プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「お客さん」の大量生産

 「認知症セミナー大森」に東京都老人総合研究所のNさんが、当日参加はもちろんですが、手伝いにも参加してくれました。(ホントにいつもありがとうございます!)

 セミナー終了後、話す機会を持つことができ、主に今後の地域ネットワーク構築について話し合いました。

 その中で、いくつかの地域の取り組みにNさんが参加する中で感じたことは、どの地域でもセミナーや講習会には人が参加するようになってきている。

 でも一方で、参加する人は決まっていて、そのほかの人たちまで巻き込むような取り組みにはなっていないということ・・・。

 そうなんです。たしかにどのセミナーや講習会でも参加する人は決まっていて、金太郎飴のようにどこに行っても、どこを切っても同じ顔・・・。

 でもこれをどう見るかだと思うんですが、金太郎現象が起きていても、地域に暮らすお年寄りのことを考え合う集いは、参加者はいつも大勢参加してくれています。

 ただ、そこで参加したみなさんと何を確認し合うのかだと思うんです。参加したみなさんと様々な会で確認し合うこと。それは、参加されたみなさんが自分の暮らす地域に帰ったあと、何をするのかを明確にすること。

 いくら地域住民向けに。セミナーや、講習会を開催したとしても、そこに集まった人たちが何をするのか?明確に伝えなければ、「いい話が聞けた・・・」でみんな帰ってしまうだけです。

 大切なことは、みなさん今の地域の現状をよく知っていて、自分も何かに関わろうと思ってそのような集まりに参加してきているんです。何かに力を出そうと思ってやってきているんです。

 それをわざわざ、今の現状を語り、そこに参加したみなさんが何をしていくのかを明確にせず帰らせてしまう・・・。「何かをしよう!」と参加しているのに、帰るときには、「お客さんの大量生産」・・・。

 たしかに、勉強会や、研修会であれば、それでいいのかもしれません。でも、「地域づくり」についての集まりであれば、主体はそこに参加している地域の方々なんです。

 その人たちが、やる気になり、帰った後、自分の地域に暮らしている多くの方と何をするのかが、明確になってこその「地域づくり」を話し合う集まりだと私は思っています。

 杉並区の「地域助け合い全体会」に講師として出席しましたが、そこで私は、あえて自分たちの地域で取り組んでいる「大田北高齢者見守りネットワーク」のことは、要点しか話しませんでした。

 どうしてって、私が話している場所は杉並区。そして参加している人たちは、杉並区の地域で高齢者を支え合う活動を、自分の範囲で取り組んでいる方々。

 自分のところでやっている取り組みの一つひとつを、つぶさに紹介したり、自慢したって、それは意味のないこと・・・。参加者は「へ~っ、この人たちがんばっているんだねぇ~」で終わってしまうんです。

 それよりも、お互いの地域で取り組んでいることの中で共通する問題点、共通する発展の法則を考え合って、自分が明日から何をするのかを明確にした方が、よっぽど明日から元気に取り組むことができます。

 要は、話す人、聞く人ではなく、お互い地域に働きかけているもの同士、対等に考え合う視点が重要なことなんです。

 地域の見守りネットワーク構築には、まだこれでいいというマニュアルなんかありません。更に言わせてもらえば、それぞれの地域に地域特性があり、取り組みも様々・・・。

 だから様々な地域の取り組みを交流し合い、発展の法則、主体的に地域の方が取り組んでいく法則を、考え合うことが、今、重要なんだと心から感じています。

 金太郎飴のように、いろんな集まりに参加してくださる方は、主体的に関わろうとしている人たち。

 その人たちがいつも自分だけで参加するのではなく、その人が身近な人たちと何かを生み出すための、取り組みを地域で始めていく・・・。そんな具体的な話し合いが求められているんです。

 杉並区の全体会の後、多くの方から「いい話だったよ」と言われることは確かにほっとしましたが、次の日に、杉並区の地域包括支援センターの職員の方から、「昨日の話を聞いて自分も安心協力員として関わりたいと訪れた人がいましたよ」という連絡をいただきました。

 全体会の後、その話を聞いて自分も何か関わりたいと行動した人がいた・・・。このことの方が、自分自身では数倍うれしい気持ちでした。

 「地域づくり」は、組織論です!!多くの人たちが関わるために何をするのか?この議論が各地域で起こっていくことを願っています。
 


IMG_0428.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。