プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みま~もの催し継続を・・・・

みま~もステーション講座 「写経教室!」この参加者の方々とともに、

『 総持寺 写経・精進料理体験バスツアー 』 へ出かけた。

総持寺で写経を行い、精進料理を堪能し、法話を聴き、石原裕次郎さんのお墓参りをして、最後に参加した皆さんで記念撮影! 

「澤登さんと一緒に写真を撮ってもらっていい?」

記念撮影後、Nさんがおはなナースに頼んでいるのが聞こえてきた。

「 うれしいこと言ってくれるねぇ~、Nさん一緒に撮ってもらおう! 

Nさんとは、私がケアマネジャー時代からの関わりなので、もう10年ほどのお付き合いです。

要支援状態から関わり、現在は要介護状態。

それでも、みま~もステーションの各講座への参加を楽しみに、娘さんと一緒に来てくれていた。

しかし昨年、脳梗塞のため入院。

数ヶ月の治療を終え自宅へ戻ったが、楽しみなみま~もの講座へ参加するにはさらに時間を費やした・・・・。

そんなNさんが、みま~ものセミナーに娘さんが押す車椅子で、入院後初めて参加してくれた時には、みま~もの協賛事業所のスタッフが 「おかえり!」 と、笑顔で出迎えていたことを思い出す。

このNさんが、今回のバスツアーにも参加していたのです。

Nさんは、この時の「今」を心から満喫しているようでした。

我が地域包括支援センターに、Nさんのケアマネジャーから届いたケアプランにはこんな一文が記されていた。

「みま~もくんの催しには、今後も継続して参加してほしい」 と・・・・・。


「 うれしいこと言ってくれるねぇ~、Nさん一緒に撮ってもらおう! 

P2603063060064.jpg



『 総持寺 写経・精進料理体験 』 バスツアーへ出発です!!
         ↓
P2603061050190.jpg

総持寺に到着!

写経を行う会場へ案内され、まずはセルフでティータイム!
        ↓
P2603071050201.jpg

写経を行う前に、今日のバスツアーに同行してくれたみま~もスタッフを紹介。

聖路加看護大学 大学院生 なべちゃん!
           ↓
P2603063060048.jpg

ウルサイ株式会社 代表取締役 マッチー!
        ↓
P2603063060051.jpg

写経を行うにあたっての説明を聞きます。
         ↓
P2603063060014.jpg

これから約1時間弱、写経に向き合いましょう!
         ↓
P2603061050212.jpg

写経をしていると、自然と背筋が伸び、精神が集中されていきます。
         ↓
P2603063060029.jpg

私の書いたもの。

2回目の写経ですが、まだまだ修行が足りないみたいです  
            ↓
P2603063060024.jpg

厳かな雰囲気の中、ゆったりとした時間が流れていきます・・・・。
           ↓
P2603063060023.jpg

書いた写経は、供養後、観音様の台座に納経してくれるそうです。
            ↓
P2603063060026.jpg

P2603063060027.jpg

「平成救世観音像」は、総持寺双眸丘に、東北に向かって立っています。

東日本大震災で犠牲になられた方々を慰霊し、被災地の一刻も早い復興を祈り、見守り続けているのだそうです。
              ↓
P2603063060036.jpg

写経の後は、待ちに待った「精進料理」!!
       ↓
P2603063060038.jpg

P2603063060040.jpg

完食です!!

食事が済んだら、ご飯茶碗にほうじ茶を注ぎ、一切れだけ残しておいた漬物で米粒を落としていきます。

このほうじ茶を、今度は味噌汁椀に移し入れ飲み干します。

こうすることで、茶碗がきれいになった状態で下膳してもらうことができます。
         ↓
P2603063060043.jpg

左隅に順番にお椀を重ね、終了です。

料理を作ることも、食べることも仏道修行の一つとされているからこそ、しきたりを重んじるのでしょう。
              ↓
P2603063060044.jpg

ごちそうさまでした・・・・・。

人生初の精進料理を経験したマッチーの感想、 「ハンバーグ食べたい・・・・」
         ↓
P2603061050232.jpg

食後は、川原老師による法話を聞きました。
          ↓
P2603063060047.jpg

P2603063060052.jpg

法話を聞いた後は、二手に分かれます。

こちらは、石原裕次郎さんのお墓参り・・・・。
           ↓
P2603061050247.jpg

こちらはお墓参りに行かず、境内の建物内を見学したり、お土産を購入したりとゆっくりと過ごしています。
              ↓
P2603063060056.jpg

私も、我が地域包括支援センターのみんなにお土産を買いました。
           ↓
P2603063060054.jpg

梅が満開の木の前で、記念撮影!
         ↓
P2603063060060.jpg

帰りのバスでは、「みま~もの歌」をみんなで覚えて帰りましたよ! 

  みま~も みま~も みま~もぉ~~~~   
           ↓
P2603063060074.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。