プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強みを活かしたまちづくりを!

私たちが働く大都市東京・・・、「急速な高齢化に伴う、要介護・認知症高齢者の増加」、「都市化の進展」、「住民の流動化により、培われてきた地域の共助の低下が加速」、「高齢者の独居や夫婦のみ世帯増加による自助の低下」など、地域包括ケアシステムを構築する上でのマイナス面ばかりがクローズアップされる。

では逆に、東京の「強み」は何なのだろうと考える。

「多数の人が住み働く人的資源の宝庫」、「豊富な実践力を培った団体など、地域生活を支える人材が豊富」(NPO・ボランティア団体等)、「介護・医療だけではなく、日常生活を支える多様な社会資源が身近に存在」(商店街・スーパー・コンビニ・交通機関・金融機関等)。

この大都市東京の利点を最大限活かしたネットワークが「みま~も」なのかもしれません。

この日は、渋谷区での第1回地域ケア会議に参加。みま~も型ネットワークについて話をしてきました。

民生委員、自治町会役員、見守りサポート協力員など住民の皆さん、ケアマネジャー・介護事業所など専門職が一堂に集まり、大都市渋谷区のこれからのまちづくりの在り方を考える。

みま~もに大きな反響がありましたが、一言だけ参加者と行政関係者に私からご注文。

「キーホルダー事業はただキーホルダーを対象者にばら撒いて終わりというものでは何の意味も効果もありません。
ぜひ、情報の更新と地域包括支援センターとキーホルダー事業を通してつながったつながりの更新というカタチはずらさずに導入してください。それさえ行っていただければ、喜んでこのシステムをお渡しします。」



渋谷区第1回地域ケア会議に参加してきました。
           ↓
12493818_908317035930235_8378068243453080237_o (448x326)

P2801171150061 (448x259)

12493842_908317765930162_104911549431754534_o (448x315)

12487062_908317819263490_3452842767065146657_o (448x336)
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。