プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こなす

 やってもやっても、次から次へとやることが出てくる。忙しい・・・ 

 やることが明確にそこにある・・・。今の自分は、「これはこれでそのことを楽しもう・・・」と思っている。そう思わなければやってらんない。

 私たちの仕事は、自分がこなせば終わりという仕事はひとつもない。そこには必ず、一緒にかかわる人がいる。

 誰と何を話し合い、何について一致することができたか。

 さらに、一致したことについて、今、どこまで達成できたか?

 達成できないことについては、もう一度このことについて、対象となる人同士が集い、話し合うことも必要となる。そして、もう一度歩みを進める・・・。

 この、人との共同作業・・・。これだけでは決して物事を前に進めることはできない。

 ここに、一人ひとりの達成感や、一人ひとりの努力を、他者が認め合うというスパイス  がどうしても必要となる。

 この、「人の思い」をどこかにおいて行う共同作業は、すぐに、

「こなす」 というものに変化してしまう。

 最初から、『こなす』だけを目的としたものに、人は力を出そうとは思わない。

 だから、どんなに忙しくとも、くたびれて人と話すことをしんどいと思うときでも、これから先、自分が自分でいる限り、『こなす』ということはしないでいようと思う。

 「もっとこうしたい!こんなこともできるかもしれない!」、「こんなこと、とても一人ではできないから、一緒に力を出してほしい!」

 言い続けていきたい。

 一人ではできないようなことも、どんなに不可能に思えるようなことも、つながりあう関係の広さで可能になる事だってあるんです。

 一息ついて、やるべきことを楽しもう。欲なく、楽しませてもらう場があることを、必要だと思ってくれる人がいることを、自分のすべてのやりがいにおきましょう。

 今時点の自分を考えると、理想かもしれません。でも、「こうなりたい」と思える自分がいるんです。

 「自分がやったことを認めてほしい。やった分だけの見返りがほしい。」確かに当然なこと。でも、それ以上に大切なものがあるような気がするんですよね。

 それは、自分が自分でいること。これを捨ててまで、ほかのものを手に入れたいとは思わない。

 いつも夢を持って、その実現のためにいつも人と真剣に熱く向き合う・・・、それが自分。これがなくなったら、自分じゃぁない。

 改めて、そこを自分の拠りどころにして、今やるべきことに向き合っていこうと思う。

 
IMG_0485.jpg

IMG_0480.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。