プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見守りネットワークの生みの親

 「このような見守りネットワークの取り組みを、この地域でやっていきたいんです!ぜひ、行政として協力してください!行政にしかできない力を貸してください!」

 ネットワークの代表Nさんと、区の高齢事業担当に話しに行ったのは、昨年の3月上旬でしょうか・・・・。いくら話しをしても、協力してくれるのか、しないのか、もしくはつぶされてしまうのか・・・?打てども響かない役人に、無力感を感じました。

 大田区の後援を何とか取り付けたものの、「後援のための名義申請書を書いてくれる?」

 「大田区の後援というものは、このような紙っきれ1枚のやり取りなのか・・・。」、「名前だけの後援なんて、何の意味があるのか・・・」そう思ってがっかりしたものです。

 こんな紙きれのやり取りで名前だけの後援でも、会のメンバーは、「これで区のお墨付きがついたね」と、私たちを励ましてくれました。

 大田区が、高齢者の見守り、支え合いについての方向性すら決まっていなかった時期に、創りだした会です。自治体としての方向性も出ていない中で、非協力的な役人ばかりだったのは、ある意味当然のこと。

 そんな中、私たちの地域行政センター高齢支援担当Nさんに、会を発足させるための協力依頼に出かけました。

 N係長は、私たちが作成したイメージ図、発足にあたっての文章を端から端まで目を通し、「費用はどうするんだ?区の担当のことはそれでいい、気にするな!先の展望はどう考えているんだ?」など、兄貴が弟たちを心配するように、一つひとつ自分の考えを私たちに伝えてくれました。

 その2日後、N[係長から、私に1枚のFAXが届いた・・・。

 それは、自治会・町会代表に向けての、地域行政センター係長宛ての「おおた高齢者見守りネットワーク」への協力依頼文でした。

 当時、会を発足させることは必要なこと!という一念で、代表のNさんとともに歩み出しましたが、あまりの行政の反応のなさと、非協力的な対応に、打ちひしがれそうになっていました。

 そんなときの、N係長の後方支援は、自分たちに大きな励ましをくれたものです。

 あれから1年半、N係長は、「行政職員として、自分がこの会にできることは何か・・・」

 このスタンスで、いつもこの会を支え続けてくれました。時には、そのスタンスを飛び越え、前面に出てきてくれることも・・・にっこり

 昨年の夏。見守りネットワークのキャラクターみま~もくんの缶バッヂを、小学校のイベントで子どもたちに渡したい!自分たち包括職員でコツコツ作ろうと思っていた矢先に、N係長から連絡が入る。「うちに業務用の缶バッヂ作り機があるから、家で内職するよ!」と・・・えぇ

 100個の缶バッヂが、我が包括事務所に届いたのは、この電話から、そう遠い時期ではなかったと、記憶しています・・・。

 このN係長が、7月に異動となってしまいました。しかも、現場を離れてしまう・・・。

 行政職員にとって、異動は宿命。わかってはいても、「なぜこの時期に私たちからこの人を引き離す・・・」という思いは、今でもいっぱいです。

 でも・・・、考えてみれば、この会を立ち上げてこの一番大変な1年間、この人がこの場所にいてくれたこと、そのことに感謝したいと気持ちを切り替えました。

 そして昨日、「おおた高齢者見守りネットワーク」主催のN係長壮行会を開催させていただきました。

 会場は、毎年「介護従事者交流会」でお世話になっている大森東急インホテル!

 「今年は不景気だからか、8月の会場がまだ埋まってないんですよぉ~ 泣き 格安のプランを組んだから、ぜひ何かで使ってください!」宴会部長が営業にやってきて、その場で決めちゃいました!

 何かをしようとすると、必ずしようとすることに必要な人が現れる。この会のミラクルはまだまだ健在ですね GOOD

 集まったメンバーは40人!すごいですね・・・。

 この会が生まれていなかったら、仕事で付き合うぐらいでしかなかった人たちが、今こんなに集まり、創り合う関係を築いている・・・。ホント、武者震いものですよ!

 大田高齢者見守りネットワーク(愛称みま~も)らしく、涙あり、笑いありのあっというまの2時間でした!

 今日、N係長からメールが届きました。

 「うれしかったよ!あんなにみんなに送られるとは思っていなかった。

 俺は何もしていないし、ありがたいと思われるようなことはしていない。みま~もは、沢が、仲間と創り上げたもの。俺はそれをただ見ていただけ。ただ、守りたかった。

 俺は幸せ者です。人生にこれだけの人たちと知り合いになれたこと。沢、お疲れ様。これからみんなをどう見ていこう・・・。がんばれ!行政に負けるな!

 ありがとう、沢。そして、ご苦労さま。」


 N係長から届いた初めてのメールは、沢づくしのメールでした・・・笑

 さぁ、また新たな明日に向かって、一歩を踏み出すとしますかぁ!!



我らがN係長の壮行会!見守りネットワークのメンバー40人が参加しました!
                 ↓
IMG_3883.jpg

私たちからのプレゼント。今までの見守りネットワークへのN係長の関わりを綴った本と、一緒に行った渋谷区包括勉強会、介護従事者交流会のDVD。とても喜んでくれました。
                 ↓
IMG_3993.jpg

IMG_3991.jpg

プレゼントした本、「私たちのN係長」は、参加した皆さんにも配りました。
                  ↓
IMG_3980.jpg

見守りネットワーク代表 Nさんと私のツーショット・・・!思えば、このツーショットの関係も、N係長が、Nさんを代表に推薦してくれたからでしたね。
                    ↓
IMG_3951.jpg

突然のサプライズ!代表のNさん、昨日誕生日を迎えたそうで、お祝いです。抱かれているのは、絵描きナースの第3子。
                    ↓
IMG_3870.jpg

NRE大森弥生ハイツの皆さんから、花束が贈られました。代表してケアマネージャーの I さんから・・・。
                   ↓
IMG_3997.jpg

秋頃より、この見守りネットワークが、六郷地域にも発足することになりました!!名づけて「みま~も六郷」。この中心となる、六郷東、六郷中地域包括支援センターセンター長も駆けつけてくれました。
N係長、あなたが生み出したこの会は、着実に広がっていきますよ!
                    ↓
IMG_3964.jpg

IMG_3961.jpg

壮行会の最後は、一本締めではなく、空手2段N係長の板割りです!最後の最後まで、「みま~も」らしい壮行会でした。
                   ↓
IMG_3995.jpg

お見事!!
    ↓
IMG_3996.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。