プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分らしくあれ!

 包括支援センターセンター長として、そして、大田北高齢者見守りネットワークに関わるものとして、多くの医療・介護に従事している方々と出逢う。

 経験のある人にも、新たにこの世界に入ってくる若い人たちにも、私は、この業界に関わっている人たちに共通しているものを感じます。それは、対象となる人たちと接する中で、自分らしさを追求する姿勢です。

 私はこの姿勢を持っている方々を、心から応援したいと思っています。自分らしさとは、「今ある自分のまま」ということではありません。多くの対象者と向き合うために必要な、常に自分らしく成長していく姿勢とでもいいましょうか・・・。

 このような姿勢を持ち続ける多くの専門職たちを育んでいける、成熟した業界になっていくことを望みます。

 介護保険制度が始まり、まだたった10年。そのたった10年の中で、辞めていく人が後を絶たず、経験の蓄積がされないまま、今に至っている気がしてなりません。この10年で、介護に従事する各専門職の中に、何が蓄積されてきたのでしょう・・・。

 どんなものでもそう、若い人たちが生き生きと育ち、中心となっていく雰囲気がない組織や団体は、先細っていくだけです。

 もう、関わりのある若い人たちが、自分の未来を見いだせず、この世界から離れていくうしろ姿を見たくありません。

 給与体系、保障、休暇、どれをとっても、未来に希望を持てという方が無理かもしれません。しかし、経験の蓄積がされないのはそれだけではないはずです。

 「大田北高齢者見守りネットワーク」に取り組んできて、最近言われることなのですが、「この取り組み自体が、事業所単位ではできない、専門職の成長の場になっているんですね」ということ。

 たしかに、この会は、地域で働く他職種が、 「垣根を越えて地域とつながろう!」という一点を目的に、手をつなぐ活動です。それぞれのみなさんが、専門をしっかりと生かしながら、自分らしく関わることができる。

 そして、実際に地域で暮らす多くの人たちと、じかに関わり、この仕事をしていく上で何が大切なのか、自分たちが何を求められているのかを、肌で感じ取ることができる。

 要は、生きた経験の場となっているんです。

 自分らしさを追求したいという人たちが、「自分らしさとは・・・」を、地域の人たちと出逢い、地域に向き合おうとする、他職種との出逢いの中で獲得していく。

 本来、私たち専門職が求めているものはこのようなことなんではないでしょうか・・・。

 これが、給与や、勤務体系だけではない、もう一つの、多くの専門職が求めるやりがいなんだと思います。この部分を育んでいく業界でありたいと思います。

 「自分らしく・・・」、この想いが、きれい事、絵空事に聞こえるような、業界には未来がないとも思います。 
 

5月、京都八坂神社から二寧坂に向かう途中で、舞妓さんたちとすれ違いました。
                   ↓                 
IMG_2808.jpg

IMG_2804.jpg

IMG_2789.jpg

IMG_2794.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。