プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みま~もだからこそ!

 「SOSみま~もキーホルダー登録システム」の包括・病院・警察への周知がほぼ完了し、地域住民、民生委員等へも、各包括支援センターからの広報活動が始まっているようです。

 8月1日から申請受け付け開始 としていますが、どこの包括支援センターでも、地域の方々が待ちきれず、申請書を持って訪れているという、うれしい悲鳴も上がっています・・・うっきうきな顔

 昨日は、午前中、地域情報広報誌 「大森まちづくりカフェ」から取材があり、午後は、大田区報の取材が立て続けにありました・・・。

 代表のNさんも、昨日ばかりは、我が包括に1日拘束です(お疲れ様)。

 区報の取材では、実際に、SOSみま~もキーホルダーを申し込みしている写真を撮影したいという要望があり、包括看護師(絵描きナース)が予防プラン作成で担当している、Aさんにモデルを依頼!快く承諾していただき、午後事務所に来所。

 そこまでは良かったのですが、かなり本格的な撮影だったため、Aさんかなり緊張 ドキドキ

 キーホルダーを手渡すシーンの撮影だったんですが、私がキーホルダーを手渡すAさんの手は、ぶるぶる震えていました・・・えぇ

 このAさん、来た時に、故郷の新潟から送られてきた夏野菜をシルバーカーに入れて持ってきてくれました コーン ナス じゃがいも とくに、じゃがいもはいっぱいあったので、包括職員女性陣3名が、得意のニョッキをつくり、そのニョッキを和風の汁に入れて、「ニョッキすいとん風」を作ってくれました。

 代表のNさんも一緒にお昼御飯・・・。忙しい時間の中で、ちょっとした、ほっと一息の時間でした チュッ

 Aさんも、SOSキーホルダー登録は、申し込んでくれるそうです。

 今は、8月1日の申請開始まで、この取り組みを、様々な形で知らせていく時期だと思っています。情報媒体は特に有効に活用したいと思います。

 午前も午後も、来てくださった記者の方々は、この取り組みの内容を聞いて、とても興味を示してくれました。

 大田区報の取材では、私と代表のNさんの話を聞いてくれた記者の方から、「2ヶ月にわたりこの取り組みを載せていきたい!この取り組みが大田区じゅう、そして全国に広がってくといいですね!」という、うれしい言葉をいただきました。

 「大田北高齢者見守りネットワーク」発足から今までの経緯。そして、「SOSみま~もキーホルダー登録システム」のめざそうとしている目的などを話していく中で、改めて、仲間たちと創り合ってきた、この取り組みのすごさに気づかされました・・・。

 たぶん、代表のNさんも同じことを、昨日は感じていたと思います。

 そういえば、記者の方が、心に残る話しをしてくださっていました・・・。

 「このSOSみま~もキーホルダー登録システムは、みま~もの会だからこそ、実現できた仕組みなんですね・・・」と。

 そうなんです!この1年半、地域に暮らす皆さん、そして、各分野の専門職、警察・消防・行政機関、そのほかあらゆる人たちと、形ではない、人と人同士がしっかりとつながりあう関係を築いてきました。

 この創り合ってきた土台があったからこそ、生み出すことが出来たんです。

 先日、この取り組みがある程度形づくられた時期に、6月セミナーに協力してくれたソーシャルワーカーMさんからメールをいただきました。

 「その後が気になっていたのですがブログを見て、7月セミナー当日の盛況さが伝わってきました。澤○さんたちの活動が地域からも期待されているのだなぁ~って今更ながら感じました・・・。
 今後はより一層、この活動が広まり,地域住民の安心に繋がるよう期待しております。
 もちろん!何かお役に立てる事がありましたら,体重はありますが、フットワークは軽いほうなのでどうぞご連絡くださいね!」

 こういう人とのつながりが、本当のネットワーク実現のカギなのではないでしょうか!そして、こういう人とのふれあいがあるからこそ、自分もここまで続けてこれたんだと思います・・・・。

 形だけ作ったって、「実現させよう、広めよう、機能させていくのは自分たち!」と、感じる人たちが大勢いなければ、何も動き出してはいきませんよね。

 多くの人たちが関わるためにどうするか、多くの人たちが主体的に関わるには?そして、何より多くの人たちと活動を通して、喜びや、感動を共有していくために・・・。楽しく、そして、豊かに!

 これが、「大田北高齢者美守りネットワーク」(愛称 みま~も)の、今まで、そして、これからもずっと貫いていく柱なんです!!
 


DSCN1581.jpg

DSCN1573.jpg

P1050750.jpg

DSCN1578.jpg

DSCN1565.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。