プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年に想う

 年末から年越しにかけて、月から見た地球の映像がテレビで流されていたjumee☆faceA194d

月の地平線越しに見える私たちの暮らしている地球は、どこまでも青く、美しい。宇宙規模で考えても、こんなに美しく、青く輝いている星が他に存在するのだろうか・・・。

 長い宇宙の歴史の中で、奇跡が、そして偶然が結びついてこの星を創った。この映像を見た全ての人が次の世代へ、この美しく、何より平和な地球を残したいと思ったであろう。それほどまでに素晴らしい、感動的な映像だった。

 人がものごとを考える視点も同じことが言えるような気がする。「自分が○○したからこうなった」「自分は○○してがんばっている」という、自分のものさしからものごとを見つめている間は、人と共感を創ることは難しい。

 なぜならこのような発想は、「○○してあげる、○○してあげている」という縦思考に陥るからだ。このような発想でいる間は、人の素晴らしさ、人ががんばっている一つひとつを、感動を持って発見することも困難でしょう。

 自己を越えていく、じつはこれが難しい・・・。自分自身も、今、自己を越えていく思考を獲得することにもがいている。

 自分に必要性は感じているのです。地域のあらゆる人たちと接していて、どの人たちとも共感しながら地域のネットワークを構築したい!と考えたときに、この視点が必要だと喉が渇くように欲している。

 じつは、獲得するということは、捨てると同義語なのかもしれない。自分に新しいものを獲得することは、長い年月をかけて獲得してきたものの中で要らないものを捨てていくことなのではないでしょうか?

 いくつになっても、要らないものを捨てる勇気、新しいものをどんどん要れていく自分の懐を持つ一年でありたい。

 みんなと共感を創る大きな視点と、人間性を持ち合わせたい ! そのための学びを地道にしていこうと思う。

 「人から学ぶ・歴史から学ぶ・自分がいる職業、立場だけでなく、あらゆる分野から学ぶ」。広く、深い視点から、一つひとつの物事・事象をとらえる、自分を見つめる。自分が生まれ、生きている地球を月の地平線越しに見つめるように・・・。


「福助」
 ↓ 
福助
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。
いつもブログ興味深く拝見しています。

ぜひ、さわさんの今年の目標を達成するための一翼を担わせてください。
私もさわさんに負けないくらい頑張ります!

弊社のWebの左側メニューにブログがあります。
http://ameblo.jp/beyondk
よろしければ覗いてみてくださいませ。
非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。