プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長屋の文化

 8月16日「大田北高齢者見守りネットワーク」第2回イベントに、行政センター係長の紹介で慶応大学落語研究会のメンバーが参加決定!!

 そのための打ち合わせに学生2名が事務所に来てくれました。私も落語が大好きでついつい盛り上がり、昔ながらの長屋の話に・・・・。

 落語にはよく長屋の話が出てきます。落語研究会の会長は、噺のどこかに長屋のネタを入れてくれることになりました。

 長屋には隣近所のつながりがあり、夕方にはおかずの行き来があり、何かあれば近所中が大騒ぎ。そのくせ、隣近所に何かあればみんなが助け合う・・・、それが当然。

 だからこそ、喜怒哀楽があり、落語の噺に欠かせないのでしょう。

 「長屋があった時代から考えれば、今は未来。だけどね、今私たちが取り組んでいる見守りネットワークの取り組みは、あの時代には確かにあった、人と人とのつながりをもう一度創ろうという取り組みなんです。」と、学生諸君に話したところ、「さすが落語研究会!」大きくうなづいてくれました。

 同じ大学の福祉サークルの学生たちにも呼び掛けてくれると、チラシを手に帰っていきました・・・。久しぶりに若人との交流に、大きなエネルギーをもらえた貴重な時間でした。

 この取り組みを始めて大変なこともありますが、それ以上に、この取り組みを始めていなければ出会えなかった人たちとの出会いも多くあります。

 さあ、日々暑いですが、もうひと踏ん張りがんばりますかあ !!


たまには、こんな銭湯でさっぱりしたいなあ・・・
            ↓
銭湯1

銭湯3

銭湯2
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。