プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かぼちゃ de 羊羹クッキング!

みま~もステーションで開催される講座は、24年度は年間103講座、のべ参加数 約1000名。

25年度は230講座、のべ参加数 約1700名。

そして!26年度は・・・・???まだ上半期途中ですが、300回に迫る勢いです

「そんなに講座をどうやって開催してるのぉ?地域包括支援センターの本来業務は大丈夫なのぉ?」

と思われる方も多いと思います。

たしかに、地域包括支援センター職員 だけ で行うとしたら、こんなことはできないでしょう。 

みま~もステーションの講座には、協賛事業所・企業がそれぞれの分野を活かした講座を行ってくれています。

また、最近では、みま~もサポーター(住民)の方が、自分の趣味で取り組んできたものや仕事で培ってきたものを講師として披露してくれる人が増えています。

例えば! 「手話ダンス」、「手芸教室」、「料理教室」などなど・・・・。

みま~もが開催している「地域づくりセミナー」(月1回開催)は、 地域の専門職が、地域住民に「気づき」の視点を伝え、ご近所の「異変」に気付くことができる(ご近所に関心を持つ)人を増やすこと を目的に開催していますが、主催側は専門職たち・・・・。そこに地域の方々は「参加」という形で関わります。

「みま~もステーション」はもっと、 住民が主体として役割を持ち関わることができる場 をコンセプトにしています。

いくつになっても、行きたい場所がある! それは、気軽に訪れることができる場所。 行きたいと思える場所! そこには、友人・知人がいて、自分を待っていてくれる。 必要としてくれている。

このような「場」としてのみま~もステーションを、これからも大事に育てていきたいと思います。



みま~もステーションの月間予定表 (8月分)
         ↓
H268月ミニ講座 (448x292)

7月29日(火)、この日は 「 かぼちゃ羊羹 & おから饅頭 」 作り!

講師はみま~もサポーターの N さんと、協賛企業 株式会社クリニコ 管理栄養士 Tさん!
              ↓
H2607月ミニ講座 (448x338)

みま~もサポーター N さんは、自慢料理!「かぼちゃ羊羹」を何度か事務所に作って持ってきてくれました。

これがまた・・・・・、おぉ~いしぃ~~~~!  

私たちだけが美味しい思いをしてはもったいない!ということで料理教室の講師をお願いしたのです。

N さん、純白の割烹着を着て登場!気合十分です
           ↓
P2607297290003 (448x336)

株式会社クリニコ 管理栄養士 T さんも、みま~もエプロンで登場!
             ↓
P2607297290005 (448x336)

今回の講座には、区内にある東京工科大学 医療保健学部看護学科 の実習生が参加です。

東京工科大学には私も講義で関わっていて、定期的に実習を受け入れています。
           ↓
P2607297290008 (448x336)

まずは、かぼちゃをカッティング!
         ↓
P2607297290012 (448x336)

P2607297290013 (448x336)

煮たかぼちゃをすりつぶしていきます。
      ↓
P2607297290034 (448x336)

かぼちゃ羊羹を作っている間に、Tさんは「おから饅頭」作りの準備!
        ↓
P2607297290018 (336x448)

寒天にかぼちゃを入れて煮ていきます。
       ↓
P2607297290054 (448x336)

持参したタッパーに入れて、冷やして固めましょう!
         ↓
P2607297290060 (448x336)

次は「おから饅頭」作り!

餡を適度な大きさに丸めていきます。
        ↓
P2607297290070 (448x342)

生地はおからと片栗粉を練ったもの。
        ↓
P2607297290082 (448x339)

P2607297290089 (448x336)

これを焼くだけでもっちもちの食感になるんですぅ~~~~!
        ↓
P2607297290107 (336x448)

株式会社クリニコ 管理栄養士 Tさんは、今回のメイン食材 「おからとかぼちゃ」の栄養についての資料も用意してきてくれました。
             ↓
P2607297290113 (448x336)

P2607297290114 (448x328)

さっ!いただきましょ、いただきましょ 
        ↓
P2607297290120 (309x448)

P2607297290131 (448x336)

このおしゃべりの時間が、皆さんの元気のもと!!
          ↓
P2607297290134 (448x336)

たくさん作ったかぼちゃ羊羹を持参のタッパーでお持ち帰りぃ~~~!
         ↓
P2607297290137 (448x336)

P2607297290140 (448x336)

Nさん、大役お疲れ様でしたぁ~~~!
     ↓
P2607297290124 (448x336)

数日後・・・、食べられなかったうちの職員のために、N さんがかぼちゃ羊羹とフルーツ寒天を作って持ってきてくれましたぁ!
                  ↓
P2607307300001 (448x327)

N さん、ありがと! 
     ↓
P2607307300004 (336x448)

P2607307300003 (336x448)
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

汗のかき方が半端ない!

ストレスを感じないといえばウソになる・・・・。

先への不安・・・・、もちろんありますよ!

行政の理解、国の流れ、何もないところからみま~もを生み出しここまできた。流れや理解などどうでもよかった。

もぐらたたきのように、相談に訪れることができた人をとり急ぎサービスにつなげる・・・。しかしこのような日々が、本当の問題解決にならないということはわかっていた。しかも、今後の高齢化の進展に伴いこのような状態はさらに加速する。

このような中で、専門職として何ができるのか???このようなことを考えながら、気がついたら動き出している自分がいただけ・・・。

地域に飛び出せばいろんなことがあります。かっこいいことなど一つもありませんよ   専門の肩書きなど通用しない。

時に頭を下げてお願いしたり、謝ったり、嫌な思いしたり・・・。 でも、その中で、 「この人(組織・団体)とだったら、一緒に何ができるだろう???」 と考えて、動いてみる! この連続の6年間でした。

『 週刊医療タイムス 特集 ~地域に飛び込む医療~ 』 に、当院とみま~もについて記事を書いてくれた ソーシャルジャーナリスト 安藤さんが、自身のフェイスブックにこのようなことを書いてくれていた。


『 医療でも、介護でも、子育てでも地域連携だって言うじゃない。

でもね、厚労省あたりが提示するモデルケース通りにやっても失敗するでしょう。それは地域ごとに暮らしの事情があって、そこにいる人たちも多様だから。

手間をかけてつながっていくことが大事。頭を下げたり、義理人情を尊重したり、べたで汗かいて一人一人と共有する時間を1分1秒でも多く積み重ねていくような取り組みが連携だと思います。

自分や自分の組織と相手の考えや思惑がちがうとき、上手くつきあうのは手間がかかる仕事です。だから、できればやりたくないけれど、そこで汗をかいた者同士だけが連携できるのです。

そういった地域の連携をあちこちで取材してきたけれど、知ってる限りここが最先端だと思います。汗のかき方が半端ないです。

なあなあの成り行きで仕方なく地域のお付き合いをするのではなく、戦略をもって多様な人たちを巻き込んでいく。

強力な組織をコアに、そこへ参加するような連携もあるけれど、ここは組織の大きさや意識の差を飲み込み、フラットな関係でつながってます。

そうした連携の最新成果が「おおもり健康サロン」です。

いいなぁ~

こういう人たちが暮らす街なら、老夫婦になっても住み続けられそうだな。 』


もうひとふんばり・・・・・、がんばりますかぁ! 



この仲間たちと・・・・・
     ↓
P2607291110059 (448x293)

IMG2607292682 (448x280)

この住民の笑顔をつくりたくて・・・・、
      ↓
P2707291090211 (448x334)

DSC2607295120 (448x298)

DSC2607294699 (448x283)

IMG2607297218 (448x299)

やってるだけ・・・・・・。
    ↓
PC2707290000270170 (448x348)

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

「おおもり健康サロン」 オープン!

私たち、地域包括支援センター入新井と同じ地域にある鈴木内科医院 副院長 鈴木 央 先生 。
( 日本プライマリ・ケア学会 理事、日本在宅医学会 幹事、全国在宅療養支援診療所連絡会 副会長、東京プライマリ・ケア研究会 副会長、城南緩和ケア研究会 世話人、大田区在宅医療連携研究 会会長、大森医師会 理事 学術担当 ) から、一本のメールをもらったのは昨年11月頃・・・・。

「 (前略) 私としては、新宿区の 『 暮らしの保健室 』 を大森につくりたいと考えております。すでにご存じと存じますが、戸山ハイツ内に秋山さんが設置した 『 暮らしの保健室 』 の大森版です。
できれば、ダイシン百貨店、カドヤ食品のあるこの商店街内に設置することができればいいと考えております。こんなことは可能でしょうか? 澤登さんのご意見をお聞かせいただければ幸いに存じます。」


この先生のメールに私はこう返しました。

「 大森では可能だと思います。新宿区の暮らしの保健室のような 『 場 』 については、カドヤ建設常務取締役 野口さんが、商店街理事としてきっと力を貸してくださると思います! 」 と・・・・。

それから鈴木先生と共に、核となる商店街振興組合の皆さん、そして地域の訪問看護ステーションに協力を求めていった・・・。

商店街振興組合の方々とは、イメージを持ってもらうために新宿戸山ハイツ 「暮らしの保健室」へ行き、白十字訪問看護ステーション所長 秋山さんにお話を伺ってきました。

「おおもり暮らしの保健室」 発足会には、この趣旨に賛同してくれることになった事業所・企業の方たちが一堂に集まり、これからこの地域に築いていく地域医療ネットワークの拠点づくりに胸を弾ませました。

そして昨日!この取り組みを地域に広く知らせるため、イベントを行いました!

その名も! 『 おおもり健康サロン! 』 会場は、大森柳本通り商店街 『アキナイ山王亭!』。

この日は、35度越えの猛暑日  

おおもり健康サロン協力企業、株式会社大塚製薬工場・サンスター株式会社・株式会社クリニコさんが多くの試供品を持ってきてくれたので、アキナイ山王亭玄関前で思わず立ち止まる人たちが多くいます。

そこにすかさず、大塚製薬工場さんの出番! OS1 が手渡される。

「中で涼んでいきませんかぁ?」 

中に入ると、地域の専門職たちが笑顔で測定や相談をしてくれる。それだけではありません!水ようかん、チョコレート、冷たいお茶が出て思わずゆったり気分!

1時間ごとに行われる医師、薬剤師、歯科衛生士、看護師の話は、日頃気になっていた病気や薬の情報が満載!帰りには試供品を袋いっぱいにお持ち帰りぃ~~~~~!  

大きな一歩が踏み出されました。これから何度かこのようなイベントを行い、各専門職が常時いるサロンづくりに取り組んでいきます。



4月、大森柳本通り商店街振興組合の皆さんと一緒に戸山ハイツ「暮らしの保健室」に行ってきました!
             ↓
P2607284040001 (448x332)

P2607284040008 (448x332)

4月末、「おおもり暮らしの保健室」発足会!

有料老人ホームNRE大森弥生ハイツ 管理栄養士 さとちゃんの手料理で乾杯!
                 ↓
P2607284300075 (448x320)

7月27日(日)第1回イベント開催! その名も! 「おおもり健康サロン!」

このチラシの絵は、大森医師会訪問看護ステーション Nさんの手作り!! 何か、あったかいですよねぇ~~~ 
            ↓
img260728020 (316x448)

P2607277270006.jpg

7月27日(日)朝10時!スタッフがそろいました!

鈴木先生のあいさつで準備開始!!
         ↓
P2607277270002.jpg

株式会社 大塚製薬工場さんから大量の OS1が届きました。
           ↓
P2607277270005.jpg

この日は35度越えの猛暑!商店街に買い物に来た人たちに、熱中症予防を呼びかけましょう!!
               ↓
P2607277270047.jpg

P2607277270050 (321x448)

株式会社 大塚製薬工場 担当者M さん! 着てきたスーツから、「OS1Tシャツ」に着替えて気合十分 
                ↓ 
P2607277270049 (336x448)

株式会社 クリニコさんは、「ポチプラス」商品を試供品として用意してくれました。
                 ↓
P2607277270010.jpg

サンスター株式会社さんは、口腔ケア商品をラインナップ!!
              ↓
P2607277270027.jpg

商店街では、大森医師会の皆さんが笑顔で来場を呼びかけます。
             ↓
P2607277270045.jpg

アキナイ山王亭に来場すると、もれなく水ようかん、チョコレート、冷たいお茶を振舞います。
             ↓
P2607277270036 (339x448)

P2607277270023 (336x448)

スギ薬局さんから提供してもらった機器でインボディ測定。
             ↓
P2607277270034.jpg

血管年齢も測りましょう!!
       ↓
P2607277270044.jpg

測定が終わると、鈴木先生、訪問看護ステーション看護師による健康相談会。

「気になっていることを気軽に何でもご相談ください!」
           ↓
P2607277270038.jpg

P2607277270103.jpg

P2607277270053.jpg

みま~ものセミナーに、毎回参加してくれている Tさん、買い物に商店街に来て、スタッフに声をかけられる。

「Tさん、このまま素通りするわけないよねぇ~~~~~」 
        ↓
P2607277270055.jpg

断りきれない Tさんは、ずるずると アキナイ山王亭へ・・・・。

まずは冷たいお茶と水ようかんで涼んでぇ~~~~。

測定をしてぇ~~~~~。
       ↓
P2607277270056.jpg

鈴木先生に健康相談!お土産を持って、満面の笑みを浮かべて帰っていきましたとさ! 
            ↓
P2607277270063.jpg

健康サロンミニ講座が始まりました! 1時間ごとに看護師、歯科衛生士、薬剤師、医師が健康の秘訣についてそれぞれの分野から話します。

フクシア訪問看護ステーション Mさん。 「熱中症予防について」。
            ↓
P2607277270064.jpg

大田区歯科衛生士 I さん。 「口腔ケアについて」。
           ↓
P2607277270083.jpg

あい薬局 薬剤師 Kさん。 「薬と食品の相性について」。
         ↓
P2607277270104.jpg

そして、鈴木先生! 「血圧の正常値が変わったの?」。
           ↓
P2607277270115 (448x336)

イベントも無事終了!カドヤ建設常務取締役 野口さんが、カドヤ食品で特大スイカを買ってきてくれました!!
               ↓
P2607277270119.jpg

切るのもひと苦労なぐらいの大きさでした・・・ 
          ↓
P2607277270121.jpg

P2607277270124.jpg

保健師うさ子と大森医師会在宅調整窓口 Nさん、野口さんからいち早くスイカをいただきパクっ!

これがホントの 「フライングゲット!」
             ↓
P2607277270129.jpg

皆さん!猛暑の中おつかれさまでしたぁ~~~~!
           ↓
P2607277270130.jpg

スイカを食べながらのまとめ会。
       ↓
P2607277270135.jpg

まとめ会のあと、今後、この「おおもり健康サロン」の拠点にどうかと商店街振興組合から提案された名店街会館をみんなで見学!

「アキナイ山王亭」とは、みま~も公園でつながっている絶好の場所です!!
              ↓
P2607277270144.jpg

先が楽しみになってきましたね 
          ↓
P2607277270145.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

専門職は地域で育む!

地域包括支援センターで働いて7年・・・・。

その前には、同社会医療法人でケアマネジャーをしていた。

「ケアマネジャーにとって、地域の事業所、施設にいる専門職との関係性は欠かせないもの」

そんな思いで関係性を築いていった・・・。

当時知り合った人で、今、みま~もをともにつくっている人たちも多くいる。言いかえれば、当時のネットワークが、みま~もの原型だと言える。

福祉用具事業所 職員 久木田くん(クッキー)もその一人・・・。 当時私もクッキーも若かった。

「澤登さぁ~~~ん、クッキーが報告書を持って来るそうでぇ~~~す!」

私 : 「クッキーが事務所に来るとなると、腹も減らしているだろうし、何かあるかなぁ???」

そう考えながら、クッキーが事務所に来る頃にはお菓子や手料理をよく振舞ったものです・・・。 

当時、福祉用具分野における様々な最新の情報をあえて、まだ若いクッキーに尋ねた。クッキーは、中途半端で答えることは一切せず、わからないときは持ち帰り、翌日にはいつも明確な答えを持ってきてくれた。

あれから10年が経つ・・・・。

クッキーは現在、アズビルあんしんケアサポート株式会社 介護サービス事業本部 福祉用具部長として、全国に展開するアズビルグループ福祉用具部門の責任者。

みま~も立ち上げの際は、上司に話をして理解を得て、一番に協賛事業所として馳せ参じてくれました。そして、みま~も発足当初からずっと、みま~もの副代表です 

今、私たちの地域包括支援センターには、クッキーの後輩が来ている。クッキーが来ていた頃と変わらずに、来たときにはまずは腹を満たしてあげてから、いろいろな話をするように心がけている 

医療・介護、事業所という枠を超えて、地域の専門職は、地域で働いている専門職のネットワークで育んでいく・・・。

地域で働き、成長していく専門職が増えれば増えるほど、最終的には地域に暮す人たちの安心につながる・・・。そんな思いがみま~もを生み出した本当の動機なのかもしれません。



ダイシン百貨店では今、屋上を開放して「ビアガーデン」を開催しています。

我が包括支援センターに、ダイシン百貨店コンセルジュ 塩ちゃんがビールの無料券をいっぱい持ってきてくれたので、「じゃぁ、いっちょみんなで行こうかぁ!」 ということになりました
              ↓
P2607237230002 (448x336)

P2607237230001 (448x336)

うちの包括職員が、楽しみで楽しみで、アズビルあんしんケアサポート株式会社 クッキーと、カドヤ建設 常務取締役 野口さんにもお誘い 

二人とも、ご一緒してくれました 

しかも、アズビルではその日、月1回の福祉用具事業所の責任者会議!各地から集まった責任者さんたちをクッキーが引き連れてきてくれました!その数、10人越え! 

ちなみに、黒のポロシャツに、真っ黒に日焼けした顔の男性がクッキー!
          ↓
P2607237230026 (448x307)

思わぬ大人数でのぉ~~~~~~~~、 「かんぱぁ~~~~~~~~~い!」
           ↓
P2607237230014 (448x302)

カドヤ建設常務取締役 野口さんも風邪気味なのに来てくれました。

「みんなに風邪をうつしたら申し訳ない!」と、マスクに穴を開けてストローでビールを飲んでいました・・・・ 
               ↓
P2607237230027 (448x336)

ダイシン百貨店の屋上では、プールも開放!夏休み中の子どもたちで昼間はいっぱいです!
              ↓
P2607237230006 (448x336)

P2607237230004 (448x336)

P2607237230030 (448x336)

ジンギスカン!
      ↓
P2607237230020 (310x448)

ピザは、塩ちゃんがサービスしてくれました!!
          ↓
P2607237230019 (448x336)

こんなに料理が盛りだくさんの中、なぜかおはなナースは「おにぎり(2個入り)」を別注文!
                ↓
P2607237230023 (448x336)

「何か・・・・・・・・・??????」
         ↓
P2607237230022 (448x336)

仕事を早めに切り上げ、ダイシン百貨店塩ちゃんも、加わってくれました。

クッキーと塩ちゃん・・・・、二人ともみま~も発足当時からの大事な仲間です。
             ↓
P2607237230037 (448x316)

私は車の運転があったため、ノンアルコールでの参加でしたが、気持ちよくほろ酔い(?)でした。

これからもみま~もへのご協力、よろしくお願いします!一本締めで終わりました!!
                 ↓
P2607237230041 (448x329)

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

熱中症を理解し、予防しよう!!

改めて、みま~もが取り組んでいる地域づくりセミナーの目的について・・・・。

「地域づくりセミナー」は、 『 地域住民が、地域の医療・福祉の専門家や警察・消防などの機関から、地域全体での見守りの重要性や「気づき」の視点について学ぶこと 』 を目的として、発足初年度から取り組んでいるみま~もの中心的活動です。

毎月第3土曜日に実施しており、現在では、毎回100名ほどの参加があります。〈約7割が70歳代~80歳代)

 セミナーの講師、日程、内容については、年度単位で決めてあらかじめ参加者に伝えるようにしてきました。年間を通してどのようなことを行っているかを知ってもらうためです。

講師については、どこぞの話し上手な講師を選ぶようなことは敢えてしません。

みま~もが取り組んでいるセミナーの講師陣は、『みま~も』の協賛事業所の専門職や地元の専門機関(例えば、消防署・警察・行政担当部署などの職員)の方々と決めており、とことん地域密着の専門職に依頼するようにしています。

「セミナーで講演をする人や会場にいるスタッフは全員、この地域の専門家。つまり、何かがあったときに私たちを支えてくれる人。その専門家がこの地域に暮らす自分に話してくれている。私に何かあっても、この人たちが支えてくれる。」

参加者がこう感じてくれることが、私たちの大事な目的です。

今回の地域づくりセミナー講師は、みま~も協賛企業 大塚製薬株式会社 東京支店 販促部 予防栄養担当部長 冨岡 成夫 さん。

みま~ものイベントや、私がみま~もの普及啓発のために各地へ行くときに、いつもポカリスウェットを持参して応援に来てくれる応援団長です! 

昨年の同じ時期に熱中症について話してもらい大好評!今年も同じこの時期に再度熱中症についての理解を深めてもらいました。

参加者は110名!熱中症についての関心の高さが伺えます。

大塚製薬株式会社の膨大なデータをもとに話す内容は、とてもわかりやすく参加者からも、「熱中症について正しく理解することができた」というアンケートが多数届きました。

大塚製薬株式会社 冨岡さん、ありがとうございました!!来年もこの時期に準備しておいてくださいね!



7月19日(土) 地域づくりセミナーを開催しました。今回のテーマは、「熱中症を予防しよう!」

みま~も協賛企業 大塚製薬株式会社 東京支店 販促部 予防栄養担当 部長 冨岡 成夫 氏 が講師です。
                  ↓
H260719tirasi (322x448)

会場の Luz大森 入新井大集会室。
         ↓
P2607197190008 (448x336)

今回のセミナーには、大塚製薬株式会社からお土産がいっぱい!150名分が箱詰めで届きました!
                ↓
IMG2607198584 (448x299)

みま~も協賛事業所スタッフ総動員で、袋詰めしていきます。
               ↓
P2607197190002 (448x336)

みんなで協力して30分程度で完成!
            ↓
IMG2607198607 (448x299)

中身は、「ソイジョイ」・「ソイカラ」、そして!本日の主役! ポカリスウェットイオンウォーター!
           ↓
IMG2607198574 (299x448)

Yさん、休憩時間の試食、試飲分を用意してくれています。
               ↓
IMG2607198612 (448x299)

P2607197190007 (448x336)

IMG2607198609 (448x299)

今回のセミナーには、みま~も協賛企業 森永乳業グループ 「株式会社クリニコ」さんも、商品を用意してくれました。
                 ↓
IMG2607198575 (290x448)

IMG2607198606 (448x299) (2)

みま~もステーションからは、「みま~も手芸部」で作った作品を販売します。オール手作りですよ!
              ↓
P2607197190005 (448x348)

今の時期、自分のこととして大変関心がある「熱中症」。セミナーには110名の参加者が来場しました。
                    ↓
P2607197190009 (448x336)

P2607197190012 (448x336)

それではセミナーを始めましょう。司会は、「健康管理食宅配サービス けんたくん 大田中央店」 野村さん!
                ↓
P2607197190014 (448x336)

大塚製薬株式会社 東京支店 販促部 予防栄養担当 部長 冨岡 成夫さん。みま~もをいつも応援してくださり、私がみま~もについて話に行く場所には、必ず馳せ参じてくれます。
            ↓
P2607197190021 (448x336)

冨岡さん、本日はこのような流れで話を進めてくれました。
               ↓
P2607197190056 (448x348)

さぁ、休憩時間です。

みま~もスタッフ総動員で、ポカリスウェットイオンウォーター、ソイカラを配布します。
                  ↓
P2607197190030 (448x336)

P2607197190037 (448x336)

クリニコさんのお土産も配りましょう!
         ↓
P2607197190033 (448x336)

休憩時間に試食、試飲  

「ソイカラ」初めて食べたわ!あらっ!意外といけるじゃなぁい・・・。
               ↓
P2607197190041 (448x336)

ポカリスウェットイオンウォーターの試飲・・・・。
         ↓
P2607197190045 (448x336) - コピー

「以前飲んだポカリスウェットは甘い感じがしたけど、これならサッパリして飲めるわね。」
           ↓
P2607197190048 (448x341)

「みま~も手芸部」作品販売コーナーは大好評!!
            ↓
IMG2607198578 (448x299)

「みま~も手芸部」講師 Oさんもうれしそう・・・・ 
           ↓
P2607197190050 (448x336)

冨岡さんの話が終わり、これからのみま~もの取り組みのご案内。

今回は、大森医師会 鈴木内科医院 鈴木 央 先生に、大森医師会・みま~も・商店街・訪問看護ステーション等で協力して取り組む 「大森健康サロン」イベントのご案内。
            ↓
IMG2607188637 (448x320)

IMG2607188638 (448x316)

大森医師会・みま~も・大森柳本通り商店街・大森医師会、フクシア訪問看護ステーション等が共催で実施する「大森健康サロン」のチラシはこちらをクリックしてご覧ください。

セミナー終了!
      ↓
P2607197190082 (448x336)

まとめ会・・・・。
冨岡さんお疲れ様でした!これからもよろしくお願いします。
           ↓
P2607197190078 (448x344)

P2607197190077 (448x339)

次回のセミナーは9月!みま~も協賛企業 リオン株式会社による

「知っておきたい耳のはなし~補聴器の仕組みと聞こえについて~」
             ↓
H2609tirasi (322x448)

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

組織の理解と七夕レストラン!

7月17日第3木曜日!みま~もレストランが開店しましたぁ~!

今回のみま~もレストランは、 『 七夕レストラン! 』

夏バテ気味のこの時期を、うなぎをモリモリ食べて、乗り切っていきましょう!

このみま~もレストランを中心で取り組んでくれている 「有料老人ホーム NRE大森弥生ハイツ」、今回のレストランから強力な助っ人を連れてきてくれました。

入居者 Aさん!管理栄養士さとちゃんの指示のもと、料理の盛りつけなどを率先して手伝ってくれていました。

大森生まれ、大森育ちのAさん!施設に入居しても、今までと変わりなく、この大森で地域の人と楽しく過ごしていきましょう!!

弥生ハイツ片山施設長がよく言っていました・・・・。

どんな人も、地域から施設に入ると、その時点から「住民」ではなく、「入居者」に変わってしまう.。
施設側も、その地域に存在していながら、目を向けているのは、施設内の入居者のみ。
そうではなく、施設自体が「地域に在る場所」として、地域に開かれた場所として存在していけば、入居者も「地域住民」として、いつまでもそこにいることができる!


Aさんが、生き生きとレストランの準備をして、参加者とうれしそうに思い出話に講じる姿を見て、片山さんの言葉をしみじみ実感しました。

また、この日のレストランには、NRE 株式会社日本レストランエンタプライズ本社から2名、見学に来ていました。

株式会社日本レストランエンタープライズが経営する片山さんの施設が、5年も前から「みま~も」のまちづくりに協力し、毎月レストランを住民対象に行っていること。しかも、住民から大好評を得ていること。

このことに、本社としてもやっと興味と関心を持ち始めたのだそうです。本社から来てくれた2名に私からこのようなことを伝えさせていただきました。

・今後ますます高齢化が進む都市部の中で、御社のような大企業が地域貢献に理解を示すことがとても重要なこと。
・この地域貢献は、必ず御社にとっての今後の事業展開にプラスになること。
・片山施設長、管理栄養士さとちゃんは、組織の理解を得られない頃からこの取り組みを始め、5年間継続をしてきて今があること。だからこそ、今後はこのような自社が取り組んでいるまちづくり事業を後押ししてほしいということ。


JRグループでも、今後まちづくりに向けた新たな展開を考えており、そこに片山施設長も加わり、みま~も型地域包括ケアの具体的展開を考えていくことになっているのだそうです。

それには、今まで具体的に取り組んできた片山施設長はなくてはならない存在でしょう 

片山さんなら、いくらでも協力しますよ! みま~もレストラン・・・、これは片山さんとさとちゃんの、時代をこじ開けてきた努力の結晶なんです。


7月17日第3木曜日11時!

参加者がみま~もレストランに集合!みんなで会場設営を行っていきます。
          ↓
P2607177170001.jpg

P2607177170002.jpg

有料老人ホーム NRE大森弥生ハイツ、入居者 Aさん!

管理栄養士さとちゃんと一緒に、料理の盛りつけ担当です!
           ↓
P2607177170005.jpg

P2607177170013.jpg

NRE 株式会社日本レストランエンタプライズ本社の方々も、一緒に準備をしてくれました。
                ↓
P2607177170017.jpg

今回のメイン料理! 「うな重」
        ↓
P2607177170025.jpg

「茄子のバジル挟み揚げ、バジルソース」
         ↓
P2607177170029.jpg

みま~もファームで収穫したバジルを使用したバジルソースです。
               ↓
P2607177170032.jpg

茄子のバジル挟み揚げに、バジルソースを付けて食べましょう!
               ↓
P2607177170048.jpg

海老と胡瓜の酢の物
          ↓
P2607177170047.jpg

まぐろとたたき山芋の山かけ
              ↓
P2607177170027 (329x448)

このメニューの他に、みま~のおふくろさん 野口さんがお手製の漬け物を用意してくれましたぁ!
                 ↓
P2607177170020.jpg

食欲の落ちてくるこの時期、どうです?見てください! よだれが落ちてきそうなくらい食欲がわいてきますよね!!
              ↓
P2607177170023.jpg

みま~もレストラン恒例!片山施設長のあいさつ。

「 今日は、イケメンが来ているのがわかりますか?そこに座っている人と思うでしょ、ちがいます!私です! 」
                        ↓
P2607177170036.jpg

月1回、この片山施設長の語りで大笑いしたいために来ている人もいるとか?いないとか・・・・? 
                 ↓
P2607177170063.jpg

P2607177170075.jpg

管理栄養士さとちゃんから、本日の料理の説明。

「今月末の土用丑の日にちなんだ、うな重を中心に、和の御膳にまとまっていますが、隠れテーマとして、夏バテ予防メニューでもあります。
うなぎ、豚肉などのビタミンB1の多い食材を摂り、酢の物の「酢」などの消化促進・疲労回復効果のクエン酸、山芋のネバネバした食材の粘膜保護・消化促進効果、山かけのわさび、酢の物の生姜、うなぎの山椒など、殺菌効果のある食材、
旬の夏野菜・果物もビタミン、食物繊維、水分が多く、たくさん摂取してもらいたい食材です。」
          ↓
P2607177170042.jpg

それでは、いただきましょ!
        ↓
P2607177170050.jpg

管理栄養士さとちゃんは、自分が食べることが何より大好きな管理栄養士さんなんです。

食べっぷりを見ていると、なんだか幸せな気分になってきませんか?
              ↓
P2607177170052.jpg

野口さんの漬け物は、参加者に大好評!! 
          ↓
P2607177170058.jpg

「メロンはね、こうやって食べるのが一番うまいのよ!」 
           ↓
P2607177170062.jpg

わが包括支援センター 保健師さっちゃん!

「私もやってみようかしら? んっ!おいしぃ~~~~~!  」
           ↓
P2607177170061.jpg

今回、初参加の人たちの自己紹介。NRE大森弥生ハイツ Aさん

「私は生まれも育ちも大森です。戦争中は空襲も体験しています。今は施設に暮らしていますが、今日こうやって大森に暮らす皆さんと、懐かしい大森でこうやって楽しい時間を過ごすことができてとてもうれしく思いました。
また参加させていただきます。」

        ↓
P2607177170069.jpg

株式会社日本レストランエンタプライズ本社 Aさん。

「今回は、我が社が行っている取り組みに誇りを持つことができました。」
           ↓
P2607177170070.jpg

株式会社日本レストランエンタプライズ本社 Bさん。

「皆さんの笑顔がとても印象的でした!」
           ↓
P2607177170071.jpg

P2607177170073.jpg

株式会社ファーコス あい薬局 ケアマネジャー Oさん。次回のみま~もレストランには、2世誕生の吉報が届くでしょうか・・・・。

なぜか、Oさんよりも出産間近なお腹をしている片山施設長???

みま~もレストランには笑いが絶えません。
         ↓
P2607177170078.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

第4回地域連携懇話会

『 最新医療経営 Phase 3 』 4月号より

『 -前略- さらに牧田総合病院では、おおた高齢者見守りネットワーク(愛称:みま~も)以外でも地域住民、医療、介護関係者とのコミュニケーションを図るためのイベントを企画している。住民向けに開催している「牧田総合病院学会」では、健康に関する諸テーマについて、職員がわかりやすく説明する。
 また、地域の医療ソーシャルワーカーや介護事業者、行政担当者を招いての「地域連携懇話会」、ほかの病院やクリニックなど医療従事者が集う「医療連携懇話会」を年1回ずつ主催。

 地域の介護事業者からすると、敷居が高いと思われがちな病院側から声かけをすることで、協力関係が築きやすくなるといったメリットもある。
 こうした取り組みにより、日常的に地域住民と病院職員がつながっていれば、いざというときに的確な支援ができるというわけだ。

 荒井理事長は、
「 われわれの病院は、地域の人に育ててもらったという思いがあり、職員もそのように理解しています。病院側だけではなく、地域住民にとってのメリットを考え、できることを実行していけばより多くの患者さんに選ばれる病院になります。そのための組織力を高めていきたい 」 と話す。 』

このような当院の思いを具体化した取り組み、 『 地域連携懇話会 』 を昨日開催しました。

参加者は、行政関係者、介護事業者、医療ソーシャルワーカーなど合わせて170名!

当院からは、各科医長、看護師長、医療相談室、連携室職員、そして、我が部署 「在宅サービスセンター」全職員!(居宅介護支援事業所・訪問看護ステーション・通所リハビリ・訪問診療・地域包括支援センター)。総勢60名!

ダイシン百貨店イベントホールには、合わせて230名の医療・介護従事者が集いました。

病院として、地域にできることは何なのか?この命題に向かって具体的に動いていけば、地域から求められる病院になる。その具体化していく部署として、当院では「在宅サービスセンター」という私たちの部署があるのだと感じています。

これからも地域包括ケアの具体化をこの大森で進めていきたいと思います。



7月16日(水)ダイシン百貨店5階イベントホールにて、当院主催 「第4回地域連携懇話会」を開催しました。

ダイシン百貨店では、コンセルジュ 塩ちゃんが中心となって準備を行ってくれています。
               ↓
IMGP2607165320 (448x299)

IMG2607168459 (448x299)

我が包括 社会福祉士 あっこちゃん。機器に詳しいあっこちゃんは、音響・パソコンなどの設置に大活躍!
                   ↓
IMG2607168460 (448x315)

我が部署、「在宅サービスセンター」が中心となって準備を進めてきました。
                ↓
IMG2607168473 (448x299)

IMG2607168474 (448x292)

配布資料にはもちろん! みま~も関係資料もありますよ。
              ↓
IMG2607168478 (448x299)

まもなく開場時間、準備もできました。それでは、各配置につきましょう!
             ↓
IMG2607168479 (448x299)

IMGP2607165340 (448x300)

理事長、院長、副院長も会場に着きました。
開会前の最終確認。
        ↓
IMGP2607165347 (448x298)

参加者が続々とやってきます。
        ↓
IMGP2607165360 (448x299)

IMGP2607165356 (448x305)

19時になりました!会場は満員。それでは、地域連携懇話会を始めましょう!
             ↓
IMGP2607165371 (448x299)

じつは私・・・・、今回総合司会の大役を任されてしまいました  がんばりまぁ~~~す  
              ↓
IMG2607168551 (448x307)

小谷 奉文 病院長 開会あいさつ。
         ↓
IMG2607168519 (448x326)

IMG2607168520 (448x293)

IMG2607168545 (448x234)

大田区福祉部 高齢福祉福祉課長 佐々木 信久 様より、来賓あいさつならびに乾杯。
            ↓
IMG2607168522 (448x326)

それぞれの場所で、医療関係者、介護関係者、行政の皆さんが懇親を深めます。
            ↓
IMG2607168538 (448x299)

IMG2607168532 (448x299)

IMGP2607165428 (448x309)

IMGP2607165443 (448x299)

IMGP2607165420 (448x306)

IMG2607168537 (448x313)

IMG2607168534 (448x299)

当院で、今年度より新たに立ち上げた部署 「入退院サポート部」の紹介と当院の地域医療・介護連携について、入退院サポート部部長 佐藤 徹 副院長より話しました。
             ↓
IMGP2607165448 (448x331)

懇親の合間に話したのですが、今後に向けて関心があるテーマだったようで真剣に聞いてくださっていました。中にはメモをとる人も・・・・。
              ↓
IMGP2607165451 (448x319)

ダイシン百貨店さんの料理メニューの数々。当会のために料理にも力を入れてくれました。
          ↓
IMG2607168513 (448x307)

IMG2607168493 (448x296)

IMG2607168489 (448x259)

IMG2607168486 (448x286)

IMG2607168499 (448x299)

IMG2607168492 (448x325)

社会医療法人財団 仁医会 荒井 好範 理事長より中締めのあいさつ。

「 当院は、国が地域包括ケアを打ち出す以前から、地域の医療・介護・福祉の連携に力を入れてきました。地域に暮らす一人ひとりを支えるために、改めて職員一同、医療・介護・福祉の垣根を越えた地域連携の取り組みを進めていきたいと思います。 」
           ↓
IMG2607168541 (448x337)

IMG2607168542 (448x327)

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

杉浦地域医療振興助成 受賞!・・・・・同行。

おおた高齢者見守りネットワーク(愛称:みま~も)は、平成25年 『 第2回 杉浦地域医療振興賞 』 を受賞しました。

『 杉浦地域医療振興賞および杉浦地域医療振興助成 』は、

・ 社会的意義があり、地域社会に貢献するものであること (社会的意義)
・ できるだけ多くの職種の協働があり、また、その仕組みが優れているもの (多職種協働)
・ 計画が実行可能であること。 (実行性)
・ 独創性があり、新しい試みや豊かな工夫が盛り込まれていること (独創性)
・ 継続的な展開を見込め、発展性があること (発展性)


以上5つの項目を基準に評価・選考されます。

あれから1年・・・・、

みま~もの後援団体である 東京都健康長寿医療センター研究所 社会参加と地域保健研究チーム研究員 野中さんの研究、 『 都市部地域包括支援センターにおける多業種間ネットワークの構築とその活用に向けた取り組みに対する実証的研究 』 が、見事!杉浦地域医療振興助成を受けることができたのです!

この研究は、みま~もの多業種間ネットワークを調査・研究するもの。東京都健康長寿医療センターの研究に対する助成ですが、我がことのようにうれしいです 

受賞した野中研究員から連絡が入る・・・・。

「みま~もの研究で受賞したのだし、私たちだけでは不安だから一緒に着いてきてくれない?」

と!いうことでぇ~、みま~も副代表 片山さんと一緒に授賞式に同席しました。

参加したおかげで、昨年、みま~もと同時期に助成を受けた各団体の報告も聞くことができました。

昨年、この授賞式で知り合い、みま~もの取り組みについて話をさせていただいた団体、「桐生見える事例検討会」の皆さんも、助成後の1年でさらに活動がパワーアップしている様子を、報告で聞くことができました。

受賞することもうれしいのですが、このことをきっかけにほかの受賞団体ともつながることができること。このことが大きなメリットとして感じています。

昨年、私たち 「みま~も 」が地域医療振興賞を受賞したときの記事はこちらをクリックしてご覧ください。



平成25年 「 第2回 杉浦地域医療振興財団授賞式 」 の様子。

みま~もは、地域医療振興賞を受賞しました。
            ↓
P2607167040029 (333x448)

P2607167040042 (448x336)

あれから1年・・・・。

再び授賞式会場である 「帝国ホテル」に戻ってきました!!
              ↓
P2607167040124 (448x333)

昨年度 助成を受けた各団体の取り組み報告。
           ↓
P2607127100058 (448x336)

今年度、振興賞受賞、振興助成受賞それぞれの受賞団体に授与。
               ↓
P2607127100045 (448x308)

スギホールディングス株式会社 代表取締役会長 杉浦 広一 様よりごあいさつ。
            ↓
P2607127100061 (448x348)

受賞団体と審査員で記念撮影。
           ↓
P2607127100055 (448x336)

野中さんより今後の抱負を発表。いいスピーチでしたよ 
               ↓
P2607127100071 (448x336)

みま~も副代表 片山さん、野中研究員、高橋研究員と記念撮影 

「おめでとうございまぁ~~~~す!」 
              ↓
P2607127100064 (448x336)

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

みま~もツアー From 鹿児島! (後編)

『 素晴らしい取り組みに感動しました。そして、澤登さんのみまーもの歩みのスライドやNHK特集を拝見し、私が常日頃、悩んでいるケアマネとしての限界と重なり、少し涙が出てきました。

私も在宅で高齢者の生き方に向き合い、答えのない問いを探しています。どうやったら声なき声を私でも聴くことができ、手をさしのべられるチャンスを見逃さずにいられるのか・・・?

「地域は、こんなに人で溢れかえっているのに・・・」 と思うのです。

私たち専門職、そして医療保険や介護保険制度が、地域住民の生き方を決めるのではないと思うのです。そんな中、みまーもの取り組みは見守り続けられる強い優しさを持つ人を育てる取り組みなのだなと解釈しました。私もそんな活動がしたいと思います。 』


今回、みま~もツアーに参加してくださった方からこんなメールが届きました。

このように感じていただいたことだけでも、この大森に実際に来ていただいたことをうれしく感じています 

鹿児島医療介護塾 太田さん、森田さん!このような出逢いのきっかけをつくってくださりありがとうございました!! 

それでは、ツアーの後半をご紹介いたしましょう!!



ダイシン百貨店コンセルジュ! 塩ちゃんの案内でダイシン巡りに出かけた御一行。まずは屋上へ!
              ↓
P2607117110150.jpg

ここでは、ダイシン百貨店が「山王ガーデンビーチ」をオープンしているのですが、残念ながら本日は台風の影響でお休み。
            ↓
P2607117110149.jpg

ちなみに、「山王ガーデンビーチ」は、こんな感じです。夏休みには子どもたちでいっぱい! 
          ↓
10500348_596235137142204_5450464750205866457_n.jpg


屋上の水耕栽培通りへ。ここでは、東京農大とコラボで花や野菜、果物を水耕栽培で育てているのです。
                    ↓
P2607117110146.jpg

P2607117110147.jpg

5階 「イタリアンレストランカシュカシュ」で、何やら盛り上がっています。
             ↓
P2607117110143.jpg

そう、「カシュカシュ」ではドリンク1杯でも、この足湯カフェでのんびりすることができるのです。

夜は、ライトアップ!夜景もいいですよ。
           ↓
10411724_511523188975895_4183404061048654997_n.jpg

P2607117110141.jpg

1階 食料品コーナー!

ダイシン百貨店には、多くの高齢者が買い物に訪れます。お一人暮らしの方でも、色々な食材を余すことなく買えるよう様々な工夫をしています。
          ↓
P2607117110163.jpg

10524303_511523642309183_8634262344947203812_n.jpg

あおいけあ 加藤さんが手に取った商品は太巻き!太巻きを食べたくても1本は食べられない。そんな方に太巻きを少量に切ったものを販売!
            ↓
P2607117110166.jpg

卵も、1個から販売しています。
           ↓
P2607117110168.jpg

ここは、昭和生まれにはどこか懐かしいコーナー。
            ↓
P2607117110172.jpg

「資生堂 MG5 」 男性化粧品のブランド!1963年に誕生しました。
              ↓
P2607117110173.jpg

「お父さんがつけていたなぁ~」 MG5にお父さんを思い出す、たぐナースと野中さん。
            ↓
P2607117110175.jpg

2階 喫茶スペースにある 「まちかど観光案内所」。

ここには、行政観光課などからの協力依頼を受けて、大田区内の様々な情報誌を置いています。
                  ↓
P2607117110159.jpg

数年後には、東京オリンピックの案内が置かれているかもしれませんね。
           ↓
P2607117110160.jpg

書籍コーナーにはもちろん!! 「みま~ものキセキ!」
           ↓
P2607117110156.jpg

「 ダイシンは地域の老舗だ。老舗の発想のVMDは、すぐに売り上げにつながらなくても、長いお客様とのお付き合いを優先させるもの。これこそ、福祉と源泉が一緒で小手先、営利主義を排除し、長く生き残る、愛される存在につながるもの。ダイシンの店づくりにはエンタテイメントがある。 」

参加者の藤原さんが、こんなことを文章で表現してくれていました。
           ↓
P2607117110177.jpg

塩ちゃんと別れを告げ、御一行は大森柳本通り商店街を通り、アキナイ山王亭へ!
             ↓
P2607117110179.jpg

商店街にあるこの2つのお店、補聴器屋さんと葬儀屋さん。この2店舗に共通するのは、2店とも 「みま~もの協賛企業」なんです。
               ↓
P2607117110180.jpg

その頃、アキナイ山王亭では、「みま~もラー油」の生みの親!みま~ものおふくろさん 野口さんと、管理栄養士さとちゃんが、御一行のためにつまみ物を準備。

漬け物、わかめの和え物など、暑くても食欲がわくものを用意してくれていました。
                 ↓
P2607111070441.jpg

P2607117110194.jpg

「アキナイ山王亭」にとうちゃくぅ~~~~~~~~!

ここでは、大画面でみま~もが取材協力を行った NHKスペシャル 「無縁社会 ~消えた高齢者無縁社会の闇~」と、「みま~ものAYUMI 」の動画を2本、涼みながら観てもらいました。

無縁社会の番組は、今はNHK鹿児島にいる池田記者とみま~もの出逢いのきっかけとなった番組です。この池田記者が、私と鹿児島医療介護塾をつなげてくれたのでした。
               ↓
P2607117110193.jpg

あとはゆっくり、時間が許すかぎり、野口さんの手料理をつまみに思い思いに語り合いました。
               ↓
P2607117110205.jpg

P2607117110210.jpg

みま~ものおふくろさん 野口さんをご紹介。恥ずかしがり屋の野口さんを厨房からやっとこさ引きずり出しました。

「 おいしく食べてもらってよかったよかったぁ  」
        ↓
P2607117110185.jpg

皆さんから拍手喝采!

「あらやだっ、恥ずかしい!澤登さんどうしよう・・・・・・」
            ↓
P2607117110188.jpg

裏口から出て、みま~も公園で夕涼み。
         ↓
P2607117110201.jpg

以上!みま~もツアー終了!みんなで記念撮影! 

「ぜひ、また来てくださいね!」
           ↓
P2607117110232.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

みま~もツアー From 鹿児島! (前編)

6月13日~15日、鹿児島市へ行ってきました。

鹿児島県出水市 「介護支援専門員協議会出水支部」 で、みま~もの取り組みについて話をしてくることでしたが、もう一つの目的がありました。

それは、 「鹿児島医療介護塾」 の皆さんに再会すること。

「鹿児島の医療・介護を変えていく、そこから日本の医療・介護を変えていく」  を目的に、医療や介護の現場のスタッフが中核となっていますが、ほかにも大学教授、メディア関係者、保育士、薬局チエ―ンの経営者、不動産、学生など、多職種・異年齢の多くの人が加わっている。しかも、つながりがつながりを呼び、鹿児島だけではなくネットワークは全国に・・・!

初めて皆さんにお会いしたのが2月、そして4ヶ月経った6月懐かしい皆さんと再会を果たしたのです。

あれから1ヶ月、鹿児島医療介護塾 まちづくり部長!(元北海道夕張市立診療所所長(医師)で南日本ヘルスリサーチラボ代表) 森田さんから連絡が入った。

「7月11日、東京へ行く用事があるので、みま~もを見学したいのですが・・・・」 

何と何と! 鹿児島医療介護塾 塾頭の太田さんと一緒に大森へ来てくれることになったのです!その後、森田さんから頻繁に連絡が入る。

「声をかけたらあの人も行きたいといっているんだけど・・・、この人もぜひ!と行っているんですが・・・・」

「どうぞ、どうぞ!  」 ってなわけで、当日ふたを開けたら総勢8名のご一行を出迎えることになりました 

しかも、鹿児島だけでなく、愛知県、伊豆、神奈川県などなど、地域包括ケアの実践に尽力されている方々ばかり!

「おいでませ、大田区大森へ!」 みま~もツアー From 鹿児島の様子を、前編・後編と分けてご紹介すると致しましょう!

今回ツアーに参加した皆さんはこんな方々です。
            ↓
南日本ヘルスリサーチラボ 前夕張市立診療所 院長 森田さんはこんな方です。クリックしてご覧ください。

『 目指せ訪問400件! 訪問診療 往診開拓マニュアル 』 著者。 鹿児島医療介護塾 塾頭 太田 博見さんはこんな方です。

株式会社 あおいけあ 代表取締役 加藤さん。 あおいけあの紹介ページはこちらをクリック。 

『 ニルスの国の認知症ケア ~ 医療から暮らしに転換したスウェーデン~ 』 著者 藤原さん。

田無病院医療福祉連携部部長 主任ケアマネジャー 高岡さん。 著書 「「医療から逃げない ~ケアマネジャーのための医療連携Q&A 」

在宅栄養支援の和・愛知 世話人 奥村さん。 シルバー産業新聞に取り組みが紹介されています。こちらをクリック。

このほかに、西伊豆病院 マネージングディレクター 橋口さん、藤原さんのご友人 増田さんの総勢8名が、みま~もツアーに参加くださいました。


鹿児島医療介護塾へ2度目の訪問から1ヶ月!

塾頭 太田さん、まちづくり部長 森田さんが、みま~も発祥の地! 大森へ来てくれることになったのです!
            ↓

2014071106161304043d0.jpg

20140711616151530a01.jpg

みま~もツアー参加者は8名!おはなナースとともにみま~もくんを身につけて、お出迎えに出発です!!
                  ↓

P2607117110002.jpg

P2607117110008.jpg

P2607117110004.jpg

この日、東京は台風一過でうだるような暑さ!そんな中、御一行が大森駅に到着です。
              ↓

10462963_511517728976441_7522102159695086002_n.jpg

P2607117110014.jpg

まずはダイシン百貨店へ移動!

徒歩7分あまりの距離なのですが、大荷物を持っての移動なので皆さんバテバテ 
           ↓

P2607117110016.jpg

やっとこさ、ダイシン百貨店に到着!
         ↓

20140711 150953

ダイシン百貨店 「赤坂丹後町 ひさごや」で昼食会。 店長さん張り切って準備してくれました。
               ↓

P2607117110029.jpg

今回のツアーご一行様には、「みま~も饅頭」、みま~もサポーター野口さんのお手製! 「みま~もラー油」、そして、みま~もサポーター証をプレゼント! 

みま~もグッズ・プレミアムセットです!

            ↓
10524637_511536982307849_4459512759413429637_n.jpg

これには皆さん大喜び!

あちらこちらで、みま~もくんとグッズを合わせて写真を撮っていました。
           ↓

P2607117110023.jpg

株式会社あおいけあ 加藤さん。 あなたも今日から 「みま~もサポーター」です!
          ↓

P2607117110028.jpg

みま~もグッズの他に、みま~も関係の様々な資料もご用意しました。
           ↓

P2607117110038.jpg

飛行機が遅れていましたが、鹿児島医療介護塾 まちづくり部長!森田さんも無事到着!
            ↓

P2607117110060.jpg

鹿児島医療介護塾 太田さんのあいさつでかんぱぁ~~~~~~い! 
            ↓

P2607117110043.jpg

10423941_511517858976428_7846401857423229790_n.jpg

「ひさごや」の松花堂定食。(天ぷらは別注文)
           ↓

P2607117110055.jpg

食事が一段落したところで、資料をもとに、みま~もについての説明。

わが包括支援センターリーダー たぐナースからは、年間パンフレットをもとにみま~もの活動の3本柱について説明します。
                  ↓

P2607117110113.jpg

次は、おはなナースがみま~もステーションについて説明。
              ↓

P2607117110125.jpg

カドヤ建設常務取締役・大森柳本通り商店街理事 野口さんからは、みま~もと商店街振興組合との連携について。

野口さんからはそのほかに、みま~もと商店街振興組合が連携することで可能となった、商店街の空き店舗を行政の助成金で改修(アキナイ山王亭)、みま~も公園の全面改修など、自治体との連携についても話をしてもらいました。

商店街との連携は皆さん興味津々。
                  ↓

P2607117110128.jpg

株式会社アズビル 久木田さん (通称クッキー)からは、みま~もに協賛企業として関わる意義について話をしてもらいました。
              ↓

P2607117110131.jpg

東京都健康長寿医療センター研究所 研究員 野中さんからは、 研究から見えてきたデータをもとにみま~もの取り組みの地域への効果を・・・。
            ↓

P2607117110133.jpg

そして、みま~もを語るラストバッターは、ダイシン百貨店 コンセルジュ! 塩ちゃん!

みま~もとダイシン百貨店の関係について語ってくれました。

みま~も発足から関わってくれたダイシン百貨店。中でも塩ちゃんは、最初からの変わらぬお付き合いです!
               ↓

P2607117110137.jpg

説明後、塩ちゃんは、御一行をダイシン百貨店巡りにご案内!
           ↓

P2607117110139.jpg

続きは後編へ!
         ↓

P2607117110144.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

けあZine オフ会!

ウェブマガジン  「 けあZine 」

介護関係に携わる様々な分野の方たちが著者 (オーサー) となり、問題提起、情報発信をウェブ上で行っている。

私も依頼を受け、昨年末より8記事ほど書かせてもらっている。

先月、このオーサーたちのオフ会が都内であり、あまりそういうところへ出かけるのが苦手なのですが、せっかくの機会なので出席してきました。

集まった人たちのリストを見てびっくり!全国各地から集まってきていたのです。

しかも、制度内に留まらず、新たな取り組みを実際に生み出そうとしている方々ばかり! 

ついついうれしくなって、懇親会の後にこのようなことを口にしてしまいました!!

「 次回のオフ会は、ぜひ、大森でやりましょう!!  」

と!いうわけでぇ~~~~、あれから1ヶ月経った7月5日、 「 第2回 けあZine オフ会 IN 大森! 」 を開催しました。

みま~もメンバーにも声をかけて、みま~も流 おもてなし! ただの飲み会にはしませんよぉ~~~~~ 

それでは、オフ会の様子をご覧ください。


介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン 「けあZine」トップページはこちらからどうぞ!


7月5日(土)、この日アキナイ山王亭では、「石巻マルシェ」の皆さんが、石巻の物産を販売していました。
                  ↓
P2607057050001.jpg

今回は 「ホタテとトマト祭り!」

素通りするわけにはいきません。トマトを2カップ購入!
              ↓
P2607057050002 (295x448)

今回のオフ会の会場! 「蕎麦処 六兵衛」 さん!

店長にお願いしたところ、みま~も価格で提供してくれました!
                ↓
P2607057050007.jpg

しかも、貸切!
      ↓
P2607057050003.jpg

一緒に参加してくれた、わが包括職員 保健師うさ子は、アキナイ山王亭裏の公園にある 「 みま~もファーム 」 で、しそを収穫。

これを、『 六兵衛 』 店長に持っていくと、 「これを天ぷらにして出しましょう!」

うさ子、店長ありがとう・・・ 
         ↓
P2607057050004.jpg

夜7時!オーサーのメンバーが到着!みま~も代表 中村さんの音頭で、 「かんぱぁ~~~~~~~い!」
               ↓
P2607057050020 (306x448)

P2607057050021.jpg

『 六兵衛 』 店長 渾身のメニュー!

これで飲み放題がついて、3,500円也!持つべきものは、やっぱりネットワーク! ですね 
             ↓
P2607057050024.jpg

P2607057050026.jpg

P2607057050033.jpg

この牛すじの煮込み、味が染みこんでいて、今まで食べたどの煮込みよりもおいしかったぁ~~~~。
               ↓
P2607057050043.jpg

2件隣り、アキナイ山王亭で、イベント後のご苦労様会を行っている 「 石巻マルシェ 」 の皆さんからの差し入れ!

笹かまぼこを使った 「 パニーニ!」。
          ↓
P2607057050036.jpg

そしてそして!!

先ほど、保健師うさ子がみま~もファームで収穫した 「しその天ぷら!」
                ↓
P2607057050045 (306x448)

全国から集まったオーサーの皆さんと、みま~もメンバー。

具体的に何かを生み出そうと動き出している者同士だからこそ共感できるものってあるんですね。

初めて会ったにもかかわらず、話が尽きません。
           ↓
P2607057050046.jpg

P2607057050050.jpg

オフ会途中で、ちょいと小休止!

「アキナイ山王亭」の設計を手がけた カドヤ建設常務取締役 野口さんの案内で、「アキナイ山王亭」を見学!

石巻マルシェの皆さんは、ご苦労様会で大盛り上がり!!
                  ↓
P2607057050060.jpg

アキナイ山王亭を見学した後は、裏の「みま~も公園」を見学。今では人が通ることもなくなった、昔の闇市通りも野口さんが案内してくれました。

「ここ、若者たちが店を出したいっ!って、きっと集まりますよ!」 この通りに、大きな可能性を見いだしてくれるオーサーの方たち。
                ↓
P2607057050064.jpg

見学が終わり、六兵衛のおいしいおそばを堪能し、オフ会は終わりましたとさ。

みま~もと新たな仲間たちとのつながりができた、とても有意義な時間でした。
                   ↓
P2607057050067 (303x448)

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

生放送!「 みま~もポール・ウォーキング! 」

みま~もステーションの講座として取り組んだポール・ウォーク教室・・・・。

日本ではもともと 「 ノルディック・ウォーク 」 という名称で、若者のスポーツとして普及していた。

このノルディック・ウォークを日本に普及させた第一人者 木谷さん!

この人との出逢いを通して、みま~もの取り組みに参加している高齢者を対象に、講座を始めたのが昨年の5月でした。

参加者を対象に、東京医療保健大学 医療保健学部 医療情報学科 山下 和彦 教授が、転倒リスク評価のために開発した 膝間力計 ・ 足指力計 ・ 靴型バランス機能計測器 ・ 重心動揺プレートを用い、効果を検証。

ポールを使ったウォーキングを行うことにより、高齢者のバランス機能・歩行機能・下肢筋力の向上に効果があることが実証されたのです。

この検証結果により、ポールウォーキングは新たな介護予防モデルとなりました。

大田区では、みま~もで実施したポールウォーク教室の実践をもとに、今年度より2次予防事業にポールウォーキングを導入。来年度からは、すべての介護予防事業対象者へのプログラムとして検討を進めているの
です。

このような経緯があり、みま~も協賛企業 大田ケーブルテレビからオファーが入る。

「木谷さん、山下教授、私の3者出演によるポール・ウォーキングの紹介をしたい!」

軽い気持ちで引き受けたのですが、後から詳細を聞いたところ何と! 生放送スタジオ収録 

それでも3人力合わせて、無事収録を終えました・・・ 

大田区発信の、高齢者が楽しく、オシャレに取り組むことができる介護予防 「ポール・ウォーキング!」

ぜひお試しあれ!!


平成25年5月から、みま~もステーション講座として取り組んでいる 「ポール・ウォーキング」
               ↓
2014070306021842481d7[1]

20140703060213505486f.jpg

昨日、大田ケーブルテレビでポール・ウォーキングを紹介する生放送スタジオ収録に、木谷さん、山下教授と出演してきました。
                ↓
P2607037030005.jpg

まずはリハーサル・・・・。
      ↓
P2607037030006.jpg

P2607037030009.jpg

リハーサルが終わり本番までの合間に、キャスター、スタッフにポール・ウォーキングを木谷さんが指導!
      
スタジオに和やかなムードが流れます。
         ↓
P2607037030011.jpg

P2607037030012.jpg

P2607037030014.jpg

無事、役目終了! キャスターと記念撮影!

じつはですねぇ、ここだけの話。 木谷さんは本番前、待っている間に居眠り!こっくりこっくりしてたんですよぉ~ 

さすが大物! 
       ↓
P2607037030016.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

梅雨の時期には! 「 みま~もアンブレラ 」

みま~も協賛事業所 「株式会社ファーコス あい薬局」 薬剤師 Sさん!

人呼んで・・・・、  「みま~もグッズ企画開発部長!」 

今までにも、『 みま~もタオル! 』、『 みま~もお薬手帳 』など、みま~もグッズを手がけてくれている。

しかも、完成度が 高い! 

今日、「あい薬局」ケアマネジャー Tさんが事務所にやってきた。

「 澤登さん!みてみてぇ~~~~~! 」

私の瞳が光り輝く・・・・   

Tケアマネジャーが持ってきてくれたのは、「みま~もの傘!」 

「みま~もグッズ企画開発部長!」 Sさんが、作ってくれたのです!

私・・・、気分はもう ルンルン   

Sケアマネジャーを連れ出して 撮影会 

「株式会社ファーコス あい薬局」 薬剤師 Sさん!いつもありがとね!  これからも新たなみま~もグッズの企画・開発たのんだよぉ~~~~! 



みま~もアンブレラ!を使って、ケアマネジャーTさんと記念撮影 
                  ↓
P2607037020014 (336x448)

P2607037020016 (305x448) (2)

P2607037020017 (336x448)

ついでに動画も撮っちゃいました  見るとはしゃぎまくる私の様子がわかりますよぉ~!
              ↓ 

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

町に飛び込んで、初めて得られた仲間たち

「今日は先に出るねぇ~~~~!」 

いつもは、誰よりも職場を出るのが遅くなりがちな私が、業務終了時間と同時に着替えて事務所を出る。

まだ夕暮れ前の大森駅から電車に乗り、一人でお出かけ。

一人でどこかへ行くことが苦手な私が向かう先は、なんと! 大都会銀座!

宮城県石巻市にある「復興バー」が、期間限定で銀座にオープン!

6月30日は、大森柳本通り商店街 「アキナイ山王亭」でともにまちづくりに取り組んでいる 「石巻マルシェ」のみんなが復興バーの担当として、お店を切り盛りすることになっているのです!この日だけ限定のメニューも登場!

しかも!カドヤ建設常務取締役、大森柳本通り商店街理事 野口さんお手製! 「コーヒー焼酎」・「紅茶焼酎」もお目見え!

「これは行かずばなるまい!」

すべての仕事を放り投げて、向かうは銀座!復興バー! 

30分ほどの滞在でしたが、石巻マルシェの皆さん、大森柳本通り商店街理事 野口さん、高野さんの頑張る姿を見ることができました。

みま~もを取り組んでいなければ、ここにいる誰一人とも、私がつながることはなかったでしょう・・・。

そして今、石巻の商店街、大森柳本通り商店街、そしてみま~も・・・・、「まちづくり」を通してつながり合っている。

連携、ネットワーク・・・・、そして地域包括ケア。言葉で何度言い尽くしたところで実際はつくれない。

町に飛び込んで、そこにいる人たちとお互いの共通点を見いだし動く!

動きもしないで 「地域 〇〇会議」とはこうあるべき! なんて、専門職目線の 「してあげる」論をいつまで専門職同士で語り合うのでしょう。

町に飛び込みましょうよ!その中で発見したことで語り合いましょうよ!

発見は発想の転換への第一歩!今私たちに求められているのは、発想の転換です!

石巻マルシェの皆さんが今日のために作った新メニューをつまみに、野口さんお手製のコーヒー焼酎を呑む。今日はこの後、客でいっぱいになるという。

「忙しくなる前に今日は帰ろう・・・・」

復興バーを出ると銀座の町は薄暗くなっていた。つまみも美味しかったですが、石巻マルシェの皆さんの、達成感から出る笑顔!これが何よりのつまみでした.皆さんお疲れ様!また、大森で会いましょう!

ほろ酔い気分で一人銀座のネオンにお別れし、帰宅の途につきました。

村上さん・・・・、お疲れ様。 いいチームです・・・・。



石巻マルシェと大森柳本通り商店街理事 高野さん・野口さんの復興バーへの意欲が感じられるページを発見!こちらをクリックしてご覧になってみてください。


復興バー石巻マルシェチームの紹介動画はこちらをご覧ください!商店街理事 高野さん、野口さんのダンス最高!



10455054_716962708346036_3599821856481669236_n.png 10417676_716962991679341_7929286476207539075_n.png


17時過ぎ・・・。 私は銀座の町を訪れました・・・・。
          ↓
P2607016300001 (336x448)

期間限定の復興バー!今日は、わが大森の「石巻マルシェ」の皆さんがお店を担当します。
             ↓
P2607016300002 (336x448)

一人で店に入るのは緊張しましたが、せっかく来たのでここで帰るわけにはいきません。勇気を持って中に入ります。

 「澤登さん!早いね。一番乗りですよ!」 石巻マルシェ 村上さんが忙しいなか声をかけてくれました。
            ↓
P2607016300004 (336x448)

中に入ると知った顔、顔、顔・・・・。緊張はどこへやら、アキナイ山王亭に帰ってきたような雰囲気です。

カドヤ建設常務取締役 野口さんは、アキナイ山王亭で私たちに手料理を振る舞ってくれるときと同じ勝負エプロンで出迎えてくれました。
             ↓
P2607016300007 (448x343)

P2607016300006 (336x448)

まずはコロナビール! 粟野かまぼこのパニーニをつまみに・・・・。
             ↓
P2607016300010 (308x448)

野口さんお手製 コーヒー焼酎をいただきます。これが・・・・、 んまいっ!
             ↓
P2607016300015 (337x448)

金華サバとムール貝の缶詰を温めてもらいました。だしがいい感じ!もはやこの味は缶詰ではないですね。
          ↓
P2607016300017 (303x448)

次は 「石巻ディップ!」

牡蠣味噌とクリームチーズのコラボがもう、絶妙のハーモニー!
            ↓
P2607016300018 (336x448)

「いわしのつみれハンバーグ!」 おろしポン酢でさっぱりといただきます。
        ↓
P2607016300021 (325x448)

一級建築士野口さん、料理の腕も一級です!
         ↓
P2607016300012 (448x336)

大森柳本通り商店街 高野さん!この人がいる場所は、いつもあかりが灯るように明るくなります。

みま~もも、石巻マルシェも、この人に何度あかりを灯してもらってことでしょう・・・・。

この日、あまりの俊敏な動きのため、フラッシュをたかないカメラではピントを合わすことができません。
              ↓
P2607016300025 (448x336)

お客さんがどんどんやってきます。邪魔にならないうちに帰るとしますかぁ~!
               ↓
P2607016300024 (448x336)

銀座の裏通りに後ろ髪をひかれながら、銀座を後にしました。
             ↓
P2607016300027 (283x448)

P2607016300028 (448x336)

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

みま~も!フレンチコース料理!

大森の第3木曜日と言えば!

そう、 『 みま~もレストラン 』 の日!!

有料老人ホーム NRE大森弥生ハイツ 全面協力による 『 みま~もレストラン 』 も、スタートしてから丸5年が過ぎました。

始まった当初は、弥生ハイツ施設内で行われていましたが、みま~もステーションの拠点 「アキナイ山王亭」が完成してからは、この「アキナイ山王亭」をホームグラウンドとして、毎月第3木曜日ひと月も休みなく営業しています。

有料老人ホーム NRE大森弥生ハイツ施設長 片山さん、そして、管理栄養士さとちゃんのコンビの変わらずの強力と支援があるからこそ継続してきた、みま~もの主力事業です。

いつの日か、みま~もの「食」を支え続けてくれたさとちゃん珠玉の料理の数々を掲載したレシピ本を出版したい!

そんな実現可能な夢を、現在膨らませています。

6月19日第3木曜日、みま~もレストラン開店日!今回のコースメニューは・・・・、

『 みま~も・プチ・フレンチコース料理 』

「プチ」といっても、「プチ」じゃぁない! さとちゃん渾身の本格フランス料理です!

メイン料理 「ポークカツレツ」は、アキナイ山王亭 厨房で、揚げたてを皆さんに提供しました。

それでは、6月みま~もレストラン!いつものように写真でご堪能ください 




6月 みま~もレストランは、 「 プチ・フレンチコース料理 ! 」 さとちゃんが作った お品書きもちょいとオシャレ。
            ↓
260630menyu1 (282x448)

準備をしてくれている みま~も協賛事業所スタッフも、期待感ワクワク!
              ↓
P2606301070316 (448x336)

NRE大森弥生ハイツ栄養士 Kさんは、厨房でメインのポークカツレツを焼いています。

出来たてを食すのが楽しみ!
       ↓
P2606301070320 (318x448)

P2606301070319 (448x323)

料理のセッティングが終わりました! 中央にあるのが、
     
『 春野菜のキッシュ・トマトとバジルの冷製パスタ! 』 
           ↓
P2606301070322 (448x330)

本日のメイン料理! 『 ポークカツレツ 』 が、揚げたてのままテーブルに配られました。
                      ↓
P2606301070336 (448x333)

『 春キャベツのポタージュ 魚介包み 』
                ↓
P2606301070337 (448x336)

『 焼き茄子とカツオのたたき ガーリックマヨネーズ 』
                  ↓
P2606301070335 (448x300)

パンも好きなだけ食べてくださいね。
          ↓
P2606301070338 (448x304)

デザートは、 『 旬のフルーツ盛り合わせ 』 と!
         ↓
P2606301070340 (448x317)

『 シュークリーム 
        ↓
P2606301070342 (448x336)

料理がテーブルに並びました! それでは始めましょう!

いつものように、片山施設長の爆笑トーク満載のご・あ・い・さ・つ !
              ↓
P2606301070321 (448x329)

さとちゃんから、一押しフレンチコース料理の説明。
           ↓
P2606301070323 (448x348)

サングリアでぇ~~~~! 「 かんぱぁ~~~~~~~~い! 」
            ↓
P2606301070324 (326x448)

関わってくれているみま~もの専門職たちも、みま~もレストランが始まると、参加者と一緒のテーブルで昼食を共にします。
                 ↓
P2606301070327 (336x448)

みま~も協賛 福祉用具事業所 「株式会社フロンティア」 I くんも、美味しくて美味しくてほっぺが落ちちゃいそう。
                 ↓
P2606301070343 (448x331)

さとちゃんいつもありがとな!
         ↓
P2606301070344 (448x339)

みま~もレストランが閉店した後も、名残惜しそうに 「アキナイ山王亭」 玄関前にあるベンチでおしゃべり。

「また来月もたのしみね!」
          ↓
P2606301070349 (448x336)

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。