プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専門職の手が届くまで・・・

「地域包括ケアシステム」という言葉が叫ばれ、国中で専門職同士の「連携・ネットワーク」を構築する動きが高まっていたとき・・・・、

私たちは地域から忘れ去られていた公園で、住民の人たちとともに、フェンスのさびを落とし、白いペンキを塗っていた・・・・。

迷いやためらいがなかったかといえば嘘になる。

「専門職である自分たちがいったい何をしているんだろう?」「専門職連携・ネットワークに向かう人たちの流れに乗らず、地域住民とこのようなことをしていて大丈夫なのだろうか?」 、このような思いが、心のどこかにありながら、それでも流れとはちがう道を一歩一歩進んでいくしかなかった。

私たちがみま~もを立ち上げた思いであり理念、それは、

「SOSの声を上げることの出来ない人たちに、私たち専門職の手が届くまで!」

本来は私たち専門職とつながる必要があるが、様々な理由で私たちとつながっていない人は地域にたくさんいる。

この人たちに私たち専門職の手が届くためには、いくら専門職だけで強固な医療・介護連携を構築していたとしても残念ながら届かない。

この人たちと私たち専門職がつながるためには、当事者とつながっている地域の様々な企業、近隣住民の力がなければつながることはできないのです。

だから私たちはみま~もの取り組みを通して、専門職として地域に飛び込むことを選択したのです。

今、自分たちに迷いはない。地域に根ざし、身近な存在としての医療・介護専門職、地域包括支援センターであり続けようと思う。

ネットワーク構築、顔の見える専門職連携、たしかに大事です。ですが、専門職同士のネットワーク構築、顔の見える関係づくりが目的ではないはずです。

ネットワーク構築はあくまで「手段!」。ネットワークを構築し、何をしていくのかという目的が明確でなければなりません。みま~もを8年間取り組んで、今の私たちは心からそう実感しています。



20151221 121748 (448x337)

20151219 083319 (299x448)

20151220 0041271 (299x448)
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。