プロフィール

さわ

Author:さわ
平成25年1月末、
『 地域包括ケアに欠かせない多彩な資源が織りなす地域ネットワークづくり
~ 高齢者見守りネットワーク みま~ものキセキ! ~ 』出版決定! 

今から取り組めばまだまだ間に合う!
無縁社会、孤立死、地域崩壊・・・に立ち向かうための処方せん。
超高齢社会を乗り切るための「地域におけるネットワーク」づくりのヒントをすべて教えます!
みま~もの5年間の軌跡(奇跡)を余す所なく紹介しています!
地域包括支援センター職員はじめ、保健・医療・福祉関係者、地域づくりに関わるすべての方へ必携です!

こちらから申込書をダウンロードし、ライフ出版へFAXしてください。

リンク
カテゴリー
ブログ翻訳
ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大局を見据えて

 「自分たちはこうやっている!」、「この地域では、うまくいっている・・・。」

 そうおっしゃっているあなた・・・。

 自分がやっていることは、今が到達点でもう満足なのですか?

 「こうやっている」ということはわかりました。では、やっている中から何を学びましたか?取り組んでいるものの中に、次にもつなげられる法則的なものはありますか?

 やっているということだけで満足をしてしまっているのであれば、この地域では協力者がいてたまたまできたけれども、他の地域で同じようにできる保障は何もありませんよ。

 それともうひとつ。

 たしかに、それぞれの地域に特性があり、ネットワークを結ぶ道筋はさまざまでしょう。やり方がちがっていい。

 でも、「自分のところはこうだ」、「自分たちはやっている・・・」というところからのものの見方はやめませんか。

 それでは、発展に向けての議論はできません。

 今は、それぞれが取り組んでいる中から、大きな視点での共通性を見出し、法則をつかんでいくことが大切なんです。

 地域がちがえば、人もちがう。でも、ネットワークが育まれている事例には、必ず法則性があり、共通の土台があるはずなんです。

 今、全国の中で、さまざまなネットワークが生まれています。でも、その実践の中で共通する法則性を議論する場が、まだまだ少ないのではないでしょうか。

 だから、「私たちはこうやっている。」というものから前に進んでいかない。

 事例紹介だけでは、次に行かないんです。

 たとえば、ある地域でやっていることを、ちがう地域でそのままやってもうまくいかない。

 うまくいった事例を話している人自身も、その成功事例は一部の地域で、地域全体では格差がある。必ずしも、すべてでうまくいっているわけではない。

 そりゃぁそうです。法則性がないのですから・・・・。
 
 でも、成功事例の中から、法則を見出すことができれば、視点を持ち帰り、自分の地域を見つめ、取り組むことができる。

 偶然構築できた!このような人がいたからできた!というものではなく、どの地域でも同じような視点を持って取り組めば、地域で暮らす高齢者の安心につながるネットワークが構築できる。

 ネットワーク構築を次の段階へ進めましょう。

 そのためには、それぞれが、それぞれの感覚や思いで取り組んでいては無理なんです。少なくとも「めざす方向性」、「目標とする視点」は共通がいい。

 それぞれが、自分の目の前だけを見据えるのではなく、他の地域でのことを自分自身の取り組みと重ね合わせ、広い視野で共通性を考える。このことを必要と思えば、もっと、地域包括支援センター同士の連携ができるはずです。

 大変なことはどこも同じ。だからこそ、共通の視点を持ちましょう。一つの包括支援センターごとで、抱えるのはやめましょう。

 大局でつながり合いましょう。



おおた高齢者見守りネットワークの4年目の地域づくりセミナーがいよいよ5月からスタートします。

5月と6月の配布用チラシが出来上がりました!!
     ↓ 

今年度最初となる、5月の地域づくりセミナーは、こちらをクリックしてご覧ください。

6月の地域づくりセミナーのチラシはこちらです。


P1050047.jpg

P1050046.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 地域包括支援センターの話
ジャンル: 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近のコメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。