プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

一人じゃない!!

 朝、いつものように事務所にやってきて、自分の机に座ると、毎週水曜日に当院の外来定期受診を済ませ、必ず事務所に来てくれる、Kさんの名前が書かれている湿布薬が置いてあった・・・。

 水曜日の夕方頃、必ず事務所に顔を見せに来てくれるKさんですが、昨日は、その時間に私はいませんでした。

 「昨日、Kさん事務所に薬忘れていっちゃったの?」

 職員に聞いたところ、

 「ちがうんです!Kさんが、これオバマにあげて!と置いていったんです・・・・」

 オバマとは、なぜか、Kさんが私に付けてくれたあだ名・・・。    

 いつ頃からでしょうか????

 このKさん 、みょー に私の体調を心配してくれるようになっちゃったんです 

 水曜日にやってきては、「私たちの仕事をじゃましては悪い!」と、私たちが忙しそうだと、じ~~~~~っと、静かに私たちの働きぶりをながめている。

 そして、相談者が誰もいなくなると、わが包括職員としばし会話を楽しんで、

「あ~~~~~、今日は人間と話しができた!」

と帰って行く・・・。  

 うちの事務所には、Kさんが自分で購入してきた湯呑み(マイグラス) が常備されていて、Kさんが来ると、おいしいお茶の入れ方を伝授された職員たちがお茶を入れる。

 毎週水曜日の夕方の包括支援センターの見慣れた光景です。

 きっと、じぃ~~~~~~っと仕事ぶりを見つめていて、「オバマ疲れているんだな・・・・」と、自分が処方された湿布薬を、数枚置いていってくれたのでしょう。

 Kさん、大丈夫だよ! 

 一人だったらこの湿布薬が必要だったかも知れないけど、おいらには、うちの包括職員たちがいる!

 病院の仲間もいる!みま~もの仲間たちも・・・・。

 そして、Kさんもね!私はそう!話せるメンバーが周りにいるからがんばれる!

 Kさんもそうだよ!うちの職員全員があなたのことをわかっている!

 この前も、連絡が取れなかったとき、「おかしい!?」と、職員がすっ飛んでいってくれたでしょ!

 「ひとりじゃぁない!」

 人間にとって、これが何よりの安心!何よりの宝!

 自分が自分でいれる場所があるって・・・・、うれしいもんだよね!

 湿布ありがとう。本当につらいときに貼らせてもらいます。

 強がっていますが、本音を言うとたぶん明日かな・・・?

 ただいま、私の右肩・首・・・・。鉄板のように硬くなってるんで・・・・    

  

時には、こんなところに1日のんびり座って・・・・。
      ↓
IMG_2887.jpg

移りゆく景色をゆぅ~~~~~~っくり、
      ↓
PC200245.jpg

ただただ眺めていたい・・・・。そんな気持ちに駆られます・・・・。
      ↓
PC200222.jpg
スポンサーサイト



テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ