プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きる意味

 あくまで、自分のこととして書かせていただきます。

 全国、海外からの支援が被災地に届いている一方、被災地の避難所の中でも、「今、自分に何ができるのか・・・」を考えて、自主的に自分の役割を考え、動いている人たちがいる・・・。

 ボランティア精神・・・・。

 『 ボランティア 』の一般的な意味は、「自発的な意思により、人や社会に貢献すること」

 人や社会に貢献する・・・・。たしかに、この思いに揺り動かされ、被災地のみなさんは日々、大変な中で活動されているのだと思います・・・。

 「自分だったら・・・」と考える。

 自分もきっと、身体が続く限り、何かしら自分の役割を考えて動くのだろうと思います・・・。

 でも、自分は、「人や社会に貢献する」という思いを持つことができるのか?

 自分にはその自信がありません・・・。

 きっと、自分自身のために役割を持ちたいと、動くのだと思います。

 動ける状態なのであれば、役割を探して、その役割を持って動いていないと、不安に駆られ、取り乱し、精神的にも身体的にもどうにかなってしまうであろうと思うのです。

 自分は弱い人間です・・・。

 だからこそ、生きていく中での自分自身の役割を、どんな状態になろうと持ち続けたいと思うのです。

 いつまでも、どんなときにも、一人間として役割を持って生きたい。

 自分の生命を大切に思うことが、他人の生命を愛しむことにつながる。生命を大切に思う先に、自分が生きていく意味を探し続けていく人生がある。

 そこを原点に、専門職として人と向き合う。

 これが、今時点の自分自身の思いです。


DSCN2679.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。