プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今宵がその夜・・・(みま~もくん鹿児島へ)

熊本県人吉市での地域住民向け研修を終えた翌日、私たちみま~もご一行は、人吉市地域包括支援センター Fさんの運転する車で鹿児島市へ!

じつは、熊本県人吉市へ行くことを、ある人に事前に連絡をしていた。

平成22年9月 NHKスペシャル 『 消えた高齢者無縁社会の闇 』 に、わが地域包括支援センターが取材協力をした時に、中心となって番組制作にあたっていた I 記者。

番組制作を通して、みま~もの取り組みに精力的に関わり、みま~もに興味と理解を示してくれた。

そして、番組放送後も関係は続き、日本弁護士連合会主催のシンポジウムには、ともにシンポジストとして登壇したことを懐かしく思い出す。

その後、I 記者は、NHK鹿児島支局へ異動。故郷鹿児島で、自分が思いを込めた番組を全国に発信している。

この I 記者に、九州へ行くことを連絡していたのです。すると数日後、 I 記者からこのようなメールが届いた。

「私は今、鹿児島の医療介護福祉関係者の有志(若手・中堅がメインです)が月1回集まり、さまざまなテーマについてざっくばらんに語り合う勉強会に参加しています。

澤登さんが鹿児島に来られるとの話を会のメンバーにしたところ、もし澤登さんのご都合がよければ場所をとって大田区の取り組みについてお話をしていただいて、その後参加者まじえて夕食会、という段取りにしてはどうだろうかという意見が出ました。

我々の会ではこれまで地域包括支援センターの役割についても議論しました。特に鹿児島ではまだまだ地域包括が浸透しておらず、果たす役割についてもよく理解されていない現状で、その回では様々な意見が出ていましたが、澤登さんのお話を直接聞くことができれば、今後あるべき姿の具体的なイメージにつながっていくと思います。

いかがでしょうか?」


と! いうわけで、「運転手でいいので連れて行ってほしい!」という熊本県人吉市地域包括支援センターFさんの車で、鹿児島市へ向かったのです。

「鹿児島医療介護塾」・・・、医療・保健・福祉関係者、学生をも巻き込み発足した当会の皆様に、みま~もの歩みと、大田区の医療・保健・福祉専門職が、この会を発足させた思いをお伝えしたところ大反響!

中心で活動しておられる歯科医師のO先生は、

「鹿児島の澤登さん(コーディネーター)を作れば、鹿児島医療介護塾の組織がすでにあるので具体化は可能。ぜひやりましょう!」 と力強く呼びかけていました。

「みま~もでは、キーホルダー事業を2ヶ月(60日)でスタートさせた。俺たちは58日で実現させよう!」と、頼もしい発言も出ていました。

幕末維新、日本の新しい夜明けを開いた鹿児島・・・・。自分が、幕末の薩摩にいるのかな?と、錯覚に陥るような熱い方々との出逢いを体験しました。

その夜は、I 記者、鹿児島医療介護塾の皆さんと宵が更けるまで語り合いました。

翌日、I 記者のフェイスブックには、このような文章がアップされていました。


『 東京時代に番組取材でお世話になった大田区の地域包括支援センター長・澤登久雄さん。

今宵は鹿児島にお越しいただき、私が参加する医療介護関係有志の勉強会でご講演いただいた。

地域を動かし、行政を動かす。澤登さんが過去数年歩いてきた道は、この高齢化時代にどの地域にも欠かせないボトムアップ型のまちづくりに、医療介護関係多職種の知恵と行動力が不可欠なことを明確に示している。

遠く離れた鹿児島にいる私のことを覚えていてくれて、声をかけてもらい幸せな夜。自分なりに何かを続けていると、ごくわずかながら時々良い夜が来る。今宵がその夜。 』


I 記者、私も同じ思いでした。すてきな出逢いをありがとうございました!!



鹿児島市「鹿児島医療介護塾」の皆さんが、勉強会を開催してくださいました。
          ↓
P2602242220200.jpg

私の今回の役割は、この方々が、具体的に明日から何かをやりたくなる!そんな思いを持って話をさせていただきました。

ですので、テーマもズバリ! 『 地域連携のヒント!明日からできること 』
         ↓
P2602242220224.jpg

私の話のあとは、グループ討議。

みま~もから、代表の中村さん、管理栄養士さとちゃん、そして、熊本県人吉市地域包括支援センター Fさんも討議に加わりました。
        ↓
P2602242220209.jpg

グループ討議のあとは、代表1名が発表!

みなさんとても熱く、明日から何ができるか話していましたよ。
       ↓
P2602242220206.jpg

P2602242220210.jpg

I 記者も発表・・・。みま~もがなぜここまで広がってきたかを、整理分析してくださいました。
            ↓
P2602242220215.jpg

この、鹿児島医療介護塾の中心的存在の歯科医師 O先生が最後にご挨拶。

「鹿児島の澤登さん(コーディネーター)を作れば、鹿児島医療介護塾の組織がすでにあるので具体化は可能。ぜひやりましょう!」
        ↓
P2602242220220.jpg

この勉強会の様子を、みま~もくんはずっと見守っていましたよ。
         ↓
P2602242220219.jpg

勉強会のあとは懇親会!!
      ↓
P2602242220226.jpg

今回の出会いをつくってくれたI 記者が、みんなの指名により乾杯の挨拶。
            ↓
P2602242220230.jpg

「かんぱぁ~~~~~~~~い!」 
            ↓
P2602242220231.jpg

勉強会の盛り上がりのまま、話は尽きません。
         ↓
P2602242220233.jpg

P2602242220234.jpg

1次会のあとは、2次会へ!鹿児島中央駅そばの屋台村!!
         ↓
P2602242220237.jpg

鹿児島は夜も暖かいと思っていた私と中村さんは、上着を着ないまま。でも、さすがにこの時間になるとさむぅ~~~い!

でも、気心知れた人たちとの語りは、「たのしぃ~~~~~!」

さとちゃんのマフラーを借りて、「はい、ポーズ!」
          ↓
P2602242220242.jpg

P2602242230247.jpg

I 記者・・・・、すてきな仲間たちですね。これからも、この出逢った多くの人たちと、自分らしさを失わない人生を一緒に過ごしていきましょうね!

I 記者には、今年の冬ぐらいに、みま~もの協賛事業所・企業向け勉強会で講師をしてもらう約束をしました。

今度は、大田区で再会!ですね。
         ↓
P2602242230252.jpg

H260224iryoukaigojuku.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。