プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知識ではなく、理解を!!

 今日、昨年に引き続き依頼があり、小学校6年生を対象に「認知症サポーター養成講座」に行って来ました。

 今回は、昨年・今年と6年生の担任になっている、O先生から、「今年も是非お願いします!!」と依頼があったのです。

 せっかくのO先生からのリクエスト。それでは、内容も一緒に考えてもらっちゃおう!

 内容の中で、子どもたちに目の前にいる大人にも子ども時代があり、多くの人との出会いの中で、今、目の前にいるその人が形成されている。

 このことを伝えるために、昨年は私の子ども時代、中学・高校・社会人節目の写真を使いましたが、今年はO先生に写真をお願いしたところ、快く受けてくれて、その日に押入れをひっくり返して、写真を用意してくれました。

 子どもたちも、担任の先生の子ども時代を知ることができて大喜び!

 後半は、実体験!

 前回は、社会福祉協議会から疑似体験セットを借りて行ないましたが、今回はほかで使用していて、借りることができない!  

 そこで、私、考えてひらめいちゃいました!! 

 杖を40cmの長さに切る。この杖で歩いてもらう。低い姿勢で、前を見るためには、首を相当上げなければならない・・・。歩行時の負担感を感じてもらう。

 もうひとつは、車椅子に乗ったときの恐怖感を感じてもらうこと。操作する人と乗る人。交互に体験する。実際に乗ってみて、恐怖感を感じると、不思議と操作するときの声かけが変わるんですよね 

 この6年生たちが、大人になる頃は、3人に一人が65歳以上高齢者という時代を迎えているはずです。

 「認知症」についての知識を教える。それも大切なことですが、何より、 「理解する」ことを大切に、私はこのような機会のときに話します。これは、大人を対象としても、子どもでも同じこと。

 自分の生命も、多くの生命のバトンを受け継いで、「ここにある」ということ。

 隣りにいる生命を大切にするということは、その人を知ることから始まるということ。

 知る、知りたいと思うことが、「その人の生命を大切」と思うことに必ずつながっていく。


 1回1回の認知症サポーター養成講座を、この思いで参加させてもらっています。

 最後に、今は中学生になっている、私の養成講座を受けてくれた、昨年の子どもたちの感想文をいくつかご紹介します。


『 私は、高齢者疑似体験をして、体全体が重く感じました。腰も痛かったし、関節が全然曲がりませんでした。  お年寄りになると、いろいろなところが不便になることがわかりました・・・。
  不便なところを、私たちが助けてあげたり、声をかけたりできるようにしたいです!
  また、生命のバトンをもらったからには、しっかり次に届けようと思いました! 』

『 生命を大切に持たなきゃなと思いました・・・。私たちは、生命を何個も持っていないので、歳をとっても、いっぱいいっぱい生きたいと思います!
  困っている人には声をかけて、手をさしのべることができるような人になりたいと思います! 』

『 授業を受けて、たくさんのことを学びました。「長い生命の歴史があったから、私がいるので、今よりももっと自分を大切にしよう!」と思いました。また、私もいろいろな人とつながっているから、みんなを自分よりもっと、大切にできるよう心がけたいなぁ・・・』

『 私は、「おかあさんぼくがうまれてごめんなさい」という詩を、沢○さんが読んだとき、感動のあまり、涙があふれました・・・。
  本が発売されているというので、本屋に買いに行きました。まだ、数ページしか読んでいませんが、どんどんその世界に引き込まれています。 』


 伝えたい思いに、まっすぐにこう表現してくれる子どもたち。この感想文を書いてくれた子どもたちは、今は、中学生、そして、いつか大人になったとき、この一日だけの授業を覚えていてくれるのでしょうか?

 いいえ、覚えてはいないでしょう・・・。でも、このような感想をまっすぐに表現したという体験は、一人の人間としての、大切な部分を育んでいくと信じています。
 



小学6年生向け認知症サポーター養成講座用資料はこちらをクリックしてごらんになれます。

昨年、同小学校で行なった「認知症サポーター養成講座 ~受け継いだ生命のバトンを考える~」の記事はこちらをクリックしてご覧ください。


さぁ、昨年に引き続き、6年生向け認知症サポーター養成講座のスタートです!!70名の子どもたちと向き合います。
       ↓
IMG_0923.jpg

「この写真の子が誰か?わかったら手を上げて!」O先生の中学時代の写真になった頃には、ほぼ全員の子どもたちが手を上げていました。
          ↓
IMG_0929.jpg

O先生登場!「子ども時代はどんな子でした?」の私の質問に、江戸川乱歩シリーズが大好きで読みふけっていました。中学時代は写真部!みんな興味津々。
          ↓
IMG_0934.jpg

2時限めは、体験授業。まずは、私が車椅子の操作方法を教えました。
          ↓
IMG_000950.jpg

 3つの箱には、炊飯器、ラジカセ、バナナが入っている。「みんな覚えておいてねぇ~!」
最後にもう一度、答えてもらいながら開けていく。最後に「バナナ~!」子どもたちは自信たっぷり!しかし、最後の箱には、なぜか「スリッパ」が・・・ 

「これは、認知症の診断で行なうもののひとつ。みんなは、全部答えられて違いもわかった。だけど、認知症の人は、こんな少し前の記憶を失っていく・・・。
 楽しいことも、友人もわからなくなっていく・・・。この不安をわかってください。」
          ↓
IMG_000947.jpg

車椅子体験。乗っている子たちは、なぜか不安そう・・・。
          ↓
IMG_0974.jpg

IMG_0964.jpg

IMG_0977.jpg

 これが、初の試み。40cm杖体験!杖に重心をかけて、ゆっくりと歩いてもらう。すると、みんななぜか自然と片方の手を腰に当てていました・・・???
「腰が痛いよぉ~」いろんなところから声が聞こえました。
         ↓
IMG_0979.jpg

IMG_000973.jpg

IMG_000956.jpg

 クラスの代表が感想を言ってくれました。
         ↓
IMG_0997.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。