プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己決定の過程

日々、様々な相談者が訪れる「地域包括支援センター」・・・。

 私たちのセンターも例外ではない。今日も朝から電話が鳴りっぱなし・・・。

 ただ、様々な相談というのは職員側の見方、訪れる人にとっては唯一無二の、自分自身の今後について、大切な夫、父、母のこと・・・。

 他人事ではない、すがるような思いで来る人たちもいる・・・。

 そんな一人ひとり、考え方も、世代もちがう相談者たちに対応する私たちが、基本、原則をきちんと持ち、ぶれない自分を構築することは何より大切!!

 私にとっての基本、原則は、「最終的な決定は本人、ご家族にあるということ」これを基本原則にするということは、正直かなり骨が折れます・・・。

 自分では意識して接しているつもりでも、気がつくと、自分の考えを押し付けてしまうことが多々あるんです。

 例えば、自分が持っている少ない情報を提示したとする。でも、これが専門家が提示した情報であれば、それがいい、それでいいとなってしまう。

 つまり、相談者との関係で、相談を受ける人、それに対してそれに対して答える専門家という設定であると専門家の意見で「ごもっとも」そのまま、専門家の意見で進んでいく・・・。

 その関係の中では、本人、家族の自己決定は素通りしていく。

 わからないから決められない、相手に委ねたい・・・。その気持ちもわかる。でも、自分は専門職として、基本・原則、自分の一回きりの人生を自分たちで決定していくことを支援する姿勢だけは持ち合わせたい。

 わからない・・・、だれしも、介護が必要になったときにしか、介護保険制度やさまざまなサービス利用、後見制度等を知ろうとは思わない、そして知る必要もない。

 だから必要になってしまった時に、必要な情報、そして、それを選んだ場合のリスクなど、情報を伝える。

 そこで選んでもらう過程を必ず通る。当然、様々な理由で決定できない人もいる。

 でも、専門職である自分自身の基本、原則に立つのであれば、少なくとも、この過程だけは踏んでいく努力をしていこうと思う。

 自分が相談者の立場になった時、どんなに誰かの支援を受けなくてはならなくなっても、自分の人生を誰かに委ねてしまえば、その時点で自分が自分ではなくなる気がします。

 自分自身のことは自分で決める。これは、自分で歩んできた今ある自分を、実感できるとても大切なことだと思うんです。

 利用者でもなく、患者でもなく、自分。できないことが多くなっても、自分として生きていくための大事な過程・・・。これが自己決定・・・。専門職である自分にとっての、今考える、貫くべき基本・原則なんです。 




IMG_1143.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。