プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大切!」と思い続けてくれること

 おおた高齢者見守りネットワークを発足しようと奔走していた当時、あらゆる面でご尽力いただいたN係長から、突然の連絡が入った!!

 当時は、私たちの地域管轄行政センター係長でしたが、今は、建物は同じでも部署が変わり、なかなか話す機会がなかった。

 用件は、行政職員の認定調査員が自転車で訪問に出かけるときに、駐輪場がないので自転車を事務所横の空きスペースにおいてほしいという依頼でした。1~2台、十分置けるのですぐOK 

 とくに、たいした用件ではない・・・。

 でも、久しぶりに、沢が元気かどうかの確認の連絡を、何らかしらの用事をつけて連絡をくれる。しかも、なぜか、2ヶ月ぐらいおきに定期的に・・・・

 「いつも、いつまでも、関わっていてもらいたい!!」

 これは、N係長だけでなく、関わっているみなさんに私は感じています。でも・・・・、みなさんそれぞれ、自分のフィールドで仕事をしている方々。思いはあっても、常に関われるとは限らない。

 それでいいんです!部署が変わっても、どこかに異動したとしても、「気にしてくれている、大切な場だと思い続けてくれている。」それだけで十分。

 そして、今いるポジションで、めったに来れなかろうが、ごくたまにの関わりだろうが、つながり続けてくれている。それが大事!

 N係長は、たまに会うといつもこう言ってくれます。 「大丈夫か!何かあったらいつでも言ってくれよ!駆けつけるからな!」  

 さまざまな方からのこのような一言がうれしい・・・。

 「ありがとうございます!頼りにしてます!沢がお手上げのときは、腕まくりして駆けつけてください!そして、たまには、赤提灯で二人差し向かいで、この間の歩みを聞いてください。沢は、自分らしく、がんばってますよ!相変わらず不器用ですがね・・・」 
   

N係長とのかかわりを書いた記事「種まく人」は、こちらをクリックしてご覧ください。


梅雨明けの夏の日差しは、もうすぐそこまで来てますね・・・。
          ↓
IMG_9585.jpg

IMG_9583.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。