プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いざというとき・・・・

 昨日地震発生!余震も続いています。みなさん不安を抱える中、業務にあたっている人も多いと思います。

 事業所内で対策を講じ、指示のもと、わが身の安全第一に業務にあたってください。

 わが包括支援センターも、昨日の地震後、すぐに各職員が引き出しから台帳を取り出し、思い当たる一人暮らし高齢者に連絡を取りました。

 当院での私の責任部署、「医療福祉部」は、訪問看護、居宅介護支援事業所もあり、職員が訪問に出かけていました。しばらく連絡が取れず、心配しましたが、皆無事に帰ってきました。

 一人の理学療法士Aは、利用者宅で地震になり、崩れ落ちた荷物を片付けて戻ってきた。部署の職員の全員無事を聞いて、まずはほっと一安心・・・。

 18時過ぎ、地域に暮らすSさんのご主人がやってきた。私たちが、二人の無事の確認の話しをするよりも早く、Sさんのご主人が、

 「大丈夫かい!? 電車止まっちゃっててみんな帰れるの?もし、なんだったら、うちは二人だけで部屋が余っているから、遠慮しないで泊まっていくといい・・・。」

 こういうときのさりげない一声は、張り詰めていた心の奥底まで身に染みる・・・・。

 自分たちだって不安な中、私たちのことが頭に浮かび、こうやって駆けつけてくれる。
 
 本来であれば、 支援する、される 立場であるはずの、地域に暮らす人たちと私たち地域包括支援センターの関係性が、

いつの間にか、 「困ったときはお互いさま!」 の関係になっているような気がします 

 それでいい・・・・。

 『 何かあればお互いさま! 』大変なときこそ、一緒に協力し合える身近な関係が地域とある!これこそ、いざというときの把握や実働に、必ず生きるはず!!

 そう信じています。


※ 私たちのみま~もの取り組みで関わった、とくに東北地域、中越地方の仲間たちの安否がわかりません。ご無事を心から祈っています。



P1000650.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

皆の安否を心配して下さり有難うございました
非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。