プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

ピッ・ピッ・ピッ!

 日本弁護士連合会シンポジウム 『 高齢者の孤立と貧困 ~「無縁社会」からの脱却をめざして~ 』終了後、久しぶりに再会した I 記者と食事をしながら、この間の意見交換をしました。


NHKスペシャル『 消えた高齢者無縁社会の闇 』の取材を通して知り合った、I 記者との出逢いを書いた記事は、こちらをクリックしてご覧ください。

 
 I 記者は薩摩隼人!私との共通項は、ともに・・・熱い  

 この日も、久しぶりの再会に熱く語り合い、話しに花が咲く。  

 今日のシンポジウムで出された意見について・・・。I 記者が今後取り上げていきたい内容・・・。将来の夢・・・・。

 取材を通して知り合った二人が、今は、お互いの分野を理解し、思いを語り合うことができる・・・。なんか、うれしいもんですね 

 シンポジストという大役から解き放たれ、気分がいい二人 

 そんなとき、I 記者がポツンと語りだした・・・。

 「このシンポジウムに参加するので、昨日改めて、『 消えた高齢者無縁社会の闇 』のビデオを見返したんですよぉ~。そうしたら、澤登さんの包括支援センターが出てきて、ほらっ、玄関の自動ドアが開くとき、

『 ピッ・ピッ・ピッ! 』

ってなるじゃぁないですかぁ~!なんか、懐かしくなっちゃって・・・。あの音聞くと、心があたたかくなるんですよね。

(うちの事務所の自動ドアには、誰が来てもすぐにわかるように、センサーで音が鳴るようにしているんです。)

 やっぱ、澤登さんの包括はいいですよ!職員の一人ひとりもみんなすてきだし・・・」
 

「あの音が聞きたくなったらいつでもおいで!どうせ、外回りが多いんだろうし、うちで仕事をしてもいいよ!」

「  いいんですか!  」

このシンポジウムのために持ってきていた「SOSみま~もキーホルダー」のサンプルをあげると、
       ↓
図1

「   やっともらえた・・・・  」

 食事が終わり店を出る。

 霞ヶ関という大都会の地理を、私はまったく知らない 

 そんな私を、ほろ酔いの I 記者が、歩いて新橋駅まで送ってくれた。

 I 記者は、来月開催する 『 認知症セミナー 』 にも、参加してくれるそうです。

 I 記者!お越しの際には、ぜひ、うちの事務所に寄って、自動ドアを開けて 「ピッ・ピッ・ピッ!」 を聞いてくださいね!

 どんな人ともそう、最初はその人が属している組織の中の一員として出逢う。でも、そこから一歩入り込んで、一人の思いを持ち合う人間として、相手を知りたいと思う。知ろうとする。

 そのような人との向き合い方をすると、相手のすてきな部分が自然と見えてくる。このような人との出逢いをしていった方がいい。

 このような出逢いは、「人」という自分にとって何にも変え難い大きな財産に必ずなる。そう信じています。

 日本弁護士連合会主催のシンポジストという、胃が痛くなりそうな大役でしたが、おかげでいい時間を持てました。

 2月12日(土)I 記者との再会が今から楽しみです!

 このブログをお読みの皆さん!当包括支援センターの、「ピッ・ピッ・ピッ!」が聞きたくなったら、ぜひお越しください! 


IMG_3365.jpg

IMG_3330.jpg

IMG_3355.jpg

IMG_2302013344.jpg

IMG_3366.jpg

P1120521.jpg

P1120512.jpg
スポンサーサイト



テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ