プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の味

 うちの主任ケアマネージャー I さんのお母さんが先日亡くなりました。

 I さんのお母さん・・・、じつは、2年前にこの包括支援センターセンター長として来るまでは、私がケアマネージャーとして担当していました。

 当時は、「要支援」状態でしたが、料理・洗濯・掃除など、痛い膝をかばいながら自分で行っていました。

 月に1回の訪問では、娘さん(I さん)の小さい頃の話が必ず出たものです。嫌いなもの、好きなもの、好きだったおやつ・・・・。

 そして、今の I さんについても「仕事はみんなに迷惑かけずちゃんとやっているのか?」「忙しいみたいだが、ご主人にちゃんとご飯をつくっているのか・・・?」いつも心配していました。

 I さんを知っている私からすれば、そんなこと心配する必要がない、何でも確実にこなす I さんなんですが・・・、40過ぎても母から見ればいつまでも子どもは子どもなんですね・・・ 笑い。

 私のことも、まるで I さんの弟のようにいろいろと心配してくださいました。「仕事忙しくて体こわしてないか?」「ご飯ちゃんと食べてきたのか?」などなど・・・。

 忘れられないのは I さんが小さい時によくおやつに作っていたという「みかん寒天」

 みかんの缶詰の実と汁を寒天で固めたもの(時にはパイナップルやリンゴも入っていた)ですが、訪問した時によく出してくれました。

 「I さんの母の味なんだなぁ~」と思いながらいただいたものです・・・。 いつしかこの味が、私にとっても I さんのお母さんの思い出の味となりました。

 そして、もう二度と食べることのできない思い出の味です・・・。

 心よりご冥福をお祈りします。



IMG_0141.jpg

IMG_0138.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。