プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな思考、発想を!

 年末に、訪問介護事業所を対象とした雑誌の取材を受けました。

 「大田北高齢者見守りネットワーク」の取り組み、医療・介護専門職を対象としたネットを介し情報交換できるソーシャルネットワークサービス「大田けあカフェ」の取り組み、今後押し寄せる大都市東京の高齢化に向けた展望などなど、約2時間かなり内容の詰まった取材でした 汗;

 取材を受けながら感じたことなんですが、今、私たち医療・介護専門職は大都市部の高齢化という大きな課題に向けて新しい思考、発想を求められているような気がします。

 それは、それぞれの専門、サービスの垣根を越える専門職集団の連携です。

 たとえば、医療・福祉の垣根を越える連携、同じ福祉サービスを行っている事業所同士の交流、ケアマネージャー同士の連携などです。

 私たちの地域でも、一人のケアマネージャーと利用者を介して、各サービス事業所の関係はあるのですが、ケアマネージャー同士のつながりというのは研修などで会うぐらいしかない。

 地域で同じサービスを提供している事業所同士のつながりも薄いものです。

 そして今後の大きな課題でもある医療と福祉の連携・・・。

 それぞれの専門機能を分化、分業していくという流れは、対象である個人にそれぞれの専門を発揮して関わることは可能だが、対象である地域という集団に目を注ぐことには弱い。

 地域で暮らしている方々同士の支え合いや早期に気づくことができるネットワークをいくら構築したとしても、その地域の専門職・専門機関の連携がなければ、せっかく早期に気づいていただいても、その人を適切なサービスや機関に早期につなぐことはできません。

 しかし、この専門職、専門機関が手を結んでいくためには、事業所・職種の「垣根を越える」という必要性をそれぞれの専門職・機関が感じて、どこからでも、誰からでもいいですが、イニシアチブをとる人がいなければ、いつまでたっても、機能していく連携にはほど遠いように思います。

 専門職として、その分野のエキスパートになるということは、その分野に精通することはある意味当然。

 そこに新たな思考と発想を求めたいと思います。それは、専門分野を追求していく中で、協力・協働の視点を持つということ。

 だって、一つの専門だけでは、地域の中で完結などしないんですから!それがわかった人が協力・協働の仕組みをまず起こさなければ、いつまでたっても協働の仕組みなどできるわけがないんです。

 地域に暮らす人たちが早期に気づく、支え合う仕組みを構築していく。そして私たち専門職が身近な存在として、何かあったらすぐ関わる体制を整える。

 そんな大きな範囲でなくていい。動き出した人の範囲内、許容範囲でつくればいいんです。

 このような思ったことを、約2時間にわたり取材で話しをさせていただきました。

 どんな記事になるのか?まぁ取材に来た方の采配に任せましょ!!

 

IMG_0327.jpg

IMG_0336.jpg

IMG_0337.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。