プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確かな手ごたえ!(みま~もレストラン)

 「おおた高齢者見守りネットワーク」の3本柱。それが、

①地域づくりセミナー
②みま~もレストラン
③SOSみま~もキーホルダー登録システム

 地域づくりセミナーは、昨年4月から今まで、延べ2000名の地域の皆様が参加してくださっています。

 みま~もレストランは、NRE大森弥生ハイツ(有料老人ホーム)が全面協力をしてくださり、日本レストランのおいしい食事の提供。そして毎回楽しみな講座を開催。

 今まで8回行ってきましたが、ここに参加しているみなさんが、来年度は参加者ではなく、この会の地域活動に創り手として、関わってくださる意思を表明してくれています。

 SOSみま~もキーホルダー登録システムは、地域に暮らす皆さんが何より大切なことと認識し、包括支援センター事務所から、申請書を持って行き、今日も私たちの地域のどこかで広げてくれています。取り組み開始から3カ月が過ぎ、登録者は600名を超えています!

 会の取り組みが縦横に広がっていく・・・。地域の中で、会がたしかな形で、地域住民一人ひとりの中に根ざしてきています。

 この会の中心メンバーは、地域で働く、医療・福祉に携わる人たちです。この人たちの、「地域に目を向けていくことが、自分たち医療・介護従事者にとって何より大切なこと!」というエネルギーがなければ、この会は存在しませんでした。

 このメンバーは今までも・・・、今日も・・・・、そしてこれからも・・・、さらなる仲間を広げ、力強く、私たちの大きな目的である、「自分では、SOSの手を挙げられない人たちに、専門職である私たちがつながる」ことを実現させていくことでしょう・・・。

 今週行われた、「みま~もレストラン」、「地域づくりセミナー」については、この会に関わっているメンバーの紹介も合わせて、メンバー自身に書き込んでもらいます。

 メンバー一人ひとりの思いを、ブログを見ていただいてるみなさんに紹介できたらと思います。


第8回 みま~もレストラン 「折り紙教室&鍋パーティー」

11月19日のみま~もレストラン、今回澤登さんのブログに書かせていただきます、カイナプロデュースで事務をやっている前田です。

 私がこの会に関わらせていただくようになってあっという間に1年以上がたちました・・・。

 この会に参加し始めた当初、右も左も・・・何も分からない状態でした。社内でやっていることは事務作業、外の方々と関わる機会はごくわずかだった日々から、これまで経験してきたこととは全く違う世界に飛び込み、何をしたらいいのか、どんな会話をしたらいいのか・・・と不安や心配ばかりでした。

 けれども、この会の方々に出会い、受け入れてもらい、多くのことを教えてもらうことができました。澤登さんの思い、考え方に感動し、仕事に対する考え方や自分の将来のことなど、多くのことへの思いが変わっていきました・・・。

 いつの間にか、この会で行うイベントなどには「参加したい!やりたい!」と会社側に言う日々。

 レストランに参加し始めたころは、「お手伝い」というサポートの気持ちでしたが、それも気が付けば前に出て「進行役」までするようになりました。まだまだ拙い、足りない点ばかりの進行にも、みんなの温かい視線に見守られ、フォローしてもらいながら、今回のレストランも無事に行うことができました。

 今回のレストラン、前半は「折り紙教室」。折り紙でクリスマスの飾りを作りましょう!ということで、事前に参加者のお一人から、【サンタクロース】・【クリスマスリース】・【ポインセチア】の折り方を教わり準備しました。

 「難しいー」などいわれながらも、皆さんお互い助け合い、上手く折っていきます。私たちの先生がいたテーブルでは予定よりも多くの種類の折り紙が作られていました!

 そして、鍋パーティーはカレー鍋、石狩鍋、海鮮鍋、コラーゲン鍋、トマト鍋、豆乳鍋の6種類が用意され、各テーブルでも盛り上がり、隣のテーブルを味見しては盛り上がり・・・・。

 食材や飲み物足りてるかな~と顔を出せば「食べた!?まだなら食べて!おいしいから!」・・・と、逆に振舞ってもらい・・・、「みんなで食べてるから自分がどれだけ食べたか分からないわ~。でもお腹いっぱい!」、「これ以上食べられないわ~」、「夕飯いらないくらい!」とうれしい悲鳴も・・・・。

 テーブルが分かれていても、自然と参加者・スタッフが一つの大きな輪になっているのをとても感じることができ、お鍋も雰囲気もぽかぽかの暖かいレストランになりました。

 見守りネットワークに関わっていると、心の底で何かが温かく光っているような、不思議な気持ちに包まれます。

 スタッフ同士だけではなく参加者の方々も一緒に、お互いをフォローし合い繋がっていく・・・。

 「誰かのために」という思いは、今では自分自身に欠かせない「私が居たい、やりたい」という気持ちになりました。

 この気持ちをいつまでも忘れず、いつかは私が何かを返せる人になれるようにこれからも成長していきたいと思います。



今回のレストランは、「あったか鍋パーティー!」冬はやっぱり鍋っしょ!!
               ↓
IMGA0003.jpg

みなさん、食べてるときにはカメラに目もくれませんので・・・・。
               ↓
IMGA0007.jpg

一息ついて、お腹も満たされた後に、「はい、ポーズ 絵文字名を入力してください 」
               ↓
IMGA0010.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。