プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専門職よ!太陽であれ!

介護が必要になっても自分では助けを求められない、手を挙げることのできない一人暮らしで認知症の高齢者。近隣・地域との関係を閉ざし、人との関係の絆が断ち切れている人たち・・・。

このような人たちに、本当の意味で専門職として手が届くことが、今の業務の延長線上で可能なのか?

この答えがあるとすれば、今の私は、この「おおた高齢者見守りネットワーク」(『みま~も』)を広げていくことがイコールにつながっています。

現在の地域包括支援センターの業務をしているだけでは、私たちを本当に必要としている人は見えない・・・。

たとえ見えたとしても、いきなりその人たちのところへ行ったところで、重く閉じた心の扉は当然のこと、玄関の扉を開けることすらできない。

まるで、おとぎ話の「北風と太陽」みたいです。村人のコートを脱がす力比べ・・・。

北風は何とかコートを吹き飛ばそうとする。風を強くすればするほど、相手は身構えコートをしっかりと掴んで離さない。太陽はあたたかさとともに、村人自身がコートを脱ごうという気になるために力を注ぐ・・・・。

専門職が関わること=支援。でも、地域に暮らす者同士が関わり合うことは=おたがいさま。いったいどちらが、その人の心の扉を開けることができるのでしょう・・・。

地域に暮らす人たちのあたたかさと力を合わせて、「この人たちなら、手をさしのべてもらおう・・・」と、今まで着ていた「孤立」という重いコートを脱いでもらう。

手を挙げられない、私たちを必要とする人たちのところへ届くための近道はない。いきなり私たちが、その人のところへ、その人の生活へ入り込むことは、今までの生活や価値観に土足で入るようなものです。

ネットワーク構築に近道などありません。しかし、日常的、継続的に多くの人と歯車を合わせ、つながり合うことを積み重ねていくことで、必ず効果はたしかな形で現れます。

「必要としている人たちに私たち専門職の手が届くまで・・・・」

私たちはこのみま~もの取り組みに力を注ぎ続けていきます。地域で働くみま~もの協賛事業所の専門職たちとともに・・・・。






20151111 142738 (448x448)

図2711302

図2711303

図2711301
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。