プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経験がすべて

 「経験が人を育てる」と言いますが、本当にそう思います。

 医療・介護に携わる専門職も同じ。資格を持ったから専門職として一人前になるわけでなく、専門性から物事を見れるわけではありません。

 専門職として対象である人、また、あらゆる専門の人たちと接し、自分の資格である専門分野に求められているものを肌で知ることが大切。

 求められているものは何かを知る・・・。そこから自分の専門性を考える。

 それができて、広い見識と洞察力と深い物事の見方を持った、人間味あふれる専門職となれるのではないでしょうか?

 よく考えることがあります・・・。
 
 社会福祉士という、相談援助と支援のコーディネートを担う専門職として働いていますが、もし自分が相談者として、どんな人にだったら、自分が本当に相談したいと思うか・・・。
 包み隠さず、自分の本当の思いを打ち明けることができるか。そして、相談者の話に納得できるか。

 自分が出した答えは、「資格ではなく、その人の人間性」

 専門を軽視しているのではありません。人間性を磨く努力の上に、初めて専門が活きるということを言いたいんです。

 専門を極める=山頂を極める  と考えるとすっきりするんですが・・・、

 山頂を極めると視野が広がる。

 360°見渡すことができる。

 麓と、山頂を経験して、あらゆる角度から物事を見通したときの視野のちがいを実感としてつかむことができる。

 専門を極めるということも、これと同じことが言えるのではないでしょうか。

 山頂までの道のりは言い変えれば経験。自分の求める意思のもと、経験を自らの足で積んでいくと、その先に今まで見たことのなかった景色が広がっている。

 資格取得は、あくまで理解したというスタートでしかありません。その資格の専門性を自分に育んでいくためには、その後、何を自分に求め、何を経験したかがすべて。

 そう、経験がすべてです。経験の土台が、自分を初めて専門職にしてくれるんです。

 専門を理解した者が専門職なのではなく、専門分野を通して、様々な経験の中から人間を見つめることができる自分になっていって、初めて専門職なのですよね。

 早くそうなりたいものです・・・。そう思うんですが、大変ですよね・・・。苦労もします・・・。


 でも、だからこそ、専門   職なんです!

 

写真も秋バージョンで、赤を基調にしてみました・・・。
             ↓
IMG_4660.jpg

IMG_4654.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

「経験がすべて」
このことを最近よく考えていました。
なにかを周りに求めてしまって一喜一憂しているようなときに、よくよく自分の心を見つめてみれば、その葛藤の原因は自分の中にあることが多いと気づきました。
そしてその原因を見つけてからは、そのことは自分の手元にあるため、誰かから奪うことも、どこかから借りてくる必要もなく、ただ自分の持っているものを分かち合うことができるようになるのだと思います。
その分かち合えるものは、本で読んだ知識でも誰から聞いた話でもなく、ほとんどが自分の経験から得られた理解であり、そこから発せられる一言に人の心は共感し、共に歩んでくれるのではないでしょうか?
自分の中に求めている事象があると分かれば、そのことで自分を信じることができるようになり、人を信じることへと発展して、人との関わりの中で「見守る」という段階に至るのだと思います。
ですから、見守りネットワークには人間味あふれる専門家が欠かせないと思います。
ただ専門職の人たちが集まって活動している「見る」だけの集まりでは「見守りネットワーク」にはなりません!

求められているものは何かを知る・・・。そこから自分の専門性を考える。

いままさにこの一文を経験させていただいています。
思わず長々と書き連ねてしまいましたが、「見守りネットワーク」、最高ですね!

先日のイベントで多数の来訪者の方々がいらっしゃいましたが、誘導しながら、チラシを手渡しながら眺めていると、イベントが目的ではなくスタッフに会いに足を運んでくださっている方が多かったように思いました。
立ち位置を変えるなら、見守りネットワークのメンバーが見守られていることも時にはあり、そうして見守ってくださっている人たちの経験は人生経験そのもので、人を育てる温かいまなざしでした。

これからもこの心ある取り組みが続いていくことを願います。

「人間味あふれる専門家」の人たちから、素直に影響を受けていきたいと思います。自分の専門性について、これから少しずつ考えていきたいと思いますが、まだ全く見えません。今できることは、人と誠実に向き合っていくことくらいです。それでも、日々、気持ちが込められた貴重な経験ができ、学ぶことができる喜びを実感しています。「おおた高齢者見守りネットワーク」にも職場にも感謝です。

マッサージの仕事を始めた頃、指名制度のある治療院で働いていました。
どんなベテランの先生でも「合わない」と言われる事もあれば、初心者の私でも「お名前は?」と聞かれる事がありました。

その時気付かされたことは、長くその仕事をしているから良いということではなく、患者さんに対してどれだけ一生懸命に取り組んでいるか、どれだけ誠実に向きあっているか、その事が根底にあれば、必ずその事を見ていて育ててくれる患者さんがいる、ということです。
これはどんなに経験を積んでも忘れてはいけない事だと思いました。
その上で「患者さんを良くする」ために専門職としてどれだけ「一生懸命」「誠実」に勉強し経験を積むか。
その時に初めて経験年数が意味をなしてくると思っています。
その経験を積む環境に身を置ける事の有難さ、感謝の気持ちがわきますよね♪
最近ようやく、少しずつ、そんなことがわかってきました。

今できることは、人と誠実に向き合っていくことくらいです。

失礼ですが、これ以上ないくらい素晴らしい取り組みへの姿勢だと思います。
これからも一緒に勉強させて下さい!

だいさんへ

 だいさん、この間コメントをいくつかいただきありがとうございます。

 人と誠実に向き合うこと、これを通してでしか、本当の意味での人と結びあうことなどできません。これは、専門職だろうと、なんだろうと関係ないですよね。

 見守りネットワークの活動をこれからともにできることを心から嬉しく思います。あなたのような方と出会うために、一緒に一つのことを取り組むために、この会を創ったんですから・・・。

 これからも、本当によろしくお願いします!


片山さんへ

 専門性とは突き詰めていくと何なのでしょう・・・?人間味あふれる専門家とはどうすればなれるのでしょう・・・?

 私は、専門職、専門化とは、人と誠実に向き合い、きちんとその人の思いの上に立って考えられる人のことだと思います。向き合っている人の思いをきちんとつかまずして、自分の専門の何をその人に向けていけばいいのでしょうか?相手の思いをつかまずして、人が違っても、専門的に話すことは同じ・・・。これを「ひけらかし」と言います。

 人と誠実に向き合おうと感じている片山さんは、これからについて、全く見えてないということはありません。誠実に向き合おうという姿勢が、一番大事な一歩なんですから・・・。

だいさんへ
こちらこそ、よろしくお願いします。だいさんのコメントは、読んでいてどれも感じるものがあります。読み直したり、職員に見せたりしてます。勝手にですが。

さわさんへ
昨日の夜の話、とってもよかったです。自分を卑下することで守りに入る自分が時々いますが、周りの繋がってくれている人に対して、って考えてみます。いつもありがとうございます。
非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。