の当院への受診帰りにお持ち帰り!!
           ↓
P2603273270010.jpg

株式会社ニチイケアパレス ニチイホーム Mさん! 愛称 牛若丸!

営業マンっぽく 「はい、ポーズ!」
        ↓
P2603273270024.jpg

冬キャンプに連れて行ってくれた カドヤ建設常務取締役 Nさん!

やはり冬キャンプ仲間!パナソニック・エイジーフリー介護チェーン大田 Hくん!
            ↓ 
P2603273270025.jpg

みま~も協賛企業の多くのみなさんが、初日からフリーペーパーを地域住民に手渡していくために続々とやってくる・・・。

「これは負けてはいられない!」 私たちも、当院 「牧田総合病院」のあらゆる場所に、フリーペーパーを置いてもらおう!!
            
まずは、先生方にもこの取り組みを知ってもらうために、医局前のラックに 「ポン!」
          ↓
P2603273270013.jpg

リハビリテーション室の前のラックにも 「ポン!」
           ↓
P2603273270017.jpg

リハビリの先生が興味を示してくれたので、すかさず説明をします!

法人内の理解がなければ、このようなことはできませんからね!!
         ↓
P2603273270014.jpg

リハビリテーション部 Iさんにも直接手渡し!

「大事なことだから、ちゃんと読んでおくように!」
          ↓
P2603273270016.jpg

歯科にも置いてもらいました!!
      ↓
P2603273270018.jpg

まだまだ行きます!

内視鏡センター 待合室にも 「ポン!」
        ↓
P2603273270019.jpg

脳卒中センター 窓口にも 「ポン!」
         ↓
P2603273270021.jpg

外来受付にも 「ポン!」
       ↓
P2603273270022.jpg

血圧測定器の横にも 「ポン!」

さぁどうだっ! 皆さん、お気軽に手にとってみてくださいね!!
        ↓
P2603273270023.jpg


『 まちづくりが元気!おおた 』 登録システム! で使用するステッカー。

登録事業所には、このステッカー(A4・A3サイズを選べます。)を、2枚お渡しします。
          ↓
250814matidukuritirasi234.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

みま~もお花見弁当!

カドヤ建設常務取締役 Nさんの企画 『 冬キャンプ 』へ一緒に参加した 管理栄養士さとちゃん!
       ↓
26032220140317173922680[1]

キャンプ場で私にこんなことを言ってきた。

「あのぉ~~~~~、みま~もレストランのことが、ブログに2回ほど登場してませんけど・・・   」

さらに続く・・・・、

「毎回楽しみに読んでいる人もいるのでぇ~、 い・そ・が・し・い  とは思いますがぁ!やっぱり書いてもらわないとねぇ~ ・・・・」 (多少脚色あり  )

さとちゃんの言う通り!!

みま~もレストランは、みま~も2年目から毎月第三木曜日、欠かさず開催してきた大黒柱の活動!

それを2ヶ月連続でブログに紹介していないとは・・・・ 

ではっ!心を入れ替えて、3月みま~もレストラン! 『 みま~もお花見弁当  』 を紹介していきますね!


3月20日、第三木曜日みま~もレストランが開店しました!

今回のレストランメニューは、季節感いっぱいの 『 みま~もお花見弁当! 』

二段重のふたを開ければ、そこには、料理で綴った春物語が描かれています・・・。

参加者の人たちは、どのように春を感じるのか?たのしみですねぇ~~~~~ 
        ↓
P2603203200057.jpg

11時!あいにくの雨となってしまいましたが、参加者の皆さんは食事を楽しみに集合!

「今日は会計係を誰がする?」

役割をそれぞれが決めて準備に取りかかります。
          ↓
P2603203200003.jpg

毎月開催されるみま~もレストラン。

参加者もすっかり顔なじみ!新しく参加する人も、自己紹介をしてみんなで出向かえる雰囲気ができています。
         ↓
P2603203200008.jpg

有料老人ホーム NRE大森弥生ハイツから荷物と料理を詰め込んで、施設長片山さん、管理栄養士さとちゃんたちが、車で到着!

みんなでテーブルクロスをかけてぇ~~~~。
        ↓
P2603203200018.jpg

食器を運んでぇ~~~~~~~。
       ↓
P2603203200014.jpg

料理を盛りつけてぇ~~~~。
      ↓
P2603203200020.jpg

テーブルに料理を並べてぇ~~~。
      ↓
P2603203200025.jpg

P2603203200031.jpg

厨房では、おしぼりの準備をしています。
        ↓
P2603203200024.jpg

はぁ~~~~い!

準備ができましたぁ~~~! みま~もレストランは、すべてセルフサービス!だから、食事以外の「楽しみ」も味わえるんです!
           ↓
P2603201050342.jpg

「準備もできたし、席に着きましょっ!」
      ↓
P2603203200041.jpg

P2603203200040.jpg

片山施設長からみま~レストラン恒例行事! レストラン開店のごあいさつ。

おやじギャグ連発、お笑いてんこ盛りのあいさつです。
          ↓
P2603203200037.jpg

管理栄養士さとちゃんの、本日のメニュー紹介。
        ↓
P2603203200038.jpg

料理への期待が一気に膨らみます!

さとちゃんのメニュー紹介が終わると拍手喝采!

それでは!いっただっきまぁ~~~~す!
        ↓
P2603203200043.jpg

「まぁきれい!春だわねえ~~~~~  」

ふたを開けた瞬間の参加者の声が聞こえてくるようです。
        ↓
P2603201050344.jpg

最近では、携帯で写メを撮り、息子さんや娘さんに自慢をする人も多くなってきました。

たしかに!自慢できますよねぇ~。
          ↓
P2603201050349.jpg

一の重 桜ご飯と竹の子ご飯・・・・。
       ↓
P2603203200065.jpg

二の重は・・・・・、あまりに多くのおかずで紹介しきれません。メニューと照らし合わせてご覧ください。
               ↓
P2603203200059.jpg

桜と菜の花のお椀
      ↓
P2603203200066.jpg

フルーツ盛り合わせ
       ↓
P2603203200071.jpg

今回、福祉用具事業所 東基 Kくんが、忙しい仕事の合間をぬってみま~もレストランに初参加!

「食べる前の準備もしないで、よくまぁそんなに食べられるねぇ~~~」 といじくる私 
           ↓
P2603203200080.jpg

「ちょいと、センター長さん!若い子をそんなにいじくっちゃぁだめよぉ~~~~!」

テーブル中が笑いに包まれます。
         ↓
P2603203200081.jpg

こちらでは、協賛事業所ケアマネジャー 「しろっつー」 お得意のガハハ笑い!
          ↓
P2603203200083.jpg

改めて、仲間と美味しい食事を囲むっていいもんですねぇ~~~~。
            ↓
P2603203200089.jpg

食べた後は、もちろんみんなで お・か・た・づ・け  
             ↓ 
P2603203200093.jpg

みま~もステーション講座 「ポール・ウォーキング!」に参加しているAさん。

この日も、ポールを使ってレストランへ参加!

「これを使うようになってから、外に安心して出られるようになったわ!」と、話してくれました。

片山さん、さとちゃんたちと記念撮影!
         ↓
P2603203200095.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

教え子です!!

「日本福祉大学で澤登さんの講義を受けたという人が 『 アキナイ山王亭 』 を見学したいって電話がありましたぁ~」

この数年、社会福祉士の実習受け入れが縁で、日本福祉大学通信教育部の特別講義を行っている。

その卒業生が、数年経っているにも関わらず大森に来てくれるというのです。

約束した日、二人の卒業生が我が包括支援センターに訪れてくれた。

たった1回きりの特別授業・・・・・。1回きりの先生・・・。

こんな澤先生の職場にやってきてくれたのです。

あれから2年、二人とも社会福祉士となった。そして一人は弁護士の道に進み、社会福祉士としての学びを糧に我が道を歩もうとしている。

もう一人は、社会福祉士取得を通して出逢った多くの人たちとの縁を社会に還元できるよう、一歩踏み出そうとしている。

そんな二人が私に会いに来てくれて、キラキラとした瞳で私を見つめ、夢を語ってくれている。
こんなうれしいことはない。

数日後、二人からお礼のメールが届いた。


『 日本福祉大学での澤登さんの講義以来、ずっと望んでいた 「 みま~も 」 の活動を間近で見学することができて、本当に嬉しかったです。

手芸イベントの活気、スタッフの方の生き生きとした表情。

そして何より、高齢者の方々自身のみま~もの活動に対する積極的な姿勢、全てが想像を超えるものでした。

いつの日か、私もみま~ものような活動に参加してみたいと強く思いました。

そして、澤登さんのように人との出会いを大切にし、周囲の人たちと一緒に成長していける自分になりたいと思いました。

足湯に浸かりながら、炭酸水を片手に眺めた大森・山王の街並み、ずっと忘れません!

また、みま~ものイベント等の際には是非お手伝いなどで参加させていただければ嬉しいです。今後ともよろしくお願い致します。 』



『 直接貴重なお話を伺えたばかりか、ダイシン百貨店をご案内いただいてお茶までご馳走になり、恐縮しつつも感激いたしました!

澤登さんの熱いお話と足湯のおかげで、心も身体もポカポカになりました。

お人柄に接して、澤登さんファンが全国にたくさんいるというのにも納得!いたしました。(もちろん、私もファンになりました(^^))
 (とうとう、澤ファンクラブができちゃいました  )

今、私が社会福祉士としてここにいられるのも、たくさんの素敵な縁に恵まれたからだと思っています。

その縁はどんどんと広がり、ついには昨日、澤登さんともお知り合いになれました!!

3年前、勇気を出して日本福祉大学に編入学した時には、想像もつかなかったことです。縁ってすばらしいですね(^^)

今はまだ微力な私ではありますが、これらのご縁を社会に還元できるよう、頑張ってまいります。
澤登さんとのご縁も、ずっと大切にさせていただきたいと存じます。 』


また、いつでもおいで!我が教え子たち! 



日本福祉大学 通信教育部の外部講師として、毎年講義を行っています。
           ↓
P2603192406181130526[1]

P2603192406181130533[1]

2年前の卒業生2名が、私を訪ねてきてくれたのです。

せっかくなので、みま~もたっぷり体験ツアーに私がガイド役でご案内。

アキナイ山王亭では、手芸部の皆さんがみま~もについて二人に語ってくれていました。
       ↓
P2603183180019.jpg

ウルサイ株式会社 町田くん(まっちー!)とも会うことができました。同世代で 「まちづくり」 について意見交換。
           ↓
P2603183180039.jpg

手芸部の皆さんが私を見つけると、続々と完成したポーチを、うれしそうに見せに来てくれます。

こんな時間が、 「みま~もをやっていてよかったぁ!」 と思う一瞬です・・・・。
             ↓
P2603183180042.jpg

P2603183180034.jpg

みま~も公園も、全面改修終了まであとわずか・・・・!

ここが菜園スペース!ここでみま~もサポーターと保育園・幼稚園児が一緒に野菜や花を育てていきます。
          ↓
P2603183180047.jpg

『 金海堂 』 で、みま~も饅頭を注文!

「二人で食べてね・・・・!」
         ↓
P2603183180049.jpg

ダイシン百貨店のファミリーレストラン!

「懐かしい昭和のにおい・・・・・」 二人にとって、とても新鮮だったようです。
            ↓
P2603183180051.jpg

ダイシン百貨店の書籍売り場で「みま~ものキセキ!」を発見!

「すご~~~い!平置きに置いてもらているんですね!」

そうです!こ・れ・が、ネットワークの力なんです! 
          ↓
P2603203180050.jpg

ダイシン百貨店 「カシュカシュ足湯カフェ」で3人でまったり。
           ↓
P2603183180053.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

星空へ届け!みま~もの歌!

冬キャンプ・・・・・。

久しぶりに心が洗われる思いでした・・・・。

夕食後、澄み渡る満天の星空のもと 「みま~もの歌」をみんなで高らかに歌う・・・。

ふっと、若い頃読んだ詩が頭に浮かんだ・・・・。


春について

『 だれもうたがうものはいない 今が冬だということ、冬のあとには春が来ること

だが君は知っているか 春はどんな顔をしているか、どんな歌をうたうのか
     
過ぎ去れば青春はいっとき、人生だってたぶん

たしかにだまってたって春は来る、けれどもそんなのっぺらな春が来たとて君は泣けるか笑えるか
     
しゃんとした春を彫刻するなら、この冬の壁にノミを打たねば
     
はればれと春の歌が聞きたいのなら、まずこの凍った土を掘り起こさねば
     
喜びの折の友情はにぎにぎしく、つらいときの友情は身にしみる

僕らのこの時代を、のちの世の人々は語るだろう、だがまず僕ら自身たっぷり語ろう

どんな冬があり、春があったか、つらい冬の中で春がどんなにけなげに燃えたか

そして冬から春にかけて、青春も人生も決していっときなどでなかったということを・・・ 』




夕食後、ギター演奏でみま~もの歌を大合唱!!
        ↓
DSC2603150309.jpg

ギター演奏でみんなで歌った 「みま~もの歌」

ぜひ、映像でご覧下さい!!冬キャンプに参加しているような雰囲気に浸れますよ 
        ↓


私がギターに夢中になっている頃、放っぽり放しのみま~もくんを、管理栄養士さとちゃんが遊んでくれていました。
          ↓
DSC2603150322.jpg

Nさんと、ゆかいなキャンプ仲間たちで記念撮影! 
           ↓
DSC2603150298 (1)

翌朝は快晴!空気がうまいっ!
          ↓
P2603153160242.jpg

朝の空気を満喫している Kさん。
         ↓
P2603153160206.jpg

薪ストーブには、朝ごはん用の目玉焼きとコーヒー 
            ↓
DSC2603150330.jpg

トーストもいい焼き具合! 
         ↓
DSC2603170332.jpg

人数分に取り分けましょう・・・。
       ↓
P2603153160222.jpg

うまそぉ~~~~~~~~  
             ↓
P2603153160223.jpg

ここから、Nさんの食べ方の伝授!

「 バターを塗ったトーストに、お好みでからしを塗って、好きな具材をのっけて半分に折って豪快に食べる!

これが一番おいしい食べ方ですよ! 」

           ↓
P2603153160229.jpg

こんな感じ・・・・・・・。
      ↓
P2603153160230.jpg

「 ホントだ!うまいっ! 」 と、目を真ん丸に見開いてかぶりつく Mくん 
            ↓
P2603153160237.jpg

タープを片付けます・・・・。なんか寂しい・・・・・。
         ↓
P2603153160239.jpg

さようなら!キャンプ場!  
          ↓
P2603153160243.jpg

山中湖を経由して、石割温泉で旅の疲れをとって、大森へ帰りました。

Nさん、本当にすてきな時間をありがとうございました!!
           ↓
P2603153160246.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

冬キャンプへ出発!!

「少し落ち着いたら、一緒に冬のキャンプへ行きませんか?キャンプのコンセプトは、 『 何にもしない! 』 こと・・・。

思い思いに、好きな時間を過ごす。

読書をしてもいい、夜空を見ながらお酒を飲んでもいい、温かいコーヒーも用意しましょう。

冬のキャンプ場は、自分たち以外に人はいません。静けさの音が聞こえるんですよ!」


『 何もしない 』 という豊かな時間を過ごす・・・。

「 Nさん!ぜひ、企画してください!一緒に行きますね! 」

カドヤ建設常務取締役 Nさんとこんな会話を交わしたのは、昨年の11月ころでしょうか???

そして!この冬キャンプがやっと実現しました!!みま~も協賛事業所の仲間たちと、

行ってきまぁ~~~~~す!



3月15日(土)朝9時!

地域包括支援センター入新井前に集合した5人で記念撮影!  あと4名が現地集合!

9名で冬キャンプに参加します。たのしみぃ~~~~~~!
           ↓
P2603153150005.jpg

「Nさん!助手席には僕がついているからね!」 Byみま~も
               ↓
P2603153150007.jpg

キャンプ場に近づくにつれて、残雪が高く積もっています・・・・。

「ホントにキャンプできるのかなぁ~???」 Byみま~も
                ↓
P2603153150012.jpg

キャンプ場に着きましたぁ!見よ!この白銀の世界!
          ↓
P2603153150018.jpg

P2603153150019.jpg

まずは、雪の少ないところにタープを設置しましょう!
           ↓
P2603153150029.jpg

タープの中を暖める薪ストーブも用意してくれました。
         ↓
P2603173150021.jpg

ビールはそのまま雪にぶち込んで、天然冷蔵庫!
         ↓
P2603173150028.jpg

寝るまで過ごす憩いの場が完成です!!
       ↓
P2603153150047.jpg

P2603153150046.jpg

Nさんが薪ストーブに点火! 
          ↓
P2603153150053.jpg

それでは、冬キャンプを始めましょう! かぁんぱぁ~~~~~~~い!
          ↓
P2603153150060.jpg

お昼ご飯は、レトルトの「函館カレー」!

お腹が空いていたので、温めてすぐに食べられるものは嬉しいですね。でもこのカレー、おいしかったぁ~。
            ↓
P2603153150074.jpg

キャンプマン Nさん、みま~もくんとご満悦!
       ↓
P2603153150069.jpg

大自然の中、時間がゆっくり流れていきます。

心地よく会話も弾みます。
        ↓
P2603153150078.jpg

おやつは焼き芋!

パーコレーターで淹れたコーヒーは格別! 焼き芋にも相性抜群!
          ↓
P2603153150087.jpg

美味しい顔って・・・・・、こんな顔!
        ↓
P2603153150088.jpg

P2603153150089.jpg

男性陣はキャンプ場内にあるジャグジーで入浴!

裸の付き合いもいいもんですね! 身体も温まりました!
           ↓
P2603153150093.jpg

入浴後は、歩いて10分の「道の駅」へお買い物。
          ↓
DSC2603150236.jpg

買い物から帰ってくると、Nさんが夕飯の仕込みに入りました。
           ↓
P2603173150097.jpg

『 スタッフドチキン! 』 

玉ねぎ・鶏レバー・レーズンを塩コショウで炒めたものを・・・・・、
            ↓
DSC2603150248.jpg

鶏の内部に入れ・・・・・、
          ↓
DSC2603170253.jpg

じゃがいも・人参・ブロッコリーとともにダッチオーブンで焼いていきます。
          ↓
DSC2603150255.jpg

『 チーズフォンデュ 』
          ↓
DSC2603170264.jpg

フランスパン・ウインナー・じゃがいも・人参でいただきます。
           ↓
P2603173150095.jpg

夕食の準備ができて、日が暮れて・・・・。
          ↓
DSC2603150259.jpg

スタッフドチキンの完成!!
         ↓
DSC2603150268.jpg

野菜とチキンに分けて、チキンを食べやすいようにカットしていきます。

野菜は、鶏の旨みが染みてきっと美味しいだろうなぁ~~~~~。
           ↓
DSC2603150273.jpg

「わかりました!その大事な役目、私が引き受けましょう!!」

この重要な役割を担うは、管理栄養士さとちゃん!頭にライトをつけて気合充分!! 
           ↓
DSC2603150298 (2)

P2603153150155.jpg

チーズフォンデュも準備が出来ました!ディナーパーティーの始まりです!

かんぱぁ~~~~~~い!Nさん、素敵な時間をありがとぉ~~~~~!!
              ↓
P2603153150163.jpg

お腹が空いた!

スタッフドチキンにかぶりつく、さとちゃんとTくん。
          ↓
P2603153150185.jpg

「チーズフォンデュ温かいうちに召し上がれ!」
       ↓
P2603153150176.jpg

P2603153150181.jpg

マシュマロを焼いて、リッツにはさんでパクッと食べる!

リッツの塩味とマシュマロの甘味が溶け合って、絶妙の味でした・・・・・。
        ↓
P2603153150201.jpg

みま~もの活動を通して出会った仲間たちと、大自然を感じながら美味しいものを食べて、すてきな時間を共有する。

こんな極上の時間が他にあるでしょうか?これは自分だけの思いではないでしょう・・・。

このみんなの笑顔が何よりの証です。
         ↓
P2603153150171.jpg

P2603153150172.jpg

P2603153150174.jpg

冬キャンプの極上の夜がゆっくりと過ぎていきます・・・・。

続きは次回!
              ↓
P2603153150137.jpg

P2603153150135.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

更なる1年へ・・・・

「ふぅ~~~~~」

毎年、年度末のこの時期になると、外に出て空を見上げ、我が身に大きく息を吸い込む・・・・。

おおた高齢者見守りネットワーク(愛称:みま~も)を立ち上げてから丸6年、 「毎年同じ時期に、同じことをしているなぁ・・・」 と、自分でもおかしくなる。

今年度1年間を通して積み上げてきたことを、整理・分析。

そして、来年度は何に力を注いでいくのかを思い巡らし計画を立てていく。


これだけでは、新年度に向かえない。

「もう1年・・・・・。」

来年度へ自分自身を向かわせるための、気と力を我が身に入れ込む。

何も特別なことをするわけでない、時間をかけることもない。 外に出て空を見上げ、大きく息を吸い込む。

これで十分。

ずっとやろうなどとは思わない。

「もう1年・・・・」そう思って自分ができることをやるだけ。

これぐらいがちょうどいい、肩の力を抜いて、気負わずに無心でいられる。

さぁ、来年度へ思いを馳せましょう・・・・。




わが地域包括支援センターのある日のお昼時間。

この日は、I さんの誕生日パーティー!

「誕生日を祝ってもらうなんて何年ぶりかしら・・・・」 と、息子に自慢するため写メを送る。
        ↓
P2603143050002.jpg

そして!もう一つのお祝い!

保健師うさ子の結婚祝い!

実家の大分で式を挙げることになったうさ子のために、包括結婚祝いパーティー!「おめでとう!!」
           ↓
P2603143050005.jpg

新郎新婦のケーキの入刀です!!

んっ????? ちがうって!

うさ子・・・・、おめでとな!
       ↓
P2603143050012.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

みま~もの催し継続を・・・・

みま~もステーション講座 「写経教室!」この参加者の方々とともに、

『 総持寺 写経・精進料理体験バスツアー 』 へ出かけた。

総持寺で写経を行い、精進料理を堪能し、法話を聴き、石原裕次郎さんのお墓参りをして、最後に参加した皆さんで記念撮影! 

「澤登さんと一緒に写真を撮ってもらっていい?」

記念撮影後、Nさんがおはなナースに頼んでいるのが聞こえてきた。

「 うれしいこと言ってくれるねぇ~、Nさん一緒に撮ってもらおう! 

Nさんとは、私がケアマネジャー時代からの関わりなので、もう10年ほどのお付き合いです。

要支援状態から関わり、現在は要介護状態。

それでも、みま~もステーションの各講座への参加を楽しみに、娘さんと一緒に来てくれていた。

しかし昨年、脳梗塞のため入院。

数ヶ月の治療を終え自宅へ戻ったが、楽しみなみま~もの講座へ参加するにはさらに時間を費やした・・・・。

そんなNさんが、みま~ものセミナーに娘さんが押す車椅子で、入院後初めて参加してくれた時には、みま~もの協賛事業所のスタッフが 「おかえり!」 と、笑顔で出迎えていたことを思い出す。

このNさんが、今回のバスツアーにも参加していたのです。

Nさんは、この時の「今」を心から満喫しているようでした。

我が地域包括支援センターに、Nさんのケアマネジャーから届いたケアプランにはこんな一文が記されていた。

「みま~もくんの催しには、今後も継続して参加してほしい」 と・・・・・。


「 うれしいこと言ってくれるねぇ~、Nさん一緒に撮ってもらおう! 

P2603063060064.jpg



『 総持寺 写経・精進料理体験 』 バスツアーへ出発です!!
         ↓
P2603061050190.jpg

総持寺に到着!

写経を行う会場へ案内され、まずはセルフでティータイム!
        ↓
P2603071050201.jpg

写経を行う前に、今日のバスツアーに同行してくれたみま~もスタッフを紹介。

聖路加看護大学 大学院生 なべちゃん!
           ↓
P2603063060048.jpg

ウルサイ株式会社 代表取締役 マッチー!
        ↓
P2603063060051.jpg

写経を行うにあたっての説明を聞きます。
         ↓
P2603063060014.jpg

これから約1時間弱、写経に向き合いましょう!
         ↓
P2603061050212.jpg

写経をしていると、自然と背筋が伸び、精神が集中されていきます。
         ↓
P2603063060029.jpg

私の書いたもの。

2回目の写経ですが、まだまだ修行が足りないみたいです  
            ↓
P2603063060024.jpg

厳かな雰囲気の中、ゆったりとした時間が流れていきます・・・・。
           ↓
P2603063060023.jpg

書いた写経は、供養後、観音様の台座に納経してくれるそうです。
            ↓
P2603063060026.jpg

P2603063060027.jpg

「平成救世観音像」は、総持寺双眸丘に、東北に向かって立っています。

東日本大震災で犠牲になられた方々を慰霊し、被災地の一刻も早い復興を祈り、見守り続けているのだそうです。
              ↓
P2603063060036.jpg

写経の後は、待ちに待った「精進料理」!!
       ↓
P2603063060038.jpg

P2603063060040.jpg

完食です!!

食事が済んだら、ご飯茶碗にほうじ茶を注ぎ、一切れだけ残しておいた漬物で米粒を落としていきます。

このほうじ茶を、今度は味噌汁椀に移し入れ飲み干します。

こうすることで、茶碗がきれいになった状態で下膳してもらうことができます。
         ↓
P2603063060043.jpg

左隅に順番にお椀を重ね、終了です。

料理を作ることも、食べることも仏道修行の一つとされているからこそ、しきたりを重んじるのでしょう。
              ↓
P2603063060044.jpg

ごちそうさまでした・・・・・。

人生初の精進料理を経験したマッチーの感想、 「ハンバーグ食べたい・・・・」
         ↓
P2603061050232.jpg

食後は、川原老師による法話を聞きました。
          ↓
P2603063060047.jpg

P2603063060052.jpg

法話を聞いた後は、二手に分かれます。

こちらは、石原裕次郎さんのお墓参り・・・・。
           ↓
P2603061050247.jpg

こちらはお墓参りに行かず、境内の建物内を見学したり、お土産を購入したりとゆっくりと過ごしています。
              ↓
P2603063060056.jpg

私も、我が地域包括支援センターのみんなにお土産を買いました。
           ↓
P2603063060054.jpg

梅が満開の木の前で、記念撮影!
         ↓
P2603063060060.jpg

帰りのバスでは、「みま~もの歌」をみんなで覚えて帰りましたよ! 

  みま~も みま~も みま~もぉ~~~~   
           ↓
P2603063060074.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

価値を見出す・・・

「 澤登さん!ぜひ来てくださいね! 」

聖路加看護大学 大学院生 なべちゃんが私を誘ってくれたのは、聖路加看護大学大学院修士論文発表。

なべちゃんは、 『 都市部高齢者が見守りネットワークを利用し続ける経験 』 をテーマに、

おおた高齢者見守りネットワーク(愛称:みま~も)に3年以上関わっている65歳以上の高齢者に、利用し続けてきた経験をテーマとした半構造化インタビューを実施。

高齢者の視点から在宅高齢者のニーズを得て、他地域のインフォーマルサポートにも継続的な活動作りへ応用できる可能性を探るという大変興味深いものです。

インタビューをもとに、なべちゃんが結果として導き出したもの。それは・・・、

「 はじめは受身だった参加者が、密なコミュニケーション・支援的な環境の中で、自分たちが中心となるまでに主体性を増し、自己を再発見し、見守りネットワークに対する安心・信頼を育て、高齢者にとって重要な場所となるまでにその 価値 が変化していたことが示された。 」 ということ。

そして、このような活動をしていくために必要なこととして、

・知的好奇心の刺激、連続性とレベルアップの期待できる企画設定

・高齢者の健康に対する意欲や主体性を引き出せるような仕掛けの必要性
 を挙げている。

約20分の見事な発表でした!!

東京都健康長寿医療センター研究所の非常勤職員だった頃に初めて出逢ったなべちゃん。

研究所を辞め、聖路加看護大学大学院生となっても、みま~もにはずっと関わり続けてくれた。

なべちゃんの成長のそばにずっとずっといた私としては、発表の内容もそうですが、それ以上に大きく成長したなべちゃんの 「今」 をうれしく感じました。

みま~もに出逢うきっかけはさまざま。

最初から主体性を持って関わる人などいない。

でも、受身的な関わりから自分たちが中心となるまで主体性を増し、自己を再発見し、みま~もに対する安心・信頼を育て、自分にとって重要な場所と認識するまでにその 価値 が変化していく・・・・。

なべちゃんが導き出した結果は、そのままなべちゃん自身とみま~もの関わりそのもの。

なべちゃん!なべちゃんの 『 晴れの舞台 』  しっかり見届けましたよ。これからも、一緒に成長していこうな!

今日はありがとう・・・・・。



なべちゃんの発表を聴くため、「聖路加看護大学」へ行ってきました!!
           ↓
P2603053040002.jpg

P2603053040003.jpg

到着がギリギリになってしまい、私が到着してすぐになべちゃんの発表が始まりました。
          ↓
P2603053040010.jpg

聖路加看護大学 K教授が私に気づき、一番前の席へ案内してくれました。

「間に合ってよかったぁ~。なべちゃんがんばれ!俺がついてるぞ!!」(私の心の声) 
          ↓
P2603053040006.jpg

なべちゃんの発表テーマは、 「都市部高齢者が見守りネットワークを利用し続ける経験」
           ↓
P2603053040007.jpg

なべちゃんは、立派に発表を終えましたよ 

担当教授 K教授やご関係の皆さんと記念撮影! 
         ↓
P2603053040011.jpg

K教授は、「澤登さんがせっかく来てくれたのだから・・・」と、聖路加看護大学館内を案内してくれました。

1920(大正9年)設立の聖路加看護大学館内は、歴史の重みを感じます。

アーツルーム(看護実習室)

授業で使用するほか、自己学習にも使用できます。
        ↓
P2603053040016.jpg

P2603053040017.jpg

図書館・・・・。
     ↓
P2603053040019.jpg

看護関係の蔵書は約70,000冊。日本でも有数の資料が揃います。
        ↓
P2603053040020.jpg

ありました!

書籍 「みま~ものキセキ!」! 指定図書になっているそうですよ。
          ↓
P2603053040021.jpg

大学内にあるチャペル・・・。

荘厳な雰囲気に包まれています。
       ↓
P2603053040023.jpg

P2603053040027.jpg

チャペルには「パイプオルガン」まであるんですよ!

このチャペルで、あのパイプオルガンの音色を聴いてみたい・・・・。
         ↓
P2603053040026.jpg

K教授: 「さぁ、築地で昼食にしましょ!」
       ↓
P2603053040030.jpg

と! いうわけで、大学すぐ近くにある築地へ!

K教授おすすめのお店! 虎杖の 「元祖 海鮮ひつまぶし」をいただきました。

このひつまぶしには、食べ方があり3つの味を楽しめるんです。

1膳目は、醤油とわさびを添えてそのまま食べます。
         ↓
P2603053040049.jpg

2膳目は、甘煮の椎茸、かんぴょう、レンコン、ウニを、おひつの中で混ぜ合わせて食べます。
          ↓
P2603053040051.jpg

3膳目は、薬味をのせ、自家製だしをかけてお茶漬け風に!

どの食べ方も堪能いたしました・・・・。
         ↓
P2603053040052.jpg

我が地域包括支援センター職員へのお土産は、「お寿司せんべい」!

これだけの寿司の種類が包装された、わさび味のおせんべいが入っていました。

まな板にのせて、「江戸前鮨」風?
       ↓
P2603053040055.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

みま~もの AYUMI !

大田区の医療・保健・福祉専門職たちが、平成20年4月に発足した「おおた高齢者見守­りネットワーク」 (愛称:みま~も)の6年間の軌跡を、

今まで撮影してきた多くの画像と、ヨーデル歌手 北川 桜さん作詞・作曲の 「みま~もの歌」で綴った 

「みま~ものAYUMI!」 が完成しました!!

『 母体法人の枠を超えた専門機関、さらには保健医療福祉等の専門職たちが、地元密着型の百貨店や建設会社、商店街、地域住民といった多様な地域資源とつながり合って、

先々に支援が必要となるであろう高齢者を見守り、地域全体で支えていく・・・、そんな思いで、地域包括支援センターが核となって形づくられたのが、大都市・東京の大田区を拠点を置く 「おおた高齢者見守りネットワーク」 (愛称:みま~も) 』


このみま~もの6年間の軌跡を、映像の中に余すことなく盛り込みました。15分ほどの作品ですが、ぜひ!ご覧になってみてください。



「 みま~ものAYUMI 」 は、こちらをクリックしてご覧ください。


2014030410924.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

おおたじゅうに届け!みま~もの歌!~認知症の人と歩む町に2014~

第5回 みま~も特別セミナー 「 認知症の人と歩む町に ~正しい理解と音楽と笑顔~ 」 が始まりました!

自分たち医療・保健・福祉専門職が、地域に暮らす人たちと、元気なうちから日常的につながるために、セミナー・キーホルダー・みま~もステーションなどの取り組みを、具体的に6年間継続してきました。

具体的に、継続してきたからこそ築くことができることってあるんですよね。

その思いを、今回の認知症セミナーを通して改めて感じました。

来年度のみま~もの準備が始まっています。これからも、地域に密着して取り組みを進めていきたいと思います。

それでは、認知症セミナー本番の様子を写真で綴っていきます。


セミナー開場時間と同時に、参加者の方々が続々と入場です。
           ↓
IMG2603028030.jpg

受付で当選票をもらい、座席券を渡します。

250名の受付を、おおぜいのスタッフでスムーズに対応します。
         ↓
IMGP2603027360.jpg

IMG2603027867.jpg

IMG2603027869.jpg

IMGP2603027354.jpg

同じ頃、会場前の広場では、今年度みま~もの講座として取り組み、来年度より大田区の2次予防事業として実施することになった、 「ポールを使ったォーキング!」 を、ノルディックウォーキング・ポールウォーキング推進団体連絡協議会の皆さんが、実践を交えて紹介してくれました。
           ↓
IMG2603027854.jpg

IMG2603027863.jpg

会場内では、みま~もステーションで行っている各講座の紹介に、参加者の皆さん興味津々。
              ↓
IMGP2603027358.jpg

開演時間が迫ってきました。

それでは、認知症セミナーを開催していきましょう!!
         ↓
IMG2603027944.jpg

第1部の司会は私・・・・・。
      ↓
IMG2603027913.jpg

来賓あいさつ 「大田区高齢福祉課 課長 篠塚 えみ子 氏」
         ↓
IMG2603027907.jpg

第1部 「地域で支える認知症の治療とケア」 蒲田医師会理事 医療法人社団 至髙会 たかせクリニック 髙瀬 義昌 院長。

認知症に対する正しい理解とともに、参加者が元気をもらえるようなご講演でした。
             ↓
IMG2603027918.jpg

先生が出演されている番組の映像も交えてのお話で、参加者もわかりやすく理解することができたと思います。
        ↓
IMG2603027920.jpg

― アンケートより ―

「髙瀬先生のようなお医者様方が、もっと多くいてくださることを望みます。一人暮らしは心細いですよ。先生お疲れ様、ありがとうございます。もっと多くの医師の仲間を増やしてくださいませ。」(70歳代女性)

「今日のお話を聞き、認知症の人に優しくしてあげることの大切さを知りました。もう介護をすることはないと思いますが、過去のことが悔やまれます。知識がなかったことが悔やまれます。やり直せないことが残念です。」(80歳代女性)

「このような取り組みをしている先生がいることを初めて知りました。現状を知っていて、本当に理解しながら考え、優しく支え、励ましてくれる医師が存在していたことを知れたことが何よりの収穫です。」(50歳代女性)
 
            ↓
IMG2603027936.jpg

IMG2603027939.jpg

先生のお話が後半にさしかかる頃、舞台裏ではみま~も選抜「ヨーデル・コーラス隊!」が、北川桜さんが用意してくれた衣装に着替え準備万端!

んっ?

男性用と女性用の衣装をまちがえている人が数名????? みんなかっかわいい・・・・ 
          ↓
IMGP2603027369.jpg

IMGP2603027376.jpg

さぁ、第2部が始まります!

桜さんたちも準備万端!!
      ↓
20140301 144859

この大事なステージの「司会」という大役を任されたのはこの二人!!

みま~も大森地区代表 片山さんと、地域包括支援センター六郷中 社会福祉士 Tくん!民族衣装で気合充分!

頼んだよお二人さん!大いに盛り上げてくれ! 「ラジャー!」 
              ↓
20140301 144840

IMGP2603027371.jpg

1時間半の桜さんのステージに、250名が酔いしれました。
        ↓
IMGP2603027382.jpg

― アンケートより ―

「なんてすてきな声なのでしょう・・・。すばらしい!」(70歳代女性)

「老いの心のしこりをほぐしていただき、さらに美しいヨーデルの美声に心をほぐされました。すばらしい!ありがとうございました。」(80歳代男性)

「とっても楽しい時間をありがとうございました。いろいろなことを忘れて命が延びたような気がします。」(60歳代女性)

              ↓
IMGP2603027410.jpg

IMGP2603027426.jpg

ブラバスくんのアルプホルンが登場!会場からどよめきが聞こえます。
          ↓
P2603033010080.jpg

P2603033010072.jpg

近くで聞くと、地鳴りのよう・・・・・。 ブラバスくんありがとう・・・・。
        ↓
P2603033010075.jpg

後半、会場は大興奮!
       ↓
P2603033010110.jpg

身を乗り出して、背もたれに背中をつけている人がどんどん少なくなっていきます。
           ↓
P2603033010111.jpg

アンコールも終わり、最後の1曲。

ここで私が登場!桜さんとの出逢い、そして、「みま~もの歌」が誕生したことを話すと、会場から大きな拍手が起こりました!!

「みんなでみま~もの歌を歌いましょう!!」
              ↓
IMGP2603027527.jpg

歌指導は、ブラバスくん!

バックコーラスを務めるのは、みま~も選抜「ヨーデル・コーラス隊!」のみんな。
          ↓
IMGP2603027533.jpg

 いままでがんばって あるいてきたのしってるよ 
          ↓
IMGP2603027534.jpg

 あなたのつくったこのじだいこのせかい ありがとうぼくたちはしっかりうけつぐ 
         ↓
IMG2603028046.jpg

 みま~も みま~も みま~もいろんなことがあったよね みま~も みま~も みま~も いろいろおしえてね 
          ↓
IMG2603028043.jpg

  みま~も みま~も みま~もおおたのまちにいきる みま~も みま~も みま~もむねをはって 
            ↓
IMG2603028041.jpg

会場の参加者も、ステージにいるみんなと一緒に歌います。
           ↓
P2603033010135.jpg

 いっしょにいるときをたいせつにしたいよ あなたがわらうときぼくはうれしい 
            ↓ 
P2603033010141.jpg

 みま~も みま~も みま~も一緒に歌おうみま~も みま~も みま~も みま~もたのしくなってくる 

「桜さん、このようなすばらしいステージを大田のまちに届けてくれて、本当にありがとう・・・・。」
                ↓
IMGP2603027546.jpg

セミナーが終了し、ヨーデル・コーラス隊が衣装のまま「みま~もの歌」CDを販売!

どんどん売れていきます!!桜さん、今年の年末は紅白出場かな?
          ↓
P2603033010165.jpg

P2603033010172.jpg

片づけも含めて無事終了!!

最後のまとめの会で、第1部講師 髙瀬先生、第2部コンサート 北川桜さんにみま~ものみんなにエールを送ってもらいました。
           ↓
IMGP2603027552.jpg

IMGP2603027554.jpg

最後に全員で記念撮影

「はい、 みま~もぉ~~~~~~!」 
               ↓
P2603033010192.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

認知症と歩む町に2014~準備編~

3月1日(土)、おおた高齢者見守りネットワーク(愛称:みま~も)の今年度最後となるイベント!

第5回 みま~も特別セミナー

「 認知症の人と歩む町に ~正しい理解と音楽と笑顔~ 」 を開催しました。

参加者は満席の250名!

毎年大人気のセミナーで、事前申し込みの上、なおかつ抽選!当選票を送り当日持参していただきます。

当選表を送付した翌日、うれしくて我が事務所へ 「当選したわよぉ~~~!うれしい!」 と報告に来てくださる方もいるほどです。 

第1部は、認知症への正しい理解を深めます。今回の講師は、蒲田医師会理事 たかせクリニック 院長 髙瀬 義昌 先生。

認知症のスペシャリストとして、厚生労働省推奨事業や大田区の地域包括ケア、介護関連事業の役員も努め、在宅医療の発展に日々邁進しています。

みま~もにも、協賛クリニックとして関わってくれています。

第2部は、ヨーデル歌手!北川 桜 コンサート!!

2008年スイス連邦ヨーデルフェスト最高級クラス1級取得!ヨーデルの本場スイスでも認められているヨーデル歌手です。

北川 桜さんとの出逢いは、私が大学を卒業して児童演劇のコーディネートの仕事を始め、北川 桜さんのコンサートを行ったときにさかのぼります。

この縁があって、みま~もで 「北川 桜 コンサート」を実現することができたのです。

しかも!このコンサートに向けて、北川桜さん 作詞・作曲による 「みま~もの歌」 まで作ってくれました。

コンサート終盤では、スタッフ、参加者含め300名で「みま~もの歌」を大合唱!!

この特別セミナーが終わり、みま~もの6年目の活動が全て終了しました!!

今年度も、この地域の専門職たちが、地域に暮らす人たちに向けてさまざまなものを届けることができました。

来年度もさらに具体的に、「自分たち専門職だからこそ手渡すことができる、「地域に暮らす人たちの安心」につながる取り組みを、進めていきたいと思います。

それでは、認知症セミナーの様子を写真で綴っていきます。今回は、「準備編!」です。



3月1日(土)認知症セミナー当日、我が地域包括支援センターにある大荷物を、みま~も協賛事業所 「かたくり福祉用具城南センター」の皆さんが車2台で会場まで運んでくれました。
           ↓
IMG2603017787.jpg

朝9時、みま~もスタッフ大集合!

みま~ものしるし!黄色いベストに着替えます。
          ↓
IMG2603017797.jpg

一日の流れと役割の確認・・・・。
       ↓
IMG2603017801.jpg

みま~も恒例!新しく加わったメンバーの自己紹介!
         ↓
IMG2603017809.jpg

私から、スタッフ皆さんにごあいさつ。

「さぁ、盛り上がっていきましょう!」
         ↓
IMGP2603017233.jpg

舞台係はまず、横断幕を貼り付けています。
      ↓
IMG2603017826.jpg

ホルンを吹いているみま~くん・・・・。
       ↓
IMG2603017859.jpg

反対側には、ヨーデルを歌っているみま~もくん!
         ↓
IMG2603017860.jpg

すてきな横断幕が掲げられました。
       ↓
IMG2603017861.jpg

ロビー係は、スタッフ含め300名分の当日資料を袋に詰めていきます。
         ↓        
IMG2603017839.jpg

多くのスタッフが関わって、人海戦術で一気に仕上げていきます。
         ↓
P2603033010011.jpg

第2部で、会場全員で歌う予定の「みま~もの歌」の歌詞カードも当日資料にはさみましょ
            ↓
IMG2603017847.jpg

当日資料の袋詰めが完成!
      ↓
IMG2603017845.jpg

聖路加看護大学 大学院生 なべちゃん・・・、何やら真剣に書いてます。
          ↓
IMG2603017870.jpg

セミナーで販売する、「みま~もの歌」CDのポップ広告をあっという間に作ってくれました。
           ↓
IMG2603017888.jpg

なべちゃん、ありがとう!
      ↓
IMG2603017887.jpg

北川桜さんが、元気に会場入り!
      ↓
IMG2603017881.jpg

さっそく、リハーサルを開始。
      ↓
IMG2603017916.jpg

IMGP2603017278.jpg

北川桜さんの粋な計らいで、本番をゆっくり鑑賞できないみま~もスタッフのために、リハーサルをみま~もスタッフ用ミニコンサートとして鑑賞させてくれました。

北川桜さんのヨーデルの世界に、スタッフみんなが酔いしれていました。
          ↓
IMGP2603017296.jpg

みま~もの歌のレコーディングでもご一緒してくれた、「ブラバスくん!」の演奏によるアルプホルン!
        ↓
IMG2603017921.jpg

みま~も協賛事業所 株式会社フロンティア(福祉用具)の Iくんが、アルプホルンに挑戦!!

「プス~~~~~~ッ」と、なかなか音が出ない。
        ↓
IMG2603017924.jpg

「ちょっと、俺にやらせてごらん!」

みま~も代表 中村さん、見事、音が出ました!
          ↓
IMG2603017926.jpg

みま~もスタッフ、ヨーデルで大盛り上がり!!
        ↓
IMGP2603017325.jpg

最後に、本番で参加者全員で歌う「みま~もの歌」の練習。

レコーディングでコーラスを担当した、私と社会福祉士あっこちゃんが北川さくらさんに呼ばれ、舞台へ!
         ↓
IMGP2603017335.jpg

みま~もスタッフと桜さんとで、「みま~もの歌」を大合唱!!
        ↓
IMG2603017955.jpg

IMG2603017947.jpg

みま~もの母!みま~もサポーターNさんも、一緒に歌います。

「いい歌ねぇ~~、涙が出そうになるわ!」と、感想を言っていましたよ。
           ↓
IMG2603017949.jpg

「  みま~も みま~も みま~もぉ~、いっしょにみま~もぉ~  」

ピンクレディー(古いですかね?)のように、振り付きで歌う桜さんとあっこちゃんにはさまれ、「どうしましょう」状態で歌う私・・・・。 
           ↓
IMGP2603017344.jpg

リハーサル終了後、みま~もから桜さんへプレゼント!!

中村代表から、「みま~もまんじゅう!」
         ↓
IMGP2603017345.jpg

あっこちゃんから、「みま~もの歌」CDと書籍「みま~ものキセキ」を渡しました。
           ↓
IMGP2603017346.jpg

協賛施設 有料老人ホーム 「NRE大森弥生ハイツ」から、管理栄養士さとちゃんと、みま~もの母 Nさんも協力して作った  「みま~も応援弁当!」 が約80食分届きました!!
     ↓
IMG2603017901.jpg

みんなで食事が摂れるよう、机も持ってきてくれました。
          ↓
IMG2603017905.jpg

それでは、午後本番のために力をつけましょう!

「いっただっきまぁ~~~す!」
        ↓
IMG2603017984.jpg

お弁当の中は、どれから手をつけていいのか迷ってしまうくらい、バランスよくおかずが散りばめられています。

このお弁当と、温かい「白味噌汁」。

デザートは、みま~も公園で採れた夏みかんを使った 「夏みかんピールケーキ!」

そして!たくさんの愛情・・・・・。さとちゃん、みま~もの母 Nさん、ごっつぁんです!
            ↓
IMGP2603017350.jpg

早朝からこのお弁当を準備してくれた管理栄養士さとちゃんから、みま~もスタッフへエールを送ります。
             ↓
IMGP2603017352.jpg

さとちゃんプロデュース!「みま~も応援弁当 お品書き」。

さとちゃんのメッセージ付き!
              ↓
img260303308.jpg

訪問診療から駆けつけてくださった講師の髙瀬先生・・・。

最初は、「お弁当ありがとう。講演終わったら食べるからそこに置いといて!」と言っていたが、

お弁当の中身を見て、講演直前だというのにしっかり召し上がってくれました! 
            ↓
20140301 130418

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。