プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽の如き専門職であれ!

新年明けましておめでとうございます!


おとぎ話の 「 北風と太陽 」 ・・・・。

村人のコートを脱がす力比べ。

北風は何とかコートを吹き飛ばそうとする。

風を強くすればするほど、相手は身構え、コートをしっかりとつかんで離さない・・・。

太陽はあたたかさとともに、村人自身がコートを脱ごうという気になるために力を注ぐ・・・・。

「この人たちなら、手をさしのべてもらおう・・・」 と、今まで着ていた重いコートを脱いでもらうためには、何が必要なのでしょう・・・。

いえ、自分なら北風と太陽のどちらを選びますか?

コートを無理矢理はぎとるのか?!それとも、その人が自ら脱ごうとすることに力を注ぐのか・・・?

この間、さまざまな地域で働く専門の方々とお会いする中で自分が感じていることは、まずは専門職である自分たちの 発想の転換 がどうしても必要だということです。

一人はしょせん一人でしかありません。一人の人間ができる限界などたかが知れている。

だからこそ、何に力を注ぐのかが大事なのだと思います。

専門職としてのプライドを、本来自分たちが持っている専門性を発揮するために力を込める・・・。

今の現状の中で、業務に忙殺され、専門職としての誇りすらも擦り減っていく・・・。

そんな専門職ばかりでは、地域包括ケアもへったくれもない!

そんなのはまっぴら!


太陽の如き専門職であれ!

地域を照らす専門職に・・・。

一人でがんばる必要などない!

いや、がんばってはいけない!

地域の専門職みんなで考えましょう!

力を出し合いましょう!

元気になりましょう!

輝きましょう!

それが、地域包括ケアの原点だと思うんです。



本年もよろしくお願いします。
     

img241225378.jpg

IMG_2412315427.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。