プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大切だと信じて・・・

 12月、歯科医師会とおおた高齢者見守りネットワーク共催で取り組む「お口の健康フォーラム」は、みま~もに関わっている栄養士たちが、歯科医師とともに打ち合わせを重ねている・・・。

 来年2月の認知症セミナーは、講師、そして、第2部の劇団がほぼ決まり、これから具体的な準備にかかっていく。

 前回のブログに書いた「みま~も体操」は、理学療法士たちが・・・。

 みま~もまとめ集は、東京都長寿健康医療センター研究員が中心となり・・・。

 SOSみま~もキーホルダー登録システムの新たな進化に向けては、協力包括支援センターが中心で取り組んでいます。

 おおた高齢者見守りネットワークの活動も重層化してきました。

 同じ時期に、同時並行でさまざまな活動が取り組まれていきます・・・。

 それでいいんです!

 この会は、お客さんを作らない!規模が大きくなって、取り組みが小さければ、多くの傍観者を作ってしまうだけ。

 取り組むからこそ、地域に暮らす人たちの思いを知ることができる。これからも多くの専門職たちが関わればかかわるほど、みんなが取り組めるよう、多様な取り組みを考えていくんです。

 協賛事業所は50を超えました・・・。これからも、この大田区のさまざまな専門事業所、企業が、会に加わる声を上げてくれることでしょう。

 専門職・地域企業・公的機関が、「地域」という共通言語でつながる。そして、それぞれの専門を通して、地域を見つめる機会をこの会が提供する。

 あとは、一人ひとりが、自分の瞳で見つめた貴重な機会を通して、自分が専門職として何ができるかを考えて、取り組むだけ。

 自分が専門職として地域を知る機会ができる。自分が地域に何ができるか考えて取り組んでいく。これが、自分自身の専門職としての視野を広げていくことにつながる。自分の成長につながっていくんです。

 この医療・福祉の専門職たちの成長が、最終的にはそこに住まう人たちの安心につながっていく。それを信じています。

 議論をいくら積み重ねていったところで、それだけでは、この「ネットワーク構築」という課題だけは何も生み出さない。

 ネットワークが必要だと感じている、その地域で働く専門職たちが、つながり合い、動き出さなければ、何も生まれない。地域で必要としているものを知ることもできない。

 だから、この会を生み出したんです!力を注いでいるんです!そう、これが大切だと信じて・・・。
 

IMG_1219.jpg

IMG_1221.jpg

IMG_1359.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。