プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掘り下げていく先ににじみ出てくるもの

 私たちは、人と向き合うことを業とする専門職。

 専門知識を持っていることが、イコール専門職ではないと思っている。

 「専門」とは、本来、人類の幸福に活かすために追求していくべきもの。これは、技術分野、文化・芸術などの専門家も同じ。

 専門を追求していけばいくほど、そこにぶち当たる。自分が今在る専門が人類の幸福のために・・・。

 そこまで大きくないにしても、今、目の前にいる人の、よりよく生きることを考えなければ、専門を極めていくことなどできない。

 要は、どの専門分野でも、「人間の生き方」、「自分自身の生き方」を抜きにしては専門を極めていく道に行き着くことなどできないということ。

 専門への理解が、「知識」の範疇であるうちは、狭義の追及でしかない。

 人間への深い理解と洞察。今の社会を見据え、広い視野をもった上で、初めて専門の知識が広く生かされていく。

 ここまで来て初めて、専門を極めたことになるのではないでしょうか?

 各分野の、専門を極めたさまざまな人とお会いしたことがあるが、共通しているのは、「自分の領域でしかものを語れない」、「自分の専門分野のことしか知らない」という人は皆無です。

 ひとつのことを極めるには、あらゆる分野の専門性が必要になってくる。 この学びの努力が、広い視野をもった専門職に育んでくれるのだと思います。

 ひとつのことを極めた人だからこそ、ときに人に感動を与え、ときに人との信頼を構築し、さまざまな人との「共感」を創ることができるのでしょう。

 専門を極めるために努力をしてきた過程・・・・。これが、その人からにじみ出てくる人間性につながってくる。知識のうえに、人間的な魅力を兼ね備えること。これは、専門を極める先に、初めてにじみ出てくるもの。

 このような専門職が、医療・福祉の世界に育まれていかなければ、専門家、専門職が、つながりあうことはまだまだ遠い先になってしまいます。

 専門を追求することと、人間性を高めていくこと、これはイコールでつながるはずだと信じています。 

 
「極める」ということについて、ある世界的に有名なバイオリニストとの出会いを通して書いた以前の記事があります。こちらをクリックしてご覧下さい。  
 


IMG_1673.jpg

IMG_1674.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。