プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長く愛される味

 地域包括支援センターが設置されて3年が過ぎようとしている・・・。

 このたび、私たちも見守りネットワークを通して交流のある、東京都老人総合研究所が、東京都内の地域包括支援センタ-の実態調査を行い、「提言」を発表した。

 提言1 : 地域包括支援センターの専門職が、継続的に勤務できる体制をつくり、地域包括支援センターの業務に必要な知識・技術の向上と、経験の蓄積を図ること。

 提言2 : 地域包括支援センターが関係機関との連携・協力を促進するための取り組みを進めること。

 提言3 : 市区町村は、提言1及び2を促進するために必要な支援を実施すること。


 この提言に関して、大いに共感しています。

 地域包括支援センターという機能を考える時、三職種(主任ケアマネージャー・保健師・社会福祉士)が、それぞれに課せられた業務を行うだけであれば、ある意味、現状のままでもこれほどまで問題にはならないでしょう・・・。

 それぞれの三職種が、「地域」・「専門機関」との連携を図るためには、専門性は基本!これに、幅広い知識と、経験の蓄積がどうしたって必要です。

 これには、知識と、経験を積み重ねていくための、時間がいるんです。

 しかし、現実には、業務量の多さや、その割に少ない職員配置、それぞれの職種に係る責任等、様々な理由で、この間、都内の各地域包括支援センタ-で、どれだけの職員がいなくなったことでしょう・・・。

 継続的に勤務できる体制づくりの必要性を感じています。

 「地域包括支援センター」は、日本人に長い間愛されてきた味、味噌、酒、醤油と同じ! 熟成 が必要なんです。

 職員一人ひとりが、本当の意味で「地域の顔」になっていくための経験を積むための時間、これが、味噌や醤油に例えれば、 熟成期間 。

 これがあって初めて、「地域包括支援センター」が、地域に愛される味 になっていくんです!


P1040426.jpg

P1040428.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。