プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

地域に出よう!キャラバンメイト!

 今日、大田区で3年ぶりのキャラバンメイト養成講座が開催されました。

 3年ぶり・・・・。

 そうかぁ~、私もキャラバンメイトになって3年が経つのかぁ~。

 思えば、認知症サポーター養成講座を通して多くの地域に暮らす、地域で働く方々とお会いすることができました。そして、考え合うことも・・・。

 昨年21年度は、やはりキャラバンメイトである包括職員T看護師とともに、当包括支援センターで406名の認知症サポーターを誕生させました。

 銀行、看護専門学校、交通機動隊、小学校、薬局、そして、200名の地域に暮らす方々を対象に開催した「認知症セミナー」・・・。

今年2月に200名の参加で開催した、地域住民を対象とした認知症セミナーの記事「認知症の人と歩む町に!」は、こちらをクリックしてご覧下さい。」


 今回のキャラバンメイト養成講座は、第1部を医師が・・・。そして、2部を私が担当しました。

 午前中の認知症についての講義を受け、午後は実際に、対象を決め、認知症サポーター養成講座の計画を立ててみる。

 4グループに分かれてのグループワーク!学校、下町の商店街組合、タクシー会社、大森駅の店舗連合会などなど・・・、グループで決めた対象も超具体的! 

 「お店が閉まってからの講座開催だから、20時ぐらいからだね・・・」

 「開催月は、2月とか8月かなぁ~。バーゲンが終わった後!」

 タクシー会社を選んだグループでは、

 「事前に、どんな事例があったか、どんなときに対応に困ったかなど、事前にアンケートをとってみるのもいいんじゃない!」

 なんか、どのグループも楽しそう・・・。

 講師という立場を忘れて、楽しい会話についつい入りたくなってしまう。

 そうなんですよね。今回この講座に参加している皆さんは、包括職員やデイサービス、施設職員。

 日常、自分たちが対象としている人を、地域に暮らす人とどう支えあうのか。自分たちが専門職としてどんな役割を果たしていくのか。

 「地域」という対象に目を向けることで、新たな発見がある。それを今、実感しているのでしょう。

 今日のキャラバンメイト養成講座には、いつも「おおた高齢者見守りネットワーク」に協力してくれている、東京都健康長寿医療センター研究員 Nさんも、「ぜひ参加したい!」と出席していました。

 このNさんから、お礼のメールが届きました。

 『 今日は、講座を見学させてくださりありがとうございました!包括支援センターの職員や、専門職の方たちが、認知症サポーター養成講座を通して地域に出る。

 そして、講座を通して地域で協力者を創り出す。みなさんには当たり前のことでも、私には 「気づき」でした。また、グループワークを通して、地域住民向けの講座をどう開催するのか・・・。その発想に感心しました。この発想を地域にどんどん活かせるといいですね。』


 本当にそう思います・・・・。

 今日、この大田区に27名の新たなキャラバンメイトが誕生しました!!

 さぁ、キャラバンメイトの皆さん。さっそく地域デビューをどんどんしましょう!そして、自分たちが働くこの地域を見つめましょう、感じましょう!

 そしてそのうえで、地域を知る専門職として、自分に何ができるのか・・・。この地に根を張り、考えてみてください。

 みなさんの、キャラバンメイトとしての地域デビュー、大森の地から応援しています。
 

 午後は、グループワーク。真剣な中にも楽しさが満ち溢れていました。
      ↓
P1140117.jpg

P1140120.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ