プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分なら・・・

 「自分なら・・・・。」


 自分に何らかの支援が必要となったとき、どんな人にだったら、さしのべられた手を握り返すのだろう・・・。

 どんな人にだったら、自分の求めることを言えるのだろう・・・。

 自分なら・・・。

 そこを基本において、専門職としての自分に向き合えば、まず、大きく逸れることはないでしょう。

 「専門職とはこうあるべき!!」から、自分を着飾っていくと、ろくなもんじゃない。

 薄っぺらい、上塗りにしかならない。

 
IMG_4831.jpg

IMG_4827.jpg

IMG_4828.jpg

IMG_4804.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

勇気が出ました

本日のブログ
とても勇気づけられました!
専門職として支援を科学的に捉えエビデンス(なんだそれ!?)がなんたらかんたら…
とか
プロの支援者として『こうあるべき!』
というスーパーバイズに負けそうな毎日です
自分に理がないからでしょうか…
おかしいと感じても
なにも意見を上げられません

でも沢さんの日記を読み、なんだかとっても勇気がでました

同時に、なにか大切なものを忘れかけていた自分に気づきました
『薄っぺら』になっている自分に気づいて、ハッとしました

自分が福祉の仕事をしたい!と志した最初の気持ち
利用者さんの思いを
一生懸命感じ取ろうと心を澄ましていた自分

取り戻します!

ありがとうございました
非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。