プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域包括ケアにおけるネットワークの利点

みま~もを取組む中で、地域包括ケア実現可能なネットワーク構築について考えてきた。

「顔の見える関係」などとよく言われるが、この場合は個人と個人の関係性の構築であって、いわば 「つながり」。

地域包括ケアの実現にあたっては、組織と組織が目的実現のためにつながる組織間ネットワークが必要となります。

個人の多くが属している会社組織であったり、専門職でいえば法人・事業所同士の組織間連携が必要不可欠です。

なぜなら、多くの人が属している組織に働きかけ、組織の理解のもと、まちづくりに関わることができる人を増やしていくことが必要だからです。

組織間ネットワークを構築する上で欠かせない視点が、 「WIN-WIN !」 の関係。

組織と組織が連携し合うことで、お互いにメリットがあるという視点。これが持続継続可能なネットワーク組織を築いていくうえで何より大事なことだと思っています。

では、組織間ネットワーク構築の利点は何か? 以下に4つのポイントをまとめました。

① 新規事業や大規模事業が可能となる。自組織にはない資源や能力を持つ組織とネットワーク組織を組むことで、新たな事業が可能となる。

② 学習効果。参加組織間のメンバーが交流することにより、各組織の専門的な技術や知識を習得できる。

③ 組織の正当性と地位の向上。ネットワーク組織による規模の拡大や組織力の向上により、ネットワークに参加している組織は、社会的地位の向上や信頼を確保することができる。

④ 課題の解決。同じ活動をする組織間での交流と情報交換は、自分たちが直面している課題解決に向けての知恵やヒントを得る機会となり、対応の迅速化が図れる。


何よりネットワーク構築の最大の効果はシナジー効果!1+1=2 ではなく、さらに大きな効果を得ることができる。
この4つのポイントをネットワーク構成組織にいかに感じてもらうか、みま~もの取り組みを通して具現化しています。




基本的に出不精な私。「センター長!今日は夜行きますから、時間になったら仕事切り上げてくださいっ!」
いつもこんな感じでまちに引っ張り出される 

この日は、近くにできた人気店 「俺のイタリアン」をおはなナースが予約してくれあったそうでそちらへ・・・・
          ↓
20150520 192856 (448x319)

いやぁ~~~~、なかなかおいしかったです 
          ↓
20150520 193433 (311x448)

20150520 192815 (342x448)

20150520 192807 (335x448)

20150520 195942 (448x333)

料理が出ると、食いに専念するわが包括メンバーたち。
          ↓
20150520 193805 (329x448)
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。