プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手ごたえを感じる瞬間を味わおう!

 「おおた高齢者見守りネットワーク」22年度最後を飾る地域づくりセミナーは、特別セミナーとして、


認知症セミナー認知症の人と歩む町 ~正しい理解と、音楽と、笑顔~』 を開催します。


 1年間、様々な専門職、専門機関の方々を講師として招き、地域に暮らす人たちに「気づきの提供」を目的として、地域づくりセミナーを毎月開催してきました。

 この「地域づくりセミナー」を通して、SOSみま~もキーホルダー登録システムが、今年8月に生まれています。きっかけは、セミナー講師として依頼した、近隣にある病院ソーシャルワーカ-たちとの出逢いです。

 現在申請開始から半年、申請者数は850名を超え、来年度からは、六郷・蒲田地域でも、このキーホルダー登録システムを開始致します。

 ひと月、ひと月、講師となる、専門職、専門機関の方々と、「地域に暮らす人たちの安心」につながる、私たちにできることは何かを真剣に考え合ってきました。

 人と人との関係構築の過程は、専門職だろうが、地域住民だろうが何もちがいはない!要は、熱意は必ず相手に伝わるということ!

 そして、この熱意を通して、よりよいものを創りたいというものが、相手に伝わったとき、自分ひとりだけでは想像もできなかった、新たな考えが生み出されていく・・・。

 これが、「ネットワーク」が絵に描いたもちから、手ごたえとして感じることのできるものへ変化していく瞬間なんです!

 ここまで来る過程が大変なんです・・・  

 「いくら動いても手ごたえがない」、「自分ひとりで空回りしているような気がしてしまう」、「やらなければ・・・、という義務感がだんだん芽生えてくるから自分自身が楽しくない」、「自分が楽しくなく、苦しんでやっているから、共に力を出そうという人が見えない」、この負のスパイラルの行く末は、「あきらめ・・・・」 。

 人と協働することが大切だと思うのなら考えるんです!自分は何を大切にこの仕事をしているのか?その思いに共感してくれる人、一緒に力を出してくれる人がいるのか?一人でもいたら、それはすばらしいことです!だって、ひとりではなく、集団になれたんですから!

 次は、自分が大切にしていることを、何で形にしていくのかを考える。(私たちの場合、それが地域づくりセミナーだったんです)

 この形にしていくことの過程で大切なことは、「継続」できることを行っていくこと。たった一回の何かを行うことで、人と人が連携できる魔法の薬などあるわけがない!継続させながら、1回1回の取り組みで、何かを生み出していくことが大切なんです。

 何かを始めたら、必ず検証し、次の展望をいつも考えること。私たちは、セミナーで必ずアンケートを書いてもらっています。初めて参加する人の意見も参考になりますが、毎回参加してくれる方々が増え、その人たちの意見がとても貴重であり、財産となっています。そして、検証は、自分ひとりでするのではなく、必ずメンバーと会議の中で議論します。

 多くの人と一緒に検証することで、次の展望を共有することができる。皆が取り組みの創り手になっていくんですね。

 展望は、すぐ先のことは考えやすいし、議論の中心になりますが、1年先、そしてその先を展望することも重要です。この長期の展望を持つことができる人が多くなれば、なるほど、より取り組みの発展につながっていきます。

 「ネットワークづくり」に手ごたえを持つことができる瞬間を体験していきましょう!体験した=楽になるということではありません。常に、常に大変さは付き物ですが、「ただ大変だけ・・・」ということにはならないはずです。

 だって、自分自身の成長を実感できるんですから、同じ目的でがんばっている多くの仲間という財産ができるんですから!

 認知症セミナーまで、あと、1ヶ月を切りました!日にちが迫れば迫るほど、メンバー一人ひとりが、さまざまな場所で力を発揮していることが手に取るように見えてきます。

 申し込み人数は、今日現在で190名。200名定員なので、申し込み締め切りまであとわずかです。

 2年前の第一回セミナーの前日をふっと思い出しました。「雨が降ったら人が少なくなっちゃう・・・」、「一人も来なかったらどうしよう・・・・」そんなことを考えていたもんです。

 それが、今は、地域に暮らす人たちが友人を誘ってくださり、200名を集めることができる会になってきたんです・・・。人数が集まるだけが全てではありませんが、数は=組織力だと思っています。これだけの人たちが、「ここに来れば、何かを知ることができる、学ぶことができる」と、自分の意思で参加してくれるんです。

 今年度最後のセミナーです。参加者には、来年1年間の年間スケジュールをお渡しすることにしています。23年3月までの年間計画は既にできています。

 来年度も変わらずに、「地域づくりセミナー」を柱に、地域ネットワークづくりを進めていきたいと思います。

 
認知症セミナー『認知症の人と歩む町に』案内チラシは、こちらをクリックしてご覧ください。


来年度の地域づくりセミナー年間スケジュールが決まりました!ご覧になりたい方は、こちらをクリックしてみてください。
 

冬の夕焼けは、刻々と同じ風景を変貌させていきます・・・・。
       ↓
DSCN3580.jpg

P1090182.jpg

P1090180.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。