プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分のゴール地点

 先日、包括支援センター事務所で、絵描きナースがボソっと、私にこう言ってきました・・・。

絵描きナース : 「沢○さんは、ひとつ終わると、すぐにまた次に向かうことが出てくるんですね・・・」

 まったく、傍で見てるとそう見えるんだろうなぁ~と思います・・・ たはー

 大きな仕事と思えるようなものを、必死こいて取り組み、やっとやり終えたかと思うときには、また次のことが来て、また渾身込めて取り組んでいく・・・。こんな感じに見えるのでしょうか???

 次から次へと・・・、言い訳ではありませんが、新しいものにどんどん手を出しているということではありません。

 ひとつのことをただ純粋に追い求めて、そのために必要だと思うことを行ってきただけ。このように歩んでいくと、追い求めている延長線上に、次の峰、次の峰が現れてくる。この峰を越えないと、追い求めているものにたどり着けないから、次から次へと乗り越えているだけです。

 次から次へと新しいもの・・・・ではなく、自分の中ではたどり着くべきもののために、ひとつながりの山道を歩んでいるだけなんです。

 地域包括支援センター本来の姿を追い求めて今まで来ました。自分なりに「地域包括支援センターに本来求められているものは何なのか?」を考え、行きついた結晶が、「おおた高齢者見守りネットワーク」の取り組みだったんです。

 自分が、日々包括支援センター職員として感じていた疑問。厳しい職場環境の介護業界で、働く専門職たちが仕事に魅力を感じ、経験を積み重ねていく層の厚い集団にどうすればなれるのか?

 自分の心の奥底から湧いてくる思い。この疑問や思いをそのままにしておくことだけはできずに、気が付いたら走り出していました。(ちなみに私、午年 栃栗毛馬 です)

 頼まれてもいないものに、こんなに責任感を持って、力を注いでいる自分が、ときには陳腐に思うこともあります・・・。

 しかし、これも自分なんです。このような心根を持って生きてきてしまったんですから・・・、走り出したのならゴールに向かうまでですね。

 自分の心根の中にゴールがあるとしたらどこなのか?峰という峰を乗り越えて行きつく先はどこなのか?

 それは、自分たち専門職が、支援が必要なのに手を挙げられない人たちのところまで、本当の意味でたどり着くこと。

 このたどり着く専門職たちの中心に、「おおた高齢者見守りネットワーク」の活動を通して、一回りも二回りも成長したメンバーたちが、深く関わっていること。


 ここを、ゴールとしたいと思います。

 そして、ゴールテープを切った暁には、自分の趣味である カメラ で、この地域で生き生きと働く、医療・介護専門職たちのスナップ写真でも撮り続けますか。

 そして、それを写真集にして各学校に配りましょう!

 この業界ではこんな素敵な人たちが、「住み慣れた地域で暮らしたい」という、人間の当然の思いの実現のために働いているんだ!ということを知ってもらうために・・・。

 「こんな人たちと働きたい!こんな仕事がしたい!」そう思ってもらえる私たちにならないとね。これが、ゴールテープを切った後の次の目標ですかねぇ~ うっとり
 


【自信作】

P1070122.jpg

P1070123.jpg

P1070125.jpg

P1070133.jpg

P1070139.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

沢さんの写真で個展が開ける日が来るといいですね♪
非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。