プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全部はいい。

 最近、自分の中で考えていることがあります。

 みんなで協働して積み上げていく仕事の中で、自分の行なう仕事は、ある程度軌道に乗るまででいいと・・・。

 軌道に乗るまでが困難な道。それ以降は道をゆずる。7~8割でいい、全部をやってはいけない・・・・。

 完成の喜びは、風のうわさで聞く程度がいい。

 ともに関わった仲間の武勇伝が、風のうわさに花を添える・・・。これこそが何よりの喜び。

 生み出した者は、軌道に乗るまでの困難を背負えばいい。

 そのあとは、そこに加わってきた人たちが新たな発展させていくんです。生み出した者が、いつまでも腰を下ろしている組織では大事業を成すことはできない。

 そうは言いながら、さびしさ、心残りが出てくるかもしれません・・・。

 でも、それは、この時点で自分が歩みを止めたらのこと。この活動での経験を新たな糧として次へ向かえばいい。

 何も残らないわけじゃぁない。自分自身に「経験」という新たな財産が、「ガッポリ!」入ったんですから・・・。そして、新たな歩みの中で、今までのみなさんとまた強い連携を必要とすることが必ずあるはず。

 そう、歩みを止めさえしなければ、今まで一緒に行なっていた人たちと、またちがう出逢い直しができるんです。



 今、何をするというわけではありません。ただ、ただ、そんなことを考えているだけです・・・。


 

桜が開花したとたん、この厳しい寒さ  でも、どっこい!寒さに耐えながら、桜は精一杯生きています!!
               ↓
IMG_7346.jpg

DSCN3997.jpg

IMG_7359.jpg

IMG_7381.jpg
 
IMG_7393.jpg

DSCN3983.jpg

IMG_7385.jpg

IMG_7362.jpg

IMG_7361.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。