プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動き出している!

 おおた高齢者見守りネットワークを発足し3年が過ぎた。

 この3年の間に、多くの専門職の皆さんが加わってくれました。

 4年目の今年の自身の目標は、『 みま~もの活動の拠点をこの地域に築くこと 』

 そして、『 このみま~もの拠点が、この地域のコミュニティーの場となり、専門職たちの発信の場となり、わが町の拠点と誰もが思える場にすること 』

 新年明けた早々から、このプロジェクトの核となる人たちと具体的な話しを進めている。

 年明け早々、このプロジェクトの行政担当責任者Aさんに電話をし、自分が描いている今後の計画と、この地域で育んでいく町づくりのイメージを伝えた。

 するとAさんは・・・・。

 「こっちも高齢担当だけでは、沢○さんが考えている計画は難しいと考えて、関係するいくつかの部署に話しをしてみたんですよぉ~。

 そうしたら、どこも好感触で・・・・ 

 あとはN係長にも協力してもらって、いくつか乗り越えなければならないハードルは越えるようがんばりますよ  」


 N係長とは、みま~も発足から私を見守ってくれている大森地域の担当係長。N係長とAさんがタッグを組めば、かなり無理を言っても乗り越えてくれるでしょう 

 「いくつになっても、いつ行っても、気軽に行ける楽しい場所」

 「そこに行けば友人たちに会える場所」

 「自分を待ってくれている人がいる場所」

 「地域のことを考えてくれている医療・福祉専門職と出逢うことができる、相談できる場所」

 「この町で暮らしていてよかった・・・・と思える場所」

 このような場所づくりを、いよいよ大森地域がモデルとなりスタートさせていきます。

 核となる人たちの中で、賛同してくださる方々が着実に増えてきました。今が、力を込めるそのときなのだと思っています。

 行政・包括・地域に密着した各企業・商店街組合・自治町会。

 すべてが有機的に協働し合わなければ実現は難しいでしょうが、何とかしていきましょうよ、みなさん!!

 どの分野の人たちも「いい!」と思っていることを、

 この取り組みを進めていくことで、町が元気になっていくようなことを、

 今だったら、この地域だったら、できるような気がします!そう思いませんか?

 役者はそろいました!機も熟しましたよ!

 あとは、やるかやらないか!

 どっちかだったら、やりましょうよ!

 私はやります!

 みま~もは、このときのために生み出し、ずっとやってきたのですから・・・・・。 

 

IMG_3139.jpg

IMG_3142.jpg

IMG_3146.jpg

IMG_3152.jpg

IMG_3210.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

そうですね

毎年、毎年
凄くなるねの繰り返しですが
今年もそうなりそうですね
老体にムチ打って?
頑張りますかv-91
非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。