プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住まいの安心!

 新年度になって、地域の町づくりに取り組んでいる人たちとの出逢いがあり交流を重ねている。

 この方たちとの出逢いを通して、今、考え合っていることは 

「高齢者の住まい」  そして、 「人が楽しみに集う場づくり!」

 この方たちは、最初、当院に協力依頼を求めて来られたのですが、「地域のことは沢○へ・・」ということで、私がお会いし話しを聞いた。

 内容について、現段階では詳細に話すことができませんが、医療・介護、そして、不動産・工務店関係者が連携し、高齢者の「住まいの安心」を、この地域に構築しようというもの。

 当院としては、我が医療福祉部(訪問看護ステーション・居宅介護支援事業所・包括支援センター・医療相談室・医療連携室)、リハビリテーション部が、この地域プロジェクトに全面的に関わることとした。

 リハビリテーション部責任者のHさんに、この概要について説明したところ、「プロジェクト以外に、町づくりについても、一緒に関わっていかせてほしい・・・!」と、うれしい一言。

 もちろん、このプロジェクトに、「おおた高齢者見守りネットワーク」は欠かせません!ブログにも度々登場している、代表のNさん、NRE大森弥生ハイツ施設長Kさん(みま~も大森 代表)も、前回の話し合いから、一緒に関わってくれています。

 不動産関係代表として関わっているAさんから聞いた話ですが、この方の会社で扱っている賃貸物件は、約3000。そのうち、65歳以上の単身高齢者、あるいは、夫婦のみ世帯の入居がOKの物件は、今現在0(ゼロ)件。要は、この地域に住まう高齢者は、賃貸物件への転居ができないということ。

 賃貸物件を持ってる不動産、オーナーにとってみれば、「一人暮らしや高齢世帯の人に部屋を貸すことによる面倒を背負いたくない・・・。」これが貸さない要因に尽きる。

 有料老人ホームなど、選択肢として持つことができる方はほんの一部。といって、特別養護老人ホームは、申し込んでもいつ入れるかわからない。今住んでいるこの地域で、介護が必要となってもできる限り暮らしたいが、今住んでいるこの家も、いつ立ち退きを迫られるかわからない・・・。

 都市部に暮らす高齢者にとって、「住まいの安心」が、今、崩れようとしています。

 しかし、高齢化が進む都市部において、不動産・オーナーさんは、65歳以上の方に家を提供しないが、一方で空き部屋が増えているのも現状だとAさんは言う・・・。

 不動産・オーナーさんが抱えている不安が何かを正しく調査し不安を取り除く。そこに住まう人たちに医療・介護の専門職が関わる体制づくりを進める。

 地域に住まい、元気で暮らし続けられる。万が一の時にも誰かが手をさしのべてくれる。

 この、「住まいの安心」に向けての体制づくりに向けて、地域の役者がそろいました!!さぁ、みなさん、考えあいましょう!! 
 


 話し合いの帰り道、Aさんがこの地域を案内してくれた。私にとっては10年以上働き続けている地域。知っているつもりでいたこの地域も、改めてAさんが教えてくれたことは、初めて聞くことばかりでした。

 この線路沿いの通りは、戦後間もなく闇市として栄えた通りだそうです。Aさんが小学生の頃(昭和30年代?)は、駄菓子屋さんが軒を連ね、子どもたちがこの通りを絶えず行き来していた・・・。今は、大通りからこの通りへ訪れる人はほとんどいない。このような通りがあることを知る人も少ない。
            ↓
IMG_8388.jpg

 大通りを歩いていると、Aさんがこの案内表を指差した・・・。「公園  ???」
 この地域ではたらいて10数年。この通りを何度自転車で通りすぎたことでしょう。しかし、この先に公園があるなんて、まっっったく知りませんでした。目を凝らすと先は暗い。もし、この先に公園があったとして、誰が行こうと思うでしょう・・・。
 Aさんが子どもの頃、この先の公園では多くの子どもたちが遊び、その後は決まって、先ほど紹介した通りの駄菓子屋へ行っていたそうです。
 とりあえず先に進んでみましょう・・・。
            ↓           
IMG_8395.jpg

今では、大型店舗の倉庫が軒を連ねている通りを過ぎていくと、何やらJRの線路がポッカリと見えてきました。
            ↓
IMG_8397.jpg

さらに進むとブランコが・・・・。「あっ、公園だ!  」
            ↓
IMG_8394.jpg

線路沿いには、地域住民に忘れ去られた公園が、整備もされないままそこに在りました。遊具は、Aさんが子どもの頃遊んでた頃のままだそうです。
            ↓
IMG_8390.jpg

IMG_8392.jpg

 Aさん、ここの地域に人が集う場を創りましょう!リハビリテーション部のHさん!この公園に、高齢者の人たちが、買い物のついでに立ち寄り、リハビリができるような用具を常時置いたら、高齢者が自分でできるリハビリを考えてもらえませんか?
 「おおた高齢者見守りネットワーク」のメンバーのみなさん!この地域の新しい町づくりに、ぜひ、ご協力ください!!」
            ↓
IMG_8393.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。