プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

座談会

 今日は、見守りネットワークまとめ集の目玉のコーナー、大田区高齢事業課の皆さんとの座談会に行ってきました!!

 座談会のテーマは、

 大田区で生まれた「おおた高齢者見守りネットワーク」について、行政職員が語る!!

 コーディネーターは、東京都長寿健康医療センター研究員 Nさんが協力してくれました。

 座談会に参加してくれたのは、大田区高齢事業課のそれぞれの担当係長5名。

 こうしてひとつのテーブルに座ってみると、一人ひとりの方と、初めて関わった時のことを思い出します・・・。

 会発足当時・・・、まだ自分の頭の中にあるイメージだけで、「このような取り組みを自分の担当地域で行っていきたい!」と、相談したS係長。

 「もしも、沢○さんのように、こんなことをしたい!と相談を持ちかけられたらどうですか?」というNさんの問いに、すかさずS係長は、

 「できれば相談してほしくない・・・  」と、開口一番、場を和ませてくれる。

 大田区としての見守りネットワーク構築を担当していたN係長。

 「おおた高齢者見守りネットワーク」を発足した20年4月に、高齢事業課に異動してきた・・・。

 当時、まだ区としての見守りネットワーク構築の方向性が決まっていなかった時で、いろいろと意見を交わし合ったことをふっと思い出す。

 「今日は、100歳以上高齢者の実態把握でバタバタしていて・・・。でも、澤さんの依頼だから、ここに参加しているんです!」
 「当時、ネットワーク構築を考えていくときに、澤さんとみま~もの情熱に惹かれて、セミナーに参加したり、相談したり・・・。やっぱり、人に可能性を感じて、ネットワークって広がっていくんですね!!  」
 

 熱い一言をいただいて、思わず赤面  

 U係長・・・。昨年度、高齢者がいつでも集うことのできる高齢者サロンについて、検討を重ねた。しかし、区の予算がつかず断念。

 でもあきらめず、今年度は、私たちの地域の商店街と協力して高齢者サロンの実現に向けて、検討・模索を一緒に重ねている。

 「澤さんは、昨年検討していたサロン計画がだめになって、今年も相談に行ったら嫌な顔ひとつしないで相談に乗ってくれた。
 不可能なようなことも、どうやったら実現できるかをいつも考えてくれる人。だから相談するんです。
 澤さんにとっては、行政も、ひとつのツールでしかないんじゃないかと思うぐらいです!」


 またまた赤面 

 介護予防担当のC係長。

 「セミナーや認知症サポーター養成講座に参加させてもらうと、私も役割がついていて、自然と中に入れるようにしてくれていたり、今日も来て頂いているN研究員はじめ、必要な人に必ず出逢わせてくれる。」

 行政の各担当係長たちが、「おおた高齢者見守りネットワーク」のことを、私のことを、こんな風に感じてくれていたことをはじめて知りました。

 行政機関で働いている人たちも、それぞれの部署の中で、できることとできないことを感じている。

 それは、私たちだって同じ!包括支援センター職員として、医療法人職員として、思いはあっても限界があるんです。

 でも・・・・、と思う。

 それぞれ、自分が属するところでの限界を感じて「無理だ!」と思えば、その時点でその先に進めることはできなくなる。

 自分が属する場の特性と、別の場にいる人と協力し合えば、限界と思えるようなことも、「何かができそうな気がする、生まれそうな気がする・・・」と、もうひとつ一歩先に進む可能性が出てくる。

 「何で、自分たちはこんなにがんばっているのにできないの!!協力してくれないの!」

 「自分たちはこんなに忙しい中、やっているのに・・・」

 他に属する人にこう感じてしまうことって、確かに自然なこと。でも、相手だって、やりたくてもできないことを感じているんです。「申し訳ない!」と思って接すれば、ぎこちなくもなる。

 どこに属する人とも、それぞれの属する場が協力し合ったら、何ができるかを考える。属する場がちがえど、地域という共通する場をどうするかで一緒に考えあう。

 属してる場が話し合うんではなくて、属している場にいる、人間同士が話し合う。それぞれが感じていることを出し合って、「自分」という人同士で話し合った方がいい考えが出るし、関係も深まる。

 こうやって、大変だったけどやり通してきたから、今、この場があるんだなぁ~。この人たちとの今があるんだなぁ~。と、しみじみと感じた座談会でした。

 

和やかな雰囲気で、座談会が進んでいきました。N研究員お疲れ様でした! 
             ↓
P1110328.jpg

外は真夏の陽射しが容赦なく照りつけています。暑さに負けず、がんばりますか!
             ↓
P1110321.jpg

P1110311.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ