プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強靭なネットワーク!!

 東京大学地域看護学 村嶋 幸代 教授と、あるシンポジウムで知り合い、その関係での依頼があり、東京大学医学部 健康総合科学科 3年生の実習を受け入れました。

 地域看護学の授業の中の、「地域アセスメント演習」として、地域に暮らす人たちの健康問題(顕在的・潜在的ニーズ)、健康問題に関連する資源について、情報収集し、集めた情報を解釈し、課題を抽出する方法を学び、実際に体験することを目的としたもの。

 学生たち11名が、わが包括支援センターにやってきたのは昨年12月15日。

 そして、この学生たちがグループごとにレポートを作成。作成したものを発表する「地域アセスメント発表会」に参加するため、私が東京大学へ行ったのが今年2月2日。

 この学生たちの、実習を通しての感想文が、今週になって届きました。  

 この実習を通しての発見や、地域踏査で訪れた見守りネットワークに関わっている人たちの人間観察など、まっすぐな感想が印象的でした。  

とくに、実習、そして発表と関わった、私という人間への観察と考察は、恥ずかしいやらうれしいやら・・・。

 まぁ、人生の一歩先を歩む先輩として、この学生たちの感想に恥じないようがんばる!ということで、素直に喜びましょう!

てへへっ・・・・ 


学生たちの感想の一部をご紹介します。
        
 【 感想 】   ○○ ○○

 下調べはしていたものの、実際地域に出てみるまでは地区踏査というもののイメージがつきませんでしたが、地域の雰囲気を歩いて感じられたことは有意義でした。

 私がこの実習で1番感動したのは、澤登さんの情熱です。

 澤登さんは、とてもフレンドリーで行動力があり、本当に尊敬します。こんな人が上司だったらすごくモチベーションがあがると思います。

 実際に大森地区に住んでいない私でさえ、大森はとても住みやすいところだと感じられたのは、ひとえに澤登さんたちの地域を愛する気持ちの大きさゆえだと思います。

 あんなに地域や高齢者のことを気にかけてくださる方がいるからこそ高齢者も安心して住めるのだと思います。

 また、澤登さんは活動の大変さをあまり感じさせず、むしろ高齢者支援をしていく中で、仲間が広がって楽しんでやっている!充実している!という印象を受けました。

 それはとてもすてきで理想的な形だと思います。ダイシンの社長さんが、

「自己犠牲的な無理な支援は続かない。支援する方にメリットがないと続かない・・・!」

とおっしゃっていたのも、きっとこういうことだったのでしょう。

 ダイシンの社長さんも、とてもすてきな生き方をしている人だなと思いました。

 考え方が粋で、遊び心を持っている。そして地域を愛している。そんなところがダイシンが地域の方に愛されるゆえんだと思いました。

 私がこの実習で学んだことは ネットワークの強靱さ です。

 きっと現在のネットワークを創り上げるのはとても大変だったと思います。

 でも澤登さんが創り上げたネットワークは、いろんなイベントを企画し実行することを通して、この先ちょっとやそっとではちぎれることのない強靱なネットワークになっていると思います。

 そんな風に、「地域のために何かしたい!」と思っている一人ひとりを結びつけることができたのは、澤登さんの熱意、人柄、行動力などによるところが大きいのではと思います。

 私も、どうしたらそんな人になれるのだろうか・・・?

 なんて考え出すと落ち込むので、将来地域を巻き込んで、何か地域のためになることをしたいと思ったときは、『 一人でやるのではなく、ネットワークを築いて多くの人を巻き込もう!』 と思います。



【 地域看護学 地域アセスメントを通して感じたこと 】 ○○ ○○
 
 コミュニティーを一人の人間として考えて、集団・地域への支援の方法を考えるというのは、具体的にはどういう風にすればよいのだろうと地域看護学の講義が始まってから考えていた。

 コミュニティーを対象にするといっても、看護という「 人対人 」のイメージが強く、地域の健康を看護職が変えてゆくことが出来るのだろうかと思った。

 『 地域 』とは行政や政治の範疇であり、理論としては分かるが、机上論ではないかというような疑いもあった。

 大田区の地域アセスメントに実際に出かける前に、踏査にあたって観察する個所や問題点を予想したが、実際には歩くことなく想像した問題点と、踏査を通して発見できた問題点は異なるものだった。

 踏査の前には、高台にある山王地域の駅からの高低差を考慮して、坂や階段の数を調べたり、山王地域と比べると所得の低い大森地域の家屋の古さによる外出のしにくさが問題点として想像された。

 しかし地域を歩くことで、山王地域は確かに高台で階段を登るときは大変だったが、家の敷地面積が広いため駐車場を持っている家が多く、自家用車を持っている人にとってはあまり問題を感じないのではないかと分かった。

 一方、大森地域では古い家屋ばかりがあるのではなく、新しいマンションと古いアパートが混在し、昔からの地域のつながりがなくなっているのではないかと想像できた。

 データも大切だが、実際に地域を見てみないと分からないことはたくさんあり、踏査で分かったことからまた新たな問題が発見できる。

 山王地域でも、広い敷地を持つ屋敷が手放され、新しいマンションとして新しく転入してきた住人が増えていた。

 これからは、転入者と古くからの住人の交流がなくなってしまえば、大森地域のように町内会が機能しなくなってしまうと感じた。

 大森地域では、山王地域よりも町内会の掲示板に掲示物が少なく、町内会が機能していないと予想された。

 周りにどのような人が住んでいるか分からずに、もし「様子が変だな?」と感じても、すぐに行動を起こすことは難しいだろう・・・。

 地域包括支援センターの業務についても垣間見ることが出来た。澤登さんが案内してくださった施設や企業は自分たちの地域の中での存在意義を確かめながら活動しているようだった。

 見守り活動や高齢者の健康や生活についての相談業務だけではなく、持続的な地域づくり活動を行うためには、やはりこの地域で営業している企業の協力が必要だと感じた。

 初めから協力してくれるわけではないので、この地域で成功している理由は、澤登さんの熱心さとメリットの説明方法にあるのだと思う。

 一人の熱心さや魅力で成功した事例は、その人がいなくなると終わってしまうことが多いと思うが、このように様々な企業を巻き込んでいることで、持続的に地域づくりが行われると思う。

 講義を受けた時に違和感を感じた 「コミュニティーを一人の人間と考える」 ということが、地区踏査の経験を通して少し納得できた。

 さらに大田区入新井地区の地域包括支援センターの方々が活動している方法が、まさにその考え方に基づいたものだと思った。

 人間の体が複雑で、時に理論通りには作用されないのと同様に、地域の状態を改善するのも難しいと感じた。



東大生11名が、わが包括にやってきたときの記事 「東大生いらっしゃい!」 は、こちらをクリックしてご覧ください。


2月2日。私が『地域アセスメント発表会』に参加するため、東京大学に訪れたときの記事、「沢・・・、東大へ!」はこちらです。


ダイシン百貨店は、2010年2月から、池上通りから見て左側半分を第1期として解体・着工。
そして、2011年2月25日(金)に左側半分がプレオープンしました。
        ↓
event100101_pi02.jpg

さっそく、私も新館を見学。
      ↓
P1000647.jpg

今ではすっかり、「みま~も」になくてはならない人になっている、コンセルジュのSさん(写真左)とばったり会いました。
新館フロアーで、「はい、ポーズ!」 
         ↓ 
P1000633.jpg

介護用品売り場も充実しています。
       ↓
P1000634.jpg

P1000636.jpg

「足湯」の完成はまもなく!!車椅子の方も利用できるよう、考えてくれています。
          ↓
P1000646.jpg

たとえ、建物が新しくなっても品揃えは変わらない!「ここにくれば何でも揃う!」これがダイシン百貨店の真骨頂!

昔と変わらない、懐かしい商品のラインナップの一部をご紹介します。
「ん~~~~~~~~~っ マンダム!」
        ↓
P1000637.jpg

亀の子束子(たわし)も、(小)・(中)・(大)そろいぶみ!
        ↓
P1000640.jpg

カワイの肝油ドロップも、こんなに種類があったとは知りませんでした・・・。一番右のは、子どもの頃、私も食べてました。
        ↓
P1000644.jpg

金鳥の蚊取り線香も、ご覧のとおりのラインナップ!
        ↓
P1000641.jpg

P1000643.jpg

いよいよ2期工事で、今までの建物はすべて姿を消してしまいます。
グランドオープンは、2012年です!
        ↓
P1000649.jpg

P1000648.jpg

ダイシン百貨店では、4月2日(土)3日(日)の2日間、春休みチャリティーイベント 「―東日本大震災支援― ”がんばろう、こどもたち!”」 を開催します。詳細は、こちらをクリックしてダイシン百貨店ホームページをご覧ください。
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。