プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みま~もバリスタ!

今年度みま~もの事業として新たにスタートした 「元気かあさんのミマモリ食堂」 もオープンから4ヶ月、母さんたちもすっかり調理・接客にも慣れ、母さんたちとのおしゃべりが楽しみでやって来るなじみのお客さんも多くなってきています 

これから秋・冬シーズンを迎えるミマモリ食堂に、頼もしい味方が登場しましたぁ!

元〇〇コーヒーで長年役職を務め、 「コーヒーのことなら何でもござれ」 のAさん!

先日のミマモリ食堂終了後、アキナイ山王亭を訪れたAさんは、食堂を終えた母さんたちにコーヒーを煎れてくれた。

部屋いっぱいに広がるコーヒーの香り。 「煎れ方によってコーヒーってこんなにもちがうのかぁ」 と、母さんたちはコーヒーの香りと味を堪能していました。 

このAさんが、今後月1回ミマモリ食堂でコーヒーを煎れてくれることになりました!

食堂に来るお客さんだけではもったいない!アキナイ山王亭の入り口で本格的に煎れたコーヒーを、買い物客の人にも飲んでもらいましょう!

みま~もバリスタ!Aさんが地域デビューです! 



6月からオープンした「元気かあさんのミマモリ食堂」も、おかげさまで4ヶ月が経ちました。
           ↓
ミマモリ食堂 住民向け9-11月 (336x448)

母さんたちもすっかり慣れた手つきで食事を作っています。
            ↓
P2709281010007 (448x356)

この日、食堂が終わった母さんたちの前に一人の男性が登場!みま~もバリスタを襲名したAさんです。
食堂の業務で疲れた母さんたちに、おいしいコーヒーを煎れてくれました。
          ↓
P2709281010019 (448x339)

P2709281010023 (354x448)

P2709281010024 (448x345)

P2709281010039 (448x345)

P2709281010037 (347x448)

見てください、母さんたちのこの表情。おいしいコーヒーで癒されています。
アキナイ山王亭には、コーヒーカップを用意していなかったのが残念!これからは、すてきなコーヒーカップを用意しておきましょう!!
         ↓
P2709281010033 (448x332)

P2709281010032 (448x336)

みま~もバリスタAさんには、アキナイ山王亭のここでコーヒーを煎れてもらいましょう!買い物に商店街に訪れる人にも、このおいしいコーヒーをお・す・そ・わ・け
         ↓
バリスタプレゼンテーション1 (448x298)
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

うたごえみま~もツアー2015!

みま~もが毎年、年度終わりに開催している特別セミナー、 『 認知症とともに歩む町に~正しい理解と音楽と笑顔~ 』
 
認知症の方が住みなれた地域で暮らし続けるためには、地域全体で認知症についての理解を広げていくことが重要です。

私たちは平成22年から、認知症の理解を地域に広げるため、このセミナーを毎年行っているのです。

7回目となる平成27年度 2部の音楽ステージは、『歌声喫茶ともしび』 によるコンサート!第1回目の認知症セミナーで感動の渦を巻き起こしたコンサートを、再び地域の皆様にお届けします。

「歌声喫茶って何?カラオケとどこがちがうの?」 みま~も協賛事業所の専門職の中には、「歌声喫茶」自体を知らない方も多い。

と! いうわけでぇ~~~、企画しました 「歌声喫茶みま~もツアー!」 

新宿にある「歌声喫茶ともしび」で大盛り上がりのみま~もメンバー!当日が楽しみになりました



平成22年、みま~もとして初めて開催した記念すべき第1回認知症セミナーで「歌声喫茶ともしび」のコンサートを行いました。
               ↓
H22年度認知症セミナー (448x311)

自前の歌集も作成。
       ↓
プレゼンテーション111111 (448x288)

みま~も協賛事業所のメンバーも歌を披露!「そんなまちを」。この歌がそれからみま~ものメンバーたちのテーマソングになったっけ・・・。
             ↓
P2709251020639 (448x319)

参加した200名の地域住民とともに、認知症を正しく理解し、みんなで音楽を心から楽しみました。
            ↓
IMG2709257202 (448x299)

あれから6年半・・・・、再びわが大田区に「歌声喫茶ともしび」を呼ぶことになりました。
              ↓
20150925 192745 (331x448)

企画しました 「歌声喫茶みま~もツアー!」 。このメンバーが実際に歌声喫茶を体験し、他のメンバーに伝えます!
         ↓
P2709251090259 (448x335)

まずは自分たちが楽しもう!音楽って楽しい! 
見てください!このメンバーの楽しそうな表情 
           ↓
P2709251090281 (448x342)

P2709251090264 (448x329)

P2709251090284 (448x348)

座って歌っているだけではもったいない!ステージで歌っちゃおう!
            ↓
P2709251090333 (448x338)

P2709251090286 (448x323)

P2709251090299 (448x285)

すてきな、すてきな時間でした。
        ↓
20150925 202510 (448x335)

P2709251090252 (448x334)

P2709251090288 (448x328)

P2709251090324 (448x348)


テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

みま~も応援!アースフレンズ東京Z!

みま~もの目的・趣旨に賛同し、協賛となってくれた医療・介護事業所・企業は80を超えている。

医療・介護分野だけでなく、異業種連携、産・官・学連携も「みま~も」の特徴であろう。

中でも、昨年からみま~もの新たな仲間に加わった大田区地域密着プロバスケットボールチーム 『 アースフレンズ東京Z 』 は、みま~もに新たな風を送り込んでくれた。

昨年末、アキナイ山王亭で開催した餅つきには、身長2メートルの副キャプテンがやってきて手伝ってくれた。イケメンな副キャプテンに、みま~もサポーターのお母さんたちはメロメロ  

「わが町のプロバスケットボールチームを私たちも応援しよう!」 と、伝家の宝刀 『シルバーパス』 をしっかり握り、バスで応援に出かけたのです!

そして!2回目のアースフレンズ東京Z応援ツアーは、敬老の日!プレシーズン・マッチ。今シーズン初のホームゲームです!

何とっ!みま~もサポーターの方たちは、お孫さんを連れてくるとその子は無料!
中学生のお孫さんと一緒に観戦するというほほえましい光景も見られました 

試合は残念ながら、僅差で敗戦 

選手を励ますサポーターのお母さん。アースフレンズ東京Zが、みま~もを通して地域住民にすっかり根付いてきたようです。

これからもみま~もは、アースフレンズ東京Zを応援していきます!





アースフレンズ東京Z応援ツアーは、敬老の日!プレシーズン・マッチ。今シーズン初のホームゲームです! 会場は大田区総合体育館!
           ↓
1203217716893219212873243981632833562849310n.jpg

みま~も応援団の席はアリーナ席!選手のそばで、大声出して応援しよう!
           ↓
20150921 131852

今回の応援ツアーには、産休に入った保健師うさ子もご主人と登場!
            ↓
P2709211010001.jpg

みま~もサポーターは、もうすっかりうさ子の東京のお母さん。
          ↓
P2709211010007.jpg

アースフレンズ東京Z 甚田さんが、みま~もの人たちを見つけて飛んできてくれました。

甚田さんは、みま~もの毎月開催している運営会議にも出席してくれています。もうすっかり顔なじみ 
                ↓
P2709211010009.jpg

アリーナ席に着席!選手は目の前。さぁ!勝利のために、平均年齢70歳以上のみま~もサポーターが黄色い声援を選手に送ります!
          ↓
P2709211010017.jpg

試合前だというのに、着席したとたん、こんな感じ・・・・。
           ↓
P2709211010012.jpg

アースフレンズ東京Zチアリーダーも、みま~もサポーターに負けてはいられません!
         ↓
P2709211010096.jpg

試合が始まりましたぁ!
        ↓
P2709211010086.jpg

追いつき、追い越され、白熱の試合が続きます。
        ↓
P2709211010100.jpg

P2709211010105.jpg

P2709211010099.jpg

さぁ、今こそみま~もサポーターの応援が必要な時!
        ↓
P2709211090215.jpg

「 GO!WIN! Z! 」
「 GO!WIN! Z! 」
         ↓
P2709211090222.jpg

残念ながら試合は僅差で敗退。でも今日はプレシーズン・マッチ!これから本シーズンに向けて、調整していけばいい。
観客一人ひとりに、選手が感謝を込めてハイタッチ!みま~もくんもね。
          ↓
P2709211010106.jpg

みま~もの餅つきイベントに来てくれた佐藤選手が、お母さんたちのところへ駆けつけてくれました!母さんたち大喜び!
          ↓
P2709211010120.jpg

試合に負けて元気のない佐藤選手を、母さんたちが元気づけてます・・・・。
          ↓
P2709211010123.jpg

佐藤選手とみま~もサポーターで記念撮影!今シーズンは、優勝だぁ~~~~~!
        ↓
P2709211010117.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

うさ子追い出しコンパ!

「うさ子さんにはお世話になったし・・・、お疲れ様会を開きませんか?料理は私に任せてください!!」

協賛企業 カドヤ建設 常務取締役であり、大森柳本通り商店街理事 野口さんからこんな提案をいただき企画をさせてもらったのが、わが地域包括支援センター保健師うさ子の追い出しコンパ!

出産・育児のため、来年秋まで休暇をとるうさ子のために、素敵な会を野口さんが用意してくれたのです。

当日、アキナイ山王亭に行ってみるとエプロン姿の野口さんが、気合十分でイタリアン料理を作っている。

わが包括支援センター職員たちが、その野口さんの指示でお手伝い。

そこへ、やはり商店街理事の高野さんがやってきた。高野さんは、保健師うさ子の赤ちゃんのために、西松屋でおもちゃや洋服を買ってきてくれた。

ふっと4年半前を思い出す。

この2人とは、商店街を拠点としたみま~もステーションを立ち上げるために話し合いを重ねたっけ。商店街の理解を求めるために、重鎮の役員のところには一緒に回ってもくれた。アキナイ山王亭ができたときは一緒に喜び合った。

みま~もをこの地に生み出していなかったら、きっと野口さんや高野さんら商店街の方たちと今のような関係はできていなかったでしょう。

まちづくりのためにともに歩んだ日々が、今、このような関係性を育んでくれたのです。商店街に、わが包括職員、保健師うさ子、商店街の方々の大きな笑い声がこだまする。



午後6時、あたりが暗くなった商店街 「アキナイ山王亭」に明かりが灯る。
             ↓
20150916 183714 (325x448)

裏のみま~も公園には、なぜかダッチオーブンが・・・・?
            ↓
P2709161090079 (340x448)

カドヤ建設常務取締役・大森柳本通り商店街理事 野口さん。16時頃から保健師うさこの追い出しコンパのために腕を振るい調理しています!
            ↓
P2709161090077 (448x351)

カドヤグループ、「カドヤ食品」で購入した世界3大ブルーチーズ。これで何を作ってくれるのでしょうか?
              ↓
P2709161090098 (448x323) (2)

社会福祉士のどかちゃんが、野口さんのアシスタントとして調理のお手伝い。
           ↓
P2709161090082 (448x325)

おはなナースは・・・・?味見をせっせとしてくれているようです
           ↓
P2709161090076 (448x345)

商店街理事 高野さん登場! 「味見しますぅ~~~~?」
おはなナース、自分だけ味見をしていたのでは後ろめたいのか共犯者を増殖中。
           ↓
P2709161090089 (336x448)

いよいよ今日のメインディッシュが出来上がったみたいです!ダッチオーブンがテーブルに移されます。
            ↓
P2709161090103 (301x448)

P2709161090105 (448x336)

かぁ~~~~んせぇ~~~~~い!鶏の丸焼きぃ~~~~ 
        ↓
P2709161010137 (448x336)

このほかに、トマトとたまねぎのカルパッチョ。
         ↓
P2709161010139 (448x336)

タコのバジル炒め。
       ↓
P2709161010141 (448x336)

世界3大ブルーチーズのペンネ
        ↓
20150916 191903 (448x335)

パエリアぁ~~~~~~~~!
        ↓
20150916 191844 (346x448)

鶏の丸焼きを、慣れた手つきでさばいてくれる野口さん。
          ↓
P2709161090129 (448x347)

P2709161090130 (448x336)

料理ができたところで、野口さんの音頭でぇ~~~っ 「かぁんぱぁ~~~~い!」
           ↓
P2709161090123 (371x448)

みま~もで知り合った青森県弘前市 大沼さんから紹介してもらった日本酒!美味でした
日本酒好きのうさ子ですが、妊娠中のためお酒と一緒に写真撮影のみ。
           ↓
P2709161090141 (345x448)

商店街理事 高野さん、いつもこうやって私たちを盛り上げてくれます。
          ↓
P2709161090168 (448x338)

商店街で母親、子どもたちを対象とした取り組みをしているみさちゃんも、保健師うさ子と同じ11月に出産予定!
2人ともこんなに大きくなりました!お腹が・・・・・。
         ↓
P2709161090156 (448x344)

鶏の丸焼きができた後は、さつま芋を焼いています。
          ↓
P2709161090110 (448x360)

「早く焼けないかなぁ~~~~」待ち遠しいおはなナースとたぐナース。
          ↓
P2709161090146 (331x448)

さつま芋ができました! こんな感じ、ほっくほくです!
           ↓
P2709161090152 (448x330)

商店街の皆さんとの楽しい夜でした。
        ↓
P2709161090171 (448x300)

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

クワガタ博士あらわる!

みま~もと、みま~もの後援団体 「東京都健康長寿医療センター研究所」 が共同事業として行っているのが、
絵本読み聞かせ講座 「バンダナクラブ」
今では地域の保育園などへ定期的に行くまでになりました。

この日はアキナイ山王亭で、近隣の保育園児たちを招待しての読み聞かせ。

おやおやぁ~~~~? バンダナクラブのお母さんたちとは明らかにちがう雰囲気の男性が、自分の順番を今か今かと待っています。

そうなんです!この日バンダナクラブでは特別ゲストとして、みま~もの協賛企業にいた時に知り合った 檜山くんがボランティアで参加してくれたのです! 

この檜山くん、ボストン大学 社会福祉大学院で老年学を専攻、研究者でもあります。また、もう一つの別の顔は、全国的にも有名なカブトムシ・クワガタ博士!

今年の採集成果は、クワガタ625匹、カブトムシ200匹!

最近の老年社会科学フォーラムでの発表テーマは何と! 「世代間交流からの自立支援・社会参加へ ~カブトムシ・クワガタサポーター~」 

地域の保育園児たちを前に、クワガタ博士 檜山くんはカブトムシ・クワガタクイズを実施!
子どもたちはワクワク・ドキドキ!高まる興奮を抑えきれません 

クワガタ博士 檜山くん、大活躍の巻です!



今日はバンダナクラブ読み聞かせ講座の日!アキナイ山王亭2階には、絵本がいっぱい!
             ↓
P2709141010045.jpg

バンダナクラブのお母さんたちに交じって、一人屈強な男性が・・・・?
この男性が、クワガタ博士!檜山くんです!
          ↓
P2709141010059.jpg

「それでは、絵本を読んでいきますね」
        ↓
P2709141010051.jpg

皆さん、練習の成果を遺憾なく発揮!目のまで展開するお話に、子どもたちは釘付けです。
              ↓
P2709141010052.jpg

P2709141010065.jpg

お待たせしました!クワガタ博士 檜山くんの登場!
カブトムシ&クワガタクイズが始まります。
        ↓
P2709141010071.jpg

「では問題、クワガタのくちはどぉ~~~こだ?」
          ↓
20150911 102800

子どもたちが一斉に手を挙げます。このブログを読んでいる皆さんは知っていますか?
「では君、くちはどこだと思う???」
        ↓
P2709141010073.jpg

実際のクワガタでくちだと思うところを指さしてみて!
         ↓
P2709141010076.jpg

P2709141010043.jpg

生きたたくさんのクワガタに、子どもたちは興味津々。
          ↓
P2709141010085.jpg

P2709141010086.jpg

クワガタ博士 檜山くん、バンダナクラブのお母さんたち、お疲れ様でしたぁ~!
         ↓
1117836711923521841151302624893705855877830n[1]

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

みま~もステーションに秋の訪れ

みま~もステーションの拠点となっている大森柳本通り商店街のコミュニティ・スペース 「アキナイ山王亭」、アキナイ山王亭裏にある大田区からみま~もが運営・管理を受託している新井宿第一児童公園(愛称:みま~も公園!)も秋の訪れが一歩一歩近づいている。

みま~もが商店街と連携して、みま~もステーション事業を立ち上げたのは、平成23年4月。時が経つのは早いものでもう4年半前のことになる。

人が足を運ぶこともなく雑草が生え放題、遊具やフェンスはサビだらけ。

地域の人から存在すら忘れられていた公園は、みま~もにより公園の再生を果たし、保育園児や住民が集う憩いの場に変貌を遂げた。

役割を終えた商店街の老舗 履物屋さんは、地域のコミュニティの場となり、みま~もではここで年間290の様々なジャンルの講座を開催している。

今年6月からは、毎週金曜日「元気かあさんのミマモリ食堂」も開店。
地域住民であるみま~もサポーター自身が、地域のつながりを作るために手作りの料理とさりげないあたたかなおしゃべりを提供している。

4年半、この場所で多くの人のつながりをつくりだしてきた。

そして今日も、秋の訪れを迎えたみま~も公園には、散歩に来た保育園児が楽しそうに笑い、みま~もサポーターの母さんたちが、食堂を終え、帰るのを惜しむようにお弁当を広げ、知り合った仲間同士語らっている。

この何気ない風景が何より愛おしい。




みま~もが大田区から運営を受託したばかりの公園。人影はなく、雑草が生い茂り、長い間使われてない遊具は錆だらけ。
           ↓
IMG2709128392.jpg

この公園を人が集う花いっぱいの公園に!ともに活動に参加してくれる住民を募った。名付けて「みま~もサポーター」!
今では100名近くのみま~もサポーターが関わってくれています。
           ↓
IMGP2709122406.jpg

みま~もサポーターの皆さんと、毎日毎日公園の整備をしていた4年半前。
           ↓
IMGP2709122494.jpg

公園がきれいになり、人が多く訪れるようになった実績を踏まえ、大田区が全面改修を決定!
平成25年4月、全面改修を終え、公園が新たに生まれ変わりました!
           ↓
IMG2709128186.jpg

リハビリができる遊具はすべて、みま~もの専門職たちが選定したものです。
            ↓
P2709121040020.jpg

役割を終えた商店街の履物屋さんは・・・・・、
         ↓
P2709121010048.jpg

P2709121000186.jpg

平成24年4月に地域のコミュニティの場へと変身! 「アキナイ山王亭」となりました。
みま~もではここで、年間300近い講座を開催しています。(撮影:工藤ケイイチ)
           ↓
270912150814131.jpg

270912009.jpg

そして今日も、保育園児達の笑い声が公園に響き渡り、
           ↓
P2709111010124 (2)

人が語らい、新たなつながりがここで生まれています。
            ↓
P2709111010104.jpg

P2709111010117.jpg

食堂の営業を終えたかあさんたちも、天気がいいので公園でお昼ご飯。
          ↓
P2709111010121.jpg

P2709111010124 (1)

みま~も公園は、5回目秋を多くの大田区民とともに迎えています。
             ↓
P2709111010123.jpg

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

地域包括ケアにおけるネットワークの利点

みま~もを取組む中で、地域包括ケア実現可能なネットワーク構築について考えてきた。

「顔の見える関係」などとよく言われるが、この場合は個人と個人の関係性の構築であって、いわば 「つながり」。

地域包括ケアの実現にあたっては、組織と組織が目的実現のためにつながる組織間ネットワークが必要となります。

個人の多くが属している会社組織であったり、専門職でいえば法人・事業所同士の組織間連携が必要不可欠です。

なぜなら、多くの人が属している組織に働きかけ、組織の理解のもと、まちづくりに関わることができる人を増やしていくことが必要だからです。

組織間ネットワークを構築する上で欠かせない視点が、 「WIN-WIN !」 の関係。

組織と組織が連携し合うことで、お互いにメリットがあるという視点。これが持続継続可能なネットワーク組織を築いていくうえで何より大事なことだと思っています。

では、組織間ネットワーク構築の利点は何か? 以下に4つのポイントをまとめました。

① 新規事業や大規模事業が可能となる。自組織にはない資源や能力を持つ組織とネットワーク組織を組むことで、新たな事業が可能となる。

② 学習効果。参加組織間のメンバーが交流することにより、各組織の専門的な技術や知識を習得できる。

③ 組織の正当性と地位の向上。ネットワーク組織による規模の拡大や組織力の向上により、ネットワークに参加している組織は、社会的地位の向上や信頼を確保することができる。

④ 課題の解決。同じ活動をする組織間での交流と情報交換は、自分たちが直面している課題解決に向けての知恵やヒントを得る機会となり、対応の迅速化が図れる。


何よりネットワーク構築の最大の効果はシナジー効果!1+1=2 ではなく、さらに大きな効果を得ることができる。
この4つのポイントをネットワーク構成組織にいかに感じてもらうか、みま~もの取り組みを通して具現化しています。




基本的に出不精な私。「センター長!今日は夜行きますから、時間になったら仕事切り上げてくださいっ!」
いつもこんな感じでまちに引っ張り出される 

この日は、近くにできた人気店 「俺のイタリアン」をおはなナースが予約してくれあったそうでそちらへ・・・・
          ↓
20150520 192856 (448x319)

いやぁ~~~~、なかなかおいしかったです 
          ↓
20150520 193433 (311x448)

20150520 192815 (342x448)

20150520 192807 (335x448)

20150520 195942 (448x333)

料理が出ると、食いに専念するわが包括メンバーたち。
          ↓
20150520 193805 (329x448)

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

大地の恵を満喫の夏!

みま~もステーションの拠点!「アキナイ山王亭」の裏にある新井宿第一児童公園(愛称:みま~も公園!)は、大田区の事業 「ふれあいパーク活動」 により、みま~もが公園の運営管理を区から受託しています。

私たちが運営管理を任された当時(平成24年4月)は、雑草が生い茂り、遊具もさびだらけ。人気もなく、子どもたちを安心して遊びに行かせることなどとてもできないような公園でした。

その公園を、みま~もサポーターである住民の方々とともに清掃、水やり、花の植え替えなどを行い、子どもたちも安心してくることのできる公園の整備を実施。今ではたくさんの地域住民が訪れる公園へと生まれ変わりました!!

このような実績から大田区が平成25年に全面改修を行いました。この改修でみま~もの専門職たちが出した要望は2つ!
1.リハビリができる遊具を導入してほしい。( 遊具もすべて具体的に提示 )
2.多世代で取り組むことができる畑を作ってほしい!


この2つの意見を大田区は100%受け入れてくれたのです!

今年も、公園にある畑スペース 『 みま~もファーム 』 では、太陽の恵みをいっぱいに浴びた野菜を収穫することができました!

地域住民であるみま~もサポーター、みま~も協賛事業所の若者たち、そして、地域にある保育園の園児たち。多くの人が手がけたとびっきりの野菜!

わが地域包括支援センターでも収穫した野菜のおすそ分けをいただき、おいしく昼食にいただきました  

新鮮さと、人と人のつながりが染みた絶品の味でした!



みま~もが、大田区より運営管理を受託している新井宿第一児童公園 (愛称:みま~も公園)
             ↓
P2709044070023 (448x336)

みま~もファームで育てた野菜たちも、そろそろ収穫の時期を迎えました。
           ↓
P2709045240054 (448x341)

地域住民であるみま~もサポーター、みま~も協賛事業所の若者たち、そして!地域にある保育園の園児たちが一緒に野菜の収穫!
             ↓
270904013 (448x345)

270904031 (448x316)

都会で野菜の収穫!園児たちも大喜び!
         ↓
P2709041010022 (339x448)

わが地域包括支援センターにも、野菜が届きました!
          ↓
270904001 (448x343)

さっそくおはなナース、保健師うさ子が台所で昼食の準備!
         ↓
P2708077871080754 (448x330)

この日はおはなナースが「ギャレット?」とかいうジャガイモ料理を作ってくれました。
         ↓
P2708071080758 (448x316)

P2708071080760 (448x325)

P2708071080759 (349x448)

P2708071080763 (448x293)

プラス、みんなが大好きな商店街のお肉屋さんで揚げ物を買って、ソーメン茹でて、みんなでいただきまぁ~~~~す!
         ↓
P2708071080766 (448x345)

別の日、この日の調理担当は社会福祉士あっこちゃん!
みま~もファームで収穫したバジルとトマトを使ってピザとパスタ!イタリアンなお食事。
            ↓
P2708081070693 (448x325)

P2708081070692 (448x336)

P27080801070698 (448x356)

P2708081070697 (448x336)

P2708081070696 (448x324)

この日も、あまりのおいしさに食欲MAX!太陽の恵みをたくさんいただくことができ、元気モリモリの夏でした。
              ↓
P2708081070700 (448x336)

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

元気かあさんのミマモリ食堂 新メニュー!

平成27年6月、みま~もの新たな事業がスタートしました。その名も! 

『 元気かあさんのミマモリ食堂! 』  この食堂を運営していくのは、みま~もサポーターのかあさんたち!

みま~もを取り組んで7年、その年月の中で夫の介護のため、本人が認知症となって・・・など、様々な理由によりみま~もに参加できなくなっている人たちがいる。

「 元気な頃につながったみま~もとの関係性を、家族の介護や自身の病気などで断ち切らせるわけにはいかない! 」 と、かつては一緒に活動していたみま~もサポーターの仲間たちが立ち上がったのです!!

食堂をオープンして3ヶ月、定期的に食べに来てくれるお客さんも増え、このたび初のメニュー刷新に挑みます!!

薬樹薬局 管理栄養士 が練りに練ったメニューを、かあさんたちが試作!さてさて、うまくできたでしょうか? 



元気かあさんのミマモリ食堂 ポスター!
          ↓
ミマモリ食堂ポスター36x448)

この日は9月からの新メニューの試作会。薬樹薬局 管理栄養士チームが全面サポート!
新メニューのレシピも、薬樹薬局 管理栄養士の皆さんが考案してくれています。
         ↓
270818001 (448x337)

薬樹薬局の管理栄養士さんと元気母さんたちのチームワークもバッチリ!!
          ↓
270825008 (448x336)

薬樹株式会社 東京事業部 事業部長 薬剤師 町田さんも、今ではすっかりみま~も仲間 。お母さんたちからもモテモテ  ?
          ↓
270818039 (448x333)

新メニュー 「アスパラの梅肉和え」
        ↓
270818055 (448x370)

「トマトと豚肉のコンソメ煮込み」
          ↓
270818060 (448x336)

「豆腐チャンプルー」
         ↓
270825038 (448x336)

「白身魚の野菜あんかけ」
         ↓
270825041 (448x325)

「小松菜の胡麻和え」
       ↓
270825028 (448x336)

食堂定番メニュー おにぎりもゆかりご飯で・・・・。
         ↓
270825030 (448x336)

試作メニューの完成です!
         ↓
270818063 (448x322)

270825044 (448x333)

元気かあさん、A栄養士!新メニューの出来にご満悦!
            ↓
270825043 (448x326)

それではみんなで試食会! 「いっただっきまぁ~~~~~す!」
          ↓
270825048 (448x336)

「んっ!うまいうまい!」   
              ↓
270825050 (448x307)

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

みま~も New スイーツ 完成!

おおた社会福祉士会とのつながりでお付き合いのある生駒さん!

生駒さんはもちろん社会福祉士なのですが、もう一つの顔が・・・・。
それはっ!大田区北馬込にある大学芋専門店 「甘藷 生駒」3代目なのです!

昭和5年創業以来、変わらずさつま芋と向き合ってきた 「甘藷 生駒」。

時代の変遷と共に、さつまいも問屋(主に、石焼き芋屋さんへの卸し)、そして現在は大学芋専門店として、形を変えながらも親子3代続く大田区では知らない人はいないという有名店です。
ちなみに現在はメインの大学芋と、さつまいもの薄切り、芋ようかん、スイートポテト、ふかし芋がラインナップになっています。

この3代目!社会福祉士生駒さんは、みま~ものイベントなどでも「甘藷生駒」の大学芋を販売してくれたりと、みま~もの取り組んでいるまちづくりに関わってくれています。

そしてこのたび、みま~もと「甘藷 生駒」のコラボによる みま~もスイーツ開発 が実現!! 

先日、生駒さんが完成した商品を持ってきてくれましたぁ!

『 みま~もスイートポテト 』!

みま~もの焼印をつけたスイートポテト。ひと口ほおばれば、 「もぉ~~~~~~~、とろけちゃうぅ!」  

また、大田区大森の名物が誕生です!生駒さんありがとう!


「甘藷 生駒 」
    ↓
item10021422 (448x351)

これが生駒の大学芋!!
          ↓
20150902 085906 (448x252)

昭和5年の創業以来、3代続く老舗です。
          ↓
31351816326684043114596649049n (448x306) (2)

創業時の甘藷生駒image (288x344)

甘藷生駒様の戦後店舗image2 (258x355)

3代目!生駒さん。
おおた社会福祉士会広報担当。「甘藷生駒」としての地域貢献をいつも追及しています。
            ↓
main1006650 (343x345)

みま~ものイベントにも、名物大学芋を提供してくれました。
            ↓
P2509169140004 (336x448)

みま~もと甘藷生駒のコラボによる商品開発が実現!
             ↓
P2709011080989 (448x336)

できましたぁ~~~~!これぞ、みま~もスイートポテト!
           ↓
P2709011080990 (448x326)

P2709011080997 (448x338)

焼きごてもこのようにみま~もくん顔 (^_^)v
         ↓
P2709011080996 (343x448)

P2709011080995 (448x337)

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

まちづくりのために専門職ができること

みま~もが平成25年から取り組んでいる事業 「まちづくりが元気おおた登録事業」。

地域にある薬局、施設、デイサービスなどが、本来自分たちが対象としている利用者・入居者以外の住民、 地域に何かできること をみま~もステッカーに記入、事務所や施設の玄関に貼りだしてもらう!

地域住民とつながるためのステッカーを貼り出すことにより、本来、利用者・入居者のための「場」である施設、事業所などが、住民も、気軽に立ち寄ることができる「場」に変わる。

地域包括支援センターのみが、地域住民と専門職がつながる場所であるならば大田区じゅうで20ヶ所しかない。

地域にある施設や事業所・薬局等が気軽に訪れることのできる場所であるならば、そこには医療・介護の専門職たちがいて住民にとっては、医療や介護専門職がより身近に感じることができるだろう。そしてその多くの専門職がいる「場」が、地域包括支援センターとつながっている。

このように、地域住民が元気な頃から気軽に立ち寄ることができる「場」づくりのために、この 「まちづくりが元気おおた登録事業」 を取り組んでいるのです。


「まちづくりが元気おおた登録事業」用、みま~もステッカー!
         ↓
H27828まちづくりが元気情報交換会22 (448x332)
H27828まちづくりが元気情報交換会 (448x332)


先日、この「まちづくりが元気おおた登録事業」の登録事業所を対象とした情報交換会を開催しました。(毎年年2回開催)

現在、登録事業所は76を超えている。情報交換会の参加者は70名。

この日話し合ったのは、 「孤立しがちな高齢者が地域とつながりを持って暮らすにはどうしたらよいか?」

この事業を通して横につながった登録事業所の専門職たち、まちづくりのために、地域で働く専門職として何ができるのか?を語り合い、それぞれの地域にステッカーとフリーペーパーを持って帰っていきました



今日は、「まちづくりが元気おおた登録事業」の情報交換会!続々と登録事業所の皆さんが集まります。
             ↓
P2708281010005 (448x322)

開会挨拶 みま~も中村代表が話し始める頃には70名を超える人たちが集まっていました。
             ↓
P2708281080839 (448x294)

私からは、8年目を迎えたみま~もの現在の取り組み状況とまちづくりが元気おおた登録事業の目的を説明。
             ↓
P2708281080844 (448x337)

ここからは、70名が10ヶ所に分かれてグループワーク!
           ↓
P2708281080916 (448x307)

H27828情報交換会GW (448x336)

P2708281080854 (448x342)

H27828情報交換会GW2 (448x336)

P2708281010018 (448x335)

P2708281010020 (448x338)

P2708281010022 (448x336)

H27828情報交換会GW3 (448x336)

ー感想よりー
「現場感のある意見交換ができ、大変勉強になりました。目的が尊いからこそ、垣根なく参加者が語り合えるのでしょう。」
                ↓
P2708281080947 (448x342)

ー感想よりー
「様々な業種の方と話すことができました。こういった機会があれば、広い角度で客観的に見えることが増えると思います。いい経験になりました。」
            ↓
P2708281080863 (448x329)

ー感想よりー
「何とも言えないあたたかい空間がそこに在りました。こんな風に自然に情報交換の場があることに驚きました。今までの専門職同士の交流会は何だったんだろう?って思ってしまうくらい自然な会話ができました。これからもいろいろと学びたいと思いました。」
           ↓
P2708281010039 (448x336)

ー感想よりー
「同じ思いを持った方との情報交換は、とても未来に希望が持てるものでした。悲観的になりやすいと思っていた地域課題に前向きに向き合えた気がしました。」
              ↓
P2708281010045 (448x322)

H27828情報交換会GW4(448x336)

高齢者がつながりを持って地域で暮らしていくために何が必要か?必要なこと、自分たちができることを発表してもらいました。
            ↓
P2708281010047 (448x325)

P2708281010050 (448x336)

東京都健康長寿医療センター研究所 研究員の中さんから、ソーシャルキャピタルについて話してもらいました。
ー感想よりー
「小さな取り組みでも見えない誰かの役に立っていると思えるソーシャルキャピタルは、地域でがんばる人たちの背中を押してくれると思いました。情報が溢れる社会ですが、そんな中でも届かない人、選べない人、動けない人たちのリテラシーを高めるためには、つながりが欠かせないと改めて思いました。」
       ↓
P2708281010061 (448x315)

フリーペーパーみま~も 第3号も完成!今日がお披露目!皆さん配付するために、それぞれの事業所に持ち帰ってくれました。
              ↓
P2708281080981 (448x334)

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。