プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連携基盤を築くために・・・

3月14日。ホワイトデー!

私は、わが地域包括支援センターに出勤し、コストコで買った 「ピザ  」、「鶏の丸焼き  」、「トマトペンネ  」を、女性陣にお届けして、主任ケアマネージャー Hくんとともに一路、日野市へ! 


この日は、「ひのケアマネ協議会」の方々が主催する特別講演・シンポジウムにお呼びいただいていたのです。

私が話すテーマは、 「連携基盤を築くために・・・」

今、取り沙汰されている 「連携・ネットワーク」 ・・・。

そもそもこれがなぜ必要なのか?

必要であるならば、なぜ、なかなかこの連携・ネットワーク構築が進まないのか?


このあたりを、日野市のケアマネージャーの皆さんと考え合っていきました。


その後シンポジウム。

シンポジストには、自治体高齢福祉課 課長、訪問看護ステーション協議会、日野市立病院医療ソーシャルワーカー、地域包括支援センター、ケアマネ協議会代表が一堂に会し、

「医療との連携基盤を築くために!」 という日野市のケアマネージャーが抱える課題について考え合います。

話しを聞くと、「医療連携」という前の段階で、病院やクリニック・診療所ごとにちがう対応、書類のやり取りに苦慮しているという状況が見えてきます・・・・。

私は、連携にはお互いの組織が情報や風通しがよくなるためのシステムづくりと、つながり合うことで、お互いが専門分野の中でメリットを感じることができる目的の一致が不可欠だと思っています。

つまり、 「連携・ネットワーク」 とは、相思相愛が基本!片思いは残念ながら成就しないのです。 

システムづくりに関しては、それぞれの機関や専門の中で、キー  となる人たちが、現場に即した形をまず作ればいい・・・。

共通の書式を作るとか、各機関に総合窓口を設置するとか・・・・。

でもこれが、「連携」ではない。あくまで形作り。「基盤作り」とでも言いましょうか・・・。

じつは、ここまでで終わってしまうことが多いのですが、それがもったいない!

自分たちが働く地域の中で、連携・ネットワークを構築して何を共通の目的として具体的な課題に取り組んでいくのかを考え合っていくことが、機能する連携構築には欠かせないのです。

私たち、おおた高齢者見守りネットワークに関わる医療・保健・福祉専門職たちの目的は、

『 住民同士の日常のお付き合いから、必要な時期に専門職につながり、適切な支援につながるシステムづくり! 』

目的に、「地域から専門職へつながる・・・!」ということが明確になっているからこそ、専門職たちが地域に目を向けることができるのです。

制度内連携・制度間連携・多職種連携 がゴールではないんです!

医療・保健・福祉専門職が連携し、住民や企業、地域団体等に協力を呼びかけ、適切な時期に地域から私たち専門職につながり、適切な支援につながるシステム構築を具体化していく。

これなしには、今後の都市部の高齢化に太刀打ちなどできません。


img250316084.jpg


2月14日、バレンタインデー!

包括の女性職員の皆さんから、たくさんのチョコレートをいただきました。
         ↓
P2503152140016.jpg

中には、チョコレートファウンテンを気軽に楽しめる機械をくれた職員も・・・・ 
        ↓
P2503152140009.jpg

さっそくその日、フルーツやマシュマロを用意して、 包括 de チョコレートファウンテン! が始まる・・・・。
        ↓
P2503152140011.jpg

「私、これ1回やってみたかったのよねぇ~~~~!」  

あのぉ~~~~私の食べた感想はいらないのでしょうか・・・・ 
        ↓
P2503152140005.jpg

まぁ、そんなこんなのバレンタインデーのお礼に、コストコで鶏の丸焼き、ホールピザ、ペンネをプレゼントしたのでした。

日野市での研修中、送られてきたメールにはこんな写真が添付されてましたよ。
         ↓
20130314 132950

私と主任ケアマネージャー Hくんは、1時間半かけて日野市へ!
        ↓
P2503153140072.jpg

会場には、㈱ソーシャルクリエーション ニコニコキッチンのAさんが駆けつけてくれていました。

Aさんは、神奈川県の研修に参加していた同社のYさんから、「いいから行ったほうがいいぞ!」と言われ、参加してくれたそうです。

Hくんと一緒に、「みま~ものキセキ」の販売を手伝ってくれました。
          ↓
P2503153140076.jpg

研修が始まりました。私からは、「連携基盤を築くために!」をテーマに話をしました。

私のテーブルには、今日は二人のみま~もくんが見守ってくれていましたよ 
          ↓
P2503153140088.jpg

研修には、100名近い参加者が足を運んでくれていました。中でも、自治体の方々が10名近く参加してくださっていました。

日野市のケアマネージャ-の皆さんの交通手段は、基本、自動車!会場の駐車場はいっぱいです!
          ↓
P2503153140094.jpg

P2503153140100.jpg

シンポジウムには、日野市高齢福祉課課長、日野市民病院MSW、訪問看護協会、地域包括支援センター、ケアマネージャーと、「医療連携」についての意見が交わされていきました。
           ↓
P2503153140155.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。