プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相手のフィールドを理解する!

 日々、様々な分野の方とお会いする機会が増えている。

 医師・看護師・ソーシャルワーカー・各病院連携関係者・理学療法士等、医療関係者。ケアマネージャー・サービス事業者・社会福祉士等、福祉関係者。そのほか、各企業、研究者、教師・・・・。

 そして、地域に暮らす人たち・・・。

 話す方のフィールドによって、内容はそれぞれ違います。当然、話しをしてくる方に合わせて話を進めていきますが、自分は自分。

 どんな方であろうが、この地域で、この方たちと連携することによって、何を生み出すことができるか?地域に住まう方たちの安心に、どうつなげられるか?このことを、どの分野の方とも、共通言語で話し合えるような自分でいるように努めている。

 福祉関係しかわからない、医療関係しかわからない、地域のことはよくわからない、医療・福祉関係者の現場がわからない・・・・。

 これでは、いくら地域の専門職が連携できたとしても、地域からかけ離れた自己満足にしかならない。連携し合う意味を見出すこともできないでしょう。

 地域包括支援センターで働き出してからの3年間、自分が関わっている高齢者、そして、その家族だけでなく、今は元気だけれども、将来に不安を感じている高齢者。地域で何か役に立ちたいと考えている人。長年地域活動を行ってきた人。地域に根ざしてきた地域密着企業。何百、何千の方たちとお会いし、向き合って話しをしてきた。

 この経験は、今の自分の財産になっている。

 自分がいる分野のフィールドだけでなく、地域にはいろんなフィールドがあり、そこには必ず人がいて、何かを真剣に取り組んでいることを知ることができた・・・。

 そして、この向かい合っている方のフィールドで、自分たちとの共通項を見い出し、何かをともに取り組んでいくには、何が必要かを知ることができた。

 相手のフィールドを理解する 。

 これがあって、初めて何かを生み出すことができる。理解しなければ、何も始まらない。

 相手のフィールドを理解し、何ができるかを一緒に考え合う土俵に乗ることができれば、どんな人とも協力し合うことができるんです。

 自分のフィールドを広げる必要なんかない!相手のフィールドを理解することができる自分がいれば、どのフィールドも見える自分が、結果的にそこにいるはずなんです。

 
IMG_9166.jpg

IMG_9165.jpg

IMG_9164.jpg

IMG_9163.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。