プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ものの見方、考え方

 日常、身の回りで起こるたくさんの事象の中で、人は自分で大切なものと思うものを取り出し(抽出)要らないものを捨て(捨象)、自分自身の感情の表出や行動の優先順位を決めています。 

 この「抽出や捨象」の意識的な繰り返しにより、その人の「ものの見方、考え方」が築かれ、価値観が形成されていくのでしょう。

 『ものの見方、考え方・・・。』

 これは自分が生きるうえでの羅針盤。自分の人生の中で、何を大事に思い、生きていくのかを決定づける。

 でも、この羅針盤   。たとえば、上野の不忍池でボートをこぐ程度であれば必要ない。

 大海原に船を漕ぎ出し、今ある場所を見定めて、正しい方向を見出すためにこそ必要なもの 。

 日々、何も見なくても、見ようとしなくても、見えなくても、それはそれで時間は過ぎていきます。

 でも、同じように、自分たちが今ある場、環境にあるさまざまな問題も、そのままで過ぎていくのです。何もせず、いい方向に向かうものなどありません。

 今、自分の周りにある問題・課題が見えなければ、今ある目の前の仕事に忙殺され、時間だけが過ぎていくだけ。

 人の人生に向き合う、私たち医療・介護専門職は、専門性を高めるのと同時に、問題を捉えることのできる羅針盤を持つ必要があるのではないでしょうか?

 羅針盤を持たなければ、自分が選んだこの仕事に、本当の意味での誇りを持つことはできません。

「忙しい・・・」と、こなしていくだけでは、問題意識を持つこともできません。

仕事をしていての、やりがいや、達成感を持つこともできないでしょう・・・。

 羅針盤を持ちましょう!



IMG_0455.jpg

IMG_0454.jpg

IMG_0448.jpg
スポンサーサイト



テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

「ものの見方、考え方」という本を青春時代に読んだことを思い出しました。v-218開業してからは更に、その羅針盤の大切なことを思い知っています。猛暑の中、コツコツと出会いを紡いでいますよ。放送を期待しています。
非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ