プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢者を支える大きな人間関係づくり!

  一般高齢者施策「介護予防教室」は将来的に要介護・要支援となる可能性のある方を対象に、自分自身で介護予防を行っていくきっかけとなる催しである。

 1ヶ月に1回、計6回を運動機能低下予防、低栄養予防等、様々なテ-マで取り組んでいる。

予防教室も現在4ク-ルに入り、我が街の老舗百貨店「ダイシン」の3階介護洋品売場のスペースをお借りして開催しています。

 介護予防教室を終了した方たちを対象に、牧田総合病院検診センターで年2回(春・秋)開催している「さわやか歩こう会」に誘っている。

第1回予防教室参加者が未だに多数の出席をしてくれているのはうれしいかぎりです。 春はお台場、秋は支援センター公園前から平和島公園まで、3キロ、5キロ、10キロコ-ス本人希望で行う。

 季節を感じ、仲間としゃべりながらのウォーキングは、心地よい体験となり、みなさんいい笑顔で帰ります。

縁があって、先日京急ホテルの社長と食事をする機会がありました。話しを肴に酒を飲む典型的な酒飲みさん。職場同様、「地元の大田区も心から愛しているんだなぁ」と話しの隅々から感じます。

「さわやか歩こう会」についても、「お台場なんて行かないで、地元を歩きましょう!史跡を歩く、それなら私が案内します。

 どこがいいかなぁ・・・、そうそう、品川神社には板垣退介の墓があるんですよぉ~・・・。沢さん今度休みにまず二人で歩きましょう!」等々話しは続きました。

言いたかったのは、包括支援センターのネットワーク構築に向けての取り組みは、地域の方々に一緒に関わってもらった方が専門職が企画するよりもよっぽど地域性に沿った 、取り組みができるということ。

 言い換えれば、地域の方々に関わってもらわなければ意味がないのです。 「地域で高齢者を支える大きな人間関係をつくる」と考えると、この仕事にも疲労感だけでなく、力が湧いてきます。



三浦のみかんも、この間の秋晴れでおいしそうに色づきました。
              ↓
20071022215444.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。