プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10の短歌

私の本家は、山梨県甲州市勝沼から30分ほど山を登ったところにある。

父の兄が本家を継ぎ、母の姉が嫁ぎ、この家を守ってきた。

祖父は私の名を付けてくれたが、間もなく亡くなった。祖母は私が大学時代に認知症の進行の末亡くなった。

祖母は11人の子宝に恵まれたが、長男は戦死。そのすぐ下の双子の姉妹も生まれて間もなく亡くなったそうである。

残された8人の子どもたち、孫に看取られての大往生でした。

本家のすぐ近くに嫁いだ伯母が、認知症が進行していく母、母の看取り、母を送った心境を10の短歌にしたためたものが、本家にはずっと飾られている。

伯父は7年前に亡くなり、伯母も先日亡くなった。

伯父、伯母の二人の子どもたちはすでに本家を離れ、家庭を持ち暮らしている。

私が子どもの頃、盆や正月にはあれほどまでに姉弟、孫たちであふれかえっていた本家は、守人がなくなり、今後は子どもちがごくたまに来て、空気の入れ換えを行っていくそうである。

本家の伯母の49日法要に行ってきた。

本家近くに暮らす、今は祖母と同じ米寿を昨年迎えた伯母の10の短歌が、今、なぜか心打つ。

「この母と 幾夜添い寝ができむかと 夜のしじまに顔なでやりぬ」

「寒風に 木葉散るごとき母の命 霜月の月冴え今宵を」

「親送り 心に大き穴あくは 父母の力の沁みて思わる」




本家近くに暮らす伯母がしたためた10の短歌が今も飾られている。
        ↓
20150530 103948

本家伯母の49日法要に行ってきた。
       ↓
20150530 102119

20150530 102540

四十九餅が配られました。
     ↓
20150531 092553

20150530 110441
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。